« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

グレートサミッツ再開

9月からBS・NHKハイビジョンの番組『グレートサミッツ』の新シリーズが始まります。明日は午後8時から「マッターホルン」、山系の女性ディレクターがガイドと共に登頂する様子を追うもので先日前宣番組を視ました。前シリーズでもカメラマンがスゴいと思っていたのですが、ハイビジョンカメラにもやはり様々な工夫を凝らして臨場感満点の映像が視られそうで楽しみですnote

139

これは私のなんちゃってデジカメで撮ったヘルンリ小屋手前、まだ残雪で登山許可が出ていない6月のヘルンリ稜です。マッターホルンって山に登る者なら条件が揃えば登ってみたいと思うのではないでしょうかsign02 ガイドなしで登るのもガイドについて登るのも自身の手と足で登ることに変わりはないのですが、不安要素の多くをクリアできてパートナーがいない人にも登頂へのチャンスがあるという点で、ガイド登山がイメージできる番組でもあると思います。フランスもスイスも山岳ガイドは特別でガイドと一緒だとロープウェイも優先されたりがあるようでした。

核心部の登攀も固定ロープをゴボウ(両手でロープを掴んで体を引っ張り上げる)で登り、ガイドとはロープを結んでいても同時登攀でマッターホルンが体力と時間勝負だと感じさせます。フリークライミングで5.9程度のグレードが登れて高度感を楽しめる人なら問題なさそうです。

ついでに今後の放送予定は9/8(水)ギアナ高地のアウヤンテプイ、9/15(水)マレーシア・ボルネオ島のキナバル、9/22(水)ヨーロッパアルプス山麓、いずれも午後8時から。アイガーなどは現在取材中だそうです。

山に登ったことがない人も歩くだけじゃない登山をリアルに感じることができるはずです。でも映像になると実際よりもスンゴい所に視えるのはなぜなんでしょcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻になった秘湯

今回静岡の井川まで出かけた目的はsecret湯です。『東河内温泉spa』と言って源泉は東河内川を沢通しに歩いた野湯そのもの、ネットで読んで折りたたみスコップやらバケツ、タワシなど持参しました。写真で見た画像ではちゃんと湯船があり、一旦湯を抜いて入れ直すこともできるようでしたが、2000年に崩壊して現在は小さな湯溜りがあるだけとの情報もあって半信半疑、運良く入れればと思っていました。

016_2

写真は源泉の硫黄の匂いがしてきた辺りで、温泉用のパイプが写っています。水量が少なめなのでどうということはありませんが、多かったらゴルジュのトラバースになってしょっぱい(注:山人用語、甘くないの意)箇所かもしれませんsweat01

011

私は沢靴でしたがとうさんは沢靴積み忘れで長靴、下の溜りが元湯船のなごりで折りたたみスコップで湯をかき出しているところです。手を入れてみるとぬるくてそのまま入るのはちょっと厳しい感じなので即撤収することに・・・think

015

撤収前の記念撮影、全体はこんな感じでgood、赤い線の所が2枚目写真部分です。向かって右手が上流です。本流は硫黄成分で魚影かすかなようですが、支流はアマゴと岩魚の沢でとうさん以前釣果fishを上げています。崩壊していなければkattiiも一緒に入れたのにとちょっと残念です。上の滝は画面に入りきらなかったのですが二段の立派な滝がかかっていました。

道を少々戻り畑薙第一ダムに向かう途中に昨年リニューアルした「赤石温泉・白樺荘」があります。入湯料大人1日500円也、ぬるつる系のいい泉質で秘湯と同じ、内湯からも露天風呂からも茶臼岳が眺められます。スコップ不要のspaはやっぱり楽ですねwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の宿題

7月初め山梨から静岡へ抜ける井川・雨畑線に向かうも崩落のため通行止めで断念、梅ヶ島豊岡線を走ったのですが、復旧したとの情報があり再度出かけました。起点から約47km、最高地点は山伏峠で標高2000m近く山伏(やんぶし)岳登山口があります。

007

とうさんは若き日オフロードバイクでこの林道を走り、峠にさしかかる手前地点で工事のため引き返さざるをえなかったそうです。ひたすら狭い林道を山に沿うように上り続け急に開けた展望に思わず車やバイクを停めて両県方向を眺める人達で、そこだけが賑やかでした。

009

008

山伏峠から見た静岡側の空は夏と秋がコラボしているような雲cloudでした。

せっかく行くのだからと早起きして朝は6時10分頃出発して、来た道を戻り午後7時を少しまわってやっと帰宅、南北に連なる南アルプスの秀峰近くを通るので山深く、谷深く実際の距離以上に長い道のりに感じました。12月から4月までは冬期閉鎖で、崩落による通行止めと復旧工事の繰り返しでも維持されている道は、走ってみればよくも凄い所に道を通したものだと感心するロケーションです。気になっていた点と点が繋がったことで自由研究の宿題が片づいたようなお疲れとうさんでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏だけドライバー

買い物帰りの山中湖からの道、前を走る車(湘南ナンバーのマツダ車)が超低速運転cargawkでコーナーにさしかかると更に減速、ゆるい下り坂のためかブレーキを踏みっぱなしでとにかく下手annoy  若者らしき4人が乗車しているようでしたが「この亀っsign03」と言いたくなるほど、追い越し禁止は承知ですが少し直線の続く所で一気に加速してぶち抜いてきましたdash

この季節は特に下手なドライバーが多くて呆れますpout。直線の少ないカーブだらけのD街道は昔に比べれば道路の付け替えが進んで随分走りやすくなりました。それでも走り慣れないたまにしか運転しないようなドライバーには鬼門かもしれません。私は眠くなるような単調な高速道路よりもコーナーが多い変化に富んだ道の方が好きですし、運転をする楽しさを感じられると思います。 下手な人の特徴はメリハリのない走り、コーナーに入ってからブレーキング、センターラインオーバー、狭い道で道路脇に寄れないなどなど。自分が時速何キロくらいでコーナーをクリアできるかがわかっていれば、コーナー手前で軽く減速して入るのがスムーズな運転です。センターオーバーなんて直線が少ないのですからもってのほか、死にたいのか~sign01です。どんなに車が良くてもドライバーが×では車がかわいそうsweat02、R413は信号もなく自然を満喫しながら走れる気持ちのいいルートですから運転もスムーズにお願いしたいものです。

003

運転とはまったく関係ないのですが、このビリ辛っラー油ごまだれ美味しいです。冷しゃぶや焼茄子、冷やし中華などなんでもOK、スーパー残暑に対抗するピリ辛っですgood。運転もビリっとねwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

園芸歳時記

『萩が咲いたら猛暑はなし』・・・植物の移植、株分け、剪定をしてもよく、秋の種蒔きのタイミングと聞いたことがあります。少し前から散歩途中山沿いの道で萩の花を見かけるようになりましたが、まだ充分暑いですsweat01

007

気が早いので萩を見るより早くほうれん草やラディッシュ、小松菜の種を蒔いちゃいましたdash。そろそろ間引きするタイミングです。

フルーツほおずき(オレンジチェリー)の草丈が伸びて1.5mくらいになり、やっと実をつけ始めました。袋はまだ小さく緑色ですが、黄色っぽくなれば中も食べごろらしいです。ミニトマトのようですがトマトよりビタミン、鉄分が豊富で甘くて美味しいので楽しみ、これから毎日チェックしなくては・・・delicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の猪

田舎では適当な時期に草刈りをするのは必須ですが、それはもう草むしりのレベルではありません。昨日わが家の地続きの斜面で草刈りをしていた地主さんが猪が地面をひっくり返した跡だと教えてくれたのはホントにすぐそば、通路の脇でしたsign03。土を掘り起こしミミズを食べるためだそうです。一見重機で掘り返したように見えます。

003_2

わが家の芝生にはミミズ穴がそこここにありますが猪が敷地内にまで入った形跡はありません。土木工事はどうやら夜間、防犯用に取り付けているセンサーライトflairが猪よけになっているようです。ソーラー庭園灯もいくつか設置していますが、寿命が尽きてしまった物を撤去してまた新しい物を設置しようかと思いました。

006

今日は夕立もなく満月fullmoonで明るく感じられます。今夜も窓から見える薄闇の中に現れてせっせと土を掘り起こすのでしょうか? 野生動物の行動はすべて生きるためですから、活動の時間帯が違っていてお互い領分を侵害しないご近所なら挨拶はしませんがどうぞ…ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週明け月曜日

昨夜は夏休みを挟んで久しぶりのヨガ教室、ヨガマットと1回毎300円の受講料を持ってコミュニティセンターには早めに到着、講師の女性はアラフォー世代かほっそりとした色白の綺麗な方ですshine。登録者名簿を見ると『佐藤』姓が多い、聞き慣れない姓は私のように他から移り住んできた人でしょうか、前回より多い参加者には男性も1人含まれていました。

