« 大雨なう | トップページ | 変わり目の時 »

白樺なう

今朝起きてワンたちの散歩に出ようとしたら・・・何かが違うsign02 ウチの敷地内ではありませんがほぼ敷地の角に立っていた白樺の樹が倒れていました。単管で組み波板の屋根をのせた木工作業場すれすれ西から東に向けて根元から折れていました。

006

下から撮ったところ、葉のむこうにうっすら映っているのが母屋ログhouseです。ログづくりで余った皮むき済みの檜丸太の置き場に沿うように、通路を塞がれなくて助かりました。結構立派な白樺ですが、前回12号typhoonの後で上の方の枝が折れ枯れている箇所がありましたからちょっと弱っていたのかもしれません。他にも地続きの白樺3本がやはり根元からポキリdown多分どの樹も音もなくゆっくり倒れたのだと思います。アトリエログの東側の白樺は建物にガードされて無事でした。並んで立っている桂の樹はなんともないのですからやはり白樺は根張りが弱いようですthink

昨夜相模原のとうさんはニュースでD志村1000世帯、住民2500人に避難勧告とかいう情報を見たそうですが、世帯数は620だし住民は2000人を切っています。いい加減な情報はどこから出たものでしょうかgawk。たしかに一部神地地区に避難勧告が出たようでしたけれど・・・。

008

本日夕方、道の駅付近のD志川本流を上流から撮ったところ、河原に下りて自生しているクレソンなどを採ることができる広い川幅いっぱいに濁流が音をたてて流れていました。まだこの先多くの沢から流れ込む水でどれほどの量になって流れ下っていくのかsign02 見えざる力がどれほど容赦なく猛威をふるうのか、人がどれほど無力かを思い知らされることが続いていますね。

|

« 大雨なう | トップページ | 変わり目の時 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/41921426

この記事へのトラックバック一覧です: 白樺なう:

« 大雨なう | トップページ | 変わり目の時 »