« 夏休み前 | トップページ | 日常の外 »

番外編・とうさん釣りブログ

土曜日日帰りでN川の下流域に出かけた。途中土砂崩れのためいつものルートからではなくM山林道経由、林道ゲートが開くのを待ちN田に入る。午後6時M穂町の林道ゲート閉門に間に合うためには3時には切り上げねばならない時間の縛りがあるものの、前々日の大雨の川の濁りはなくホッとする。

今回はA沢ではなく釣り人から聞いて気になっていた下流域、途中上がれる場所がなく予定より歩いてしまったけれど60匹を越す大漁、尺二寸を筆頭に尺越え5匹を含むサイズが揃った良型の11匹ほどをキープして持ち帰った。使った毛針はいつものオリジナルとTMC102Y13に巻いた黒いアリさん毛針(ブラックアント)で決まり、どちらも大活躍だった。

004

以前は玄倉や神ノ川、鹿留など関東近郊の川でもそこそこ釣りになったものだが、最近は治水という名の公共事業や自然環境の変化で川抜けしてしまったり魚がいなくなってしまった川が増えている。その場限りと小さい魚まで釣りきってしまう人的要因もあるかもしれない。これから釣りを、テンカラをという者には厳しい状況だと思う。

N川の上から下まで繋げてみると、この川はまだしばらく岩魚と遊べる川であって欲しいと願わずにはいられない。

|

« 夏休み前 | トップページ | 日常の外 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

 N川の上A沢あたりは、梅雨の水量が相当あったのだろうという痕跡が沢山ありました。
 6月にあった例のテン場の先の橋は流され、流木は補充されていました。

 きっと、7寸以上の岩魚たちはかなりの数流されてしまったんでしょうね。
 岩魚のサイズは20㌢以下がほとんどでした。
 それでも居着いていた大型がちらほらと釣れた上でした。釣果50UPの9寸止まりの私でした。

 蚊にたくさん喰われて痒いよ〜!!

 

投稿: のぶじい | 2010年8月 2日 (月) 09時05分

てんから職人 殿

サイズはともかく、50UPなら堪能できたことでしょう。下流部もかなり荒れていましたが、7寸以下はほとんど出ませんでした。瀬尻の浅い所に大物が付いてました。繁殖力の強い8寸以下を50匹以上リリースしておきましたので、秋が楽しみです。9~15時の釣果は、テンカラならではです。歩き過ぎて足腰が痛いよ~!

投稿: kattiiとうさん | 2010年8月 2日 (月) 10時31分

のぶじい 様

お疲れ~sign03! 蚊帳持っていかなかったの? 人一倍蚊に好かれる体質なんだから予防しなきゃ
私も大菩薩の沢で朝起きたら首筋を何者かが這った痕跡ありsadで蚊帳を買いましたよ。首から上はやめてって感じですsweat01
一過性ならまだしも、ぶり返す痒みは嫌ですね。お大事に~happy01

投稿: kattiiかあさん | 2010年8月 2日 (月) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/35979430

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編・とうさん釣りブログ:

« 夏休み前 | トップページ | 日常の外 »