« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

番外編・とうさん沢ブログ

今日のブログはkattii とうさんの「西丹沢・小川谷廊下遡行」ですsoon

今回は釣り同好会「すとまじテンカラ部」の沢トレ企画でしたが、参加者はTAKEさんと職場の女性Sさんの3人と少々淋しい人数でした。まぁ少数精鋭ということで・・・

曇天と小雨の中とりあえずF1(滝のこと)を覗いてから入渓の判断をすることに、水量はいつもの2倍、F2のチョックストーンの倒木が消え去り準備不足のギアで突っこむのをためらって左岸より巻いてF3へ・・・フレンズを持っていけば良かった、6mm20mの補助ロープとスリングだけの簡単装備を少々反省 (だから8mm30mの沢用ロープを渡したのに~sign01 by かあさんsmile)   Sさんも沢デビュー戦ながら果敢に水に流され大健闘でしたup

小川谷の廊下は丹沢の沢の中でもしっかりした花崗岩のフリクションと適度な滝登りが楽しめる良渓ですが、大雨の爪跡があちこちに生々しく残り30数年前に初めて入った時から随分渓相が変わりました。

048

通称 すべり台岩、向かって左側に随分砂が堆積してしまい、大岩の右側にあった岩が跡かたもなく流されていましたthink

049

第2ゴルジュを登るTAKEさん

050

第3ゴルジュ、右岸(上流から見ると) を登るTAKEさん、私は一応中央突破しましたscissors

051

第3ゴルジュ上部、この後Sさんが流されてドボンsweat01、ロープで確保してクリアしました。朝何組かの沢パーティーを見かけましたが、この日入渓したのは私たち1パーティーのみだったようです。人気の沢ですが天候判断で見合わせたのかもしれません、貸切状態でした。気温が低い割に湿度が高く、河原歩きと帰りの林道は辛いものがありましたdown

さて来週は黒部源流釣行、長い長い歩きが待っていますが永年酷使し続けた膝の具合が少々心配ですcoldsweats01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

勘違い訂正します

昨日リョウブの花と思っていたのはなんと夏椿だと判明、樹は夏椿(シャラノキ)でした。そもそも捨てられていた木肌の独特の模様からリョウブだと思いこんでいたようですcoldsweats01。咲いた花を見てどうも夏椿に似ているようなと思い調べてびっくり、リョウブの花はdownwardleft

002

勘違いの元は独特の樹皮の模様ですが、シャラノキも古くなると樹皮が剥がれ落ちて似たような模様になると知りました。重くて立派な樹でしたがかなり年数が経っていたようです。リョウブには悪いのですが夏椿と知ってちょっと得した気分、庭木で買おうと思うとなかなかなお値段ですmoneybag。重そうだけど迷わずに拾って運ぼうとする決断力とチームワークの成果・・・自画自賛で恐縮ですcoldsweats01

一昨年の7月25日からブログを始めて今週3年目に突入しました。更新も頑張っているわけではなくほとんど習慣のようになっており、飽きもせず写真もよく撮っています。ブログを訪問してくださるたくさんの方に感謝、毎日とは申しませんが時折は自然あふれる村の暮しにネットを通して遊びに来てくださいませhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

父のコレクション

昨日は体調を崩して実家の父が数日前から入院している病院へお見舞いに行ってきました。御殿場ICから静岡ICまでは55分、そこで過ごした年数より離れてからの年数の方が永くなっているので道はかなり不案内で病院へはネットで調べたコピー持参ですsweat01。思ったより元気で一安心でしたが、ちょうど静岡市の観光スポットで体験施設の「駿府匠宿」という所で父が静岡市に寄贈した漆器の数々が展示されていると知り帰りに寄って見てきました。