実は先日DVD付きのヨガ本を買いました。いつもですが本や資料を揃えるとそれだけで安心してしまうタイプですcoldsweats01。お家ヨガもできればいいのですが、日時を決めて体を動かすのがやはりいいなと思います。DVDを視ながら補足練習ができれば尚ベストなんですね。

昨日の昼はまた村に工房を持っていらっしゃるMeg家におじゃましました。公私共に忙しくちょっと遅めの夏休みだそうで、久しぶりに近況をおしゃべりkattiiもdog友Megちゃんに会えました。忍野のお蕎麦屋「天祥庵」さんのそばぼうろはMegちゃんがパピーの頃から食べていた大好物だそうですが、kattiiも最初はおずおずと口に入れていたのに美味しかったのでしょう、急に積極的になったのには笑えましたhappy02。たしかに香ばしくてとても美味しいぼうろですから、今度近くを通ったら買ってあげることにしましょう。

002

左どくだみとアロエです。自家製化粧水を作ろうと思い、頼んでおいたアロエがきたのでMeg家脇のどくだみを採らせていただきました(お手伝い感謝heart01)。日中はさすがに暑いので夕方涼しくなったら作業開始かなsweat01

明日25日は満月fullmoonです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アボガド三兄弟

001

食べ終わった3個の種から発芽した3本のアボガドbud、アボガド三兄弟と名づけました。青果売り場で『王様のアボガド』という名で売られていたので、正確には「王様のアボガド三兄弟」です。

最近真ん中の次男が急成長してきたので新しい鉢に替えました。オクテの末っ子も成長してきたらもう少しいい鉢に昇格です。当地の冬の気温を考えると地植えにはできず、室内で越冬になるでしょう。

ブラジル原産のフルーツ「ジャボチカバ」も冬の寒さですっかり落葉して枯れたと思っていたところ奇跡的に復活してくれましたから、小さくていいから温室があればいいな~なんて思います。趣味用ソーラーパネル1枚売りキットというのを雑誌で見ました。日当たり抜群の立地を活かして自然エネルギーを利用して夜間の保温ができるものかどうか・・・検討する価値はあると思っていますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢ソーメン

夏休み明けの猛暑ですっかりお疲れモードのkattii家当主は出かける気も起きない様子なので少しでも涼しげな昼食をと、急きょ水際で素麺を作って食べることになりました。ごちゃごちゃと人がいない所、綺麗な冷たい水で茹でた素麺をさらすことができる所、できればテーブルと椅子、素麺づくり一式が運べる近さに車を停めれる条件ぴったりなsecretエリアへ・・・。小さな沢が左右から出会う二俣の平坦な場所で、木が作ってくれる日陰は涼しくてうっとうしい虫もいない理想的な立地ですscissors。知っている人しか知らない、ゴミを捨てていくようななんちゃってキャンパーには知らせたくない場所です。

004

卓上コンロ持ち込みで素麺を茹で、揚げ油持参で玉ねぎ、人参、つるむらさきの三色かき揚げを作っていただきましたdelicious。kattiiも素麺好きなんです。

川面を渡る風は涼しく京都の川床みたい(行ったことはないけれど)、天然クーラーでしばし「涼」を感じるひとときでしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茄子のシーフードカレー

暑い時に食べたくなるのがカレー、いつもと少し材料を変えて茄子のシーフードカレーを作りました。茄子を素揚げにする、むき海老、イカ、アサリのむき身などを白ワインで少し蒸し煮にするなどが別々でひと手間ですが、辛口カレーをサフランライスではなくターメリックライスに盛りつけいただきますdeliciousrestaurant

006

朝採りもろこしサラダと忍野・角屋さんのしそ豆腐、空心菜のソテーでささやかな食卓ですconfident

004

買い物途中の忍野のコスモス畑、ガスっていなければバックは富士山なんですけど・・・。一面のコスモス畑の上を渡る風は涼しく・・・とはいかず晴れてきたら気温もぐんぐん上昇sweat01、で夕食がカレーになったという訳ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空心菜とつるむらさき

富士周辺は観光ハイシーズンですが、目立って感じるのは中国からの観光客が多くなったことsign01。富士五合目はもちろん富士急ハイランドや紅富士の湯などいたる所で賑やかな中国語を耳にします。観光産業は中国様さまでしょう。

所用で近くまで出かけ久しぶりに村の道の駅に寄りました。夏は村営spaも道の駅もキャンプ客で大混雑するので近づかないようにしていますが、産直コーナーの夏野菜がなかなか充実していました。空心菜とつるむらさき各100円也。

002_3

空心菜は10年以上前になるかと思いますが台湾で食べたのが初めて、つるむらさきは旅先の道の駅で買って食べてから好きになった野菜ですが、中国野菜だったとは知りませんでした。中国といえば○○菜、つるむらさきって日本的名前ですよね。今夜はつるむらきとベーコンのソテー、仕上げに粗挽き黒胡椒でいただきます。手前にちょっとのっているのはウチのモロヘイヤ、さっと熱湯にくぐらせ辛子醤油でdelicious

004

葉と茎を分けておき茎とベーコンを炒め、葉は最後にさっと火を通す程度です。暑いとどうしてもさっぱりした物になりがちですが、脂質を摂ると満腹感があり余計な食欲が抑えられます。空心菜も軽く炒めて塩味だけで美味しい野菜ですが、どちらもほうれん草よりもビタミン豊富らしいです。道の駅にあるということはこの地でも充分栽培可能なはず、来年チャレンジしたいものですwink

以下出稼ぎとうさんに家庭内業務連絡clip

明日夕食ビールbeerのおつまみは「空心菜のこだわり塩炒め」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝霧・川霧

今朝起きてカーテンを開けたら外は真っ白、いつも目の前に見える山も木も見えずeye・・・。宵っぱりの朝寝坊ですが夏は涼しい内にkattiiの散歩に行くため早起きしています。涼しそうな朝霧の中を国道を横切り、釣り堀センターを通り抜けるとD川本流です。横浜市の水源はもう少し山中湖寄りの上流ですが、水は澄んで文字通り「清流」です。

004

川霧はいつもより幻想的でマイナスイオンたっぷり、水面を渡る風の涼しさに目が覚めるようでした。写真から少しは涼しさが伝わるでしょうかconfident good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミアム8

わが家は今のところテレビはBSのみ視聴で、今どきのお笑い芸人やAKBなんとかを知りません。NHKハイビジョンで昨夜から5夜連続放送の番組、プレミアム8『南米大陸一周165日の旅』を興味深く視ています。大型トラックの荷台にバスを載せたような特殊車両でエクアドルをスタート、昨夜の放送ではペルー・マチュピチュ遺跡への長いトレッキングもありました。

今夜はペルーからボリビア、アルゼンチン、チリまでを走り、ティティカカ湖のインディオの暮しや広大なウユニ塩湖など・・・かなり時間経過は短縮された形ですが、一緒に移動しているように感じられ普通の海外旅番組とはひと味違います。各国の大都市での乗り降りは自由で全行程を乗車すると旅行費用140万円(食事、宿泊、運賃込み)だそうです。

これからマゼラン海峡やイグアスの滝、リオのカーニバルやギアナ高地と南米大陸の見どころ満載で楽しみです。

003 004

地球じゃないような自然が造った不思議な景色ってまだまだあるんですね~sign03

こんな壮大な旅を経験したらそれはその人にとってきっと大きな財産になるんだろうなぁなんて思います。画面からは疑似体験、気持ちは地球の裏側ですairplane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直送デラウェア

Uターンラッシュのピークだとか、渋滞情報って当事者とそうでない場合とでは正反対といっていいほど感じ方が違いますね。人はどうか分かりませんが、ウチの場合お盆渋滞の映像は大変だろうなぁと思いながら距離が長いほどニュースに引きつけられてしまいます。「40キロ、うわっsign01すごっsign03」てな感じです。渋滞予報士という職もあるそうですが、ハマると承知しながら車集中の絶対数が多いのだから仕方がないものなのでしょうthink

渋滞の中には物流のトラックや定期運行の高速バスも含まれていて、仕事として高速を走るドライバーさんにとっては時間の見込めないこの時期は受難の時だと思います。

そんな中、山梨の牧丘で葡萄栽培就農3年目の知人の果樹園からお願いしていたデラウェアが無事届きました。葡萄栽培に適した気候風土の中で丹精して作られたデラウェアも巨峰(巨峰は9月)も収穫してすぐに送ってもらえ、甘くてホントに美味しい葡萄です。早速ちょっと冷やしてお味見、今年も期待を裏切らない美味しさですhappy01scissors

002

これで約1キロくらい、後ろは旅先の道の駅で農作業用に買った110円の帽子、手間を考えると申し訳ないほど安いけれどかわいいから紐をつけて愛用するつもりです。暑い夏の収穫作業を思いながらご馳走さまdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~夏休み

10年乗っている私の愛車ジムニーの加速が最近イマイチなのでオイル交換に富士吉田まで出かけました。神奈川方面以外はどこに行くにも山中湖を通らなければなりませんが、この時期はスポーツ合宿のメッカ、高原リゾートの観光地と化しとんでもない所で渋滞に合ったりします。ジェットスキーやヨットyacht、カヌーなどマリンスポーツにやってくる若者、レンタサイクルで湖岸を走るbicycleファミリー、オフには閑散としているお土産物屋さんも賑わっていてどこも喧騒の中です。繁華な地域から離れた別荘地入口に建築中だった気になる建物のレストランがやっとオープンしていました。

017

ちょうど昼時だからと中に入りましたが満席、次々に車が停まり来店するのですがまだきちんと接客面など機能していない様子、イタリアンレストランでお蕎麦のパスタとチーズがウリみたいですが、お味はしばらくしてからの方が良さそうです。気になる建物内部は見れたのでhappy01scissors、内装にも随分時間がかかっていたのがうかがえました。

016

ゆったりと芝生を張った前庭に置かれた木のプランター、参考に写真を撮らせていただきました。

この辺りはお店も少し途切れる一画で、喧騒をのがれた大人向きの森のレストランとなればいいのですが・・・。入れ物(建物)は申し分なく、味はもちろん大事ですが繁盛店になるかどうかの一番の決め手はやっぱり人だと思うのですconfident

涼しい高原ばかりを渡り歩いた夏休みでしたが、帰宅しても快適な避暑地です。都会より涼しいのは分かりますが村のキャンプ場はどこも過密状態、こどもt-shirtdogの数は普段の何倍になっていることかsweat01・・・離れた高台のわが家で「あ~sign03ウチが一番」happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編・とうさん釣りブログⅡ

常願寺川支流の真川は下流部のスゴ谷と中流部の岩井谷、鳶谷と上流部のハゲ谷、ヤクシ谷はそれぞれ薬師岳、北ノ俣岳へとつめ上がる沢登りルートでもある。

今回は裏銀座縦走への玄関口折立にベースを置いてのお手軽釣行だが、季節柄釣り師も多数入渓している激戦区で数は望めない状況であった。初日は上流側へ林道を10分ほど歩いて入渓、広い河原に瀬が続くテンカラ向きの渓相ではあるが六寸クラスのスレた岩魚が毛鈎に近づき直前でターンしていく。大きな瀬尻で八寸を、瀬脇で九寸、瀬頭で七寸の白っぽい魚体を掛け、kattiiとかあさん同行故早々に退渓した。

017

翌日は単独で岩井谷を目指して下流部へ。林道を下ること1時間ほどでどんどん谷が深くなり、沢登りの様相を呈してきたので途中の枝沢を本流に下ることにした。釣り師の真新しい足跡があり岩魚もスレているが八寸クラスを6匹ほど掛けリリースした。熊の気配を感じ気が散る中ヒュッテの下まで釣り上るが、途中通らずが4ヶ所あり藪こぎして高巻いたが悪かった。全体的に魚影は薄いようで、6月の有峰林道開通直後から7月下旬にかけて有望な川だと思われる。

折立からは太郎兵衛平を経て薬師沢に下りると黒部奥の廊下、そこでは黒部の岩魚に会える。尾ビレが発達して精悍な黒っぽい岩魚はやはり特別の存在だ。通過点ではあるが真川はちょっと気になる川だったので竿を出す意味はあったと思う。

020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編・kattii旅ブログ

動くお家と一緒にお出かけして、さっきやっと木のお家に帰ってきました。 何しろウチはお出かけするとどこに行くのかなにをするのか、いつ帰れるのか分からなくていつもドキドキしちゃいますheart02  rvcarでたくさん走って山のず~っと奥まで行きました。 みんなで川に下りてfishがいそうな所を捜しました。 アタシは山登りは大得意ですが水はちょっと怖くて苦手ですsad。 川を渡る時はとうさんかかあさんが抱っこしてくれるのですが、fish捜しに夢中でアタシのことを忘れてドンドン遠くに歩いて行ってしまうので「行かないでよ~sign03」と時々鳴きが入りました。

016

お腹までビチョビチョですsweat02  無責任に「kattii~早くおいで~」とか呼ぶんですけど、アタシくらいの岩がゴロゴロしていて歩きにくいったらありゃしない、オマケに石と同じ色で見つけにくいとか言うんだから・・・sweat01

とうさんはアタシの大好きな岩魚をポンポンとfishfishfish釣ってくれました。

018

川歩きもだんだん上手になってきたみたいで楽しくなってきましたnote 翌日は昼からまた3人で川に行きましたが、歩き始めて少しでとうさんが「熊だsign01」と言いました。子熊みたいで母熊が近くにいなければいいけれどとかあさんと話していました。 「なぜkattiiは熊の匂いに気がつかないの?」と言うのですが、熊なんか見たことも嗅いだこともないので無理ng。 オオイタドリをナタで切って音をさせながら前の日の場所から川に入りました。またビチョビチョのジャリジャリになったけどもう大丈夫scissors ここんちの子でいるにはちょっとやそっとでビビっていられないんだから・・・アタシも沢ガールデビューしましたdog

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石臼とすんき

石臼とすんき
石臼とすんき

1500mの御岳ロープウェイ駐車場の朝は小雨rain、雲が流れ時折中ア・木曾駒ヶ岳と宝剣岳が見えていました。雨が上がればロープウェイ利用で七合目まで行き、御岳剣ヶ峰に登ろうと思っていたのですが、3時間近くかけて3067mまで登っても霧の中では楽しくないので即切り替えて下山、台風の影響か大気の状態が不安定なので家に近づいておくことにしました。

木曾路の道の駅『三岳』『日義木曽駒高原』に立ち寄り、今話題の発酵食品「すんき漬け」と「すんきカレー」を購入、BS番組で視て食べたいと思っていたご当地モノです。
昼は信州だからお蕎麦でしょ!っと道々お蕎麦屋さんチェック、第一条件は駐車場が広くて停められること(車がお店を選ぶsweat01)、諏訪湖を避けて向かった杖突峠の蕎麦処「峠の茶屋」に入れました。標高1200m超えで八ヶ岳、諏訪湖が一望できる窓際で石臼挽き夏限定清涼十割蕎麦をいただきました。蕎麦本来の甘みをまずは塩で味わってくださいと言われました。

今宵のわがrvcarhouseはいつも寄る道の駅『信州蔦木宿』これで13ヶ所目、日帰り温泉spa併設が嬉しいところです(大人600円、午後6時過ぎ500円)。夕食はすんきカレーとすんき漬け、サラダをメインダイニングでいただきました(食器は移動家屋用なので実用第一)。塩を使わない漬け物ですっぱ味があり、まろやかなカレーに仕上がっていますdelicious。  下の写真は御岳山から見た中ア・木曽駒ヶ岳と宝剣岳です。

024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曾御岳山から

木曾御岳山から

予報通り霧雨が降ったりrain/cloudやんだりの空模様で出発dash、たくさんある道の駅を巡りながら移動することにしました。昨日は道の駅『宙ドーム神岡』と『飛騨白山』の2ヶ所、今日は道の駅『大日岳』『白鳥』『古今伝授の里やまと』『明宝』『パスカル清見』『南飛騨小坂はなもも』の6ヶ所、初日に『風穴の里』と『奥飛騨温泉郷上宝』に寄っているので本日までで10ヶ所の道の駅に立ち寄ったことになります。

昼食はせっかくだからと旅行中初外食で飛騨牛ステーキ定食にしましたdelicious。温泉はとうさんが気になっていたという木曾御岳山7合目1800mの高さにある濁河(にごりご)温泉入湯、行きつくまでの道は文字通りスカイラインで全長12mには少々ハードでしたが来た甲斐あって霧雨の中しっとりいいお湯spaでした。

今宵の宿は御岳ロープウェイまで移動して広い草原の駐車場に落ち着きました。こちらも標高高くただいまの気温17℃で涼しく、長袖がちょうどいいくらいですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑お見舞い

7日土曜日は立秋でした。暦の上では残暑ですが暑さはこれから、金曜夜発で途中道の駅『風穴の里』泊、翌朝無料化社会実験中の安房トンネルを抜け有峰林道(有料往復大型4300円)から折立入りしました。真川で2日間釣りをして今朝撤収、白川郷などを通過しながら白山の麓・道の駅『飛騨白山・しらみずの湯spa』(源泉が大白川の湯でPH8.7、600円)でさっぱりしてsweat01、今宵の宿はひるがの高原近くのダム湖御母衣湖(みほろこ)の湖岸です。流木を集めて焚き火をしつつ、湖面にライズするfish気配がありルアーを投げて遊んでました・・・翌朝見たら大きな緋鯉、鯉がいるという噂はあったようです。

折立はさすがに涼しく夜も快適だったのですが、温泉がないのが残念。通ったことがない道を選び、とりあえず高原ならば涼しいだろうと高原+温泉+川をめぐっています。
今回の釣果はまずまず、今のところビックリdangerは熊に遭遇したことくらいでDEFENDER+αは快調に峠を越えておりますscissors

帰宅してから写真をupして編集します。岐阜県地方明日は降水確率60%、暑さも一休みでしょうかcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏は何かが起こるかも

今夜から出かけます。以後携帯圏内であればブログ更新できますが、行くのはいつも山深くですからどうなることやら・・・coldsweats01

キャンピングトレーラーを引っ張っての夏休みはいつも何かが起こります。昨年は無事でしたが、雫石オイル漏れ事件、木曾開田高原トレーラー置き去り事件等々、それでも懲りずに出かけるのは気ままな車旅が好きだからですheart01

今回の第一目標はわが家より500mほど標高の高い所、大山より少し高い1350mくらいの川で、涼しいはずです。

001

最近はかわいいひまわりばかりですが、ひまわりはこうでなくちゃ・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣り旅支度

今日のニュース、所ジョージさんが世田谷ベースで畑仕事中熱中症になって救急車を呼んだそうですが、世田谷は暑いですよ。わが村には所さんのDベースhouseがあります。昨年の夏流し素麺をしたり近くの小さな沢でチョンチョン釣りを楽しんでいるのを番組で視ました。ウチと同じ厚さのログhouseですがライトグレーのアメリカン風、別荘なのにわが家よりはるかに立派ですcoldsweats01

村の今日の気温は30℃まではなく過ごしやすい一日で、GW以来のキャンピングトレーラーの出動準備を始めました。調理器具や食器、寝具(シュラフ)などは一式常備していますが、下からの湿気があり梅雨の後なので風を入れて冷蔵庫の中を拭いたり一通りの掃除をします。今回はとりあえず富山方面立山から折立辺りで釣りでもということで私も一応釣り準備。

002_2

ウェーディングシューズ、スパッツ、ネオプレーンのソックス・・沢装備なんてあんまり久しぶりなんでカビてないかドキドキしちゃいましたsweat01。普通の川ならいつものメレルのサンダルで充分なんですけど気持ちを引き締めるためには格好からです。久々5mライン私用を振ってみようかと思ってます。

私は餌釣りはしたことがなく、初めてのテンカラ(釜無川源流)で尺二岩魚が釣れちゃってそれ以後は竿を出していません。釣ろうと意識して臨んだわけではなくまさに釣れちゃった状態、気の毒な岩魚でしたsweat02。テンカラという釣りのスタイルはこれ以上ないほどシンプルで美しいと思います。沢のポイントでさっと竿を出してすぐできる、石をひっくり返して川虫を捜したりゴソゴソ餌を付ける手間もいらずスピーディー、本物の餌ならかかって当然、岩魚にしたら命がかかっているのですから真剣勝負、疑似餌に騙されるのは釣り人の勝ちみたいな感じがします。私はド素人ですから釣れそうな毛針をもらって、まぁ釣れなくて元々と思いながら竿を出すことにしましょう。

手前のクライミングホールドは鍋でご飯を炊く時の重り用です。すわりが良くて重さもちょうどいい炊事道具ですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

畑の副産物

畑のイチゴを整理したところ畝の間に赤シソがちらほら自生していましたeye。雑草として捨ててしまうのももったいないほどあったのでシソジュースを作ることにしました。赤シソ同様青シソも種を蒔いた覚えはないのにhouseの横に自生しているのであとは砂糖とクエン酸と水だけあればできます。割合は青シソの方が若干多いくらい、色づけ担当は赤、エキスは青シソの役割でしょうか、クエン酸を入れた瞬間にさーっと綺麗なルビー色になりますring

002

IKEAの瓶は果実酒の保存に重宝で使いまわしていますが、熱湯を回しかけておいてジュースが冷めた頃移して出来上り。炭酸で割ったりさっぱりして美味しいですwine

003

アボガドの種が発芽して毎日ぐんぐん伸びています。かぼちゃのような無駄に大きい鉢はホームセンターで在庫一掃価格300円也、足がついていてユーモラスですが使い道がなく埃をかぶっていたのにアボガドにぴったりでしたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日常の盲点

朝から曇って、涼しく畑の片づけや草採りをしていたところ国道をはさんだ向かいのO産業さんと村のおまわりさんが坂を上って来られました。ウチは5区画ある分譲地の最奥にありますが、国道沿いに停めてあったトラックが盗まれたそうで何か異常に気づかなかったですかとのお尋ねでした。不運なことに今年になって買った一番新しい車両で、「富士山ナンバー」の白いトラック、なくなっているのに気づくまでの金曜夜から日曜朝までの犯行らしいけれど時間を確定できないとのこと。

土曜日はとうさん日帰りの釣りで、私は昼食以外3時頃までずっと外仕事をしていました。DEFENDERはトラックとほぼ同じ音なのでとうさんを待ちわびるkattiiはトラック音に敏感に反応しますから昼ではない、金曜か土曜houseの灯りが消えた深夜の犯行ではないかと思います。よそのトラックとはいえいつから無いのか、いつまであったのかはっきり記憶になくて・・・盲点です。

以前とうさん実弟も自宅駐車場から2回もランドクルーザーを盗まれたことがあります。1台目の後番犬として飼ったシェパードdogがいてもまたやられました。盗まれたランクルや重機などは速やかに海を渡りアフリカや中近東で転売され、たまに発見されることもあるそうです。大がかりな多国籍車両窃盗団がいるとも聞いたことがあります。

犯罪とは無関係な普通の暮しの一方で明確な意思をもって犯行を計画している者がいる場合、それを防ぐことはほとんど不可能なのではないかと思えます。山中湖という一大観光地近くとはいえ犯罪とは無縁のようなのどかな村ですから他よりもたやすいかもしれません。防犯意識を持たないと窃盗団のいいお客さんになってしまうと本気で危機感を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常の外

今朝起きて一番にしたことはとうさんが釣ってきた岩魚fishの処理、昨夜とりあえず保冷剤を入れてありましたが、今日食べる3匹(kattiiは白焼き)はそのままに、残りはお味噌を日本酒で溶いたものに漬けて1週間ほどで美味しくいただきますdelicious。どれも姿勢のいい岩魚たちです。

001

食べ応えがあるのは尺超えの岩魚ですが、美味しいのは八寸から九寸くらいです。山のモノには海の塩、海のモノには山の塩といいますから、岩魚には日本海笹川流れの塩なんかがいいかもしれません。味噌は保存用にもなりますが、即席みそ汁生みそタイプの味噌(携行が楽)を岩魚の腹と背に塗って焼くのもお薦めですgood

先日沢登り事故の救助隊が二重遭難した奥秩父のブドウ沢で取材に入ったマスコミ2名が遭難、死亡が確認されたとのニュースがありました。死者にムチ打つ訳ではありませんが、なんとも無為な死だと思いますthink。同行したガイドがあまりの軽装備に引き返させたのに更に2人で出て遭難したとか、奥秩父の沢は谷が深く、ヌルけて滑りやすい岩質の場所もあり、一旦降られるとたちまち濁流に変わることもあります。ブドウ沢はグレード2級の沢で全くの素人が軽装備で入渓するような沢ではありません。無知故の無謀、命と引き換えるほどの取材などないはずですannoy

日常生活の外には人が立ち入ることを容易に許さない場所があります。厳冬期の雪山もそうですし、天候ひとつで状況が変わる沢も同様です。普通の山歩きでは飽き足らずその世界に足を踏み入れるためには臨機応変に動ける体力、知識、技術を総動員する必要があり、それは即席では無理なことです。

昨日とうさんが入渓した川も下流域とはいえ切り立った逆層の岩壁が連続する箇所があったようです。源流釣り師も経験と総合力が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編・とうさん釣りブログ

土曜日日帰りでN川の下流域に出かけた。途中土砂崩れのためいつものルートからではなくM山林道経由、林道ゲートが開くのを待ちN田に入る。午後6時M穂町の林道ゲート閉門に間に合うためには3時には切り上げねばならない時間の縛りがあるものの、前々日の大雨の川の濁りはなくホッとする。

今回はA沢ではなく釣り人から聞いて気になっていた下流域、途中上がれる場所がなく予定より歩いてしまったけれど60匹を越す大漁、尺二寸を筆頭に尺越え5匹を含むサイズが揃った良型の11匹ほどをキープして持ち帰った。使った毛針はいつものオリジナルとTMC102Y13に巻いた黒いアリさん毛針(ブラックアント)で決まり、どちらも大活躍だった。

004

以前は玄倉や神ノ川、鹿留など関東近郊の川でもそこそこ釣りになったものだが、最近は治水という名の公共事業や自然環境の変化で川抜けしてしまったり魚がいなくなってしまった川が増えている。その場限りと小さい魚まで釣りきってしまう人的要因もあるかもしれない。これから釣りを、テンカラをという者には厳しい状況だと思う。

N川の上から下まで繋げてみると、この川はまだしばらく岩魚と遊べる川であって欲しいと願わずにはいられない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »