« 薪ストーブや~い! | トップページ | 啓蟄、わが家では »

高所作業者

広くないhouseの真ん中に下がっているシーリングファンと照明器具flair、昨年暮れに掃除しなかったせいでこのところ埃とガラスのクスミが気になっていました。シーリングファンは年柄年中回っているので、ちょっとお恥ずかしい画像ですがdownwardleft

005

006

床から照明器具まで約3.5mありますが、ロフトからは手が届かないので掃除も簡単ではありません。吹き抜けに素敵なシャンデリアを下げたけれど自分では電球の交換さえままならず業者頼みという話を聞きますが、中二階程度でも上に上がってみると結構高度感があります。ウチは高所作業はとうさんにお任せで、植栽の剪定などに使う三脚脚立を室内に持ち込み電球と笠を外して、シーリングファンの5枚の羽根の埃を拭き取ってもらいます。作業の途中で下から見たところdownwardright

009

汚れを落とすだけでぐっと明るくなりましたshine。清掃作業って始めるまでが面倒で、終わってみれば簡単なことなのに・・・とはいつも思うことです。もう広い家はいらないと思っており、広くないけれど天井が高く圧迫感がないところが気に入っているのでやっぱり定期的に掃除しなくちゃ・・・coldsweats01  

|

« 薪ストーブや~い! | トップページ | 啓蟄、わが家では »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

ミサ◎ホームの我が家は、冬場はミニサイズの扇風機をシーリングファンの代わりに使ってます。
同じようにホコリまみれで羽音が大きくなってますが、私以外は誰も気が付いてませんcrying

投稿: 亀仙人 | 2012年3月 5日 (月) 01時06分

亀仙人 さま

どもどもお疲れさまですhappy01
ウチでもシーリングファンは上下の風向き、風力などの調整ができることを知っているのは私だけです。
空気の流れを作ることで暖房効率は違いますよねwink

投稿: kattiiかあさん | 2012年3月 5日 (月) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/44366040

この記事へのトラックバック一覧です: 高所作業者:

« 薪ストーブや~い! | トップページ | 啓蟄、わが家では »