父は漆工芸の仕事をしていました。多趣味で骨董好き、趣味と実益を兼ねて永い年月の間に多くの漆器が集まって数百点、元々市の工芸指導センターで漆工芸の指導をしていたこともあり、数年前市がすべての写真と目録を作り将来的なことを考えて寄贈しました。実家にあった時は木箱やダンボールに入って積んでありましたから見覚えのある物、初めて見る物もあり・・・でもこんな風に展示していただき多少なりとも市の代表的産業に役立てていただけるのはありがたいことです。○○コレクション選などとタイトルにあるのは気恥ずかしい感じですけれど・・・confident

005_2

駿府匠宿は丸子という市の中心からちょっと外れたところにありますが、少しでも多くの方に見ていただければと思います。

わが家の露天風呂の傍にあるリョウブの木に花一輪、根っこごと掘り上げられて捨てられていたのを夫婦ふたりでエンヤコラと運んで植えた樹ですcoldsweats01。花は初めて見ました。

013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巣立ちの日

母屋ログの軒に巣づくりしていたヤマガラの雛たちが今朝巣立ちの時を迎えました。親鳥だけでなく何羽もの鳥が窓の外で動く気配がしていつものようにテラスにいたkattii を抑えて静かに観察、順調にテイクオフしていく雛もいますが、どうやら2羽が出遅れて1羽は母屋の日よけシェードの上にうづくまり、1羽はアトリエログのグリーンのオーニングの上にいました。オーニングから思い切って飛び出した雛は芝生上のテーブルの足のところへdownwardleft

001

親鳥は餌の虫をくわえたまま心配そうに飛び回っていますsign05

004

005

kattii はじっと様子見、私もカラスや蛇に狙われないようちょっと離れて見守っていました。同じように餌をもらっていても要領のいいコ悪いコがいて発達には個体差があるのでしょうsign01 ちょっと落ちこぼれちゃん2羽はこんなんで飛べるのかしらと思うほど華奢なハゲボウズです。足元にいたコは軍手をしてそ~っと高い所にのせてみたら3mほど飛んで移動していきました。身動きしなかったシェードの上のコはたくさんフンをしながら少し場所を変え、飛び立つ決心をしたのか顔をあげていました。

010

昼になってやっとテイクオフup、補助なしで自転車に乗れるようになったこどもを送り出すような気分で少しの間そっと姿を追っていました。無事に成長してまた帰っておいで~とconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

元祖カサブランカ

003

今、村ではいたる所でヤマユリを見ることができます。upwardleftはいつもの散歩道で撮ったヤマユリです。あのカサブラカの原種がヤマユリだったとご存知でしょうかsign02 幕末に宣教師としてオランダからやってきたシーボルトがヤマユリの球根を持ち帰ったところ、元々の西洋のユリは小さかったので大きなヤマユリは驚きをもって迎えられ、ヤマユリの黄色と斑点模様を取り去る品種改良を重ねた結果、純白の華麗なカサブランカが誕生したのだそうです。白いユリは教会では聖母マリアを象徴する花(マドンナリリー)とされ世界中の教会でカサブランカが飾られるようになり、オランダに一大産業をもたらすことになったと園芸誌で読みました。

ヤマユリは村のシンボルフラワーでもあり、コミュニティセンターの名前にもなっています。

先日まで野山の花はホタルブクロやトラノオでしたが、オレンジ色のノカンゾウや萩の花もちらほら、真冬以外は折々に花に出逢えますconfident

001

004

007

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静かな週明け

昨日のワンショットはアイリッシュセッターのMegちゃんとJuli 、体重5: 1のコンビですsign03

006

おしゃれなスヌードをしたMegちゃんがJuli のバナナのおもちゃをくわえているところ、それをアタシのよとでも言っているのでしょうか! Juli は家に来てすぐにMeg 家の皆さんに会っているので大好きファミリーですheart01。ウィークデイは暑い都会暮らしのMegちゃんは週末工房にやって来るのを何より楽しみにしている様子、その気持ちとてもわかりますconfident

昨日は3ワンズでしたが、ワンたちの足に優しい芝生はこの時期アッという間に伸び放題、芝生の刈りこみと同時に畑のフェンスもリニューアルしましたnew。散歩道のオアシスHさんから使わないからといただいた白いフェンスで囲ったら高さも枚数もぴったり、今までの木の柵より高いのでワンたちが畑に入り込んで泥だらけになるのを防ぐことができますwink

002

アトリエログのテラスに座っていたら昨年母屋ログの軒に巣づくりをしていたヤマガラが虫をいっぱいくわえて同じ場所に入っていくのを見ました。昨年巣立っていったこども世代が里帰り出産(?)かもしれません。昨年のようにコツコツという音もしなかったので気づきませんでしたが、給餌中ならば雛たちがいるのでしょうか、梯子を掛けて見たい気持ちを我慢ですhappy02

006_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルリボシカミキリ

いつもは夏の終わり頃から現われるルリボシカミキリを早々に見かけるようになりました。今日は母屋ログのドア近くにとまっているのを発見、体長4cm、触覚を広げたら8cmくらいの大きな個体でしたnew

005

自然の造形の妙とでもいうのでしょうか、アクセサリーにでもしたいような鮮やかさですが、この美しさは生きている間だけで死ぬとたちまち退色してしまいこのままの標本はできないそうですthink

NHK・BSプレミアムの番組「命ドラマチック」などで活躍されている分子生物学の第一人者・福岡伸一さんの著書に『ルリボシカミキリの青』というbookがあります。

011

こどもの頃図鑑で見て実物を見てみたいと願っていたある日、朽ちかけた樹にとまるルリボシカミキリの青に感動したことが生命科学の探究者への原点だったと読みました。今日はまたこの本を開いてみました。どうしてこんな鮮やかな色模様のカミキリが誕生したのか、美しさは必然的なものなのかと・・・。 科学的なことはわかりませんが、私もこの青に強く惹かれ続けていますconfident

左サイドバー下の「かあさん写真俳句集」も時々更新していますので、お時間のある方は覗いてみてくださいhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

河口湖ステラシアター

Mt.Fuji楽園音楽祭2011・STARDUST REVUE のコンサートに行ってきました。電力事情を考慮して昨年より1時間早い2時開場、3時開演でしたが、昼食を食べてからでも東富士五湖道路を使えば40分以内に駐車場入りできる嬉しい近さです。開演前に自席からステージの雰囲気をカシャッcamera。これは違反行為ではないようです。

008_2

開演少し前に可動式の屋根が音もなく開き、一部の席は容赦なく直射日光sunを受けることになります。幸い私たちの席は涼しくセーフ、その差は大きいですsweat01

スタレビは今年デビューから30周年、ステラシアターコンサートは10年目の年だとか、爆発的なヒットはないけれど好きなグループで古いCDを何枚も持っています。曲のタイトルはいちいち覚えていないけれどCDを聴いていれば次のフレーズが出てきますし、歌詞はほとんど口ずさめるほど、最近の曲は知らず90年代のバラードがお目当てで足を運びました。「今夜だけきっと」「木蓮の涙」「Stay My Blue 君が恋しくて」などなど・・・notes

昨年は夕暮れ時、空が藍色に変わり月が冴え冴えと中空に上がる頃night閉演で、その移り変わりがいかにも野外ぽくって良かったのですが今年は諸事情で明るい内に終了でしたthink。暑い日中の車内ではHot Dogになってしまうからとワンたちをhouseに留守番させていたのでよかったような・・・confident

シアター越しに見えた本日の富士山はdownwardleft、肉眼で八合目から九合目の山小屋がはっきり見えるほどでした。

009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラスリッツェン

涼しいというより寒い台風typhoonでしたが、やっと青空が広がり日差しsunが戻ってきました。

手がけていたハワイアンキルトの制作が一段落したので、あれこれ整理していたらグラスリッツェンのやりかけガラスフレームが出てきました。線彫りまでしてあったのでもう一息だからと仕上げをしましたdownwardright

004

100均で買った200円商品のフォトフレームは2枚のガラスに写真をはさんで自立するもの、ガラスであれば何でも彫れます。絵は村の散歩道でよく見かけるアカツメグサ、野の花ですclover

指先に神経を集中して彫りますが、意外に短時間で出来上ります。以前ホームセンターで見つけて何か彫ろうと思って買っておいた水盤(数百円也) に額紫陽花を彫ろうと思いつきました。

007

あまりに爽やかな天気なのでアトリエログhouseテラスのテーブルを仕事場にしました。下絵はガラスの内側に貼りつけますが球面なのであくまで目安です。ルーターのビットは彫る模様、線によってサイズを換えて使い分けます。高価なガラス器ではないので一見滑らかに見えて粒子が粗いガラス面ですが、慣れれば力加減がつかめるようになります。

009

彫るとこんな感じになりますupwardleft。模様は変化をもたせ全体に入れていきます。氷を敷いて素麺鉢にしたら涼しげだろうな~と想像しながら残りを彫ることにします。

手彫りガラスはヨーロッパから広まった技法だそうで、ガラスであればほとんど何にでも彫れます。空になったジャム壜や洋酒壜、グラスなど身の周りの材料にはこと欠きません。ちょっと手を加えるだけで他にはない自分だけの個性的なものづくりができる楽しい趣味のひとつですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風で

2日続きのrainは散歩大好きワンたちにはちょっと可愛そうですが、やりかけでなかなか進まなかったペアのランチョンマットができました。

002

004

先日かんたん夏服を作ったストライプの生地が少し残っていたのでドルフィンとホヌ(海亀) をアップリケして今日はプリント地でバイアステープを作りバイピングをして完成、少しずつ余る端切れ布も活用すればちょっとしたものが出来ます。

テーブルに直接並べるより食器の音も気にならないので食事時はいつもランチョンマットを使っています。普段使いは片面赤ペイズリー柄、片面野菜プリントの和柄で作ったリバーシブルのランチョンマットをその時々で使い分けています。朝食はbreadcafeだからペイズリー柄、食後はパンくずを払い何かこぼしても洗えばいいので片づけも楽です。さぁ食事にしましょうという雰囲気づくりにもいいですrestaurant。昼は軽く麺類などが多いので、今回作ったペアマットは昼食用です。

こんな雨だというのにひぐらしが短い命を生き急ぐように啼き続けていました。ひぐらしでなくて良かった・・・confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げますhappy01

006_2

昨年12月生まれのJuli には初めての夏、姉kattii のおさがりミニーちゃんの浴衣を着てご挨拶ですheart01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ママ河童

柴漬けを作りました。ウチの畑のミョウガは秋ミョウガらしく葉だけなのでミョウガは買いました。スイカはガシガシ食べたあとで赤い部分を少々残しておいて白い部分を適当にカットして浅漬けにします。最近冷蔵庫のCM でも浴衣姿の女優さんがスイカのお漬物を作っていますがあれです。最近振り塩は塩味はそのままで塩分50%カットという「やさしお」を使っています。

005

あとは冷蔵庫へ・・・柴漬けは2、3日後くらいから食べ頃、スイカの浅漬けは翌日くらいがちょうどいい感じですdelicious

取り寄せていた部品をT市に受け取りに出かけ、以前から気になっていたものを今日は車を停めてそばで見てきました。

001

ママ河童が子河童に本を読んでいるところ、胸もふっくらママ河童が可愛いです。河童も住める綺麗な川を大切に+教育文化都市を目指して親子のふれあいをというので河童の母子となったと説明書きがあり納得しましたconfident。面白そうなもの、不思議なものってどうしてなのか人一倍知りたいと思う方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の醍醐味

昨夜とうさんがスイカを丸ごと1個買って帰宅、ガシガシスイカを食べたかったとか・・・私なら1個丸こどは買いません。第一冷蔵庫にそんなスペースがありませぬsweat01 CM で見るかなり大型冷蔵庫なら楽勝ですが、小さな台所に合わせたサイズゆえ厳しいものがあります。で、朝イチ水道代はタダなので天箱に水を張り濡れタオルをのせて冷やすことにしました。

003

ほど良く冷えた頃切って、upwardrightのよう、冷え過ぎず甘くて美味しいスイカでしたdelicious。「夏の醍醐味だねsign01」ととうさんが言ったので本日のタイトルにしました。

この季節になると市販の漬け物を買わなくなります。畑で採れたきゅうりと直売所のお得なきゅうりで酢と砂糖、醤油、トウガラシで作るシャキシャキ漬け、酢と砂糖、風味豊かなピクリングスパイスでピクルス作りなど作るのも食べるのも好き、今年のピクルスはいい出来ですscissors。これできゅうり10本使用、ナスときゅうり、みょうがと赤紫蘇で柴漬けも作りますdelicious

005

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すとまじテンカラ部

主にすとまじテンカラ部関係の皆さまへ

kattii一家は三連休川上村・廻り目平キャンプ場でプチクライミング&渓流釣り(かなり激戦区) の予定でしたが急な事情で予定変更になりました。予定されていた方にはご一緒できず残念ですsweat02

一部の方からの要望で、暑い季節でもあり近々沢登りなどを計画いたします。西丹沢の「小川谷の廊下」などが近くて手頃かと思われます。渓相が変わってしまい昔のような泳ぐ釜はほとんどなくなりましたが多少の滝登りはあり楽しい大人の水遊びができるはずです。一応7月30日(土)を予定していますがいかがでしょうかsign02 もちろん渓流釣りより危険を伴いますから各自自己責任で、ロープ、お助けヒモなどは携行いたします。

詳細はまた後日事務局長を通じてお知らせいたします。(会長)

007

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かき氷研究

昨日は所用で相模原まで出かけやはり暑さを再認識して帰宅、帰ってびっくりhappy02、留守中散歩道のオアシスHさんが長い真竹を届けてくださってアトリエログのテラスにそれは横たわっておりました。記念にドアに立てかけてパチリcamera

001

アク抜きなどは不要、食感を味わう筍だそうです。Hさま、暑い中を届けていただき感謝heart01です。

本格的暑さを迎えるとやはりかき氷ですねsign03、頭がキーンと痛くならないかき氷はできないかと研究中(ちと大げさsweat01) です。聞くところに寄ればゆっくり凍らせた天然氷は気泡が入っていないのでキーンとならないとか、それに近い状態で氷を作れば大丈夫かもしれないと考えました。山用LAKENの水筒で天然水をキンキンに冷やし、かき氷機に合う丸型容器に流し込んで凍らせてみました。シロップはチェリーコンポートcherryのシロップとコンデンスミルクです。

011_2

こどもの頃レモンやメロン、イチゴだけよりコンデンスミルクやあずき、抹茶などを掛けたかき氷はワンランク上のかき氷でしたね。氷を少しだけ工夫した結果は、とりあえずキーンとならず美味しゅうございましたdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏野菜生活

畑の野菜がやっと収穫できるようになりました。きゅうりは不揃いでひらがなの「し」のようにカーブしてますが、昼の冷やし中華にちょっと採って千切りにしたり、素麺の薬味にネギや青紫蘇を使ったり重宝しています。ニラやミョウガは毎年何もしなくても勝手に育ってちょっと欲しい時に便利です。

003

これは「つるむらさき」、元々は中国野菜だそうですが東北の道の駅で買って調理したら美味しかったのでそれ以来苗を植えています。失敗がなく育てやすい野菜でちょっとぬるっとした食感、特に茎が好きです。最近売っているほうれん草はなんだか元気のない色ですがつるむらさきは元気な緑色で、栄養的にはカロチンや鉄分豊富な優等生だそうです。軽く湯がいて胡麻ラーを掛けるだけでもいいしベーコンと炒めても簡単美味しいですdelicious

006

簡単調理のせいかどうか、今日ポストに入っていたガスの検針票を見たらびっくりhappy02、先月と比べたら3080円もガス代が下がっていました。平日は簡単にシャワーだけが数字になって表れたのでしょうかsign02  一応エアコンもありますがまだつけずに過ごしています。我慢しているのではなく風が通るようにして扇風機で空気を回しているだけで大丈夫なんですscissors セルフビルドしたアトリエログは広くないので壁掛け扇風機だけで快適、昼間は1人と2ワンはそちらで過ごしていますdoghappy01dog

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小さな世界

003

星降る夜の深い森、木に触れてじっとたたずむ小さな人影・・・これは『雑器や・ふくろう』さんで一目惚れしてしまった直径15cmの小さなお皿です。

「この人影は時にはイノシシになったり鹿になったりします」と作家さん、身長4mmの人は言われなければ見落としてしまいそうな小ささです。

小さなお皿ですが見ていると想像の世界が広がっていくような気がします。気持ちは深い森の中、寒くもなく暑くもなく、時が止まってしまったような・・・night

005

涼しげな可愛いお皿だと思いませんかconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明けだそうで

関東地方も梅雨明けだそうで、これからまた一段と暑くなるのでしょうかsign02 梅雨入り前にやろうと思っていたアトリエログのテラスの再塗装をやっと完了しました。塗るのはひとりでもできるのですが重いログテーブルの移動は無理、なのでとうさんがいる週末の仕事となりました。

001

ログテーブルは天板を外したところ、春先の杉花粉などをモップで水拭きしてからダークブラウンの防水木部保護塗料を塗りました。ログの明るい色にダークブラウンがマッチしていると気に入っていますhappy01。ログは普通の家よりも手がかかる面もありますが、それを厭わず楽しめればやりがいを実感できる他にはないMy home houseです。

来週は早いもので海の日を含む三連休、久しぶりにキャンピングトレーラーを引っ張っての車旅もいいなと考えトレーラーの清掃も久しぶりcoldsweats01、屋根に乗ることができないので屋根の水アカを落とすのは一苦労です。私テラス塗装、とうさん洗車で午前中はsweat01sweat01、スポーツ練習などでよく言われる言葉「流した汗は裏切らない」、暮らしについても言えることかもしれないと思います。額に汗して自分で作ったもの、手をかけたことはきちんと目に見える形で報いてくれると・・・confident 屋根も綺麗になってスタンバッてますdownwardright

003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山中湖のカバ

たまたま寄った山中湖交流プラザ・きららの駐車場でカバ発見、といっても最近山中湖にお目見えした水陸両用観光バスbus『KABA』のことです。

001

乗客は降りて散策しているらしく近くに運転手さんがいるだけ、湖岸から直接湖に走り込んでいくところを見たかったのですがちょっと残念。

002

今日の富士山はすっかり夏姿でした。

本日パソコンのプロバイダをOCNに切り替えると同時にひかりTVを入れました。PCメルアドも変わりましたのでパソコンにメールmail いただく方には個別に変更のお知らせを送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できたてひえひえ

今日はたまたま涼しい一日になりましたが、暑い日のおやつにさくらんぼcherryのコンポートとシロップを使ってアイスキャンディーを作ってみました。他に使うのは100均で買った三連棒アイス型と流し込んで固めるシリコン容器、牛乳など。

004

牛乳とさくらんぼのシロップを半々ずつ混ぜてcherry1つずつを入れた型に流し込みます。頂き物の板海苔の缶を利用して早く凍るようにします。

008

棒アイスにはcherry 3個ずつを入れて作りました。シロップには水を一切入れていないのでお味はしつこい甘さではなく、思っていたのよりミルキーで美味しくできましたdelicious

できたてほやほやがもう1つnew

003

ハワイアンキルトの巾着型バッグ、形が可愛いですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トラノオとワレモッコウ

朝夕の半強制的ワンコ散歩の途中で見かける野山の花の変化に季節を感じますclover

001

これはオカトラノオ(サクラソウ科) 、○○トラノオとつく植物は虎の尾に似ているところから名づけられたらしく全く違う科に属するいろいろなトラノオがあるようです。お茶室に活けられる茶花としても好まれたとか、よく見ると愛らしい小さな花の集合体ですconfident

003

これは庭のワレモッコウ、以前浅間の黒斑山に登った帰りに寄ったASAMA2000スキー場の斜面一面に咲いていたもの、翌日刈ってしまうからいくらでも持っていってと言われドライにするためもらってきてその種が落ちて毎年あちこちに出てきます。今年は勢いがよく、高いものは70cm位に伸びています。咲き終わった種は山側の傾畔に蒔いて来年はワレモッコウの群落・・・。

そうそうホタルブクロも見かけるようになりましたが、ホタルといえば今週の土曜日(7/9) は村の観光イベント『ホタルまつり』shineがあります。こどもの頃は歩いて行ける近さにホタルが見られる小川がありましたから、昨年行って懐かしく感じました。ホタルを見たことがないこども達に見せてあげるのならばデパートなどのイベントではなく鄙びた田舎の自然の中で見せてあげたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のかんたん服

簡単にできる夏服を作りました。袖なしで襟ぐりも袖ぐりも同布でバイアスを裁って縫うのであっという間にできます。生地はdownwardleft

011

ミシンは30年来使っているものでジクザグ縫いなどができなくなって直線縫いのみ、縫い代は端ミシンで処理しましたgood

007

同じ型紙使用、左は胸元のタックがアクセントのブラウス、右は丈を長くして脇線に沿ってたるませてつけたポケットがポイントのチュニックです。無地のTシャツやタンクトップにレギンスなど合わせて着回す楽な普段着です。

ついでに着ていない長めTシャツを丈詰めしました。切った端切れをそのまま捨てるのももったいないのでソーイングボックスの中から半端なレースやボタンなどを使って小袋を作ってみました。小物の整理などあれば重宝しますconfident

013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホッとする器

ホッとする素敵な器にやっと出会えましたhappy01

012

時々おじゃまする山中湖の「雑器や・ふくろう」さん、各地で個展などを開かれるため工房に併設するお店は品薄になりがちです。以前からマグカップをペアで欲しいと思っていたのですが久しぶりにお寄りしたら色あいといい大きさといいぴったりのカップがありましたshine。1点ものなのでいいと思ったら迷わず買いですmoneybag

当地は夜は涼しく過ごしやすいところですから抹茶オレやアップルティーなど温かな飲み物がほっこりします。カップの地肌は藍色で夜nightの森、見えていない裏側には三日月と星が描かれています。大切に使ってもしも欠けてしまったら、修復してくださるというのも嬉しいことですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

在庫一掃

庭先で撮った画像の在庫一掃をします。

064

003

上がフサスグリの実で下は露天風呂のフェンスのそばの夏グミの木、どちらも生食には向かず果実酒にするといいのですが、果実酒は在庫いっぱいで作る気にならず・・・野鳥のデザートにでもなればと思っています。

072

001

上はブラックベリーの花で薄いピンク、下はヒメシャラの花、どちらも母屋を建てた時に植えた苗木でヒメシャラは今の樹高になるまでなかなか花がつきませんでした。

073

今蜂よりもカメムシよりも幅をきかせているのがこれ「キイロトラカミキリ」、今年大量発生中かも・・・。

009

kattii の夏Tにはホヌ(海亀)のアップリケをしていましたのでkattii がきつくて着れないお下がりのウェアをJuli 用にしてピンクのハワイアンプリントでドルフィンのアップリケをしました。

以前住んでいた神奈川ではこんな暑い日には光化学スモック警報の知らせを聞いた ものですが、当地に来てから光化学スモックとは無縁です。ワンたちと暮らすにはベストな環境だと思っていますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チェリーコンポート

とうさんは昨夜からテンカラ釣り仲間との渓流釣りfishにN川A沢に出かけています。ワンたちを迎える前は私もほとんど一緒でしたからどの辺りにいるかはわかっています。タープの下で3シーズンシュラフでちょうど快適なくらいでしょう。午後8時は多分もう真夜中で爆睡sleepyしている頃です。

留守番仕事は頂き物のさくらんぼcherry「山形美人」でコンポートを作ること。昨年製図用のガラス棒をカットして自作したさくらんぼの種抜き棒の出番です。

001

昨日のcherry画像が約1キロ、とりあえず1キロ分の種を抜いているところです。cherryの1/3量の砂糖をまぶしておき中火、弱火でアクをとりながら煮ます。出上がったのはボンヌママンのジャム壜にして3個くらい、とても贅沢な1壜です。ヨーグルトやアイスクリーム、フラッペにトッピングしてもいいし、ひと手間かけてチェリーパイなども素材の上品な甘さだけで充分美味しいですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜はジビエ

昨日とほぼ同じ昼下がり、土砂降りのrainになりました。昨日など数分間雹(ひょう)が降って間近でthunderthunder、雨になる前に来てくださったお客さまは先日おじゃました「籐工房&Cafe・Pejjite」のNさんご夫妻。害獣駆除で地元の方が持ってきてくれた鹿肉をお裾分けでいただきましたhappy01。赤身のモモ肉のブロックをさてさてどうしていただこうかとレシピの検索をしました。

鹿の食害に苦心するいくつかの自治体が鹿肉の特性や注意点、レシピなどを懇切丁寧に説明してくれているのはありがたい情報です。鹿肉は高タンパク、低脂肪、カロリーは牛肉の1/4以下、豚肉の1/2以下とヘルシーで鉄分は牛肉の約7倍、豚肉の10倍以上とはいいことばかり無駄にしたらバチが当りそうです。ただ生食は×、充分火を通すことが鉄則のようですdanger

以前エゾ鹿肉をいただいた時は肉を柔らかくする裏技、コーヒーフレッシュに漬けこんでから焼いてステーキで美味しくいただき、残りは手間暇かけて燻製にしました。今回燻製も魅力ですが多分時期的に乾燥がうまくいかないので却下、オレンジジュースやママレード、コーラなどを使って煮込めば箸で切れるほど柔らかくできそうです。とりあえず今夜は竜田揚げにして南蛮酢を掛けて食欲増進メニューとしました。味は生姜とねぎでくさみも全くなく程良い食感で美味しゅうございましたdelicious。次は鹿肉カレーかなsign03

013

嬉しいことに今日は本場山形から紅い宝石cherry「佐藤錦」のデザートまで届きましたhappy01。5月にお手伝いに行って果樹栽培農家の大変さを経験させていただいたK農園さん、今の収穫時は想像を絶する忙しさかと思います。スーパーなどに並ぶさくらんぼは2級品以下、アメリカンチェリーなどは色だけ鮮やかで味はdown比べようもありません。海外に行くと日本の果物はホントに美味しいと痛感します。それは手塩にかけてという言葉のようにとても手を掛けて大事に育てているからです。ジャムにすると色良く仕上がる「山形美人」という品種もいただきました。さくらんぼの旬は短いのですがジャムにしても楽しめてしまうなんて幸せheart01、味わっていただきますhappy02。お返しにまたお手伝いに行かなくちゃ・・・。

004

みずみずしくて美味しそうではなく美味しいんですdelicious。画像だけでごめんなさい(ペコリ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »