« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

歯磨き犬

昨日は私の歯科健診とワンたちの犬猫病院hospitalへ、これから半年間は月1回フィラリアとノミ・ダニ予防です。処方してもらう前に血液検査をしてもらいますが、6月に8歳になるkattiiは中性脂肪など気になるので検査項目の多い検査をしてもらいました。犬の1年は人間でいえば5~6年に当たるので年1回くらいは健康状態チェックは必要だと思われます。検査とフロントライン、フィラリア予防のトリーツ3ヶ月2頭分で福沢さん3名様が・・・sad 幸い丈夫なコたちでしっかり予防していれば健やかに暮らしていられるのですから安いものと考えることにいたしましょう。

来週早々にkattiiは歯石を取っていただく手術の予約をしました。全身麻酔というのが気になりますが、歯周病がひどくなると抜歯しなければならなくなると聞いて処置するタイミングかと思いやっていただくことにしました。歯磨き嫌いなkattiiに対してJuliはいつ頃からかとうさんや私の真似をして歯磨きをするようになりました。洗面所に立っているのを見ると近づいてハブラシをねだります。気がつかないかなと思っても歯磨きのキャップの音に気づいて走ってきますdash、さすがに耳がいいですcoldsweats01

003

手で抑えて上手に右左とハブラシを動かして噛んでいます。

005

ただハブラシの消耗が激しく2、3日に1本くらいの割でボロボロになるのでドラッグストアでお買い得ハブラシの「かため」を買ってきています。暇さえあればおもちゃを咥えて走り回るか何かを噛んで(帰宅したとうさんはいつも格好の標的です)いるためか、まだ歯石もつかず真っ白な綺麗な歯ですshine。このまま歯磨き大好き犬でいてくれると医療費など経済的にも助かります、なので一応歯磨きした後は誉めていますhappy01

そうそう成田からの帰路湾岸を走っていたらスカイツリーも見えましたが、「恐竜橋」が見えました。

112

走りながらで、ちょうど並走している電車で見えなくなりそうだったのでイマイチですが、今年2月に開通した「東京ゲートブリッジ」(東京港臨海道路)、恐竜が向かい合っているように見えるトラス橋で通称「恐竜橋」だそうです。湾岸を走っていたら見れるかもしれないと思っていたのでおのぼりさんのように写真を撮ってしまいました。BSブレミアムで視たのですが日本の建築技術はやっぱりスゴイ、見慣れたベイブリッジも鶴見つばさ橋もレインボーブリッジも美しいだけじゃなく技術が結集された素晴らしい建造物ですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シュナだらけの

ミニチュアシュナウザーが全国から集まるという年に一度のミニチュアシュナウザーフェスティバル、シュナ友ぐっちさんに教えていただき成田ゆめ牧場で開催されたシュナフェス初体験してきました。日帰りは忙しいというので土曜発、久しぶりにキャンピングトレーラーを引っ張って牧場のオートキャンプ場泊でしたnight

085

トレーラーの後ろにはシュナちゃんシール

087

日曜日はsun、キャンブ場から牧場parkingの大型車スペースに移動するとすでにシュナちゃん連れで一杯。「笑っちゃうくらいシュナちゃんだらけsign02」というぐっちさんの言葉どおりよくもまあこんなにというくらい・・・でしたcoldsweats01

091

相模原のシュナ友プーチちゃん、ぐっちさんのカレルちゃんトカイ君と記念撮影でしたが見事にどのコも勝手な方向を向いていましたsweat01

094

とうさんが時々お見かけするという4シュナちゃんファミリーにもばったりお会いしましたheart01

096

初めて会ったジャイアントシュナウザー君、大きさの違いは一目瞭然ですsign03

097

向かって左からちくわ君、ママ・カレルちゃん、トスカ君、息子トカイ君heart01

099

フリーデルちゃんは1才、可愛いねheart01

105

待て対決sign01、立ちあがってしまったらOUT、ウチの2ワンだったら秒速でOUTです。

109

着ぐるみJ君を囲んで大集合写真、この中にどれくらいのシュナちゃんが入っていることか・・・どの飼い主さんも「ウチのコが一番」と思っているはず、愛されているシュナちゃんたちがたくさんたくさんheart04 

田舎暮らしのウチの2ワンたちはものすごい数のシュナちゃん達に出会って興奮して疲れたのか帰りの車の後部座席では顔をくっつけてスヤスヤ、どんな夢を見ているのかできることなら覗いてみたいものだと思いましたconfident

111_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

緑に包まれて

006

これは春菊の花、緑が少ない冬の間春菊やブロッコリー、水菜、エシャロットなど野菜の寄せ植えをしてテラスの簡易温室に入れていたのですが、冬を越した春菊がたくさんの蕾をつけました。この季節は毎日庭のどこかしらで変化があり、ワンたちの散歩から帰ると見てまわるのが日課です。

005

お茶の木は数年前ホームセンターの投げ売りで見つけたもの、冬が厳しい当地ではお茶も柚子など柑橘類も生育できないかもしれないと思いながら駄目元で植えてみました。昨年はわずかばかりのお茶の葉を摘んで蒸して煎ってお茶っ葉を作ってjapanesetea飲みました。今年は昨年よりもたくさんの若葉をつけてくれましたから来週はお茶摘みをして手揉み新茶を作ります。栽培の知識がないので肥料も消毒もしていませんからはからずも無農薬です。自分で作れば煎茶というよりは大雑把な番茶ですが、香の良いお茶は美味しいと感じますdelicious

007

忙しい日々に追われている内にわが家のマザーツリーの朴の木にはたくさんの朴葉が茂りアトリエログの背後は緑一色ですclover。写真は首が痛くなるほど上を見あげて撮ったもの、そろそろ朴の葉で包んだ朴葉寿しの季節です。旬のものを食べるのが健康に繋がるとしたら、手づくり新茶と共にいただく朴葉寿しってなかなか贅沢な取合わせかもしれませんconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

洗濯日和

昨日とは打って変わって爽やかな青空でsun、ぐんぐん気温も上がりましたup。このところ手抜きで見て見ぬふりをしていた家事全般を片づけ始めました。冬用の掛け布団カバーやボアシーツなど洗濯機フル回転です。沢登り用の8mm補助ロープをアトリエログから母屋ログの間に張り、更にポストの傍の桂の木まで伸ばしました。

001

これでばっちり良く乾きますscissors。山道具もこんな時結構便利です。

土日忙しい中でもとうさんは建具づくりをしていたようで、窓が一ヶ所できていました。やるじゃんsign03

004

今まで母屋で使っていた薪ストーブをお下がりで設置する予定の奥の角です。近くに寄ると

006

上にはね上げて開ける形で透明アクリル板利用、アクリルは軽くて扱いやすくガラスより安価です。いただいたガラス窓だけではどうしても足りなくなりますから足りない分をアクリル板で窓づくりです。このところ趣味の渓流釣りやイベントでまとまった作業時間がとれませんでしたが、それでも少しずつ進んでいます。

お気楽な私の関心はもっぱら出来上った時の塗装のこと、木部保護塗料の「キシラデコール」は高いけれどいい塗料ですから低予算で完成したら塗料は奮発してキシラデコールがいいかなとか、ちょうど「タンネングリーン」という色があるのでタンネングリーンの2度塗り予定と勝手に決めています。窓枠はアクセントでやっぱり白でしょうか、私の細切れな要望がどんな形に集約されて出来上るのか楽しみです。それまでは回り道ですが、手のかかる杉の皮むきやサンダー掛け頑張らなくちゃsweat01・・・ログ丸太ほど重くないから扱いは楽ですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の休養日

予報どおりrainが降り出し、平日とあって静かな火曜日です。昨日当地では厚い雲に阻まれて金環日食が観れませんでしたdown。雑誌の付録の日食メガネなど持って6時台から待っていたのに・・・FMラジオの実況を聴いて何だかとり残された気分でしたthink。関心もなかったとうさんが相模原で観れたってどういうことサsign03 (熊本のブロク゛友だちtakaさんもcloudで観れなかったとか)

今日は季節を2ヶ月くらい後戻りして寒く、アトリエロク゛のファンヒーターは片づけてしまったのでなんと薪ストーブを着けていますがちょうどいいくらいです。クラフトフェアでゲットしたカップでお茶のみcafeです。ついでに自分のお店そっちのけで皆さんのお店を物色して入手したモノは・・

002

お隣テントの「道志窯」さんでペアのカップ1500円也、そのお隣「吾亦紅」さんでマカロン型コインケース2個、500円玉数枚が入る可愛い小物に一目ぼれの即買いしました。そのお隣「工房 はんの木」さんでは以前からお願いしていた枯葉のコラージュの額を、またそのお隣「ななし窯」さんでは乳白色のお抹茶茶わんを選んでいただきました(たまにお抹茶でもたててのもうかと・・)

004_2

そして「木香洞」さんが友人から預かったというお盆や菓子鉢、茶卓など格安で、皆さん早いモノ勝ちでウチもお盆2、菓子鉢、お椀など買っちゃいましたmoneybag

「古布器や」さんは古布を再生して和小物や一点物のお洒落な服が並んでいて来場者をひきつけています。何人かのお仲間で出店していてその中に一閑張りの器があり500円也でまた即買い、味のある蛙の表情が面白いです。本革の紐はキルトの持ち手用に格安でいただきました。

楽しみにしていたのはこれdownwardright 枯葉のコラージュの額です。

006

まだわが家へ週末通いしていた頃クラフトフェアで見て素敵だなぁと思っていたもの、一年前に欲しいと思ったbook の額をリクエストして作っていただきました。他にも素敵な作品ばかりでこの才能とセンスが羨ましいですshine。ちょっとズームすると

007

野山の花や葉が素材で、とても細かいお仕事(ご本人は大雑把な性格なんて言われていますが) 額のなかにひとつの世界ができていると感じます。どこに飾ろうかとあれこれ考えて、アトリエログのdoorの正面、ドアのガラスを通しても見れる所が特等席かなと思いましたconfident

気がつけば当地に転居してきていろいろな方と知り合えて、好きなものに囲まれ好きなことをして暮している、これ以上幸せなことはないのかもしれませんclover。金環日食は観れなかったですけどね(まだ言ってるって)bleah

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クラフトフェア終了

道の駅「どうし」の芝生広場で開催された春のクラフトフェアが無事終了しました。2日間ともrainの心配をせずにできたのは私が参加するようになってから初めてでした。

001

土曜日終了時間に間に合うように駈けつけて来てくださったシュナ友Yumeさんありがとうございました、ご希望の箇所は間に合うようにしてお渡しいたしますね。

今回アップリケ付きワンちゃんTシャツを出してみました。ウチの2ワンのサイズ5号では少し大きくて別に4号サイズの注文をいただいたお客さまと、今日ご注文いただいた2シュナちゃんのO様には出来次第送らせていただきますので少々お待ちくださいconfident

他にもお店で使うためのティーコゼーとポットマットのセットをご注文いただいたN様、H様には色と模様などだいたいのサンプルができましたらご連絡させていただきます。

クラフトフェアが終わったら畑と杉の皮むきもしなくてはと思っていたのですが、暇なしでまた針仕事もがんばらなくてはなりませんcoldsweats01

今日昼前には「道志の湯」でのイベントに招かれたアルプホルンの方達が口慣らしの練習で私のテントの写真左隣でupwardleftでアルプホルンを吹いてくれました。

004

この音色notesはまさにスイスそのもの、フランス・シャモニーからイタリア・ドロミテまでキャンプ場に泊まりながらレンタカーで走り回った6月のスイスの陽光を懐かしく思い出していましたconfident。来場者の方々もベンチに座って耳を傾けプチ演奏会に拍手がおくられていました。

午後以前の仕事仲間にばったり再会できて近況報告などお喋り、聞けばクラフトフェア繋がりの知り合いの知り合いとか、世の中広いようで狭いsign01偶然に感謝ですhappy01

肝心の売上は? 今回売上よりも買物額の方がupでした。欲しくてお願いしていた作品も作っていただけて、いろいろ素敵な物を手に入れることができて大満足です。その数々は追ってアップいたします。ジャンルが違う皆さんのモノづくりにたくさんの刺激をいただいて楽しい2日間でした。ん~ますます忙しいsweat01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

なんとか前日準備

夏休みの課題を前日にやっと完了したこどものようになんとかセーフsweat01、今日は準備品を揃えたり値札付けなど、できれば余裕で明日を迎えるため頑張りました。

001

手間をかけたハンドメイド品なので値札も手づくり、100円ショップの文具が便利ですwink。品物を入れるペーパーバッグは無地の袋にパソコンで作ったラベルシールを貼りますが、在庫がなくなっていたのでまた作り直しました。

003

005

ついでに品物に添えてお渡ししているカードも名刺サイズで追加しました。文字は全部「あずきフォント」という字体を使っています。

考えてみるとほとんどお店屋さんごっこみたい、袋貼りとか値札つぐりはほとんど手内職みたいですし・・・自己満足気味の前日準備、ほぼ完了いたしましたhappy01scissors

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ハギレキルター

ハワイアンキルトの小物を作っていると色とりどりのハギレが出ます。小さなハギレも何かに使えないかととってあり、クラフトフェア用にハギレを組み合わせてコースターを作りました。前回は買っていただいた方へのオマケでお好きなモノを1点選んでいただくようハワイアンキルトのピンクッションをたくさん作っておきましたが全部なくなりました。

001

昨日から作っていましたがバイピンクなど手をかけ過ぎてやっとこれだけ、サービス品にはちょっともったいなくなってコースターとして売り物にすることにしました。

品物の値段はほとんど材料費だけなので値引きはできませんが、気に入って買ってくれた方にはやっぱり何かオマケしてあげたいと思いハワイアンプリントのハギレと、捨てずにとってある半端なキルト綿を使ってピンクッションを作りました。

004

これはミシンを使ってアッという間に出来上り、増える一方のハギレとキルト綿の在庫一掃ができましたscissors。そうそう少し大きめのハギレでこんなモノも作りました。

001_2

これは売り物ではなくいつも遊びに来てくれる友人ファミリーに誕生するnewベイビーへのささやかなプレゼント、海の守り神「ホヌ」をつけました。柔らかくて頼りないようなその姿を思い描きながら作るのは心楽しいひとときでしたnote。しっかりキルティングをしてありますからネットに入れて洗濯機もokです。

そのままではただの小さな布キレも上手く使えば素敵な小物に変身してくれる、生地が貴重だった時代には小さなハギレも無駄にせず縫い合わせて使ったところからパッチワークが生まれたのですから・・・ ハギレを利用してちまちま作るのが好き、自称「ハギレキルター」ですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おかえりバイオ君

わが家の生ゴミ処理機・通称「バイオ君」は厳しい冬を乗り切った途端に故障してしまいましたdanger。かくはん棒が回って中のバイオ材が生ゴミを分解するというもので、ウチでは主にワン達のフンフン処理に頑張ってもらっています。昨年2月からJuli が加わり2ワンになって当然落し物も2倍以上1日200g×2くらい、散歩から持ち帰えるとちょっとまとまった量になりますが、「バイオ君」に投入すると次にフタを開けた時には跡かたもなく、もちろん匂いもなく見事に分解されています。「バイオ材は生き物です」と袋に書いてありますが、毎日毎日入れても量はさほど増えず分解し続けてくれるのでたしかに生きているんだと実感します。

GW明けにメーカーに直送して修理を依頼しました。修理代が何万円も掛かるようなら検討しようと思っていましたが、モーター本体ではなくスイッチ交換だけで数千円の修理代だけで治り今日返送されてきました。

001

ここ数週間不便に感じていたのでホッとしましたhappy01。早速保管していた古いバイオ材をふるいにかけ新しいものと合わせて処理機に入れて運転開始、もう心おきなくいっぱいしていいからね~って、ワンたち遠慮していたわけでもありませんけどねwink

003

一日おきに普通ゴミが回収される今までの地域と違い、ここでは生ゴミ処理の方法、手段は各自に任されています。一番いい方法はゴミにしないこと、最小限にとどめることでしょうかsign02  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

できたてバック゛第2弾(発)

土曜夜発でとうさんが渓流釣りに出かけたので日曜日は針仕事がはかどりました。居ても構わないのですが外で作業をしていれば気になって手を出さずにはいられません。

001_4

upwardrightのバッグは前回好評ですぐ売れてしまいましたので、同じタイプを1点作りました。

012

008

009

前回より少し大きくして内側は優しいサーモンピンクのプリント地、マチは織りが違う茶系のプリントに編み込み模様をキルティングしました。いい感じにまとまったかなと自画自賛してますconfident

