« 和包丁とコルク栓 | トップページ | ドライブ日和 »

家が沈むって

005 002 昨年11月に完成したログhouseは国産檜丸太を14段ハンドカットで組み上げたものですが、時間経過とともに乾燥して沈んできました。セトリングと云って当初より2cm程度、4、5年で落ち着くはずです。

母屋ログは海を越えて運ばれたフィンランドパイン材で、マシンカットの角ログながらやはりできてから5cm位は沈みました。セトリングに対応するのはログhouseに住む上で必須ですwrench

とうさんの体調が復活したので、テラス上に伸びて屋根を支える梁と柱の間の金具2ヶ所の調節をしてもらいました。四辺が等しく沈む力に対して突っ張って持ち上げている2ヶ所を緩めてやることによって無理なく落ち着くわけです。ギシギシっと音がしました。できたばかりのログhouseはまだ底冷えしますが、セトリングによってがっちりと締まり、地震にも強く夏涼しく冬暖かい居住性に優れたhouseになるのが最終的なfull完成形だと思っていますhappy01

|

« 和包丁とコルク栓 | トップページ | ドライブ日和 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/33111365

この記事へのトラックバック一覧です: 家が沈むって:

« 和包丁とコルク栓 | トップページ | ドライブ日和 »