« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

September Rain

9月の雨といってもこれって晩秋の雨みたいですdespair。 昨日やっと先週使ったテントやらタープなどをしまい、夏用寝具カバーなどを洗濯したり衣類の入れ替えをすることができましたが今朝はまたrain、こんな時の予報だけは当るんですから・・・think

敷地内の桂や白樺の樹も日光が一番あたる南側から黄色く色づき始めました。それでなくても短い秋という季節が加速のついた駆け足でいくようです。

ハワイアンキルトのショルダーバッグとサイコロバッグができました。8月にヤフオクで購入したハワイアンキルト用布4キロからいろいろな色を組み合わせています。

004

ショルダーバッグはモンステラというハワイアンな絵柄ですが、茶系のむら染めで秋を意識してみました。表のキルティングに対して中袋をどんなプリント地にするか選ぶのも楽しみのひとつですconfident

明日から10月、ちょっと忙しくなりますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブクロCD BEST

コブクロのCD「ALL COVERS BEST」アルバムをヤフオクで買いました。限定盤とかで店頭では売り切れだったもの、2枚組25曲サザン、尾崎豊、渡辺美里、絢香、ユーミン、ユニコーン、スティービーワンダー、ルイアームストロング・・・盛りだくさんの楽曲ですが、聴きたかったのは浜省の『もうひとつの土曜日』。小渕さんと黒田さんでコブクロですが、黒田さんがストリートでひとりで歌っていた頃必ず入れていた曲だそうです。

001

右は2006年のシングルベスト、どちらもベストだからfootfootなのかな~なんて勝手に思ってみたり・・・。好きな曲はどちらもたくさんありますが、シングルベストの中に入っている所ジョージさん作詩作曲をアレンジした『毎朝、僕の横にいて』という曲がお気に入りですnotes

今日はいつも聴いているslateJ- WAVEではなくCDをかけて手仕事をしました。午前中は強いrainthunderでしたが狭いアトリエログにあふれるnotesで雨音と雷鳴も余り気になりませんでした。雷嫌いのkattiiだけが机の下にもぐりこんでいたのでしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe テストオープン

牧丘で新規就農3年目で健闘する果樹園主の友人(といっても30代の青年)が古民家を改装、『山賊Cafe』なるものをsecretオープンすると聞き小川山の帰りに立ち寄ってみました。協力スタッフ、小さなお子さん連れファミリー多数で賑やかなことsign03 今日は特別で木工、竹細工、整体なども体験(?)できるようでした。

ちょうど昼時だったので「本日のこんだて」からコロボックルカレー(辛口)のランチプレートをオーダーrestaurant、1階店内は満席(?)状態なので自前のキャンプ用テーブルと椅子で咲き始めたキンモクセイの樹の下に・・・ kattiiの目線はプレートにクギづけwink

011

今回はコミュニティカフェ「談話室コロボックル」からシェフが出張だそうで、ごはんは古代米、多種類の自然野菜を使った体に優しいヘルシーメニユーですdelicious。山賊といえば肉かぶりつきみたいなイメージですから今後はどんな展開を見せてくれるのでしょうかsign02 ある時は猟師にもなるそうですから鹿肉ピザとか、鴨のローストとか・・・

013

果樹園で収穫した巨峰タルトも果実の甘さが程良い美味しいスィーツになっていました。グランドオープンはいつ?楽しみですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーンクライミングin小川山2010

25日(土)に開催されたクリーンクライミングに行ってきました。天気もイマイチだし今年はパスする?なんて言っていたのですが、主催者メンバーのF氏から「協力してほしい」との連絡、聞けばスラックラインのデモンストレーションと講習会をやるラインを張るための支点にDEFENDERをとのこと、そんなことでお役に立てればと出かけることにしました。前日からの雨も上がり集合時間9時頃から雲が切れて青空が広がりはじめました。インストラクターはお馴染みのクライミングジム・ストーンマジックのMAX君(お父さんのクライミングジムで登っていた小学生の頃から知っているきさくな青年)で、さすがに抜群のバランス感覚のデモに歓声が上がっていましたsign03

004

006

廻り目平中央広場会場のDEFENDERとスラックライン初挑戦のとうさん、右の黒TシャツがMAX君。私も観客と練習する人がいなくなってからちょっとだけ片手補助してもらってチャレンジしてみましたが難しいですsweat01。協賛各社さんから提供された賞品がいただけるジャンケン大会はもちろん盛り上がりますが、こんなイベントも楽しくて交流が広がるようです。

クリーンクライミングは今年11年目、F氏はじめ主催者は地元や協賛各社との交渉、調整などいろいろご苦労があると思いますが、毎年参加させてもらっている者としてはできれば続けていただきたいものですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さに焦る

当地のピンポイント予報は河口湖町と同じで本日の最高気温15℃、最低気温12℃だとか、20℃台を飛び越えてしまい寒くて焦りましたcatface。長袖を引っ張り出し、出かける準備も夏用シュラフからぬくぬく温かい冬用シュラフに交換、フリースとダウンも出して朝夕の寒さに備えます。

クライミングのメッカ小川山のクリーンクライミングに行く予定ですが豚汁を作っていくことに・・・焚火とあつあつの豚汁が何よりのご馳走です。明日はsunますように・・・

001

ハワイアンキルトの小物に使うためにククイナッツの実をネットで入手しました。ハイビスカスやホヌ(亀)の絵付きで直径2.5cmくらい、可愛いアクセントになりそうですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴロピカドン

雨の降り出しは遅く朝は小雨でしたが昼前から雷雨になりました。ゴロゴロからバキthunderバッキンthunderと激しくなり、光ってから数秒でしたからかなり近くに落ちたのかもしれません。雷こわいkattiiは身の置きどころもない様子で激しく震えてパニくっていました。ホントに雷の時は困りものですwobbly

004

小さいけれど落ち着く新ログにはとうさんお気に入りの縦長窓のそばにちょっとレトロなCDラジオがあります。ネットで見つけた家電というよりはおもちゃのようなプレーヤーで、再生するとCDが回ってアナロク゛なレコードに針を置いたような感じです。こんな雨の日は一緒に行ったコンサートで買ったCD2枚組を聴きながら手仕事、とうさんとkattiiはロフトでまったりしていましたconfidentnotes

006

大雨で土砂災害が心配な地域もあるとか、どうかあまり降り続きませぬように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の彼岸

昨日は彼岸の入り、明日は十五夜fullmoonです。所用で郵便局に行った途中彼岸花を見かけました。

001

もう少しすると土手いっぱいが赤くなることでしょう。秋を感じる野の花です。

003_2

涼しくなってテラスの定位置から遠くを眺めるkattii、彼女も秋を感じているのでしょうかconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テント干し

出かける前は手あたり次第に幕営に必要なテント一式やシュラフなどを大きなキャリーバッグに入れて準備をしますが、帰宅してまず片づけるのもかさばるテントなどから・・・sweat01

003

今朝は薄曇りで2棟のログhouseの間にロープを張ってテントとフライシート、タープを干しました。スリーシーズン用羽毛シュラフは風通しの良いロフトテラスに広げ、コッフェルやエアマットなど諸々は元あった所に戻します。山道具は結構値が張る物ですが、きちんと手入れをしておけば長く使うことができます。手前グリーンはZoneのタープですがどれくらい多くの渓で過ごしたかしれないほどのベテラン、焚火の飛び火の痕やかぎ裂きの補修だらけですが愛着ある装備です。干し物の下にkattiiが気づかぬうちに写っていましたがお手伝いにはなりませんcoldsweats01

土曜日に寄った伊那市高遠の古民家・そば処『七面亭』さん店内ではちょっとした焼き物を展示販売しており、手びねりらしい不揃いの風合いが気に入ってカップをペアで買いました。手間や材料を考えるとびっくりするほど安い値段がついていました。3時のお茶はこのカップでアップルティーをいただきましたdelicious。やっぱり余裕を持って早めの帰宅が正解です。

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未知の渓へ

伊那市長谷のM川はとうさんがちょっと気になっていた川、禁漁も間近なので出かけてみることにしました。が、林道入口に通行止めの表示とバリケードで「ガーンsign03」、はるばる来たのに~sad、どうすんの~gawk・・・ 道路から見えたM川の水が白濁していたのも諦める裏づけにはなります。川は他にもあるサと転進することに、切り替えは早いです。

