« 新しいクッション | トップページ | 富士の裾野 »

バイオ君は今

3月末から生ゴミ処理機を使っていますが、不思議なのは運転開始時に入れたバイオ材の量にほとんど変化がないことsign02。kattiiのふんふんも散歩から持ち帰って投入していますし、生ゴミも入れていますが匂いなし、翌日には分解されたのか形の残っているものは見当たりませんsign05

GWで一週間以上留守にして帰宅したら『乾燥flair』ランプが点きっぱなしになっていました。バイオ君の食べ物であるゴミの投入が途切れていたためと思われ、ゴミ入れを再開したら間もなく『乾燥flair』ランプは消えて正常運転に戻りました。

それにしても分解されるとはいえ量が増えないのはなぜでしょうかsign02 増えたら少しずつ出して土と混合して園芸用肥料にしたいと思っているのですが、増えないのでは出す必要もなく・・・think。食べざかりの子がいる4人家族ですときっと生ゴミの量も多くて分解も追いつかなかったりするのかもしれませんが、入れる量がちょっと少なめなのかもしれません。

生ゴミ処理機購入に対して助成金dollarを出してくれる自治体も増えているようです。自治体に寄って金額はまちまちのようですが、だいたい上限3万円程度、購入金額の半額位まで助成されるようです。村では今年度から薪ストーブ購入に際しても補助が出るようになったようです。生ゴミ処理機をバイオ君と呼んでいますが、匂い問題もクリアー、これからの季節活躍してくれそうですwink

003

黒々としたバイオ君を撮っても絵にならないので、満開の芝桜にしましたclover

|

« 新しいクッション | トップページ | 富士の裾野 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/34677845

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ君は今:

« 新しいクッション | トップページ | 富士の裾野 »