« 姉のおさがり | トップページ | 犬歯の話 »

もうじき開花

わが家のシンボルとしている朴の大樹、芽吹きの時からまたたく間に大きな葉が茂りアトリエログhouseの背景は緑一色になりましたclover

東屋の屋根に干してあったイベント用タープを取りこんでいたら、屋根のすぐ上に朴の花の蕾を見つけました。花は国内最大の大きさで白い花が開くと目立ちます。テラスに葉が1枚落ちていましたが、開花前の葉は柔らかく朴葉寿司に最適だそうです。具は作る人の好み、工夫でこれというきまりがないというのがいいです。今年は期間限定の柔らかな朴葉で私流朴葉寿司を作る予定ですdelicious。作った翌日が食べ頃、涼しい場所なら2日間は大丈夫というのもなんだか楽ができそうでいいですねconfident

005_2

上は生の葉とお土産でいただいてあった朴葉焼き用の乾燥した朴葉ですが、どうすればこんな風になるのか、毎年落葉したたくさんの葉っぱを見て利用できないかと思います。得意のダメ元で枯朴葉づくりをしてみましょうかsign01、多分柔らかな内に収穫した葉を新聞紙などで挟んで若干重みをかけながら乾燥させるのではないかと推察しています。

|

« 姉のおさがり | トップページ | 犬歯の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/40145392

この記事へのトラックバック一覧です: もうじき開花:

« 姉のおさがり | トップページ | 犬歯の話 »