« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

春の嵐の中

横なぐりのrainがカーテンのドレープのように、目に見えるほど流れていくtyphoonのような天気、作業にならず暇を持て余した約1名とrestaurantspaに出かけましたcar。金曜日に乗って帰ってきたのはルノー4(キャトル)、いかにも葡萄畑に似合いそうなレトロなフランス車です。左ハンドルのヘンテコなマニュアル車で私もこれだけは運転したことがありません。

走りはじめて左にハンドルをきった途端とうさんの左側から雨漏りが・・・タオルを広げといたらsign02 と他人事でアハハと笑っていたのですが、軽くrestaurantcafeをいただいて車に乗った途端今度は右側の天井からザザ~っと私の膝上にwobbly・・・キャンパストップの開口部付近からのようです。

002

近過ぎてボケてますが、この後両側にハンドタオルを挟みしのぎましたsweat02。最もわが家の欧州車ラインナップはアルミボディのディフェンダー(英)もオープンカーのBMW・Z3(独)もみんな雨漏りします。普通のrainくらいなら問題ありませんが、さすがに今日の嵐はキャパを超えていたようですcoldsweats01

005

雨も上がって山が姿を見せた夕方です。一番吹き荒れていた時に走り回っていたんですね、いつものことですが・・・

ランチをいただいた県境に近い『青根草木館』さんの産直野菜コーナーで「菊芋」を見つけました。

003_2

菊のような可愛い花が咲いた後に芋が収穫できて、切った断面も菊の様な模様です。「菊芋」は健康効果が注目を浴びていて、私もseizannさんからいただいてどんな料理にも合うシャキシャキの食感に今年は畑で菊芋栽培をしようと思っていたところです。種芋用に小さい物は取り分けておきます。今のところとうさんも私も血圧は理想の数値ですし、糖尿、メタボ、便秘なども縁がありませんが、予防の意味で畑からの健康の贈り物をとり入れていきたいと思っていますconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

薪ストーブでできる事④

ここ数日は暖かくて昼間はストーブを着けなくても過ごせるほどですが、薪ストーブが来たらやろうと思っていたチーズ料理restaurantがあります。

005

『ラクレット』は「ハイジのチーズ」と呼ばれるスイスのチーズで、このチーズを使った料理の名前も専用鍋の名前もラクレットといいます。本場のラクレットチーズは日本で買えばホール6kgが21000円くらい、1/2ホールを暖炉にかざして溶けたチーズをそいで茹でたジャガイモやブロッコリーなどにからめて食べるスイスや北イタリアなどの素朴なチーズ料理です。じゃがバタではなくじゃがチーズと言えばわかりやすいかもしれません。写真はいつも行く食品スーパーで見つけた北海道産ラクレットで80gで500円でしたが、賞味期限間近で半額になっていてラッキーでしたscissors

フォンデュ用フォークに刺して熾火にかざしてみましたがイマイチ不安定なので、四角い卵焼き器でストーブトップに載せました。ラクレット専用鍋は卵焼き器の半分ほどの幅で形状が似ています。そのままではチーズ特有の匂いがしますが、トロリ溶けるとなんとも食欲をそそる美味しそうな匂いが広がります。火力が強すぎるとすぐ焦げついてしまうのでストーブトップにトリベットを置いてからかキャンドルの炎に鍋を掛けるくらいが良さそうです。

006

キャンプなどでよくマシュマロを炙って食べますが、なかなか焦げずにほど良く焼けません。ストーブの熾火にかざして回しながらふんわり焼き色がついたところで切り上げればふんわり口の中で溶ける焼きマシュマロの出来上りですdelicious

008

薪の中には桜の古木も混じっていますから、炎の魔法で美味しいひと味が加わるようですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲ひとつなく

今日はJuli の混合ワクチン接種と買物に出かけました。4月には狂犬病の予防接種があり、3週間はあけなくてはならないらしいので逆算するとちょうどのタイミングです。元々kattii もJuli も健康で病院とのおつき合いは予防接種と暖かくなってからのフィラリア、ノミダニ予防薬をいただきにいくくらいで助かります。9種混合ワクチンが8400円、フィラリア予防薬の小さな骨型フードなんて1個が有名パティシェのスィーツより高いんですけど、病気を予防できるのなら安いものですconfident

早いもので1歳4ヶ月、体重が7.65kgとkattii ねえさんより重くなっていました。がっしりと筋肉質でウェストのくびれはしっかりあります(見習わなくてはねcoldsweats01)

今日の富士山、雲ひとつなく晴れ渡っていました。行きがけの散歩でいつもの山中湖畔の遊歩道を歩いていたところ岸近くを回遊するワカサギが見えました。地元では知られていますが、cherryblossom咲く頃には湖岸から網でワカサギをすくうことができるらしいのです。そして船から仕掛けで釣るのではないので漁業権も関係ないと聞いたことがあります。網とバケツとウェーダーがあったら、ワンたちを車に待たせて・・・ワカサギの天ぷらが食べれるのにと思ったのでした。

思ったからかどうか、帰り道山中湖の高台マンションにお住まいのHさん宅にお寄りしたらワカサギをいただきました。ワカサギの天ぷらが食べれる運命(大げさですみませんcoldsweats01) だったようです。

002

高台のマンションからはこんな風に見えます。

買物に寄ったホームセンターのペット用品コーナーで買うつもりのないお散歩バッグを買ってしまいました。

006

シュナの絵が付いていては素通りできませんheart01。まぁホームセンタープライスで498円なら全然OKだよね~sign01散歩も楽しくなるし~sign03と自問自答したのでしたconfident

ワクチン接種後今日一日は安静にと言われたJuli ですが、家の中で安静に飛び跳ねておりますdashdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペイントマジック

軽トラキャリーは車検中で今週は薪運びお休み、それではと昨日に引き続きペンキ塗りをすることにしました。作業現場の隣に工具や諸々を入れておく保管庫のコンテナがあります。元々はとうさんの趣味のバイクが所狭しと隠されていたバイクガレージ、施錠できてひとつあるとなかなか便利な収納庫です。某食品チェーンの派手なペイントに重ねて塗られていた白い塗装を暖かくなったら塗り直そうと思っていました。塗装前はdownwardleft

003

9時作業開始、塗装面の汚れを水洗いして脚立の場所を決め、油性ペンキで右側上部から塗り始めました。

009

色は「ライトカーキ」、もうちょっと濃い色のつもりだったのですが、白よりは周りに馴染むかと・・・coldsweats01

日に焼けて色褪せてしまった真っ赤なすいがら入れの缶も余ったペンキで塗ってみました。

006

011

これは塗って正解、新品に見えなくもないです。コンテナは今日一面だけでドアは明日か明後日、色の具合を見ながらと思っています。2009年に建てたアトリエログもそろそろ再塗装のタイミング、塗るのが好きなのでこれからは外仕事が忙しくなりますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮称 Hiro's Garage

設計図も無いまま建てている木工作業場&ガレージの名前はだいたいの大きさを描いたとうさんメモに寄ると『Hiro's Garage 』だそうです(まだあくまで仮称ですけど)。

屋根のルーフィングを張って以降、残っている檜丸太を半割にして床の根太に加工する作業を延々と続けていました。今冬は村に嫁いで20年という方も生まれてから60年住んでいる方もこんな冬は初めてというほどの最低気温downだったり雪snowでしたが、作業の手順として床張りをしなければ次の段階へは進めないので週末小雪混じりでもじっとしていられない約1名は飽きちゃったといいながらも作業を続けていました。

先週末やっと床板にかかることができました。

009

ちょうど裏の高い木に以前から掛けてある巣箱にコゲラが来て、工具の音が止むとコツコツ、コツコツ、半日ほど作業をしておりました。距離がありちょっとピンボケですが働き者のコゲラ君は巣箱の前にとまっています。

004

今週はsunが続くらしいので今日はガレージの屋根に上がる階段の2度塗りをしました。

001

1mほど高い場所から上がるように階段を掛けているので傾斜は緩やかです。アトリエログのテラスと同じダークブラウンで塗りましたsweat01。チェーンソーから出たたくさんの切り屑の山は日曜日からじわじわと燃えており、今日も続けて切り屑や丸太の周りの木の皮などを燃やしました。作業場の片づけは作業効率にも影響しますからね、いわゆる内助の功ってやつですconfident。ついでにかっこいいガレージ看板でも作ろうかな~note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薪ストーブでできる事③

国産・スノーピークのホットサンドクッカー『トレメジーノ』、購入した当初は頻繁に作っていましたがこのところ袋にしまったままでした。でもたまに食べたくなるのがホットサンドですbread

001

朝はまだ寒いのでストーブに火を入れ、温度が上がる間にクッカーにパンとあり合わせのパストラミビーフ、チーズ、スライス玉ねぎを挟んでスタンバイok

トップローディングに載せても温まってきましたが、やはり炉内にキッチンスタンドをセットして焼きました。ガスよりも早く、あっという間に香ばしいホットサンドが出来上ります。

005

003

ホットサンドメニュー、またしばらく続きそうですdelicious

ワンたちにはさつま芋を並べた鉄鍋をストーブトップに載せ、彼女たちの大好きな焼き芋を作っておきます。炉内に燃える物が無くなれば自然消火するのでそのまま所用で出かけ、帰ってきた昼時には程良く焼けたおやつが出来ています。このほったらかし芋、甘くてついつい人間用おやつにもなりますdelicious

009

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薪ストーブでできる事②

昨日スィートバジルbudをドライにした後、ストーブトップに載せたキッチンスタンドの上にキゥイフルーツを輪切りにして広げドライフルーツを作ることにしました。

009

買物に行った食品スーパーで地産地消・山梨産のキゥイが小ぶりですが12個も入って299円でした(1個約25円)。写真は半分の6個分です。朝からも軽く火を入れておいたところ昼頃にはカラカラになって出来上り、お味はドライプルーンをちょっとすっぱくした感じです。あまり甘くない林檎などで作ると甘さが凝縮されてワンコも大好きな健康おやつが出来ます。

残り6個のキゥイはジャムにしました。皮を除いたキゥイの重さの約30%のグラニュー糖とレモン汁を加えて薪ストーブの上に載せて、火力が強過ぎないようピザストーンを敷いた上に鍋を置きました。焦げつかないよう時々かき混ぜるだけ、clock が料理してくれます。

004_2

出来上ったジャムは熱い内に煮沸したガラス壜に入れて熱湯で密閉、ほぼ同じ量のキゥイがドライフルーツとジャムに形を変えそれぞれ壜に収まりましたdelicious

008

また③につづきますsoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪ストーブでできる事①

バーモントキャスティングスのストーブは最小アスペンを除く機種すべてにストーブトップの両サイドにウォーミングアップシェルフが取り付けられます。鍋やケトルを置いたり更にラックを付ければ濡れたミトンなども乾かせて、一晩広げておけば林檎などのドライフルーツなどもできるという代物、ただ欲しいけれどお・高・いdollarのが難ですdown。オプションで片側だけでも3万円近く、両方ならホームセンターの薪ストーブが買えます。

006

ついでに他にもこんなモノが・・・

007

エコファンは電源いらずの風力エネルギーで、ストーブトップに置くだけで電気を作り出し羽根を回転させ、部屋の空気を撹拌して暖房効率もupするというモノ、高温になるほど早く回るので温度管理の目安にもなるそうです。

まぁ一度に全部揃っちゃうのもつまらないので「将来欲しいモノリスト」に入れておきましょうconfident

早々に買ったキッチンスタンドがウォーミングアップシェルフの替わりにならないかと考えました。ちょうどバジルの生葉が少し余っていたのでドライバジルを作ることにしました。昨年畑でできたバジルはレンジでドライにしましたが、黒くなるだけで均一にカラカラにならないところもありました。ピザを焼く時は炉内に入れるキッチンスタンドをストーブトップに載せ、ザルにキッチンペーパーを敷いてバジルを散らして載せました。

004

気持ちよくカラカラになったらポリ袋に入れて揉み、茎や葉脈の部分を除いて完成です。

008

ペーストにするには少な過ぎる量でしたが、ちょうど空だったスパイスの小壜の約1/3ほどになりましたclover。キッチンスタンドの高さが約10cm、ストーブトップに近すぎないのがいいのかもしれません。次はドライフルーツappleづくり、②につづきますsoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザ慣らし焼き

新しい薪ストーブの設置前早々に購入していたキッチンスタンドとピザストーンでいよいよLet's cookingup、ディフェンダー仲間のseizannさんご一家もお誘いしましたが慣らし焚きが終わったもののまだ完璧に使いこなしていませんでした。何よりイタリアグルメ旅行から帰ってきて間もなくの皆さんによりによってピザとは・・・後から考えて赤面ですhappy02

昨日は生ハムとバジル後のせマルゲリータ、ベーコンとブロッコリー、和風ピザなどトッピングを変えて焼きましたが、写真を撮り忘れたこともあり今日昼食用に焼いてみました。

001

在庫一掃和風ピザはトマトソースの代わりに海苔の佃煮を使います。トッピングは残っていた舞茸少々、seizannさんからいただいたキク芋と残り物の明太子、後のせでサラダ玉ネギのスライスです。

004

焼く前に300℃以上に温度を上げておき、一旦ダンパーを閉めて二次燃焼させ火力調節レバーの加減で熾き火250℃くらいに安定させたところで炉内に生地を滑りこませます。あとはガラス越しに焼け具合をチェックして待つだけですsoon

ちょうど新鮮な内にと野菜を届けにきてくださったYさんをお誘いして半分ずついただきました。

005

和風もなかなかdelicious、 ある食材を組み合わせていろいろ試してみるのも良さそうです。石窯ですと窯の中の温度を上げておくのに時間と手間がかかりますが、朝着火しておいた薪ストーブの火力を時間に合わせるだけで手軽にできるのが嬉しい点ですcafe

| | コメント (7) | トラックバック (0)

シュナ友さん

春彼岸、今日はぐっと温かくなり空気が変わったような気がしましたsun

昨日は親子シュナちゃんとブログ友だちのぐっちさんご夫妻をhouseにお迎えしました。ママシュナちゃんは「カレル」ちゃん、ぐっちさんはピアノを教えていらっしゃる音楽家で、名前の由来は「黄金のプラハ」と称された繁栄の時代を築いたカレルⅠ世crown、プラハにある橋の名にもなっています。息子「トカイ」君は世界三大貴腐ワインwineのひとつに数えられるトカイワインからついたそうで、2ワンちゃんとも格調高いお名前ですshine。ちなみにウチの「カッチィ」は4歳まで育ててくださった前の飼い主さんが旅先のニューカレドニアでお世話になった素敵な女性の名前からいただいたそうです。ジュリは・・・ジュリはなんとなく、適当にでしたcoldsweats01

お会いするのは初めてでしたが、お互いブログ訪問し合っておりたくさんのシュナ友がいるぐっちさんのお話は興味深くついつい時間を忘れておしゃべりをしてしまいましたcafe

母屋の前で4シュナ揃って記念撮影をすることになりましたが、全員の動きがなかなか決まらず「ちょっとだけじっとしてよsign03

005

左からジュリ1歳「あっ虫が・・」、隣カッチィ7歳「ほら、カメラの方を向いてなさいよ」、更にトカイ君5歳「ボクちょっとまぶしいんだよね」、小顔のカレルちゃん7歳「あたしはここでいいのかしら」・・・みんな~こっち向いてってばぁsweat01

006

比較的よく撮れたのがこれupwardright みんないろんな表情があって面白可愛い、やっぱりシュナが好きなんですheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

嬉しいプレゼント

木工作業場&ガレージの床用に木製足場板を捜している旨をブログに載せましたが、とうさん釣り仲間のkabuさんが厚さぴったりの板を運んできてくださいました。なんと愛車のワーゲンバスに積まれてきたのにはびっくりしましたsign03

001

恐るべしワーゲンバス、あらゆるシーンで使える実力車でもあるのですね~!持つべきは頼もしい釣り仲間・・・ありがたく使わせていただきますhappy01

そしてジュニア達からも嬉しい絵のプレゼントpresentをいただきました。

007

「かいちょう」はテンカラ釣りの会の一応会長のとうさんのこと、ロングラインのテンカラ竿に魚がかかったところでしょうか、ポーズも決まっていて髪もそこそこ、お兄ちゃんのR君作です。

008

妹のKちゃんは私とミニチュアシュナウザーkattii とJuli を描いてくれました。左側のJuli は特に感じが似ています。どちらも心が和むような絵で、とても良く描けていると思うのでブログにアップさせていただきましたconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

待ちに待ってた火入れ

火曜日に煙突などを設置してもらったもののストーブ屋さんが内部煙突を一部忘れてきたため火入れが持ちこされていた新しい薪ストーブの火入れをしました。

003

バーモントキャスティングスの「イントレピッドⅡ」のレット゛(米本国での色表示はボルドーwine)です。「同社の人気機種「アンコール」の小型機種で、小型ながら上級機種に遜色のない高性能でわが家の様な小さなhouseを暖めてくれる頼もしいnewメンバーです。小さいけれど負けていないっていうのがとても心くすぐられるところですlovely

002

両サイドには「INTREPID Ⅱ」の刻印とこの機種独自のシェルと格子模様が打ち出されていますが、飾りだけでなくこれは表面積を広くし炎の立ち上がりを助けるためでもあるようです。

土曜日は気温が低く、気圧が高い火入れにはあまり向かない天候でしたが、ぼちぼちと慣らし焚きを繰り返しました。初めは250℃に達したらダンパーを閉めて一旦ストーブの熱を冷ますように言われましたが、250℃に上がらない段階でも家全体が充分温まっていると感じられました。coldsweats01

「イントレピッド」は勇ましさ、勇気などを意味する言葉で、どんな嵐にも沈まない船をイメージしたネーミングだそうです。宝くじが当ったわけではないので、たしかに購入を決めるには勇気が必要でした。ホーローレッドはブラックより数万円高いのですが、脚の一部に目立たない程度ですがホーローの剥がれがありそのためにアウトレット価格で、村からのエコ助成金も上限がいただけることになり、これはチャンスだと判断しました。美しい炎を見ているとやはりいいタイミングだったと感じていますconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

逆さ富士

買物途中の今日午前中の山中湖、比較的穏やかな湖面に富士山が映っていました。

001

なんちゃってデジカメですが自動で撮ったのがupwardleft、風景モードでもう一枚撮りました。

002_2

風景モードの方が空と雪の色あいが若干明るいように感じます。

弥生3月も後半にさしかかりました。富士山に農事の目安にされたという雪形が現れるのももうじきですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごめんねふきのとう

相模原から届いたふきのとう、気温差は年間を通じて5~6℃ほど低めですがこちらでもふきのとうは同じように採れます。

004

いただいたふきのとうと家の周りのふきのとうを合わせるとこの2倍くらいになります。てんぷらにするには多いので佃煮にしてみようと思い、ネットでレシピを検索して簡単そうな作り方を試してみました。

006

ご飯がすすんじゃって困っちゃう美味しいひと品になる予定だったのですが、味見したら「え、えぐみが・・・despair」、どこが失敗だったのか分からないのですが、ご飯はすすみそうもなくふきのとうにはもったいないことをしてしまいました、 トホホのホdown 今度はやっぱりふき味噌にしようっと・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっと煙突工事

度々の雪で延び延びになり、昨日今日の2日間の予定だった薪ストーブ設置工事が日曜日の雪で日延べして今日になりました。まずは足場を組み梯子を掛けて準備、炉台中央からレーザーポイントで開口部を確定して中から丸ノコでカット、見あげれば青空sunが広がっていました。

001

角材で組んだ枠に加工をしたり、内部煙突を通したり細かい作業をしている間に空模様があやしくなり始めました。予報ではrainsnowも降らないはずでしたが・・・屋根に大きな穴が開いているのにどうする、焦りましたsad

004

中はこんな状態で、外はdownwardright

005

降りだした雪が白く映っていますが、取り付けの方がひと足早くセーフ、もうあとは降ろうが積もろうが内部作業なので大丈夫、とりあえずホッとしましたhappy01。煙突は思っていたのより高く上がりました。薪ストーブ屋さんは最近乱立気味だそうですが、大泉町で古くから地道にやってきた老舗の薪ストーブ屋さんで経験に基づいた説明も納得できるものです。

炉台に載ったストーブはこの小さな建物にぴったりサイズで馴染んでいます。火入れと大事な「慣らし焚き」は土曜日の予定ですから、週末には美しい炎を見ることができそうです。ストーブ屋さん曰く「ここは大泉町より寒いsign01」ですって・・・だからこそ思い切っていいストーブを買うことにしたんじゃないですかsign03

| | コメント (10) | トラックバック (0)

足場板ありませんか?

金曜日からの雪がしぶとく居残りまた雪景色の週末でしたsnow。床張りの根太を加工する作業も今年の春への道のりのようになかなか進みませんが、とうさんのチェーンソーの音は休まず山あいに響いていました。とりあえず片側だけ足場板を渡して床にし、場所を移動して残りの根太の加工にとりかかっていました。

001

この足場板は母屋ができた後、山仲間が単管などと共に運んで来てくれたもので、そのまま新しい木工作業場の床としても活用する予定です。木製の足場板はとてもしっかりしていて最適なんですが、最近の足場板は金属製ばかりでなかなか木製のものを見かけなくなりました。

003

床全面分はないので他の床材はどうしようかと思案中ですが、どこかにいらなくなった木製の足場板ありませんか~sign02 足場板情報がありましたら是非コメントでお知らせいただけたらと・・・coldsweats01

田舎では毎日のように来てくれる郵便配達の方とも顔見知りになり、年度末でJPpostofficeの「ふるさと小包」presentの年間契約を更新したところ可愛いプレゼントを届けていただきました。

006

JPの制服を着たキティちゃんの貯金箱です。隣の黄色は以前簡保契約でいただいた貯金箱、貯金箱ばかり各種とり揃っておりますが・・・confident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

戻り雪?

雪って音がしないので朝驚かされることがありますが、今年は特に頻繁です。今朝もカーテンを開けたら正面に見える桂の樹の形が水分を含んだ雪の重みで様変わりしていました。

001

普段は綺麗な樹形なんですけど・・・。ディフェンダーの上にもポストの脇の桂の枝が覆いかぶさっていました。焦ったのは電線にたっぷり載った雪、着替えもそこそこに払いに出ました。

002

ワンたちは朝の散歩がわりに家の周りを走りまわって雪遊びですdashdash

007

とうさんは木工作業場の屋根の下で前回の余ったログ材や、残り丸太を半割にして根太に加工する作業をしていました。こんな日くらいぬくぬくと寝転がっていればいいのに、じっとしていられない・・・将来は絶対動いたっきり老人ですsmile

真冬の頃と違うのは雪が降っていても野鳥たちがそこここに姿を見せ始めたこと、彼らももうじっとしていられなくなったのでしょうclover そうそう午前中嬉しいmobilephone電話をいただきました。3月は「去る」であっという間ですが、新しい旅立ちを控えた時でもあるのですね。明日で大震災から1年、もう・・なのか、まだ・・なのか、とにかく被災地を忘れないこと、これからも応援しよう東北ですrockhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エゾシカの角

先日NHK・BSプレミアムの「ワイルドライフ」という番組で知床半島に生きるエゾシカの特集を視ました。私、この番組が結構好きなんです。

遅い春の訪れの頃には過酷な冬を生き延びても逃げる体力がなくてヒグマの餌食になるエゾシカもいました。♂は立派な角が「力」の象徴で、♀をゲットして子孫を残せるのも、限られた食べ物を優先的に食べれるのも角の大きさがモノをいうらしく近づくライバルには角を構えて威嚇してました。

一年に一度角が生え替わるそうですが、突然ポコっと落ちるんですdown。初めて撮影ができたそうですが、自分で「おぉ~sign05」と驚いて飛び上がる様子に「毎年落ちてるんでしょうに~sign01」とツッコミを入れたくなりましたcoldsweats01。傑作だったのは大きく立派な角ほど早く落ちるそうで、角を失ったエゾシカは昨日まで威嚇していた相手から逆に威嚇されてすごすごと引き下がり小さくなってなりを潜めていたこと、ちょっと可哀想ですがシビアな世界です。なんだか人間社会にもそんなことなかったかな~なんて・・・エゾシカはまた時間の経過と共に角が生え揃い復権するようですが、人の場合どこの会社の何の役職とか諸々、肩書という角が無くなった時こそ真価が問われるのかもしれませんねsign03

昨日薪運びに出かけた帰り道、そういえば国道沿いにエゾシカが柵の中で飼われている所があったっけと思い出し、どうしているかなと車を停めて上から覗いてみました。

002

♂の角に関心があったのですが、♂は一頭だけでしっかりまだ大きな角がありました。更に帰り道青根の「草木館」さんにパンを買いに寄ったら、鹿の角をそのまま取り付けて飾りにした物が16000円で販売陳列されていました。木と組み合わせた小物もあり、加工して利用されていました。

R413は所々本流に沿うように走っていますが、平日なのにあちこちで釣り人発見。台風で流れが全く変わってしまい大型の重機で整備した道の駅の裏の瀬にもフライマンと餌釣りの人がいました。漁協が成魚放流したようですが、ヤマメが釣れている気配はありませんでしたconfident

004

薪の積み込みは昼休みのとうさんと待ち合わせてできるのですが、荷降ろしはひとりです。明るい内に帰って荷降ろしまで済んで薪運び完了ですscissors。薪運びはまだまだ続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

啓蟄、わが家では

昨日は二十四節気の「啓蟄」でした。霙から雨に変わり虫もまだまだ出てこないでしょと感じるような天気でしたが、今日は一転暖かくなりました。具体的にどんな虫達が冬ごもりから起き出すのかという疑問に虫博士という方のお答えはゲジゲジ、ムカデなどだそうですが、わが家では早速冬ごもりから目覚めたらしいカメムシがブーンと飛びましたsign05。もちろん即刻ガムテープでペタリですが、しばらく見なかったチビテントウムシ達もチョコチョコ動き始めました。

本来の啓蟄の意味に添えて「日本人がさあ働くぞと意欲的に感じる日」などと書かれていることば事典がありました。だからというわけでもありませんが先日薪ストーブの炉台をリニューアルしてからプチ模様替えをしようと思い立ちました。1歳を過ぎたJuli ももうトイレを失敗することもなくなったのでちょっとお疲れ気味のカーペットを交換して、新しい薪ストーブの前には綺麗なホーローレッドに合わせた薪ストーブ用の敷物ハースラグを敷いて等々・・・先日から構想を練っていますが、なにぶんストーブがまだ来なくてはね~pout

数日の雪のおかげで針仕事だけははかどりとうさんの焚火着のキルティングは後ろ身頃が終了、単調な仕事に飽きると合間に端切れを使って小物を作っています。

002

前回のクラフトフェアで欲しいと言われて自家用のティッシュボックスカバーを売ってしまったので2点、ついでにあと何点か作っておこうかと思います。小物作りは端切れを無駄なく利用できてすぐ完成するので好きなんですnote

鉢植えを枯らすことにかけては名人級(水やり過ぎsweat01)なんですが、庭に花のない季節にはどうしても窓辺や家の中に花が欲しくなり性懲りもなく買ってきます。今のところ次々に花をつけてくれるのはユリ科の「オーニソガラム」ですbud

004

明日のsunは貴重だそうですから薪運びに行く予定ですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高所作業者

広くないhouseの真ん中に下がっているシーリングファンと照明器具flair、昨年暮れに掃除しなかったせいでこのところ埃とガラスのクスミが気になっていました。シーリングファンは年柄年中回っているので、ちょっとお恥ずかしい画像ですがdownwardleft

005

006

床から照明器具まで約3.5mありますが、ロフトからは手が届かないので掃除も簡単ではありません。吹き抜けに素敵なシャンデリアを下げたけれど自分では電球の交換さえままならず業者頼みという話を聞きますが、中二階程度でも上に上がってみると結構高度感があります。ウチは高所作業はとうさんにお任せで、植栽の剪定などに使う三脚脚立を室内に持ち込み電球と笠を外して、シーリングファンの5枚の羽根の埃を拭き取ってもらいます。作業の途中で下から見たところdownwardright

009

汚れを落とすだけでぐっと明るくなりましたshine。清掃作業って始めるまでが面倒で、終わってみれば簡単なことなのに・・・とはいつも思うことです。もう広い家はいらないと思っており、広くないけれど天井が高く圧迫感がないところが気に入っているのでやっぱり定期的に掃除しなくちゃ・・・coldsweats01  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薪ストーブや~い!

大雪は山中湖村では積雪47cmにもなったそうで、今日買物途中うず高く積まれた雪の塊をあちこちで見かけました。6年ぶりの寒冬だとか、こんな時によりによって薪ストーブの煙突設置工事待ちのわが家は暖房を灯油に頼る暮らしです。1シーズンに数えるほどしか灯油を買わずに済んでいたのですけど、今日はホームセンターで灯油を購入しましたが結構高いものですね~moneybag

先日作ったストーブの炉台には日本船燈の灯油ストーブが載っております。

003

温かさという点ではもう1台のファンヒーターに軍配が上がりますが、この温かな光flairが薪ストーブの代わりです。でも薪ストーブならいつでもお湯が沸いているのに、お湯が沸かせないのが寂しい、ワンたちもファンヒーターにしてから喉が渇くのか頻繁に水を飲むようになりました。何より温まり方の違いを実感しています。ストーブ屋さんによるとこの時期屋根のシングル材が低温でバリバリに割れてしまう恐れがあり、ウチと同じシングル材が手元にないのでもう少しお待ちくださいとのことでしたが、早く取り付けにきて欲しいものですsad

今まで使っていた「にっきゅっぱっ」のストーブではストーブ周りの小物はお値段もいいし不釣り合いだと感じて買う気が起きませんでしたが、パーモントキャスティングスの薪ストーブを買うと決めてからは俄然欲しくなってネットで20%offで早々と買っちゃいました。まずストーブのツールセット

005

小さめな薪ストーブに合わせて小さめなスチーマーとストーブの中に置くキッチンスタンドとピザストーン

004

ピザストーンの写真をupする時は上に熱々のピザを載せた時と思っていたのですが・・・

note早~く来い来い薪ストーブ~・・・字余りcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »