« 夏の宿題 | トップページ | グレートサミッツ再開 »

幻になった秘湯

今回静岡の井川まで出かけた目的はsecret湯です。『東河内温泉spa』と言って源泉は東河内川を沢通しに歩いた野湯そのもの、ネットで読んで折りたたみスコップやらバケツ、タワシなど持参しました。写真で見た画像ではちゃんと湯船があり、一旦湯を抜いて入れ直すこともできるようでしたが、2000年に崩壊して現在は小さな湯溜りがあるだけとの情報もあって半信半疑、運良く入れればと思っていました。

016_2

写真は源泉の硫黄の匂いがしてきた辺りで、温泉用のパイプが写っています。水量が少なめなのでどうということはありませんが、多かったらゴルジュのトラバースになってしょっぱい(注:山人用語、甘くないの意)箇所かもしれませんsweat01

011

私は沢靴でしたがとうさんは沢靴積み忘れで長靴、下の溜りが元湯船のなごりで折りたたみスコップで湯をかき出しているところです。手を入れてみるとぬるくてそのまま入るのはちょっと厳しい感じなので即撤収することに・・・think

015

撤収前の記念撮影、全体はこんな感じでgood、赤い線の所が2枚目写真部分です。向かって右手が上流です。本流は硫黄成分で魚影かすかなようですが、支流はアマゴと岩魚の沢でとうさん以前釣果fishを上げています。崩壊していなければkattiiも一緒に入れたのにとちょっと残念です。上の滝は画面に入りきらなかったのですが二段の立派な滝がかかっていました。

道を少々戻り畑薙第一ダムに向かう途中に昨年リニューアルした「赤石温泉・白樺荘」があります。入湯料大人1日500円也、ぬるつる系のいい泉質で秘湯と同じ、内湯からも露天風呂からも茶臼岳が眺められます。スコップ不要のspaはやっぱり楽ですねwink

|

« 夏の宿題 | トップページ | グレートサミッツ再開 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あの辺りは、至る所が崩落していますよね。
そんな中、よく穴堀りに行きましたね〜。
好きですね〜。
蛭はいなかった?

投稿: のぶじい | 2010年8月30日 (月) 14時56分

のぶじいさま

あの辺りは山蛭はいないようですよ。地元は公表していませんがsecret、静岡で蛭がスゴいのは寸又峡エリアとご存知信濃俣入渓地付近です。
以前寸又三山で一生出会う分くらいの山蛭に遭遇しましたよsweat01
野湯には入れなかったけれど実際行って気が済みましたから・・・
復活して欲しいな~spa

投稿: kattiiかあさん | 2010年8月31日 (火) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/36412716

この記事へのトラックバック一覧です: 幻になった秘湯:

« 夏の宿題 | トップページ | グレートサミッツ再開 »