シネマdayでした

昨日は相模原の家からワンたちを家に残し映画を観に行ってきました。知り合いから映画「糸」(中島みゆきさんのあの歌)を観にいったらkangooが出ていたこと(彼の愛車もkangoo)、後半感動で涙、涙だったと聞きました。ちょうど相模原に行く用事があり、そこからなら映画館は選び放題です。平日でレディースデイ、でなくてもシニア割で1200円、映画館で観るなんて随分久しぶりです。

kangooは主人公の菅田将暉さんが働く北海道・美瑛のチーズ工房の社用車で登場し、工房のロゴ入りで私の愛車と同じレモンイエローのコkangooです。かなり重要なシチュエーションで富良野や美瑛、函館など北海道の大地を走り回るのですが、美しい自然にめちゃめちゃ似合ってカッコイイ、車のチョイスがおしゃれだから小さいチーズ工房なのにきっと美味しいチーズを作っているんだろうなぁなんて感じさせてくれます。惚れ惚れ💓しながら、多分あの館内で車ばっかりにニタニタしていたのは私だけだと思います。

088

映画の画像は(禁)なので、以前の北海道旅行からニセコ辺りのひまわり畑です。

090

キャンピングトレーラーを牽引するとフェリーの予約が取れず、kangooにテントを積んで出かけましたっけ‼ 

082

美瑛の丘は起伏に富んだ地形が上手く使われていて花の見え方がとても効果的で素敵です。

086

おしゃれなカフェにも似合ってます☕

056

ストーリーはちょっと切ない場面もありながら、みんなめぐり逢い、流されながらも誠実に生きている、糸はもつれたり、絡み合ったりしながら逢うべき人に結ばれていく、「糸」は結婚式によく使われている楽曲だそうですが、歳を重ねてこそこの歌の良さが分かるのかもしれません。やっぱり北海道ですから中島みゆきさんの「ファイト」なんかも劇中唄われます。予告はネットで視れますが残念ながらkangooの走る勇姿は出てきません。

080

kattiiがまだまだ元気だった頃、里子で迎えた時からシュナとの糸が結ばれました。kangooはワンコ連れにはぴったりの使い勝手が気に入って実車を見ずに決めた車でしたが大正解でした。地味な白やグレイ、黒い車の中で目立つ幸せカラーの黄色です。

閉鎖空間でも映画館の空調は優れているそうですが、座席は間隔をひとつずつ空けて前後ずらして座るようになっていました。困ったのはお昼前で、朝食をちゃんと食べていったのにお腹がぐ~っと鳴って焦ったこと、ヒロインがシンガポールの日本食店で泣きながらカツ丼をバク食いするとこでもぐ~‼、こちらが気にするほど誰も気がついていないと思いながら、ポップコーンと飲み物を買えば良かったと思ったのでした。たまには映画館の大画面で視るのもいいものです🎬

 

| | コメント (2)

近頃の新習慣は

台風の前、母屋東側の「フジザクラ」の枝に小さな花が咲いているのを見つけました。ヒマラヤ桜といって10月に咲く桜もありますが、春咲くフジザクラが勘違いしたのか5輪ほど花をつけていました。

Dsc05368

海の魚たちも今までと違うと言いますが、花や木も調子が狂っているのかもしれませんね。小さな桜の花は雨で落とされてしまいました。

村から村の温泉無料パスをいただいたので最近は毎週週の半ば水曜日か木曜日にワンたちの散歩を兼ねて温泉に行っています。土日はキャンプ客などで混みますが、平日午後は貸切状態の時もあり、ただでは申し訳ないようです。また村の事業者を応援する目的で「地域活性化商品券」村民1人につき1万円分が配布されました。使用期限は来年2月末日までで、村の飲食店やお店などで使えます。無料温泉入浴券も商品券も小さな自治体だからこそ出来ることなのかもしれません。山梨県は首都圏に近いのに新型コロナの感染はかなり低く抑えられています。

先日薪置場を身軽に移動するリスをとうさんが見つけ、早速通り道に餌台を取り付けました。

Dsc05374

冬の野鳥にあげていたひまわりの種を置いてみました。ちょうどテーブルについて食事や針仕事をしていてふと外を見るとちょうど見える所にあります。食べているのを写真に撮ったらとうさんに送ってあげようと思っているのですが、なかなかタイミングが合わないのかまだ食べに来ません。

Dsc05377

シュナだけでなくリスの置物もあって、歓迎ムードなんですけど私の強い視線を感じるのかな、意識しなくなったら案外普通にチョロチョロ来たりして・・・

母屋の再塗装が終わり、まだ気になる片づけなどしながらハケを針に持ち替えて、依頼を受けていたシュナちゃんトートバッグの制作にとりかかりました。兄弟犬の誕生日プレゼントとのことで、ちょっと手間はかかる内容でしたが元々損得抜きのボランティアのような仕事ですから、自分も楽しんで喜んでもらえるようなものを作ろうと思いました。

Dsc05370

Dsc05371

シュナちゃんはそれぞれ毛色の違うコたちで、白いシュナちゃんはすでに虹の橋の彼方とのことでしたので虹をアップリケしました。お誕生日に間に合うように完成出来てひと安心、依頼してくださった方の希望に応えられたかは発送したばかりでまだ分かりませんが、見知らぬシュナちゃんたちへの愛はこめています。

Dsc05375

Dsc05376

最後の花の名前が思い出せないです🔍

| | コメント (6)

旅行後もまだ塗りたい

那須の翌日はのんびり出発で、ワンたちの散歩がてら那須ガーデンアウトレットに寄りました。ちょうど昼時になり立ち並ぶお店の中から和食のお店に入りました。

Dsc05358

私はとちぎ和牛のステーキ丼を、とうさんは海鮮丼をオーダーしました。

Dsc05359

このとちぎ和牛とても柔らかで美味しく、一気に完食してしまいました😃 お腹がいっぱいになると涼しい車内で当然眠くなります💤 栃木、群馬、埼玉と走って運転交替のために東北自動車道上り・羽生PAに寄ったのですが、ここは「鬼平江戸処」言う池波正太郎の鬼平犯科帳に特化したテーマパークのようなPAでした。江戸の東の玄関口だったことに因み、新たに建てたのにエイジング加工された江戸の街並みが見られます。ちょっと照明を落とした純和風フードコートでかき氷・抹茶あずき練乳かけを買ったのですが、これが美味しくて汗が引きました。頭がキーンとならないのは天然氷を使っているのか、普通のかき氷より高いけれど頭が痛くならないなら許せる値段です。鬼平犯科帳は好きな時代劇です。反対車線の下りPAはごく普通の建物でしたから、また東北道上りを走ったら寄ろうと思いました。

週末リフレッシュしたので、広げたままだった塗装資材の片づけをしながらおまけの塗装をしました。

Dsc05365

ポストもお揃いで

Dsc05360

巣箱の屋根もリニューアル

Dsc05364

アドリアのカーポートを支える単管の柱が目立たず見にくいそうなので、白く塗ってみました。効果はあったようですが、更に赤と青があるので一部トリコロールカラーにしてもいいかなとも思っています。

ハケとかペール缶を片づける前にアトリエテラスの椅子も塗りました。ウレタン塗装の塗膜が劣化してぼろぼろ剥がれるようになっていました。もう引退かと思ったのですが、まだがたつきも無いし塗ってダメならその時のことです。

Dsc05367

特にひどかった背面のぼろぼろはブラシで落とせるだけ落として、色合わせのために買って残ったシリコン系多用途塗料の茶色で塗りました。

Dsc05366

頑丈で存在感のある椅子が再生して、これならまだしばらく使えそうです。調子が出てきた私は他に塗るものが無いか物色中です。

 

 

 

| | コメント (6)

那須へ車旅

念願だった母屋の再塗装も無事に終えることが出来、お疲れさんの慰安旅行で那須に行ってきました。圏央道のおかげで朝出てランチを那須で食べることが出来ます。思い立って宿泊予約無しで出かけられるのは便利ですが、GO toトラベルの恩恵と無縁なのはちょっと残念です。

まず向かったのは前回もパンを買いに立ち寄った「ペニーレイン」、バナナマンの「せっかくグルメ」という番組で視たハンバーグとチーズフォンデュがめちゃ美味しそうでした。人気店でまだ12時前だというのにそこだけが別世界のよう、駐車場もかろうじて入れました。

Dsc05346

そうお店のあちこちにビートルズグッズがあって、好きな人には堪りません。ワンコOKなんですが、今のところ誰彼構わず大音量で吠える聞きわけの無いメイは迷惑をかけるので車内で留守番です。ジュリだけならどこでも心配ないのですが、もう少しの間我慢です。テラス席もいっぱいで料理待ち30分でした。

Dsc05347

とうさんはペニーレインハンバーグを、私はチーズフォンデュをオーダーしました。

Dsc05344

くり抜いたパンの器に熱々のチーズがたっぷり入っていて、ポテトやブロッコリー、ハーブ入りソーセージなどチーズをからめていただきます。スイスでは冬の定番鍋ですがパンの器が新しい、くり抜いたパンやセサミバンズを一口大に切り軽くトーストしてあるので食感がサクッとして美味しい、今度マネしてみようと思いました。ベーカリーではもちろんイチオシのブルーベリーロールなど買ってきました。

腹ごしらえをして向かったのは那須湯本から那須ロープウェイです。ロープウェイ山麓駅から4分で山頂駅に上れて、そこから40分で那須岳の主峰・茶臼岳に登れます。途中で保育士さんに引率された幼稚園児たちが下山するのに会いました。ちびっ子たちわいわいがやがや喋りながら歩いてましたよ、恐るべし‼

Dsc05348

隣の朝日岳は荒々しい山容で、以前福島の山岳会の友人と登りました。

Dsc05349

沢登りは甲子の白水沢左俣や南沢、中でもとうさんと登った苦土川・井戸沢は私の沢登史上5本の指に入る楽しい沢でしたが、近くを歩いているのに茶臼岳には登ったことがありませんでした。ロープウェイ山頂駅は標高1684mで、気温は21℃ですから涼しいです。茶臼岳山頂は1915mで岩ゴロゴロの中に那須神社の木の鳥居が立っています。とうさんたらちょっとだけ顔を出して記念撮影です。

Dsc05352

普通はお気楽登山から徐々に難易度を上げていくというのに、私たちの場合逆で、最近はすっかりロープウェイお手軽登山にシフトしています。下山したらやっぱり温泉には入りたい、いつも寄っていた元湯・鹿の湯は湯温が高く混んでいるのでパスして、今回はホテルの日帰り入浴を利用しました。ホテルなどの場合宿泊客優先で、3時くらいまでしか日帰りを受け付けてくれない所が多いのですが、那須高原イラストマップに載っていた温泉ホテルは午後7時までOK、綺麗な施設でしかも500円と安くて那須御用邸と同じ泉質なんていい温泉を見つけました。このホテルは駐車場にもエントランス、お風呂にも恐竜がいて、駐車場では人が通るとセンサーに反応して恐竜が唸り声をあげてます。恐竜好きのちびっ子は大喜びだろうと想像しました。

Dsc05362

このイラストマップはレストランや博物館、お店などエリアの情報も得られ、割引やサービスが得られるクーポンがついているので見かけたら貰っておいて損は無いはずです。夕食を食べたお蕎麦屋さんではクーポンで食後にミニソフトクリームをいただきました。

宿泊は観光ホテルの駐車場の一画にあるRVパーク(一泊2000円)を初めて利用してみました。他にキャンピングトレーラーとキャンカーが一台ずつ、皆さんワンコ連れでした。牧草地に隣接していて、夜は暑くてエアコンだと冷えるし、止めると汗が噴き出すし・・・家では夜エアコン不要なので参りました。同時に家がどれほど快適か痛感しました。



 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

幸せを呼び込む形

塗装が終わるとお役御免になる足場ですが、火曜日に早速撤去していただきました。庭の水やりで低い単管に二度も頭をぶつけてしまったと話したのが効いたのかも、本職でもたまに頭をぶつけるそうです‼ 早速レッドシダーの踊り場と杉丸太で架け替えた階段を同じ色で塗りました。

