« スペシャル毛バリ | トップページ | ひとつひとつ »

弥生三月

005_2

まだ寒の戻りなどもあり、春はゆっくりなのかもしれませんが、もう氷点下にならなければ水道が凍ることもなくなります。夜通し細く水を出しっぱなしにしなくてもよくなり、寝る時に履いていた『足の冷えない不思議な靴下』も脱いですっきりですscissors

フリースのトレーナーからスウェット地のトレーナーを選ぶようになるのも小さな変化です。kattiiはストーブ横からテラスの定位置でひなたぼっこをするのにドアを出たり入ったり・・dash

ふきのとうがあちこちに顔を出し始めて採り放題ですが、無駄にしたくないので食べる分だけ摘んでくることにしています。雪の中でも出ていたふきのとうと、全く出ていなかったふきのとうが今なぜか同じ大きさです。せっかちもオクテも同じになっちゃうなんて、どちらが損か得かではありませんが面白いなと思いますnotes

ここでは暮しに直接かかわるので、どうしても季節の小さな変化に敏感になります。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るといいますから時間clockは大事にしなくては・・・ もう少し早起きしようかなhappy01

|

« スペシャル毛バリ | トップページ | ひとつひとつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/33588085

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三月:

« スペシャル毛バリ | トップページ | ひとつひとつ »