« 感動のコレクション | トップページ | ○井川支流信濃俣ガッチ釣行記 »

富士の見える図書館

梅雨の合間のsunはやることが山ほどあるというのに歯医者の予約日でしたgawk。普通のお医者さんにはとんと縁がありませんが、歯医者さんは健診とクリーニングなどで定期的に通っています。「忍野八海」で知られる忍野村の歯医者さんは村役場や図書館の近く、ちょうど借りていた本の返却で図書館にも寄りました。

225

向かって右の建物が生涯学習センターで1階が図書館になっています。元々は役場の駐車場に仮設のプレハブづくりでしたが、昨年冬この地にオープンした施設は広い敷地で役場よりも立派です。村外利用者として登録してくださり感謝しながら利用させていただいています。雨の多い季節とか忙しい時に限ってじっくり本を読みたくなるのはどうしたわけでしょうかsign02 平日の午前中は利用者もまばらでとても静かな館内です。

227

広々として素晴らしい施設ですshine(館内の写真は職員の方に許可をいただいています)。窓に沿って並ぶ閲覧席からは

226

遮る高い建物もなく晴れていれば富士山fujiがくっきり見えます。こんなにロケーションのいい図書館は他にはないのではとひそかに思うのですが、地元ではどこからでも見えますから改めて感激する人はいないのでしょうconfident

一度に借りられる冊数は20冊まで、今日は欲張らず4冊をお借りしました。

229

「Beyond the mountain」-邦題は「垂壁のかなたへ」スティーブ・ハウス著、海津正彦 訳は本格アルパインクライミングの記録です。訳者は山岳小説の訳では第一人者で、その名前に惹かれて手にとりました。時々こんなひりひりするような尖鋭的な内容の登攀記を読みたくなりますが、我ながらちょっと変わったおばさんかも・・・coldsweats01

|

« 感動のコレクション | トップページ | ○井川支流信濃俣ガッチ釣行記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/45655725

この記事へのトラックバック一覧です: 富士の見える図書館:

« 感動のコレクション | トップページ | ○井川支流信濃俣ガッチ釣行記 »