Dsc05342

今回ドア脇に置くシューズボックスを新調しました。杉材の組立家具をネットで買い、元々のなんちゃって塗装の上に窓枠を塗ったのと同じ多用途シリコン系の塗料を塗ることにしました。とはいえ母屋外壁と同じ「べにがら」の色は無く、「茜色」を買ったら違うし「えんじ色」でもない、同じ成分なら混ぜて色を作れるはずと思い「茶色」を買って適当に混ぜ合わせて、組み立てる前に塗りました。

Dsc05336

Dsc05337

そして一枚目の画像のように収まりました。全く同じにはなりませんでしたが、近づいたかなと思います。室外仕様で天板は後ろに向かって傾斜がついていてアスファルトシングルが貼ってあります。

飾りの時計は建てた時に○トリで1480円くらいで買ったもので、色が褪せてもう引退かと思ったのですが、飾りのアクセントとして掛けておいてもいいかと枠を黒のアクリルスプレーで塗り、劣化したアクリルを白に塗り替えて掛け直しました。幸い足場を外しに来てくださる前に梯子を掛けるのも面倒だと、かなりのハイステップで単管を上って掛けたばかり、見られなくて良かったです💦
Dsc05343

そして外壁の塗り替えをしたら付けようと思っていたとっておきの幸せアイテムを取り付けました。

Dsc05338

ブロ友takaさんから以前いただいたアイアン工房・リブラさんの蹄鉄、あまり上の方に付けても目立たないからとここに決定です。蹄鉄はヨーロッパなどでは幸運を呼び込むと云われ、あのブランドのアクセサリーなどあらゆるところで見かけます。スイスのグリンデルワルトに行った時トレッキングコースの途中に建っていたキャビンにも見上げた所に掛けられていました。錆びた本物の蹄鉄のようでした。

Dsc02297_20200827154801

上向きか下向きかで少し意味が違うみたいですが、いただいた蹄鉄は作品で後が平ではないので付けやすい方向で付けました。どちらも幸運を呼び込み逃がさないように願っている点では同じです。

Dsc05341

そうそうわが家には家の中にもこんなラッキーアイテムがありました。乗馬が趣味のブロ友ペーターランドさんに昨年いただいたアイアンのブックエンド、これで家の内外ラッキーだらけ・・・っておかげさまでいつもポジティブな性格でいられます🎶

 

 

| | コメント (6)

チーム SAKAI 頑張る

夏はワンたちにとってなかなか厳しい季節です。ウチのシュナ子たちは体毛が伸びるのが早くてすぐモシャモシャになってしまうので、夏は少し伸びたかなと思ったらバリカン✂・トリミングです。どこに行くのにも連れて行きますが、後ろを振り向くとハァハァと熱い息遣いです💦
Dsc05327

焼けついたアスファルトではなく、足に優しい木のチップが敷きつめられた木陰の遊歩道を散歩するのも出かける目的のひとつでもあります。

先週末7割くらいまで塗り進めていた母屋の塗装ですが、水曜日に足場を組んでいただき土日に一気に塗りました。

Dsc05329

せっかち夫婦ですから、土曜日は表側を塗ってしまおうと朝食後から作業を開始、途中で窓枠用塗料が足りなくなってホームセンターに買いに走りました🚙💨 窓枠、ドアは私の担当ですが、上の足場に上がってトラス下の窓枠を塗っている時は雷⚡⚡が鳴り始めました。山の稜線や遮るもののない岩場で雷に遭うのは危険ですが、まぁ音くらいでは作業続行です。

Dsc05328

土曜日に続き日曜日は午後から雨の予報だったので、またまた朝から気合を入れて作業をし母屋外壁塗装のミッションは完了。取り外して白く塗り直した表札(?)も掛けました。

Dsc05330

クラフト仲間からいただいた板に薪ストーブのバーモントキャッスティングスのズクショップで見つけたアイアンのアルファベットを取り付け、踊るシュナちゃんのフィギアを飾ります。右のアイアンのベルは北イタリアの小さなお店で買ったお土産物で呼び鈴のつもりですが、今まで鳴らしてくれた来客はいません。その前にワンたちが気づいてしまうので・・・

休み明けの今日はお風呂場の窓ガラスに貼るために、ネットで買って届いたガラス用フィルムを貼りました。以前アトリエログのシングルガラスに飛散防止用フィルムを貼ったことがあります。今回は無地のフィルムではなく、たんぽぽの綿毛を図案化したような図柄です。

Dsc05334

水だけで貼れて、多少失敗しても直しが効きます。霧吹きでガラス面がビショビショに垂れるくらい水を吹き付けますが、その時少しだけ中性洗剤を加えるといいらしいです。塗装用具のヘラで空気を抜いて出来上がり、明るいけれど目隠しになり掃除も楽です。気分を変えて模様替えしたくなったら、次はステンドグラス風の華やかなフィルムにしてもいいかもです。

足場を撤去していただいたらテラスや階段の塗装も残っています。再塗装をしながら家のチェックも自分で出来て、変化する暮らしのスタイルを見直すことにも繋がります。業者に依頼したら塗料の塗り分けなど7、80万円くらいは軽くかかるはずですから、夏休みも出かけず頑張って予定より早く塗装完了したので、来週はお疲れ休みの夏休み、Go To で美味しいものでも食べに行きましょうか🎶

| | コメント (4)

7割くらいかな!

とうさんの夏休みは伊豆の土肥にいつもの海釣りに行ったくらいで、母屋ログの塗装を頑張りました。暑いとはいえ酷暑猛暑ではないので、日盛りの日中を避けて脚立で塗れる所は全部塗り終わりました。まだ上部は残っているものの、全体の7割くらいは出来たと思います。神奈川の家ではこの季節とても塗装なんて出来ません。東側壁面は窓枠を塗りこんな感じになりました。

Dsc05324

窓枠やドア用には木部浸透系の塗料ではなく、多用途なシリコン系水性塗料にしました。白だけでも白、オフホワイト、パールホワイト、クラシックホワイトと4種類もあり、クラシックホワイトを選びました。乾燥が早く伸びがいい塗料で、塗料売り場で色々迷ったのですが正解だったと思います。

週明け月曜日は正面ドアと窓を、昨日は母屋裏のキッチン、お風呂場、洗面所の窓枠を塗りました。ログの場合、お風呂場水周りはメンテナンスが楽ということでユニットバスですが、窓は木枠の他と同じ窓がついています。建てて14年目となり窓枠の木部がどうしても黒ずんできて、気になっていました。浴室は白とクリーム色で、ちょうど黒ずんだ内側の木部を白く塗ればぴったり統一感もあっていいかも・・・これは塗るっきゃないと思い、内側も塗りました。

Dsc05322

目隠しに淡いクリーム色のブラインドを取り付けていたのですが取り外し、目隠し用にフィルムを貼ろうと思います。目隠しと言っても相手は鹿とかムササビ君くらいですけど、結露防止にもなりますからね。

今日はお願いしていた足場を設置しに来てくれました。トラス上部まで届いて鼻隠しが塗れるくらい、脚立で上り下りするので必要最低限の部材を組んでいただきました。

Dsc05323

裏側はアドリアのカーポートの単管を利用して、細長い足場板を設置してくれました。

Dsc05325

昼前の短い時間にささっと組んでいただきました。やはり餅は餅屋で、手慣れた職人さんにかかればアッという間です。これで塗装作業を進めることが出来ます。

建具の色を変えると単色のスプルースで塗っていた時よりも窓もドアも大きく感じます。赤も良かったけれど、シブいグリーンに白でも良かったかなぁなんて思います。丸太のどっしりしたログもいいけれど、マシンカットの角ログは色を変えて楽しめる、それぞれ持ち味があるものです。セルフビルドしたハンドカットのアトリエログにはこの色は似合わない、再塗装をするとしたらやはり茶系の塗料がしっくりするように思われます。やはりやっただけの成果が見える塗装は楽しいですね‼

| | コメント (6)

ぼちぼち塗ってます

今年こそはと思っていた母屋の再塗装は長い梅雨で延び延びになっていました。7月は何しろまともに晴れた日が1日しか無かったそうですから、取りかかっていても乾かず捗らずだったと思います。やっと梅雨が明けて、すでに塗料を取り寄せて塗装用のペール缶やハケ、マスキングテープなども新しいものを用意して準備はばっちり、とりあえず脚立で塗れる東側と西側の壁からスタートしました。

Dsc05312

とりあえずというのは正面と裏面には安全策で今回足場を設置することにしたのですが、諸事情で足場はまだありません。足場専用の業者さんで見積もりをとったらかなりいいお値段、最短でも2ヶ月間が基本だそうです。そんなに長くはいらないのでお世話になっている工務店さんに期間も費用も半分くらいでとお願いしましたが、お盆前でめちゃめちゃ忙しいところに職人さんが交通事故の巻き添えに遭って人出不足のため足場設置は少し先になってしまいそうです。せっかくとうさんが夏休みなので、壁面の汚れを取り除きながらわが家のお色直し作戦は塗れる所からぼちぼち進めていこうと思います。

Dsc05315

先週は家の周りの片づけで椎茸のホダ木を移動したり、使っているわけでもないのに漠然と置いていた不用品などを片づけたらやっぱり要らないものでした。とうさんは屋根にかかっている木の枝をばんばん落としたり、諸々見直しにはいいキッカケです。塗料の色はキシラデコールの「べにがら」で低臭性の新色を選びました。べにがらは元々は漆に使われる朱色で日本古来の色、カタカナの色名の中では異色の命名です。メーカーさんから試し塗り用サンプルを送っていただいて塗ってみてから決めました。

塗るとレンガ色のような赤です。窓枠やドア枠は白で塗りアクセントに、イメージとしては北欧の湖岸に立つ可愛い赤い🏠です。暑いので日盛りの日中は休憩して、朝涼しい内か夕方に作業をする方が効率よく出来そうです。完成を楽しみに始めたらもうやるしかないです🎵

Dsc05314

塗ったばかりの壁面に10cmくらいの「ナナフシ」が留まっていました。一昨日は塗る前の壁にナナフシが留まり脱皮して、まだ抜け殻と一緒にいるのを見かけました。詳しくないので分かりませんが、脱皮してひと回り大きくなるのでしょうか、とにかくあんな細い身体で垂壁でもハングしている所でもずっと留まっていられるなんて、どうなっているのかなぁと率直に感じます。

Dsc05313

軒天を塗りながら見上げると欅の大樹、秋には大量の落ち葉ですが、樹に囲まれているから暑さも少しは緩和されているのかと思います。

Dsc05316

ワンたちは私たちの手がすいておやつが貰えたり、遊んでもらえるのをひたすら待っています。

Dsc05311

 

 

| | コメント (4)

残暑お見舞い申し上げます

立秋が過ぎて残暑の暑さとなりましたが、首都圏よりはるかに涼しいとはいえここ数日は堪える暑さです。梅雨が明けたら庭の隅に姥百合が咲きだしました。

Dsc05308

村花は山百合ですが、姥百合も村道で見かける花で、植えたわけではありませんが数年前から葉をみるようになりました。根元の葉が枯れて無くなってから花が咲く、葉が無い=歯が無いで姥百合と名づけられたとか、地味な花姿ではあるけれどちょっと気の毒な命名だと思いませんか? 余談ですが「ヌスビトハギ」も花の後につける実の形が忍び足で歩く盗人の足跡に似ているから付けられたと云われ、気の毒な命名のひとつだと思っています。

急に暑くなって家の周りには虫が飛び交っており、うっかりすると室内に飛び込んできた虫をメイが追いかけています。なんでも興味を持つパピーは下に落ちた虫を味見していたり😖・・・もちろん見つけ次第口をこじ開けて出させてますけどね。そんな虫対策でペットボトル利用の蜂獲りボトルを作りました。

Dsc05309

温度計と一緒に撮ってみましたが、アトリエテラスは風通しがいいので気温26℃で爽やかです。蜂獲りボトルの中身は日本酒とお酢に砂糖少々にしてみました。早速蜂ではなく黒に白い模様の蛾がとまって触覚を伸ばし、必死に吸いとるような仕草をしていましたがプラスティック相手では可哀想でした。虫たちにも暑い夏です💦

とうさんの海通いも暑い日中ではなく夜釣りで、太刀魚狙いになっています。先週は太刀魚、カンパチ、鯵、カマス、イトヨリダイなどを持ち帰りまして、今までは塩焼きばかりだった太刀魚を味醂干しにしてみました。

Dsc05304

太刀魚を三枚におろして骨を取り除いて漬け込み、白ゴマを振って風通しの良いテラスでじっくり干します。

Dsc05305

少し炙るだけでそっくり食べれますから、お酒のアテにも向いています。少し手間はかかりますが生より保存のきくレシピを知ることが出来るネットに助けられてます。珍しいイトヨリダイは煮つけにすると美味しいらしいというので、それもネットでレシピ検索して作りました。

Dsc05306

煮る時に生姜スライスを入れて魚の臭みをとり、盛り付ける時に生姜の千切りをあしらう、魚の煮つけはあまり作らないのですが、美味しく出来ました。夏は生姜と胡麻、酢の消費量が増えるわが家の食生活です。

長かった梅雨のせいで葉物野菜がめちゃめちゃ高いですね。レタス1個400円とかびっくりですが、これから影響がじわじわ出てくると思います。やっぱり多方面で残暑厳しくなりそうです💦 皆さまもご自愛ください。

 

 

| | コメント (2)

ドレスアップしました

と言っても私ではなく、愛車kangooの話です。先週鍵の調子が悪く、集中ドアロックが出来なくなり、鍵を開けてボタン電池を新品に交換しても×、手動でもリアドアのロックが出来ないので困りました。相模原の家から近い町田市にkangooのラインナップが豊富な車屋さんがあるのを思い出し、小回りがきくのはディーラーさんよりこういう車のプロがいるようなお店かと思い相談に行ってみました。思った通り詳しく応用のきくスタッフさんがいて、ちょっとした方法で解決していただきました。

そのお店のオリジナルのサイドステップガードがカッコ良くて即決、翌日出向いて着けていただきました。

Dsc05296

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、fungooのロゴが入っています。

Dsc05298

キリッと引き締まった感じがしてニヤニヤ(^^)、ウキウキしながらわが家へと帰ってきました。カラフルな新旧kangooの並ぶこの車屋さん、珍しいルノーエクスプレスが入庫していました。エクスプレスはkangooのご先祖様のような車で、左ハンドルのAT車で商品車と書かれていましたが、希少車ですからきっといいお値段なのでしょう‼

Dsc05293

Dsc05294

赤い車の後ろが私の愛車で、サイドステップ取り付け中です。エクスプレスの実車を見るのは初めて、実は私のささやかなkangooコレクションの中にエクスプレスのミニカーがあります。

Dsc05303

フランス政府はルノーの大株主で、フランスの郵便車はルノー車で占められているそうです。kangooは元々商用車で働く車ですが、使い勝手の良さ、個性的なスタイリングに惹かれて日本でも愛されているのだと思います。購入したkangooの納車で訪れたご夫婦がちょうどいらして、待つ間車話で盛り上がりました。いつでも新しい車を迎えるのはワクワクします、来年カングージャンボリーでお会いできるでしょうか‼

暑くなったので今日はジュリの部分トリミングをしました。冬の間耳毛を伸ばしていたのですが、夏向きにバリカンを当ててすっきり夏バージョンになりました。左耳が済んだところで比較のため写真撮影、毛はソバージュのように広がり随分長くなっていましたが本犬もスッキリしてくれたかな! 

Dsc05301

汗をかかないワンたちですから、これからの季節はチョイ切りトリミングとシャンプーで夏を乗り切ることにいたしましょう。

 

 

| | コメント (2)

«たらればの話