« 蕎麦の花 | トップページ | 秋晴れ »

ボルネオ島・キナバル

ピンポイント予報によると今日の当地の最高気温21℃だとか、1枚羽織り靴下をはいてちょうどいいくらいです。強いrainが山肌を背景に水のカーテンのように見えます。

週の真ん中水曜日の夜は楽しみにしているテレビ番組tvがいくつかあり、午後8時からはBSハイビジョン『グレートサミッツ』、昨夜は10年以上も前に登った山ですが東アジア最高峰マレーシア・ボルネオ島のキナバル山(標高4095m)でした。取材班は最初の登頂者だった英国の植物学者の登路を忠実にたどる形で熱帯雨林の川からスタート、先住民の村から公園管理事務所入りしていました。普通は公園入口まで車道が整備されており、そこからがキナバル登山です。赤道直下のキナバル山は1年中登れる山ですが入山制限 (1日200人程度とか)があり、当時は12人に1人のガイドが必要で、私も個人ではなく海外登山専門のツアー参加でした。

以前はなかった一般登山道ではない岩のルートを登るなかなかスリリングな場面がありました。イタリアなどでは『フェラータ』(鉄の道)といって固定ワイヤーを専用のビナとシュリンゲの掛け替えで登るルートがありますが、アジア発のフェラータがキナバルに作られていたそうでちょっとおもしろそうだなと思いました。ハードなアルパインクライミングのルートと違うのは金属製のステップが設置されているので山靴で登れること、ルートの所々で映っていた古いリングボルトや錆びたピトンはかつてルート開拓したクライマー達の残した物のようでした。

先週のギアナ高地・アウヤンテプイも登路を見つけたのは植物学者でした。登山家ではない植物学者が見たこともない珍しい植物を求めてサミッターになった山が未開の地にはあるんですね。日本も奥山(反対語:里山)に最初に分け入ったのは修験者だったようですから・・・。

夏が暑かったから今秋の紅葉mapleは期待できるでしょうかconfident

|

« 蕎麦の花 | トップページ | 秋晴れ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/36765128

この記事へのトラックバック一覧です: ボルネオ島・キナバル:

« 蕎麦の花 | トップページ | 秋晴れ »