« 散歩道のロッジ | トップページ | ダブルリード »

コルク栓の利用法

NHKの好きなBS番組『猫のしっぽ カエルの手・京都大原ベニシアの手づくり暮し』を視ていたらハンギングバスケットにハーブなど花の植え替えbudをしていました。自然素材の棕櫚のネットの底に敷くのがワインのコルク栓、その上に培養土などを入れて植え付けをすれば水はけも良く吊り下げる鉢も重くならないというわけです。

普段はビール党ですが捨てずに取っておいたwineコルク栓があったので、ちょうど夏スミレの植え替えに使ってみました。

002

土を入れる時はもう少し平らにならして・・・小さなことですが使えるアイデアだと思いますconfident

コルク栓は和包丁の手入れにも使えます。黒ずんでくすんでしまった和包丁は濡らしたコルク栓にクレンザーをつけてこするときれいにshine、更にクレンザーを洗い流してただ水をつけただけのコルク栓でこすれば仕上げになります。

|

« 散歩道のロッジ | トップページ | ダブルリード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/40209706

この記事へのトラックバック一覧です: コルク栓の利用法:

« 散歩道のロッジ | トップページ | ダブルリード »