« 適当燻製づくり | トップページ | 冬至で大安 »

さくらめし

002 私の出身地はいつの間にか『静岡おでん』(しぞ~かおでんと読むらしい)で有名になったらしく、たまに帰るとあちこちにノボリが立っていたりします。仕切りのある四角いおでん鍋に中身が見えないくらい濃いお醤油色の汁が入り、焼津の黒はんぺんや大きなじゃがいも1個まるまるや練り製品が串にささっていて鰹のだし粉と青のリをまぶして食べるのが静岡おでんjapanesetea

個人的には今普通に作っている白だしのおでんの方が好きですが、煮込んでなんとも言えない色をしたまるまるじゃがいもには懐かしさを覚えますdelicious。おでんと言えば白飯ではなく茶めしがお薦めです。お茶を淹れて煎茶で炊くのも茶めしですが、静岡の茶めしは醤油、酒、みりんで炊くご飯、粉茶や海苔などを軽くふりかけるのもあり。別名がなぜか『さくらめし』です。

米1合に対し醤油と酒大さじ1弱(加減で)、みりん小さじ1/2(炊きあがりがつややかになる)の割合で炊いたのが上の写真です。炊き込みご飯ほど手間もかからず、残ったらおにぎりriceballにしておくといいです。美味しいおでん種をいただいたので、おでん鍋とさくらめしをセットで楽しみましたhappy01

|

« 適当燻製づくり | トップページ | 冬至で大安 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/32687881

この記事へのトラックバック一覧です: さくらめし:

« 適当燻製づくり | トップページ | 冬至で大安 »