南アルプス・北沢峠への西の玄関口戸台へ向かう途中の川に沿って山中へ(携帯は圏外)、関東からですと芦安や奈良田から広河原経由北沢峠の方が近いので、戸台口は初めてでした。赤い橋から先は一般車通行不可で右折できず、林道少し先を河原に下りて幕営することにしました。暑くもなく寒くもなく早く寝過ぎて真夜中目覚めた時の星空の綺麗なことといったら・・・shinehappy02  まさに月moon1の下で眠り、星空に包まれる感です。

今朝は更に林道を7、8キロも遡ったでしょうか、いい川なのにこれほど必要なのかと思うほどの堰堤の数、地元「松本」ナンバーの釣り人らしき車がポツポツと停まっていました。少し開けた所に車を停めとうさん入渓、いきなり当りがあり小ぶりですがkattii分の岩魚fishをゲットしてくれました。魚影は薄いながらもいるけれど、釣り人がかなり入っていて反応はいまひとつのようでした。入渓した地点ではちょうど鹿の親子を見ました。下流で対岸にいるきつねと道路を横切る猿の親子も目撃、彼らの世界への侵入者だと実感します。

008

地図で確認したら川はどうやらO黒川、林道は入笠山へと続き、山を越えれば富士見高原でショートカットできたかもしれません。かなり下ってからだったので別ルートから入笠山林道を走り展望台にて小休止。

014

八ヶ岳連峰・編笠山から蓼科山まで見渡せました。すっかり秋空です。富士見の栗生『水神の湯』spaに立ち寄り(男女日替わり、こじんまりしているものの泉質も良く、露天風呂が4つづつあり中でも岩屋の冷泉ハーブミストにちょっと感動) のんびり帰宅しました。未知の渓と未知のspa、いつでも発見はありますねconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊那のそば処

土曜朝発で長野県伊那のM川を目指して出発しました。今回は狭い林道を走ることになるのでキャンピングクレーラーは留守番、エアライズの山仕様2~3人用テント+タープでの幕営予定でした。

のんびり出発でちょうど昼食は伊那市高遠R152沿いのそば処『七面亭』さんに寄りました。夏休みはトレーーラー連結で全長12mでは駐車場に入っていけず諦めたお店にリベンジです。

005

古民家のたたずまいをそのままに、戸口を入ると広い土間の右手は小部屋、左側の四部屋は襖を開け放って広々とした「和」の食事処、古い和箪笥や飾棚がうるさくなく置かれて懐かしいようなどこかホッとする雰囲気ですconfident。そばセット(1500円也)を頼みました。

004

なかなか目にも楽しい彩りです。蓋物は炊き込みご飯、野菜のかき揚げ、つくねと鮭、山菜のずんだ和え、野菜の煮物、山葵の漬け物、寒天デザート、コシのあるざるそばなど。特別な食材を使っているわけではありませんが、優しい味の美味しいお蕎麦とお惣菜をいただいてお腹一杯、他県ナンバーの車が次々に訪れている様子を見るとどうもお蕎麦では知られたお店のようでしたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋晴れ

雨の木曜日は肌寒く、このまま寒くなっちゃったら・・・と心配になるくらいでした。酷暑に耐えてやっと来る爽やかな季節、暑くもなく寒くもなく、夜空の星も綺麗に見えてホッとする時なんですから・・・  

今日は爽やかな秋晴れsunでした。買い物途中の富士山fujiもくっきり、鳥居地峠からは南アルプス北部の山並みもよく見えていました。

005

苺が終わったあと耕して肥料を入れ種を蒔いておいた畑ではラディッシュがいつの間にか収穫できるくらいになっていました。ラディッシュは早く収穫できて、私のような素人にも失敗がない育てやすい野菜です。途中間引きしますが、摘んだベビーリーフはサラダやおひたしにして食べれますから無駄がありません。ラディッシュの赤と葉の緑色のとり合わせって爽やかで美味しそうですdelicious

明日から連休、釣りfishのお供で出かけるため本日またまた旅支度をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルネオ島・キナバル

ピンポイント予報によると今日の当地の最高気温21℃だとか、1枚羽織り靴下をはいてちょうどいいくらいです。強いrainが山肌を背景に水のカーテンのように見えます。

週の真ん中水曜日の夜は楽しみにしているテレビ番組tvがいくつかあり、午後8時からはBSハイビジョン『グレートサミッツ』、昨夜は10年以上も前に登った山ですが東アジア最高峰マレーシア・ボルネオ島のキナバル山(標高4095m)でした。取材班は最初の登頂者だった英国の植物学者の登路を忠実にたどる形で熱帯雨林の川からスタート、先住民の村から公園管理事務所入りしていました。普通は公園入口まで車道が整備されており、そこからがキナバル登山です。赤道直下のキナバル山は1年中登れる山ですが入山制限 (1日200人程度とか)があり、当時は12人に1人のガイドが必要で、私も個人ではなく海外登山専門のツアー参加でした。

以前はなかった一般登山道ではない岩のルートを登るなかなかスリリングな場面がありました。イタリアなどでは『フェラータ』(鉄の道)といって固定ワイヤーを専用のビナとシュリンゲの掛け替えで登るルートがありますが、アジア発のフェラータがキナバルに作られていたそうでちょっとおもしろそうだなと思いました。ハードなアルパインクライミングのルートと違うのは金属製のステップが設置されているので山靴で登れること、ルートの所々で映っていた古いリングボルトや錆びたピトンはかつてルート開拓したクライマー達の残した物のようでした。

先週のギアナ高地・アウヤンテプイも登路を見つけたのは植物学者でした。登山家ではない植物学者が見たこともない珍しい植物を求めてサミッターになった山が未開の地にはあるんですね。日本も奥山(反対語:里山)に最初に分け入ったのは修験者だったようですから・・・。

夏が暑かったから今秋の紅葉mapleは期待できるでしょうかconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦の花

002

戦国時代、武田と北条氏の戦いで敗れた軍が命からがらにたどり着いた山中での夜明け、薄闇の中に白く見えた一面の蕎麦畑を海の波waveと錯覚してもはや逃げ切れないと一同自刃してしまった。哀れsweat02に思った村人はそれ以後蕎麦を作らなくなったそうな・・・

以前住んでいた小田急線沿線・首都圏のベッドタウンとして発展している市ですが、地区の紙芝居などになっている『蕎麦を作らない村』というお話があります。史実はどうか分かりませんが秋、蕎麦の白い花を見るとこのお話を思い出します。

ウチの辺りまでで米作はギリギリらしく、蕎麦や小豆を植えた畑を見かけます。やせた土地で栽培できる蕎麦、ここは蕎麦を作る村ですjapanesetea

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さも終盤

先日の大雨typhoonの影響なのか水道の不具合があり、昨日は早めに釣りから帰宅したとうさんとわが家の水源を見に行きました。綺麗な湧き水だったのはいいのですが、今朝も細々とした水流で、水道工事をしていただいた業者さんに見てもらっても特に異常なし。町の暮しと違い蛇口をひねれば当然普通に出るはずの水も何らかのアクシデントで出が悪いこともあります。うっかりして水道が凍ってしまう冬と違ってこの季節のアクシデントは予期せぬ出来事でしたcoldsweats02

kattiiの散歩を兼ねて久しぶりに村営spaに行くことにしました。山の登山口近くに車を止めたらkattiiはすっかり登る気満々で、私がついていくのを振り向きながらついてらっしゃいとばかりに先行していくのでなかなか引き返そうと言い出せなくて困りましたsweat01。夏休み中はキャンプ客で喧騒のspaもさすがに貸切状態で得した気分、村民料金300円も安いものですscissors。夜はkattiiお留守番でヨガ教室に行ってきました。

そうそうとうさんの釣行は意外にも水量少なく、沢通しに歩けたり大物fishがいると云われていた吊り橋の下は伏流して水がないなどすっかり渓相が変わっていたようです。食べるだけの岩魚は釣れたものの魚影薄く、「岩魚がハシるのが見られなかった」そうです。

この川に限らず以前「夢のような釣り」ができた川を再び訪ねると様変わりしてがっかりさせられることが少なくないようです。自然相手のホントの意味での源流釣行は益々厳しい時代なのかもしれません。

アウトドアのカテゴリーのひとつとして山人口は増えているようですが、自然満喫と感嘆するその自然は随分目減りして薄められたものじゃないかと思うことがありますthink

暑い暑いと思っていたのに近くの田圃で稲刈りが始まっています。蕎麦の白い花も咲いて畑を彩っていますconfident

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金桃シャーベット

桃といえば一般には白桃が浮かびますが、山形直送の珍しい黄金桃をいただきましたhappy01。少し小ぶりですが皮をむくと黄金色(?)で、しっかりした実で硬いのかと思うと熟して甘くて美味しい果実です。ネットで調べたら栽培している果樹園が少ないのであまり出回っていないそうです。