以前作りかけだった大型トートバッグは当初の予定通りバッグにしました。

010

007

こちらもマチにはロケラニの花をキルティングして、たくさん荷物を入れた時でも形が整うよう紐を付けてみました。30年以上使っていたミシンが直線縫いしかできなくなり厚物縫いも無理でコンピュータミシンに買い換えて正解でした。厚物縫いがスムーズにできるようになり能率がアップしました。あとは週末の空模様が気になりますconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

強度チェック!!

今日はとうさん釣り仲間のkabuさんとジュニアが来訪、目的は山菜採りだそうで「食べれる草を採りに来た」とR君。5歳にしていっちょ前の山屋さんで決して根を上げないスーパー山キッズですshoe

村の吊り橋付近にワラビの採れる所があり、運よく食べ頃のワラビをたくさん採ることができたようです。彼にとってわが家はなかなか面白い遊び場らしく、ひとときもじっとしていませんdash。ただいま建築中の木工作業場&ガレージの屋根の一部を草屋根にして階段で登れるようにしてありますが、ここも彼の新しい遊び場になったようです。父と息子で屋根に登り、R君がジャンプしたところをカシャッcameraしました。

002

R君ちょっと宙に浮いていますsign05。ワンパク盛りの子がピョンピョン飛び跳ねても大丈夫、屋根の強度チェックになりました。新緑の中のこの笑顔がいいんですよね~happy01clover

| | コメント (5) | トラックバック (0)

できたてバッグ

クラフトフェアに向けてちょっと焦りつつハワイアンキルトのバッグの仕上げをしていますsweat01。まず完成したのはdownwardleft

001

キルティングはちょっと前にできていたもので、たまたま土台布は同じ濃紺でした。モンステラのトートバッグはちょっと大きめでマチも広く、肩に掛けても収まりがいいように長めの持ち手をつけました。中はブルー系のプリント地で内ポケット付きです。

002

もうひとつはあまりたくさん持ち歩かないタイプ用ミニバッグ、moneybagmobilephone、ハンカチ、ティッシュくらいが入るサイズです。底面にダーツをとって可愛く丸みをつけ、内側も可愛いプリント地を使いました。

003

あとバッグ2個はなんとか仕上げられそうで、その後は短時間でできる細かいものを作って準備に入ります。

明後日13日は村のトレイルランニングrunが開催されます。村を囲む山々を走るコースはアップダウンがきつくなかなかハードなレースですが、全国から年々参加者が増えているようです。わが家の裏山も、毎日見ている前の山もトレランのコースです。今週末、来週末とも穏やかに晴れてくれるといいのですが・・・confident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雹が降りまして

気持ちの良い青空が広がっていた午前中は村の集団健診でコミュニティセンターに出かけました。基本の総合健診だけなので1時間足らずで終わって帰宅、朝食抜きだったので遅い朝食兼早い昼食をとりました。

午後2時頃雲ゆきがあやしくなりバラバラと音をたてて雹が降り出し20分ほど続きましたwobbly。雪と違って屋根に当たってポンポンはねているので畑の苗物が気になりながらも外に出れず眺めていました。芝生の上はdownwardleft

003

004

upwardright母屋のドアの所です。短い時間だったのに畑の枝豆とつるなしインゲンの苗の葉っぱは雹に打たれてぼろぼろになっていましたsweat02。葉が出始めたキウイなどが心配であちこちチェックしましたがキウイとすぐ傍のコシアブラも無事でした。農家で遅霜のように被害が出なければいいのですが・・・

005

雹が止んでから急に冷えてきて、はっきりと5、6℃は気温が下がったと感じ久しぶりに薪ストーブを着けました。最近の気候変動は短時間に激しく降ったり、竜巻や雷雨など極端です。急な増水で都市機能がマヒしたり、平穏な暮しの隣に脆い部分がたくさんあるような気がしますthink

006

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自由設計

設計図も計画書もない木工作業場&ガレージづくりですが、作業が進むにつれてだんだんそれなりの形ができてきました。今はひたすら柱の加工と壁材にする杉板の端材の加工をしていますが、その先にあるドアや窓など建具作りをどんな風にしようかと考えるのがなかなか楽しい時間です。窓は貰ってきた8枚の他にアトリエログを建てた時に貰って来た立派なペアガラスがあります(得意なリユースですscissors)。

009

高さ170cm、横30cmのペアガラスは十里木高原別荘地のリフォームで出たもので高級別荘地の輸入住宅仕様、このガラスは小さい方で他のガラスは立派過ぎて貰ってきたものの使いようがなくて野ざらしになっていました。木製の枠を外して水洗いしたらさすがにしっかりした作りで、東側のはめ殺しの窓として使うことになりました。

そしてガレージ側のdoorについて最近素敵なヒントをいただきました。先日ブログにもアップした石窯ピザのスタジオ・コンチェルトさん、ピザ屋さんは本業ではなく月一営業程度の趣味のお店、口コミでピザの美味しさとオーナーご夫妻の素敵な笑顔にリピーターも増えている様子、私のブログもいつも見てくださっています。石窯のある建物も立派ですが、写真スタジオ&別荘である建物がまた素晴らしいsign03。オーダーっぽいアイアンのフロアスタンドやテーブル、椅子など家具調度、薪ストーブと家の中央にペチカがあって2方向から火が眺められる、ドラマに出てくるようなお洒落なインテリアの数々で、とても参考になりそうもないのですが内扉を見て「これだっ!」と思いました。

006

オーナーに許可をいただいて撮りました。欅でしょうか、あえて切り揃えていない木の板を組み合わせて木と木の間には赤や緑の色ガラスが組み込まれています。光を受けるとさりげなくステンドグラス風で、節穴さえも面白いアクセントに見えます。

これをヒントにするならば色ガラスはホームセンターで手に入るカラーのアクリル板なら加工が楽で軽い、ガレージ用ですから両開きのドアも操作性を考えれば中折れにすれば作りやすい・・・「いいねsign01」を見つけてくるのは私で、私の提案を見事に形にしてくれるのがとうさんの仕事です。作りながら決まっていくのですから正真正銘自由設計、言い換えれば超現場合わせの出たとこ勝負ですねcoldsweats01

ちなみにコンチェルトさんの外扉もシブい、郵便受けも素敵(オーナーに寄るとホームセンターで見つけたそうですが・・)なんです、コンチェルトさんありがとうございますconfident

009

008

| | コメント (8) | トラックバック (0)

初代草屋根も

GWもなんとな~く最終日、やはり晴れればじっとしてはいられません。とうさんは丸太を柱に加工する作業です。

026

私はコンテナの上にある4年目の初代草屋根に土を追加することにしました。最近は花や野菜が終わった後のプランターの土を再生する活性材を売っています、先日からブルーシートに広げて日光消毒した土に混ぜ屋根に載せました。このなんちゃって草屋根、1年目はクローバーcloverの種を蒔きました。2年目はマリーゴールドの種を蒔き、ついでにたんぽぽでもいいとたんぽぽの綿毛をたくさん蒔き散らしました。3年目は強いというワイルドフラワーの種を蒔き少しは花が咲きました。クローバーは屋根を緑化せず隣のキウイ棚の下に広がり、たんぽぽはコンテナに面した東屋・露天風呂の脇に群生して草取りするのを諦めさせるほどです。風で飛んで予定外の場所に根づいたのは全部私が蒔いた種だったようですcoldsweats01

畑で芝桜や茗荷をおびやかすほど勢力を拡大し続け、花壇でも幅を利かせているミントを根こそぎコンテナ草屋根に引っ越しさせることを思いつき実行しました。畑もすっきりして屋根も緑に変わり強いハーブで手間いらず、一石二鳥のいい案なのになぜ今まで気がつかなかったんだろうなんて自画自賛してます。

020

コンテナの上には脚立で上がります。暇そうなワンたちはとうさんが勝手に持ち上げました。今回のミント移植作戦は成功の手応えを感じていますscissors

見えている山は東海自然歩道の山でわが家との標高差は500mほどあります。人があまり訪れない山を「不遇な山」などと呼ぶことがありますが、それは人間から見た場合で人に踏み荒らされない山は本来の自然が守られる幸せな山だと私は思っていますconfident

新しい草屋根に上がるとちょうど芽吹いた朴の若葉が手にとれるようです。

001

この朴の木は西側に大きく枝を広げるマザーツリーの朴の巨木ではなく樹高7mほどのベビーツリーで、サーモンピンクと柔らかな緑色の取合わせがとても綺麗です。だからセルフビルドしたログhouseは「アトリエ・朴の木」と名づけたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新東名でタイムトンネルへ

こどもの日の5日は生まれ育った静岡での同窓会出席のため新東名を走ってきましたrvcardash。とうさんはワンたちのお守りで初めての本宅留守番です。昼頃出てわが家から御殿場ICまで約50分、東名を少々走って御殿場JCTから新東名へ、さすがに先月14日開業したばかりで広々として路面も滑らか、より走りやすい設計になっているそうです。当然のことながら新旧どちらを通っても行き先への所用時間は同じ表示が情報板に出ています。SAとPAはfull車で本線の側道までパーキング待ちの車の列が続いていました。清水JCTから清水ICへの接続は清水港に向かって大きくカーブしており、ちょっと首都高速を走っているような感じです。

ほぼいつもと変わらないclockで実家に着き、新しく建てた父のお墓参りをしてからJR静岡駅近くの会場へ、電車で行くことがないので駅周辺は全く不案内です。同窓会は中学時代の集まりで卒業以来一度も出席したことがなかったのでなんと40ン年ぶり、オギャアと生まれた子がもう働き盛りのおじさんになるくらいの時間が流れていたなんて・・・  何回か案内はいただいていたのですがGWは春合宿、夏休みは夏合宿で「山」、今までタイミングが合わず40ン年です。

私は中三の夏休みに交通事故に遭って左足大腿部と膝下を複雑骨折、二学期間を病院のベッドで過ごし、卒業に必要な出席日数を満たすため送ってもらって松葉杖で通学した三学期が中三の想い出です(ちょっと可哀想な子でしたが、私が事故に合った所にはその後信号がつきました)。誰も私のことを憶えていないかもなんて思っていたのですが、「○○ちゃん?もっと細くてメガネをかけていたよねぇ?」と言われ、ウチに遊びに来てくれたことや憶えていない諸々のエピソードを話してくれるのに申し訳ないことに憶えていない、顔には面影があるのに名前が分からなくて情けないことこの上なく・・・sweat02

今回は30人足らず小規模の会だったようですがわんぱくだった男子はそのままおじさんになり、スポーツが得意だった人気者の女子は変わらず明るいおばさんになっていて、それぞれ白髪混じりだったり、顎は二重になって皺もしっかり刻まれていて、確実に誰の上にも40ン年の歳月が流れていました。同じ時代を生きてきた同士というのでしょうか、顔と名前は一致しなくてもとても近くに感じられ、帰りの高速を走りながら「行ってよかったsign03」と思いました。タイムトンネルclockを戻って少しだけ15歳の頃の「私」に会えたひとときでしたconfident

22時を過ぎてもうUターンラッシュも終わっていると踏んでいたのですが、御殿場出口2km地点のもうちょっとという所で渋滞最後尾につくことになってしまいました。新旧東名を走ってきた車が御殿場JCTで合流するのですからその先は当然詰るはずですdanger

016

渋滞は御殿場から大井松田、横浜町田と続いて東京まで所要時間3時間以上の表示で日付が変わりそう、私は10分足らずでICを降りることができてまずはscissorsでした。久しぶりの独り夜のドライブ、運転好きなので休憩なしで(帰りもSA、PAすべて満車で入れず)一気に走って帰宅しました。いつも私から離れたことがないワンたちはそわそわと落ち着かなかったらしく、早寝のとうさんもとっくに寝ている時間なのに起きて待っていてくれましたnight

| | コメント (8) | トラックバック (0)

のんびりウィークする

日一日と変化する山の色がこの季節の楽しみ、遠目に少しピンクがかって見える白い所は山桜、赤紫はミツバつつじです。街道沿いには山吹の花が色を添えていて山は萌萌ですclover

昨日は降雨量が基準を超えてR413も通行止めになったようですが、朝はsunて気になっていた畑を耕すことに、狭い畑ですが中古の耕運機の出番です。

001

バーク堆肥、牛フンの発酵堆肥、鶏フンの発酵堆肥を入れて耕運機で旋回、こんな狭い畑ですが人力ですと腰が痛くなるだけで深くは耕せませんsweat01

005

雲ゆきがあやしくなる前に終わって苦土石灰を撒いて本日の作業は完了、当地では5月の中旬以降に植え付けするのがベストです。まだ不安定な空模様でざっと降ってきたかと思うと青空が広がり、kattiiの苦手なthunderまで鳴り目まぐるしいお天気でした。母屋ログの軒下で子育て中のヤマガラ夫婦が頻繁に出入りしていて、覗いてみたいけれどここは邪魔しないように我慢、今年のGWはのんびりウィークしていますconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

骨休めの雨

GW前半の3日間を釣りに出かけたとうさんはカレンダー通り2日仕事をして10日ぶりのわが家です(本宅はあくまでこちらですけど)。久しぶりのわが家は緑に包まれていて驚いたようです。見たかsign01自然の息吹clover、桂の木も草屋根の芝生も生き生きと輝いています。

011

前夜発二泊三日の釣り遠征は残念ながらイマイチの釣果だったようです。山中湖から見える南アルプス北部の山々もまだ残雪多く、長い流域のM川もまだ雪代がありテンカラ釣りには厳しい条件だったのでしょう。イマイチの釣果では番外編釣りブログはなしだそうで、源流釣りの雰囲気だけでも伝わるようせっかく撮ってきたデジカメ画像を少々アップします。

220

折りたたみ電動アシスト自転車2台と折りたたみ自転車をモンキーでけん引して林道30kmを奥へ奥へ、重い大型ザックを背負い舗装していない林道を走ったチャリ組は釣り以前に厳しい身体的ダメージを受けたようですbomb

215

流木を集めて焚火、なにはともあれ焚火は大事です。少ない岩魚でも山菜という山の恵みと炎に癒されたことでしょう。(重いのに缶beer6缶はザツクに入れていったようです)

219

228

源流域も遅い芽吹きの時を迎えていたのですね。河原柳の萌黄色が美しいclover

234

それにしてもウチのDEFENDER1台にバイクとチャリ3台、大型ザック4個に大人4人、よく載ったものです。何しろこの車の荷台、私はひそかに「ドラエモンのポケット」と呼んでいるくらい何でも出てくるブラックホールnewmoonです。コンデスミルクとかビール、カップ麺など必ず製造年月日と賞味期限をチェックするようにしていますが、今回の使用で整理できたのか、そのまままたブラックホールと化したのか覗いて見るのがちょっと怖い気もしていますcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

思案中にて

約3週間後にクラフトフェアを控え焦りまくっていますが、こんな時に限って手間のかかる大きめトートバッグを作り始めてしまいやっとキルティングができましたsweat01。ちょっと色味の面白いグラデーションの生地を買ってあったのでそれを活かしてみようと目一杯ロケラニの花のパターンをつけてみました。

005

006

一辺が40cmちょっとあり、これにマチをつけるとビッグトートです。前回のフェアで若いお母さんがお子さんのお昼寝用ブランケットを入れるからと大きめのざっくりしたトートバッグを買ってくださったので、大きめのバッグが欲しい方もいるようだと思ったのですが、出来上りを想定するとちょっと大き過ぎたような気もします。まだこの状態ですと切り離すと丁度クッションを2個作ることができます。売れても売れなくても通る人のeyeを引くのには大きくて目立つバッグがあってもいいのかとも思いますし・・・ バッグもクッションも縫製は丈夫なようにミシンで仕立てますから時間的にはあまり変わりませんが、どうしたものかと・・・confident

GW後半の空模様はイマイチだとか、村のcherryblossom前線は毎日目に見えて西に進み、わが家からも散り始めた桜が見えますが明日は花散らしのrainでしょうか!山中湖をはじめ富士五湖は先週末が見頃だったようです。遅い春は東北並みで桜以外にもミツバツツジやレンギョウ、ヤマブキなどこの時とばかりに花開いて、ここ数日暮していても毎日見える緑の変化に少なからず感動をおぼえていますclover

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »