« やさしく揉むべし | トップページ | 本の選び方 »

龍馬の命日

今日は坂本龍馬の命日だとか、今年は初めてNHKの大河ドラマ「龍馬伝」を日曜日PM6時からBSハイビジョンで、間に合わなかった時はBS2で10時からと欠かさず視ています。

今までののっぺりとした嘘っぽい大河ドラマ(あくまで私的感想)ではなく、動きがあって光の使い方が巧みで広がりを感じる美しい映像と魅力的な人物像に魅せられています。あと2回28日が最終回「龍の魂」だそうで終わってしまうことになんだか寂しさを覚えています。福山雅治さんは若い頃の線の細いハンサムさんから年齢を重ねるごとにオーラを放つ素敵な男性になってるなぁと感じますlovely

ドラマでは藩や体制に属さない龍馬が描く新しい時代が、他の誰もが想像できないものであったために33歳で暗殺されるに到ったように捉えています。30数年前1人で京都をぶらついていて東山で偶然「坂本龍馬の墓」にばったり、おまいりをしてきたことがありましたが季節は秋maple、11月だったかはなにぶん遠い記憶で・・・。

008

秋が深まるにつれ今年の紅葉は少し変だと感じています。ドウダンつつじもメグスリの木も赤黒くて鮮やかな赤に染まらないまま、山もみじも黄色から茶色で落葉してしまっているようです。1本1本がそうですから山全体の紅葉も少しぼやけた印象です。予報どおり夕方の散歩から帰った途端に雨が降り出しました。秋の夜長、雨音を聴きながら薪ストーブのそばで読書ですbookconfident

|

« やさしく揉むべし | トップページ | 本の選び方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/37681384

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬の命日:

« やさしく揉むべし | トップページ | 本の選び方 »