« 高所作業者 | トップページ | エゾシカの角 »

啓蟄、わが家では

昨日は二十四節気の「啓蟄」でした。霙から雨に変わり虫もまだまだ出てこないでしょと感じるような天気でしたが、今日は一転暖かくなりました。具体的にどんな虫達が冬ごもりから起き出すのかという疑問に虫博士という方のお答えはゲジゲジ、ムカデなどだそうですが、わが家では早速冬ごもりから目覚めたらしいカメムシがブーンと飛びましたsign05。もちろん即刻ガムテープでペタリですが、しばらく見なかったチビテントウムシ達もチョコチョコ動き始めました。

本来の啓蟄の意味に添えて「日本人がさあ働くぞと意欲的に感じる日」などと書かれていることば事典がありました。だからというわけでもありませんが先日薪ストーブの炉台をリニューアルしてからプチ模様替えをしようと思い立ちました。1歳を過ぎたJuli ももうトイレを失敗することもなくなったのでちょっとお疲れ気味のカーペットを交換して、新しい薪ストーブの前には綺麗なホーローレッドに合わせた薪ストーブ用の敷物ハースラグを敷いて等々・・・先日から構想を練っていますが、なにぶんストーブがまだ来なくてはね~pout

数日の雪のおかげで針仕事だけははかどりとうさんの焚火着のキルティングは後ろ身頃が終了、単調な仕事に飽きると合間に端切れを使って小物を作っています。

002

前回のクラフトフェアで欲しいと言われて自家用のティッシュボックスカバーを売ってしまったので2点、ついでにあと何点か作っておこうかと思います。小物作りは端切れを無駄なく利用できてすぐ完成するので好きなんですnote

鉢植えを枯らすことにかけては名人級(水やり過ぎsweat01)なんですが、庭に花のない季節にはどうしても窓辺や家の中に花が欲しくなり性懲りもなく買ってきます。今のところ次々に花をつけてくれるのはユリ科の「オーニソガラム」ですbud

004

明日のsunは貴重だそうですから薪運びに行く予定ですhappy01

|

« 高所作業者 | トップページ | エゾシカの角 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鉢植えを枯らす名人は私の知る限りでも3桁を下りません(笑) 専属棟梁様に北欧風味に窓にプランターボックスを作って頂いたら如何でしょう?(* ̄ー ̄)ニヤリ。 棟梁釣り行かないのカナ〜(笑)

投稿: kabu | 2012年3月 6日 (火) 21時38分

kabuさん

ウチのおかかえ大工さんはああ見えて観葉植物やシンビジュウムなどを増やすのが上手なんですよ。大雑把なのがいいんですかね~coldsweats01
まだ毛鈎には早い時期なので今の内にアジトの床張りなど進めておきたいのだと思います。
ところでガレージの入口の梁にブランコなんぞ作りませんか? 半端なクライミングロープがたくさんありますし・・・happy01

投稿: kattiiかあさん | 2012年3月 6日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/44393085

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄、わが家では:

« 高所作業者 | トップページ | エゾシカの角 »