« 富士山山頂郵便局 | トップページ | kattiiとうさん濁流からの生還 »

真夏の火の用心

ログづくりの傍ら檜の皮とチェーンソーの木くずが溜ってきましたsweat01。いい大工さんを見分けるには現場に食べ物飲み物などのゴミが散らかっていないか、工具などが無造作に置かれていないかをチェックeyeするのだそうです。いいログビルダー助手としていつも週明けに現場の片づけをしますが、今日は思い立って下の空き地で燃やすことにしました。

数日の晴れで乾いた木の皮はよく燃えimpact 木くずはじっくりと時間をかけ灰になります。灰はしばらくおいてから、家の裏の腐葉土を積んでおく囲いの中に混ぜ込み、天地返しをして3年くらいでいい腐葉土ができます。小さな畑で2人が食べるだけの野菜budを、2株くらいずつ種類だけは多く作っておりだんだん畑らしいいい土になってきました。

現場がきれいに片づいていい野菜ができる・・・ささやかな緑の循環recycleです。収穫袋に4袋も溜って積んであった木くずが片づいてさっばりしましたhappy01 さあて夏休み~beerbeer

|

« 富士山山頂郵便局 | トップページ | kattiiとうさん濁流からの生還 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/30859393

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の火の用心:

« 富士山山頂郵便局 | トップページ | kattiiとうさん濁流からの生還 »