001

3時のお楽しみに黄金桃のシャーベットを作ってみました。皮をむいて薄く切った果肉にレモン汁(変色を防ぐため)をかけ冷凍庫で凍らせておき、フードプロセッサーがないのでジューサーミキサーで粉砕してレモン汁と蜂蜜を加え混ぜ合わせて出来あがり。花壇や畑でめちゃめちゃ増えているミントをあしらっていただきま~すdelicious。シャーベットというよりスムージーのよう、後味すっきりでいくらでも食べれそうな美味しさでした。

003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁漁までに

9月末で渓流釣りは禁漁になります(神奈川県は10/15まで)。解禁はまだ寒い頃からですが、水温が低い時期は魚が岩の下などに沈んでいて餌釣りの方が有利、テンカラでの釣りは5月藤の花が咲く頃からが適期と言われており、短いといえば短い漁期かもしれません。9月末になるとシーズンも終わりかと淋しい思いをするのが釣り人の習性らしいです。

とうさんはテンカラ釣りの同好会の釣行で昨夜発で静岡・大井川源流方面に釣りに行きました。大雨のあとでただでさえ崩落箇所が多いところ、なまじ一緒に歩いたことがあるので少々心配です。晴れていればどうということのない流れも天候次第で激変、何回通っても読めないものですthink

今日は晴れていても雲が多く山は霧でしっとり、気持ちの良い自然の風に秋の気配が感じられました。多分夜は涼しいくらいで渓での焚火にはちょうどいいくらいかな、いい釣りができて元気に遊んで帰宅するのをkattiiと美味しいものでも食べながら待つことにしましょうconfidentdog

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨のあと

昨日は久しぶりのrainで一息と思ったら、typhoonと遠くでthunderの音が聞こえていました。夕方雨のやみめを見てkattiiの散歩に国道まで出たらいつも朝散歩のD川本流が濁流となって流れていました。上流部なので多少の雨では濁ることのない流れですが、短時間に集中して降ったためのようです。

雨が降らないので畑の野菜の水やりに苦心している農家の方を見かけていましたから、ちょっと多すぎたとはいえ恵みの雨になったことでしょう。

大雨で困ることのひとつが電波障害、BSの画面が「現在受信できません」とか「降雨対策放送に切り変わりました」のメッセージになってしまうことです。激しい雨の最中テレビのスイッチを入れてみたら受信不可で焦りましたsweat01。午後8時からのNHKハイビジョン『グレートサミッツ』を楽しみにしていたからですが、こやみになった6時頃には普通に視れるようになってホッしました。ギアナ高地テーブルマウンテンのアウヤンテプイの縦断と一気に流れ落ちるエンゼルフォールの落ち口・・・居ながらにして視れる映像に感嘆しました。千メートル近い高さを落ちる水の流れは途中で拡散して霧状になり真下ではいつも小雨と暴風雨が断続的に繰り返されている様子、昨日の大雨と重なるように感じましたcoldsweats02

今朝散歩がてら川を見に行ったら水位は下がっていましたが、濁流で川の流れを引きこんで区切ってあった釣り掘がすっかり流されてしまっていました。

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の窓から

パソコン不調にこと寄せてブログを少々サボリ気味coldsweats01。日曜日は起動したのですが昼はMeg家をお招きして昼食とおしゃべり、夕刻は山友ファミリーが遊びに行った帰り道に立ち寄ってくれておもいがけなく賑やかな楽しい一日になり、更新している暇がなかったわけで・・・。

夏の間物置き場と化していた新ログ1階を片づけ、何しろ100Lの冷凍専用庫が増えて(母屋には置くスペースがないので)クライミングボード用にネット購入のホールド約80個、イベント用簡単タープ、リサイクルショップで買った木の椅子2脚、夏休み使用のテント各種などどこにしまおうかというくらいでしたが、パズルのように移動と軒下利用でなんとか快適空間ができました。

houseの向きのためか母屋より涼しく、しまいっぱなしだった壁つけ用扇風機をとうさんが取り付けてくれて昨日から昼間の手仕事場にしています。6時台に起きた日は朝散、水撒き、草取り、朝食後の9時頃からFMnotesを聴きながら手を動かしていますconfident

003

作業机に面した窓を開け放ったところ、可動式のオーニングが活躍しています。

004

南東の窓から、手前は露天風呂・東屋の屋根です。風が吹き抜けて今日午前中は扇風機を回さなくても快適なくらいでした。ただぜいたくな悩みは昼過ぎに睡魔が襲ってくること、kattiiはそばですやすやと無防備におやすみ中ですsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷暑のせい

かどうかはわかりませんがパソコンが起動せず… 今日の運勢が何点かもチェックできませんthink

暑さ続きで南米とか亜熱帯の果物、アボガド三兄弟budもブラジル原産のジャボチカバ、フルーツほおずきもスクスク元気upです。フルーツほおずきは南米コロンビア原産で『ウチュパ』と呼ばれ「1日1個は医者いらず」というくらい食物繊維とビタミンB群が豊富らしいです。通販誌に岩手産フルーツほおずき約400gで3600円で出ていました。

ウチの畑のウチュパも実が成りだして、袋が色づくのを楽しみに待ち構えている今日この頃ですconfident

001

夕方散歩途中の栗の木もこんな感じです。

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山測候所

003

今日昼前の忍野からの富士山fujiです。8月中はいつも雲に覆われてなかなかすっきりと全体が見られなかった富士ですが、9月に入って空とかcloudが変わったのが感じられます。毎年増加upする一方の登山者は7、8の2ヶ月間で30万人近いと言われています。こんな山は世界でも珍しいのではないかと思いますが、一般の登山者がいなくなってホントお疲れさまでしたsweat01

かつて山頂にあったレーダードームは富士吉田の道の駅隣接の「レーダードーム館」で余生をおくっていますが、測候所はまだ山頂にありNPO法人「富士山測候所を活用する会」によって実験観測施設として活用されているそうです。宇宙から飛来する宇宙線やアジアの風下に当たっているので風に乗ってくる種々の物質の観測など。特に経済成長めざましい中国はかつての日本のように公害問題が起きているようで、黄砂や水銀を含む汚染物質などの実態を知る上でも重要な拠点だとのこと、同じような拠点はハワイのマウナケアやスイスのユングフラウヨッホにもあるそうで通年観測されているそうです。

向かって右方面に南アルプス北部の峰々がはっきり、間に雲が見当たらないこんな日は山頂から日本第2位の標高の北岳をはじめとする山々が間近に見えたことでしょう。

太宰治は「富士には月見草がよく似合う」と言ったそうですが、コスモスもなかなかだと思いませんかconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑かったね!夏

何年前でしょsign01 桑田圭祐さん監督の映画『稲村ジェーン』にそんなセリフがありましたっけconfident。記録的な酷暑の夏だったようで・・・というかまだ続いてますが、午後はオーニングを出したテラスの方が涼しいくらいですcoldsweats01

涼しい所を選んでせっせと好きな手仕事に励んでいますが、すでに自分で使う量を越え始めています。向かって左、今日出来あがったトートバッグとポーチです。

002

ハワイアンプリントの柄を活かして、ティアレの花にはゴールドshineのビーズをあしらいました。左はちょっと前に作った「パンの木」のトートバッグ。日常使いのバッグなどはそれだけが浮いて見えないよう色は抑え気味で、ラメの糸などを使って少し華やかさをプラスしています。内側には鮮やかなプリント生地を使ってポケットを付けてみたり、あれこれ考えながら作っている時が楽しいので次々に増えています。酷暑の副産物ですねcoldsweats01。 材料費や手間など考えると見合う額にはならないと思いますが、その内オークションの手づくり品にでも出品してみようかなぁと思う今日この頃ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混合ワクチン接種

今日はkattii年に1度の混合ワクチン接種で相模原のペットクリニックへ行ってきました。自然の中にいるので7種混合をお願いしています。春先ちょっと体重が多めでしたが、今は理想体重で健康状態良好ですhappy01scissors

昨夜のハーブシャンプーでほのかにいい香りですが、あごの辺りは生乾きの雑巾の匂いが・・・despair。この時期暑さのためはぁはぁの息づかいとともに流れるよだれのせいです。お出かけのため桶であご毛洗いをして乾燥中のkattiiです。アタシ何でも似合うでしょ(by  kattiiheart01)

002_2

お兄さん先生に抑えられて注射器が近づいた瞬間、キャンと動いて「kattiiさん、まだ刺してないでしょsign03」と笑われたkattiiさんでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »