« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

ローコストログ

一日の最低気温が氷点下の日を「冬日」、最高気温まで氷点下の日を「真冬日」というそうです。今日はホントに寒くて「真冬日」と言いたいほどでしたcatface。 所用で出かけた途中の山中湖は交流プラザ「きらら」から平野、岬にかけての氷厚13cmで氷上解禁になっているそうです。わかさぎの穴釣りをする人、青空の下気持ち良さそうにスケートをする人、手をつないでこわごわ歩いている家族連れなど珍しい光景が見られました。

『夢の丸太小屋に暮す』bookの中でセルフビルドのログhouseをローコストログハウスと紹介してもらっており、費用dollarの明細も出ていますが内訳の中には電動工具や機械のオイル、燃料などは入っていません。補足として節約点を書き出しますと妻壁のハメごろしの窓、開閉窓4ヶ所のガラスは熱帯魚の水槽をばらした物です。厚さ4mmで普通のガラスより強度があるようです。ドーマーの網戸付き一体型のサッシは工務店さんが使わずにずっと放置していたものをいただいてきた物です。1階床には自宅改築時に余った防音・断熱効果の高いクッションフロアを利用し、ロフトへの上り下りには梯子ではなく階段箪笥を静岡の実家まで軽トラでもらいに行きました。足場は工務店さんから借りた鉄梯子と足場板でほぼ済ませ、裏側だけ手持ちの単管で組みました。ヒノキ丸太の皮むきもホントはドローナイフという道具でするらしいのですが、草刈り用の200円くらいの小鎌3本くらいを切れなくなったら砥いで100本をむきました。これでなければダメと決めないことが良いようですgood

023

ログづくりを始めた年の6月にスイス・ツェルマットで見かけたなんとも味のあるログhouse、ドアのそばに古い農機具がかかっていて木組みは不揃いで屋根は板石を葺いていました。丸太をくり抜いたプランターは帰ってきてマネをしました。ウチの小さな手づくりログの原点はここにあったように思いますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日発売!!

といえばログハウスマガジン『夢の丸太小屋に暮す』3月号の発売のことnew。特集「田舎暮しの始め方」のトップバッター・case1に恥ずかしながら登場しています。6ページ、見開き3面で、わが家全体の素敵なイラストまでつけていただいていますhappy01。 事前の原稿の確認で写真や誌面構成などはわかっていたもののこうして1冊の本になってページをめくると照れますhappy02

001

ウチでいいんですか~sign02 めちゃ小さなログですよ~sign03 とは思いました。他のお宅はメーカーさん施工で総工費数千万円とか、ダッチウェストのお高い薪ストーブとか・・・オーナーさんは大地主さん?はたまたIT長者様? 羊飼いたいな~! 鶏もいいな~! とか薪小屋改装予定を放りだしてbookに見いっています。

で、思いました。いつかは小さくてもいいから木の家に住みたい、自分で建ててみたいと思っている人にとってわが家は『希望の光shinesign02(おおげさですみません) かもしれないと・・・ 自慢じゃありませんが頑張れば手が届くくらいのhouseです。

今回取材していただいたのもログづくりの教科書にした夢丸さんの『手づくりログハウス大全』が御縁です。隔月刊で編集の方々が足で集めた情報量と実績は他に比較するものがありません。ライフスタイルや住まいというテーマについても読み応えのある本です。是非・・・confident

| | コメント (16) | トラックバック (0)

貸切りする

昼の外気温-5℃、乾いた晴天sunが続いています。若い頃から肩こり・腰痛・冷え知らずでいたって健康ですが、最近少々運動不足気味です。この歳になってやっと摂取カロリーと消費カロリーが気になるようになりました。散歩に行きたくてうずうずしているkattiiにつきあって山歩きでもしようと昼から出かけました。

下りてきたら村営spa (村民300円) に寄ろうとお風呂セット持参、靴は一応ハイカットの軽めのトレッキングシューズと山用厚手の靴下、もしも用にLEKIのストック。山頂までは2時間半ですから途中まで、往復1時間半程度歩くつもりでスタート、登り始めてすぐに横浜市の記念植樹の森があり、それぞれ区名入りの支柱が立っていて登山道も整備されています。植林帯は日陰で雪が残っていますが、そこを抜けると森が開けてゆるやかな登りです。木の実がまとめてあったりフンらしい小さな塊が見られたり小さな生き物たちの気配が感じられます。こういう自然の道でこそkattiiは生き生きと楽しげに歩く山ガールですnote

この山は西丹沢からも登山道がありますが、この季節北面からは誰にも会わない貸切の山で、引き締まった空気も気持ちよく感じられます。途中大きなドームテントが張れるほどの立派な東屋が建っているので、そこを区切りに引き返してきました。

001

平日の村営spaは村人らしい数人の方が出た後は貸切状態、普段でも熱めのお湯が今日は露天まで熱めでしたcoldsweats01

まだ歩き足りなそうだったウチの山ガールdogのために今度はちゃんと朝から登ることにしようと思いつつ貸切spaに浸かってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽トラおばちゃんする

今日は朝から東京へ・・・と言っても相模原の家に近い町田市小山田のnaoさん宅へ薪をいただきにひとっ走りrun。このお宅あちこちから薪用にと伐採した木が運びこまれ、広い敷地にいくつもの薪置き場があります。もちろん薪ストーブ仲間です。先週も柿の大木、梅の古木などを玉切りにしたものをいただいてきましたが、また桜が入荷したとお知らせいただいて今日の積荷はソメイヨシノcherryblossomの大木を玉切りにしたものでした。立派な太さで樹齢もかなりと思われ、私などもったいないとつい思ってしまいますthink

001

開発や造成で伐採された木は産業廃棄物の扱いになり、処分するには4トン車1台分で数万円の処分費用が掛かるそうです。薪として活用すればありがたい燃料になるというのに・・・です。わが家は毎日houseの中で焚火をして暖かい炎を見ながら木の恩恵に浴しています。外は氷点下でも夜など寒いと感じたことはありません。今燃やしているのは2年ほど前に積んで乾燥させたもの、運んできたものは薪に割って2~3年後の冬に備え風通しの良いログの下や薪置き場に積みローテーションで使っていきます。燃やして出た灰は畑に撒いたり腐葉土に混ぜたりで無駄にならず、ゴミを出さず循環recycleします。

軽トラにほとんど隙なく積んだら荷台がかなり沈んで見えました。350kg以上で積載オーバー? というので大きいのを2個ほど相模原の家に降ろしてきました。さすがに神奈川と山梨の県境の急坂は重そうで慎重に走ってきましたが、中古の軽トラはわが家一の働き者ですcoldsweats01

002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お茶してます

午前の歯医者の予約に大急ぎで出かけたところ山中湖・平野から岬にかけて白く結氷して照り返しがまぶしくてwobbly、つい車を停めてしまいました。見える範囲の湖面は真っ白でした。

001

早々に帰宅して予定どおりジャムづくり、ジャボチカバを丸ごとミキサーに入れて細かくしたものにグラニュー糖を入れて火にかけ焦げつかないよう気をつけるだけ、新しいレシピは皮をむいたり種を取ったりがなく時間もかからず簡単です。苺ジャムともブルーベリージャムとも違うきれいな色に仕上がりましたscissors

012

ちょうど2瓶も、ジャム好きとうさんがパンにたっぷりつけても大丈夫ですhappy01。せっかくなのでできたてジャムをフルーツソースのようにチーズケーキに飾りつけてみました。お店のように大きなお皿にちょこっとだけ、たっぷりのアップルティーcafeと一緒に美味しくいただきましたdelicious

006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アートしてます

昨夜降った雪で今朝はちょっと雪景色、といっても気温が低かったようでサラサラのパウダーはちょっとはらうだけで飛んでしまいました。kattiidogは喜び庭駈けまわり~note

002

新しくなったデジカメ (あいかわらずナンチャッテですが) のsnowモードでhouseの中から目の前の桂の木を撮ってみました。

009

上は昨日カフェ・ジャボチカバさんに飾られていたAYAさんの作品、ポタニカルアートというのでしょうか、大作です。雪がついた木になんとなくイメージが重なり紹介させていただきますが、素材は聞いてびっくりhappy02、白いのはみかんの皮と実の間のアレ (ワタ?) だそうです。材料豊富なみかん農家さんならではの目のつけどころがスゴいsign03、色合いはちょっとコットンレースのようでチベット和紙の上に描かれたとても素敵なアートですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜だけのカフェ

「甘くて美味しいみかんが食べたいsign03」静岡生まれなのでみかん好きです。思い立って静岡へ評判の「寿太郎みかん」を買いに行くことにしました。みかんとお茶を作っている上にブラジル原産の熱帯果樹ジャボチカバの栽培をして、農園カフェ『ジャボチカバ』を日曜限定で営業していらっしゃる「西川農園」さん。以前おじゃまして以来ブログを拝見しているので結構情報通です。カフェのイチオシはジャボチカバを使ったオリジナルスィーツのいろいろで、次々に新しいメニューを開発していらっしゃるのをブログで見ては味見がしたい~なんて思っていました。農園カフェ・ジャボチカバ情報は『西川農園通信』で見ることができますgood

今日は風がなくポカポカと暖かな日差しでカフェ入口近くのdogOKのテーブル席で香り高いブレンドコーヒーcafeと好評のパンナコッタ、ジャボチカバジャムサンドなどをいただきましたdelicious。日曜の営業日は可愛いワーゲンバスのジャボチカバ号が温室に登場してカフェの厨房と展示ブースになります。温室ですから天井が高く解放感満点で、コーヒーの木には実がなり、ジャボチカバもたくさんのつややかな実をつけて緑が優しい空間を作り出しています。

小粒だけれど甘い寿太郎みかんとレモン、AYAさんが試行錯誤したジャムのレシピ付きお得用ジャボチカバを購入してきました。代表の四季なりジャボチカバの苗は春まで温かな家の中でお世話することに・・・テーブルグリーンbudにぴったりでしたhappy01

008 002 003 006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

煙任せの時間待ち

今日も朝から乾いた冬晴れの天気sun、木曜日から仕込みをしておいた鯖や鮭などの燻煙作業が今日の仕事です。昨日バーゲンから帰って陰干ししてあった鯖、鮭、鶏ササミにハーブオイルを塗っておきました。卵はkattiiとワンコ友だちMegちゃん用に味をつけず1パックを固茹でしてカラをむいて、チーズとハンペンにはバシルをまぶして準備OKです。

実際の燻煙はとうさんの出番、網2段の下には魚を、上にはササミや卵などを並べます。サクラのチップを使いますが、先日買ったスモークウッドの残りにも火をつけて補助用に入れておきました。コンスタントにいい煙が上がり続けて昼過ぎ、チップ交換の時風味づけにチップにザラメを少々混ぜてみました。作業のかたわらでは収納庫の片づけやkattiiのトリミンク゛など他の用事をこなしながら順調に煙が上がっているのか気を配ります。

3時のおやつはぜんざい、お餅は暮れについて冷凍しておいた残りでいい具合につきあがっていたものdelicious、いつも2月くらいまでは在庫がもちます。卵、ハンペン、チーズは燻煙終了でちょうどお皿にとり出したところ、取り出して味見のひと口は作った者だけの特権ですが、燻製は燻煙が終わって1~2日くらい陰干しで熟成させてやっと完成します。時間経過が味を落ち着かせ、風味を増してくれるらしいのです。だから食べ頃は月曜日以降なんですconfident

002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バーゲン in 御殿場

御殿場プレミアムアウトレットの半期に1度のバーゲンが今日から・・・というので久しぶりにはりきってバーゲンに出かけましたdash。土日は混んで離れたparkingからのバスになってしまうので、初日の平日が絶対です。いつもながらの誘導員の多さですが10時開店の直後だったので奥のEAST ZONEに一番近いparkingに車を停めることができました。

EAST ZONEにはNorth Face やEAGLE、L.L.Bean、LE CREUSETなどチェックしたいお店が集中しているのでkattiiには車で待機していてもらって心おきなく買物moneybag、もちろん一段落したらお迎えに行ってdog散歩もしました。色違いのフリースやダウンジャケットを思いきって2人分、あきらかにバーゲン用の品物はパス、初日なので満足できる買物ができました。パタゴニアやノース、エーグルなどもう10年以上も着ているウェアがありますが、買う時にはちょっと高いと思っても長い間着てもへたらない質の良いものであれば高くはないと考えます。

004

ル・クルーゼのお鍋とストーンウェアのプレート2枚、持ってない色とサイズのお鍋15000円也は安いです。難を言えばとにかく重いsweat01、帰る時に買うかお願いすれば預かっておいてくれます。

たまには買物もいいですね~note やっぱり半期に一度くらいかなconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

燻製工房 朴の木

昨年暮れに各種の燻製を作りました。真空パックにしたらつい調子に乗って『燻製工房 朴の木』を名のりパソコンでラベルを作って貼ってみたり・・・ノリやすいたちですbleah

年が改まってからsnowも降らず低温の乾燥した日が続いています。ちょうど年末に鮮魚市場で買った紅鮭の半身が冷凍したままだったので他の物と一緒にまた燻製を作ろうと思いました。前回少ししか作らなかった鯖が美味しかったので鯖と鶏ササミなどの漬け込みをしました。一晩冷蔵庫で寝かせた後流水で塩抜き、若干日陰干しが必要なので土曜日燻煙するためには逆算して今日から漬け込みますsoon

004

安いのが嬉しいノルウェーの塩鯖はすでに塩気があるので漬け込み液を加減します。紅鮭も同様、ササミはマリネ液とニンニクスライスで漬け込みます。漬け込みには大きめジップロックが衛生的で場所をとらず重宝します。他には冷蔵庫の在庫一掃でハンペンとプレーンなチーズには冷凍しておいた自家バシルをまぶして、ミックスナッツとアーモンドなども空いたスペースで燻煙します。

今回は基本に私流をプラス・・・といっても家で収穫したバジルやローズマリー(魚系に合う)をオイルなどに加えて違いを見てみようという程度ですけどねcoldsweats01

足りない物があって一日早く食材の買い出しに出かけた帰り道、どうやらダイヤモンド富士fujiを狙うたくさんのカメラマンの皆さん。ちょっと通り過ぎてからになってしまいましたが、ミーハーなので車からパチリしましたhappy01

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の風物詩Ⅱ

今頃山中湖村周辺で見られるものにどんど焼きの飾りがあります。先日ちょっと走っただけでも5ヶ所くらい、高いものから低いものまで、最近は人力ではなくユニックやクレーンなどで飾りつけをした支柱を立てているようです。

006 008 009

青い空と富士をバックに風にはためく色とりどりの飾りを初めて見た時はとても綺麗だなと思いました。集落によって飾り方も微妙に違うようで、一番上の飾りが一番高く外側に書き初めの作品がたくさん付けられていました。地元の方によると山中湖村、忍野村、鳴沢村などで同様の飾りつけが見られるようです。強い風で外れて下に落ちてしまった飾りもありましたが、空気が乾燥して雨も雪もなく風に耐えて空に舞う飾りがどんど焼きの当日を待っているようです。

冬はやはり沈んだ色あいの季節、カラフルな飾りには春を待つ心と無病息災、家内安全を願う気持ちが込められているのでしょうconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑器や・ふくろう

山中湖プチ観光のつづきsoon 時々おじゃまする『雑器や・ふくろう』さんというお店があります。一点ずつ丁寧に作られた陶器のモチーフは主にふくろうや猫など、工房に付属した小さなお店ですが、優しい色づかいの作品の数々に魅せられますshine

002 012

今回買ったのはお茶碗2つ、小さなふくろうの絵がついているお茶碗は以前買って愛用しているお湯のみとお揃い、カフェ・オレボールとしても使えそうでまたお気に入りが増えました。かわいいふくろうの置物は笛でホーホーと柔らかな音がしますnote。素敵なお皿もたくさんあるのですが使うにはもったいない飾り皿で、どちらかというと器として使えるお皿が欲しいなと思いました。ふくろうのポストカードも額に入れると素敵なインテリアになります。

そうそうrestaurant『森のアルム』さんの店内にもこのふくろうさん達の置物がそこここに・・・木の壁のコーナーにしっくりとなじんでいましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のアルム

今日は山中湖周辺にプチ観光(近いのでプチ)に出かけました。いつも視ている『山中湖・絶景くん』のライブカメラのある「きらら」でkattii散歩、絶対氷点下の寒さでした。帰宅してパソコンの直近画像を確認したら午前11時ちょうどの画像に2人と1匹が写っていましたscissors

お昼は以前から気になっていたレストランrestaurant『森のアルム』さんへ、ちょうど他にお客様がいないのを幸いに建物のこと、お店のご夫婦が以前イタリアの各地で修業されたことなどおしゃべりさせていただきました。数年前に行った北イタリア・コルティナダンペッツォ・ドロミテのトレ・チーメなども詳しくなんだか共通の話題が懐かしく心楽しいひとときでしたnotes

食材にこだわったお料理はもちろん他では味わえない逸品で、お薦めの自家挽きそば粉の手打ちパスタの「ピツォッケリ・アルタヴィッラ風」と平打ち自家製パスタ「鴨肉のラグのタリアテッレ」をいただきましたdelicious。パスタは食べ終わっていたので写真はセットのデザート「みかんのシャーベット(手づくり)」とサービスで出してくださった(?)そば茶とチョコレートなどです。

010 011 015 016

外からも素敵ですが、ひとつひとつ形の違う窓やステンドグラス越しの柔らかな光がとてもいい雰囲気ですshine。テーブルや椅子、調度品、小物などにもオーナーご夫妻のこだわりが感じられます。こんな季節は暖炉の火もほっこりとご馳走のひとつでしたconfident

山中湖畔は湖西から旭日丘がお土産物屋さんやレストラン、ほうとう屋さんなどで賑やかな観光地ですが、静かな湖畔の散策を楽しむのならテディーベアミュージアムからアルムさん方面がお薦めですgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の風物詩

買物前にいつもの山中湖でkattiiの散歩、手袋をしていても指先がジンジン、氷点下だと感じましたwobbly。普段は富士山に向けられるカメラの列が反対方向の街路樹に、しかも盛んにシャッターをきっている人達・・・期間限定で訪れる冬鳥『レンジャク』です。去年もあわよくば写真にと思っていた珍しい鳥さんなんで、三脚を立てた高価な本格カメラに混じって私もナンチャッテデジカメでとうとう撮りましたよhappy01scissors

004

モシャモシャしたのがヤドリギで黄緑色の実を食べに来ているキレンジャクです。歌舞伎のクマドリのような風貌の綺麗な鳥です(そこまでは写せていませんがcoldsweats01)。

山中湖の岬付近は湖面が白く結氷して上を人が歩いていました。山中湖は上から見るとクジラのような形で、尾がはねたように見える岬が吹き溜まって真っ先に氷結します。湖岸にはどこも薄氷がただよっていますからこれから更に凍りそうですpenguin

009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるお断り

今日も午後3時頃から粉雪が舞いました。フワフワの軽い雪でこれは本格的な雪になるのではと思ったのですが、5時前にはやんでしまいました。明日は歯の健診と週一の買物に出かける予定なので積もるほどの雪はあまり歓迎できませんが、なぜかしんしんと降る雪景色snowも見たいような気がして・・・confident

004

最近ちょっと気になること・・・お店や施設などの入口にあるペットお断りの表示ですが、的確な書き方にはお目にかかりませんthink。「ペットの連れ込みお断り」・・・なんだかな~gawk 「ペットの持ち込み禁止」・・・モノじゃないってばangry 文言ではなくいっそ駐禁のマークのようにペットdogngマークにして、介助犬、盲導犬はokマークというのがすっきりして分かりやすいように思います。これだけワンコ連れで行動する人が多いのですからなんとかならないものでしょうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日あたり良好

夜半少し雪が降ったようで今朝はこんな感じ、ドアを開けて外に出た時のkattiiの反応がいつも楽しみです。日あたりがいいのでsun芝生の雪はあっという間に融けました。

002

昨日アウトドア誌『BE-PAL』2月号を読んでいたら、シェルパ斉藤の「ニッポン村々紀行」に先日行った和歌山県の北山村が載っていました。奈良県と三重県に挟まれた和歌山県の飛び地で和歌山県とは接していない人口500人ちょっとの村、はるばるたどり着いたら道の駅「おくとろ」は薄暗くて隣接する温泉施設は改装中でめちゃめちゃがっかりしたdownあそこです。どうやら取材は昨年11月、シェルパさんは道の駅に車を置いて積んできたカブで辺りを探訪してしっかりspaにも入っていた様子、改装は1月からだったようです。

元々林業の村で明治の廃藩置県の時は新宮・熊野と関係が深いので和歌山県の飛び地となることを選び、平成大合併の住民投票でも和歌山県でいることを選んだという気骨ある村みたいです。暗くなってから到着して翌日早々に出発してしまいましたが、ここでしか栽培されていない「じゃばら」という柑橘類とか筏下りとか見どころもあったようです。雑誌を読んでちょっと追体験でしたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かく乱

今冬一番の冷え込みだからというわけでもないのですが、今朝は鼻水とくしゃみで幕開け、ひょっとして風邪?、冷え性でもないのに足先が冷えてどうしようというくらいsign02  午後3時前に雪が舞いだしたのでkattiiの散歩ついでに村営spaに温まりに行くことにしました。平日はすいているので一段と熱spaで芯から温まりますcoldsweats01

インフルエンザにもかかったことがないし、病というものに縁がないのでかかったらきっとひどくなってしまうのではと戦々恐々ですdespair。薬を飲んで火持ちのいい大きな薪をストーブにほうり込んだら早く寝ることにします。皆さまも風邪にはご注意を・・・  おやすみなさいconfidentsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春クライミング

今日は以前所属していた山岳会のクライミング仲間のお誘いで伊豆・大仁の城山南壁に出かけてきました。ログビルドなどでほとんど岩から遠ざかっているのでこういう機会でもなければなかなか出かける気にならないので、ありがたいお誘いです。

朝9時頃登山口着、駐車スペースはfullでマイクロバスまで停まっていましたが、考えてみれば城山、葛城山などは冬の陽だまりハイキングにぴったりの山でもあり中高年ハイカーさん達、それ以上にはりきっているのはkattiiさん、登山道を駈け上がる彼女にはいつものようについていけませんsweat01

合流したメンバー4名は昨日湯河原・幕岩、今日大仁・城山、明日は城ヶ崎海岸でクライミングという2泊3日のクライミングツアー、私たちより若いとはいえホントに『好き』なんですね~sign03 私などはクライミングはほんの岩に触る程度、久しぶりに会ってワイワイやる岩場の雰囲気が好きで出かけるのですから・・・wink

006 007

上がとうさん、下はSさん♂、だいたいこんな感じで青空が広がるいいお天気sunなんですが、朝からず~っと吹き続けていた強い風は残念ながら写っていませんconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四十雀

今朝の気温-8℃wobbly 最近頻繁に訪問してくれる野鳥はやはり四十雀(シジュウカラ)でした。今朝薪置き場にbreadくずを置いたら4羽のシジュウカラが時間をかけて食餌していきました。動きが早いので新しく買ったカメラをスポーツモードにして撮ってみましたgood

007 010

食卓テーブルのガラス窓越しでこんな感じです。オスとメスでは胸のネクタイの太さが違い、オスは太いようですから写真のコは♀だと思われます。4羽は2ペアでしょうか、木の実や穀類など雑食だそうで2枚目はどうやらカメムシらしき虫をくわえています。よく見られる野鳥とはいえ配色もなかなかおしゃれで、見飽きることがありませんnote

パンくずの残りはその後ウロウロしていたkattiidogが見つけてしっかり食べていました。鳥さんの上前をはねるなんて・・・coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ものみなこおる

12月に軽く3回ほど雪が舞いましたが、お正月中rainsnowも降らなかったらしく乾燥して日陰では霜柱もなく凍結した土が盛り上がって踏むとガサっと足をとられます。日当たりのいいわが家ですがテラスの温度計は2℃、西高東低の典型的冬型の青空が広がっています。

004

大きな甕に溜った雨水はなかなか厚みのある丸い氷に、車の中のkattii用ボトルの水もシャリシャリの氷、飲料水として汲んできている忍野の地下水もポリタンクの上の方は氷です。びっくりしたのはアトリエログの一輪ざしに活けた薔薇の花が氷漬けだったのを発見、急いで取り出しましたcoldsweats01。冷蔵庫の野菜室に入りきらない野菜は凍らないようにホームセンターで見つけた大きい発砲スチロールの野菜保存箱に入れて東屋の屋根の下に置いていますが、新聞紙でそれぞれ包んで整理しています。ものみな凍る時期とのつきあい方もわかってくればなんら問題なく・・・。散歩途中の沢筋で透き通った天然氷のオブジェを見かけました。天然氷のかき氷は頭がキーンとならずフワフワで口当たりが良いとは真夏のお話でしたが、さすがに今は遠慮したいところですwink

山に食べ物が無いのか、朝方体長20cmくらいの小動物が薪置き場と生ゴミを投入しているコンポストの間をウロウロしているのを見かけましたが、イタチやテン、オコジョでもなさそうです。初めて見る顔で実害もなし、敷地内で小さな生き物たちがひそかに共存しているようですconfident。すぐそばのバードフィーダーにも野鳥が訪れるようになりました。

寒くてもひと通り家の周囲を見るのが日課です。というかkattiiのパトロールを追いかけてるというべきでしょうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家から

自宅パソコンから今年初のブログ更新です。4泊5日の走行距離は約1200km、だいたいの方向だけで地図を片手に行き当たりばったりで出かけるので当てが外れることもありますsweat02。山の中の唯一のspa施設が改修中で他にふりようがない時などがっかりですから、今後は初めての行き先ではいくつかポイントだけでも情報をチェックしておかなくては・・・。

キャンピングトレーラーをけん引すると全長12m、駐車場はトラックやバスに混じって大型車スペースに2人と1匹乗車で遠慮しながら停まります。地方のコンビニ24hoursは広い駐車場の所も多くて助かります。国道といえども山中の三桁国道はすれ違いもままならないような道もありドキドキものですcoldsweats01

今日はR1掛川バイパス沿いの道の駅「掛川」で新鮮なイチゴと野菜を買いました。温暖な土地で花の栽培も盛んな様子、薔薇の花束も買っていただきましたheart01。当地の冬は庭の花もなく華やかな薔薇が嬉しい彩りです。

030

今日は私の誕生日birthday、実年齢は忘れ一年一年を健康に過ごせた確認の日と思うことにしていますconfidentwine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速いかたつむり

「おくとろ」は瀞の奥の意味らしく熊野川の筏下りの拠点のようです。高い山はないものの山深く谷深い所ですconfident

014

途中川湯温泉の仙人風呂で朝湯spa、河原に湧く野趣溢れる温泉で気持だけお金を箱に入れるようになっています。混浴で女性用には囲いのある更衣室(写真向かって右端)があり皆さん水着着用ですが、水着の用意がない私達は適当(?)です。広いので暖かいお湯の湧く所と冷たい所があり、肩まで浸かりながら暖かい場所を求めてウロウロ、これぞホントの川湯ですscissors

紀伊半島の山中を縦断して昼に南紀白浜に到着、昼食はもちろん伊勢海老料理をいただきましたdelicious。海沿いの道は点在する島や奇岩が面白く普通に観光客してますが、岩を見てあそこはクラックをレイバックで登って最後が核心などとグレイディングするオジサンはウチくらいなものでしょうcoldsweats01

021 026 027

022

まだまだ知らない日本がたくさんあるようで、日数など気にせず気ままな車旅をず〜っと続けてみたいものです。日々旅に生き旅を住処とす…な〜んてねconfident

途中新鮮なお刺身盛合せなど仕入れて、今宵の宿は熊野灘に面した道の駅『紀宝町ウミガメ公園』です。1日の走行距離は長く結構速いかたつむりですrvcarhousedash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かたつむり旅

1日の午後出発で渋滞する東名高速を避け、沼津から国道1号線を走りrvcarhouse昨夜は静岡県と愛知県の境の道の駅『潮見坂』泊、遠州灘を望む広い施設で展望デッキにはエコな足湯があるのですが点検中で使用不可、ちょっと残念でしたsweat02。御殿場から静岡県内は東名を使わなくても混雑する市街地をよけてバイパスを繋げることで効率よく走れるのが分かったのは収穫でした。

009

010

裾野市で車中から元旦の夕焼け空を、翌2日遠州灘に昇る朝日を眺めて・・・

今日は愛知県に入り伊勢湾岸道路を走って四日市から津、松阪、尾鷲から紀伊半島内陸部に入って和歌山県と三重県の境、もう少しで十津川村という山里の道の駅にいます。あてにしていた温泉が改修中だったのは予想外でしたが、明日は南紀白浜のspaを目指します。
道々熊野古道の峠への登山口を見かけました。山と海が近いです。トレーラー旅で関西は初なので新鮮に感じています。帰り道で伊勢海老、松阪牛食べれるでしょうかsign02 今日は穴子寿司、焼き鯖寿司を食べましたがサンマ寿司もこちらが発祥の地らしいです。
食べることばかりで恐縮ですが、こんな調子で今年もkattii家をよろしくお願いいたしますhappy01dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »