« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

「岳」最終章

8月も今日で終わり、といっても特に変わることはありませんが・・・夫婦共に好きな山漫画「岳」が18巻でフィナーレを迎えました。

001

雑誌の方で最後のあらすじは知っていましたが、最後の舞台がエベレストでの救助とはスケールの大きい話です。壮絶な救助活動の末、山の超人「島崎三歩」もついに力尽きる時がきてしまった、長く続くばかりが良いわけでなし惜しまれつつ終わるのも潔くていいのかもしれませんconfident。山漫画は当たらないという常識を覆すヒットだったそうです。

先週とうさんが読んでいた「黒部の山賊」という本、筆者は三俣山荘を始め北アルプス深部の山小屋建設、整備に生涯をかけ、「伊藤新道」を開いた「伊藤正一さん」

002

表紙が「畦地梅太郎さん」の版画だったこともあってついつられて読んだところでした。黒部にダムができる前、戦後の混乱期に黒部には山賊がいた・・・実は最後の猟師達だったのですが、河童や熊、たぬき、先日絶滅したとされたカワウソなどにまつわる不思議な逸話の数々、佐々成政の財宝伝説や山岳遭難などもからめホントに秘境だった黒部を感じる40年以上も前に出版された本でした。

そう涼しくなってくると無性に本が読みたくなります。やることはいっぱいあるのに活字に飢えるというのか、想像の翼を広げるのは心の健康にいいらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どがんかせんと

今週は朝からひたすら片づけ仕事にいそしんでおりまして・・・半端な木材でも何かに使えないかと積んでおいたコンテナ横のブラックホール、伸び放題の雑草退治も兼ねて思い切って片づけ始めましたsweat01。スカスカになって薪にはならない木くずを運んで家の裏の穴で燃していますが、燃やすというのが一番きれいに片づくんだなぁと今更ながら思います。都会では野焼きなどしたらすぐに消防車がとんで来て大変なことになってしまうのでしょうが、三日間毎日燃やしていますがこちらではのんびりしたものです。

そんなくたびれモードの中ブログ友だちの熊本のtakaさんから素敵なプレゼントをお送りいただきました。ヒゴタイは花の名前、熊本では公園の名前にもなっていて「ヒゴタイ」で検索すると視ることができます。今が見頃なんですね、takaさんのブログで見てなんて綺麗な花なんでしょと思っていたらヒゴタイ公園で入手した栽培メモ付きの種と写真がはるばる私の元へpresent

010

種の一部には花の瑠璃色がかすかに残っているようです。

006

種は春か秋に播く・・了解、乾燥に強く湿気に弱い・・フムフム、山野草なので肥料はやらない・・えっ!いらないの、昼と夜の寒暖差が大きいほど色が鮮やかになる・・やったねsign02 早速少し秋蒔きして苗づくりしてみます。花が咲くのは3年後とか、美しい花は夢の花、冬が問題ですね、頑張ろうっとhappy01

一緒にワンデイショップを出されているお母さま作のパッチワークのミニバックも嬉しい贈り物heart01

003

こんな風にパスポートや通帳が入っておしゃれ、私もハワイアンキルトの小物を作りますが、微妙に色合いの違う生地を組み合わせて優しい雰囲気に作り上げるセンスは私にはありません。もちろん愛用品になりそうですconfident

takaさんのブログは更新もほぼ毎日で、豊富な写真と日々の暮らしを綴る言葉に幸せオーラをいただいてブログ訪問が楽しみになっていますclover

| | コメント (2) | トラックバック (0)

淡路島たまねぎ

ウチの畑ではたまねぎを作っていません。美味しいたまねぎが食べたくて柔らかくて甘いと云われる「淡路島のたまねぎ」を取り寄せました。瀬戸内海特有の温暖な気候の中で7カ月という長い栽培期間にじっくり栄養分をため、淡路島独特の「玉葱小屋」で自然乾燥された島の特産品です。1箱に15個入っていました。ネットに入れて風通しの良いアトリエログの軒下に吊るしました。

002

平日相模原でエアコンなしではいられないとうさんは夏風邪で珍しく食欲不振だったので、届いたたまねぎで「丸ごとオニオンスープ」を作りました。

010

作り方はとっても簡単、たまねぎの皮をむき根元に十字の切り込みを入れて取り除き、ラップで包むかスチームケースに入れてレンジで約7分くらい加熱します。お鍋にコンソメスープを作りたまねぎを入れて煮立て塩、こしょうで味をととのえ、器に盛ったらパセリのみじん切りを振って出来上りです。素材の甘味と食感がお腹に優しいスープですdelicious。夏バテ気味の方にお薦めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第一号制作

今までわが家は周りが気にならない一軒家だったのですが、青天の霹靂で南側の土地に家が建つことになってしまいdown、先週棟上げが行われました。70代の老夫婦の山荘で、不幸(?)中の幸いなのは平屋の小さなhouseでお互いに一区画が500㎡近い広さがあるので密集した住宅街のような煩わしさがないことです。ちょうど木工作業場の建物が目隠しになるのでいい時期に建てて正解でした。

ただその敷地の一部に春先に運んであった薪用クヌギや壁に使った杉の端材を置かせてもらっていたので、建築作業を中断してここ数週間片づけを優先していました。硬く割りにくくなっていたクヌギもとうさんの頑張りでほぼ薪割り完了、夏には避けたい薪割り作業ですが薪置き場にはずらり最高の薪が並びました。この薪を燃やすのは2年後くらいでしょうか、薪がたくさんあるのはとても安心なものですconfident

004

そしてまだ完成していない木工作業場ですが、第一号制作で母屋裏のエアコンの室外機を作ってもらいました。むき出しであまりかっこ良くないと気にはしていたのですが裏で目立たないのでそのままにしていた所です。ネットショップでは木製カバーは4千円くらい、ウチではありがたいことにあり合わせの材料でアッという間に出来上りました。とうさん作る人、私塗る人ですwink

002

カバーにはちょうど屋根材の残りがあったので屋根をつけました。ルノー4のルーフキャリアを自作した時に切り抜いたボードがあったのでそれも利用してちょっと個性的な顔になりましたhappy01scissors

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旬・夏ピザ完食

昨日の昼、買物帰りの山中湖・富士山は

001

雲を従えた夏姿ですが、明日の富士吉田の「火祭り」で一応山仕舞いです。「富士山駅」と改名された駅近くの商店街には3mくらいの松明が出番を待って横たわっていました。まだ残暑は続きますが、吹き渡る風に夏が往くんだなぁと感じましたconfident

今日はほぼ月イチ営業の石窯ピザ屋さん「スタジオ・コンチェルト」さんへお邪魔しました。本業ではないけれど石窯ピザが好評で、私もファンのひとりです。立派な屋根つきの石窯スペースは今回オーナーが手づくりされて素敵なフロアにリニューアルしていました。

007

入口のタイルはコンチェルトの「C」を見つけて組み込んだそうで、全体の仕上がりも落ち着いて随所にセンスの良さを感じます。

004

400℃以上に熱せられた石窯であっという間に出来上り。

006

今月のイチオシは「旬・夏ピザ」、ズッキーニやナス、インゲン、コーンなど夏野菜がふんだんに載っています。ふたりで1枚で充分なんですが、夏風邪気味で食欲イマイチなとうさんは1/4を、残りは私がペロリと完食で満足満足delicious、美味しゅうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝活・夕活

昼間は当高原避暑地でも30℃を越えているようですが、一日の最低気温は20℃を下回り朝夕は涼しく過ごしています。宵っ張りなんですが、夜テレビなど視ているといつの間にかうとうとしていることがあり最近はワンたちと早寝になりましたsleepy。反動で朝は6時前に目が覚めて朝散歩、植栽の水やりをして暑くなる前に草とりをちょこちょこしています。

元々が山の造成地、芝生を綺麗に保つのは大変ですsweat01。雑草は一度根こそぎ抜けばその種類は出てきませんが、違う種類が次々と選手交替で出てきます。芝の間にたくさんの雑草、剥げて土が出た所もあり先日根切りをして砂を入れ、ワンたちが歩き回っても大丈夫という芝の肥料を撒いてみました。ちょっと復活してきたので今朝は芝生バリカンで芝刈りをしましたhairsalon

003

ワンたちが走り回れる芝生の面は残しておきたい、テントが張れる2ヶ所くらいの平なスペースも芝生の補修をしておきたいものです。

一方草屋根に張った芝生は雑草もなく青々として芝のお手本のようにきれいです。こちらは朝早くから日当り良好sunなので、夕方涼しくなってから芝刈りをしました、この夏3回目です。

木工作業場の建築工事は内壁張り、ドアdoorづくりなどを残していますが、後は急ぐ必要もないので比較的のんびりやっています。とはいえ夏休みから帰ったとうさんは早速壁を張って棚を取り付けていました。

002

今までコンテナの中で場所をとっていた電動工具が移動しただけでコンテナの中も広くなりました。道具類はまだ適当に置いただけですが、整理して「あれはどこ?これは?」と捜さなくても使いたいモノが即見つかるよう、捜すの面倒だからとあるのに重複して買わないようになるといいなと思います。お願いしますねwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミス野菜

今年畑のジャガイモはちょうどいい時期に台風にやられて失敗し、早々に別の野菜に切り替えました。種から育てたバジルの苗とちょうどオクラの苗を見つけたので植え付けていましたが、オクラの葉が大きく広がって花が咲き、なかなか立派なオクラが出来始めました。採れたてはうぶ毛がチクチクして新鮮そのものです。

003

ちょっとハイビスカスのようなオクラの花は野菜の花の中でも目立って美しいと思いますshine

写俳を一句  『水無月に そっと顔見せ ミス野菜』

普通に麺つゆにつけて食べる素麺に飽きた時にお薦めなのがぶっかけ素麺。オクラのうぶ毛を包丁の先でこそげ熱湯なら1分半茹で、レンジなら1分、好きなように切って梅干しの果肉と一緒にたたきにして素麺に載せモミ海苔をあしらって麺つゆを掛けて出来上り、さっぱりして暑い日にぴったりですdelicious

001

これは庭の真ん中に立っている復興ヒマワリ、復興宝くじを買った時にオマケでいただいた5粒の種が全部発芽したのですが台風で3本はダメになり、最後に残った元気モノはひょろひょろと見あげる高さになりましたhappy01。明後日は処暑、朝夕の暑さも少しはやわらぐでしょうかpenguin

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休み明けはジャムづくり

9連休の夏休みも終わり、とうさんは1ヶ月に1週間の休みがあればいいのにとぼやきながら仕事に復帰しました。土日祭日休みプラス1週間だと実動は何日?、う~んsign01理想ですねconfident

私も気分を切り替えやろうと思っていた家事を書き出すことからスタート、草屋根の上のほおずきを採り、冷凍しておいたものと合わせてジャムを作ることにしました。ワイルドストロベリーもそうですが、一度に採れる量は少しずつでも採れたものから冷凍して貯めておくとバカにならない量になります。私は300gくらい貯まるとジャムにしますが、ほおずきは450gもありました。旅行中の道の駅野菜産直場で買ったルバーブとそれぞれ別のお鍋で煮ることに・・・

006

お砂糖は材料の半分程度、水は入れずレモンの絞り汁を加えます。ルバーブは赤いジャムにしたかったので皮をむかず、煮ると繊維がそのままほぐれて残るので1cm幅くらいに切りました。ルバーブジャムはレモン汁と隠し味にシナモンパウダーを加えてみましたが苺ジャムのような色に出来上りました。

011

ほおずきジャムはちょっとはちみつのような色で、2壜できましたscissors。ジャムは無くなったら冷凍しておいた材料でその都度作るのが良いように思います。干し野菜とは真逆ですが、冷凍することによって同じように火に掛ける時間も少し短縮できます。

畑の茗荷は何もしなくても毎年出てきてくれて薬味などに重宝していますが、たくさん採れたのでまとめて甘酢漬けにしました。

012

そのままでも焼き魚のつけ合せや刻んで薬味にしてもさっぱりと美味しいですdelicious。たくさん採れたきゅうりもシャキシャキ漬けにして、冷蔵庫の野菜室に入りきらない野菜もなんとか無駄なく収まりました。きゅうりはもうそろそろ終わり、これからピーマンとオクラに注目です。今年はちょっと変わった長ピーマンの苗にしたので朝晩長さの変わる様子をチェックしています。来シーズンはルバーブも育ててみようと考えていますbud

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の車旅 in 西湖

旅の2日目、こうなりゃとりあえずspaに入ろうと出発して長野県から山梨県入りしました、ってもう同県内です。大型車も停まれて泉質も良かった「甲斐駒ヶ岳温泉・尾白の湯」に寄りました。山頂付近の白い花崗岩も美しく「山の團十郎」と称される甲斐駒の麓にあり、露天風呂の赤湯は有馬温泉の金泉に似て超高濃度だそうです。オープンを待って朝湯に浸かりさっぱりしました。入道雲がわいて気温はぐんぐん上がりupいつも涼しい所で暮らすワンたちはバテ気味down、クールダウンのため水に入れてやろうと西湖に寄りました。西湖まで来ればもう庭のようなもので、いつも寄る浜は珍しく空いていましたが、着いて間もなくthunderとバケツをひっくり返したようなrainになり2時間以上も続いたので泊まることにしました。

007

3日目、朝もやの西湖は涼しくて湖面は穏やかです。先日の本栖湖では山から吹き下ろす横風を受け漕ぐのも必死でしたが、これならとカヌーを下ろして遊んでいくことにしましたnote

012

湖から見る隣の有料キャンプ場にはトレーラーを引っ張ったショートボディやピックアップのDEFENDERが停まっていました(クラブのオフ会かな!)

017

ねっgood あくまで穏やかな湖面です。スタートしたのが西湖の真ん中辺りの桑留尾の浜から漕ぎ出し、西の一番端の根場(ねんば)まで湖の半分ほど移動して浜に着けました。

019

行く手に見えるのが根場の浜です。涼しくて日焼けの心配もなく快適で滑るように進みます。戻る頃には雲が切れてsun、浜の様子も一変してワンコだらけになっていました。投げられたおもちゃを果敢に泳いで取りにいく元気なワンコたち、DEFENDERの近くにずらりと並んだワンボックスにはそれぞれいくつもゲージが載っていて早く遊びたくて順番待ちのワンコもまだ中にいたり・・・犬種も様々大きいコから小さいコまで賑やかで、どのコも水遊びが楽しそうでした。中にシュナちゃんがいたので飼い主さんにお話しを聞いたらアジリティのお仲間たちだそうで、お家には7匹のワンちゃんがいて4匹連れてきているとか、ライフジャケットを着けて元気に泳いでいたシュナちゃんがもう16才のおばあちゃんで耳も聞こえないと聞いてびっくりでしたsign03 ウチのkattiiもいつまでも元気でいてほしいもの、たくさんのワンちゃんに混じって水に慣れる練習をしてみました。

023

まずJuli はウッウッと声を出しながら浜に向かって犬かきで進んできましたhappy01

024

kattii は水しぶきを上げておもいっきり溺れていました、やれやれですcoldsweats01

西湖は渓流が禁漁になるとヒメマス釣りに行く湖で、近くにはクライミングのできる岩場もあります。家から1時間もかからずに行けて自由に遊べる湖があるって恵まれているんだなと再確認した夏休みでしたconfident。遠くに出かける必要なし(でも行くくせに・・・)、富士五湖いい所です(今頃遅いって・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の車旅 in 白樺湖

ひょんなことから立派なカナディアンカヌーをお預かりすることになり、折角の夏休みでじっとしていると身体が固まってしまいそうな釣行帰りのとうさんのリハビリも兼ねてキャンピングトレーラーを引っ張り、DEFENDERにカヌーを載せて出かけました。私は先日本栖湖でカヌーデビューしましたが、ふと湖ならどこでもカヌーを持ち込むことができるのかしらと思いネットで検索してみました。なにぶん初心者でそんなことも知らないのかと笑われてしまいそうですが、本栖湖や西湖のように予約や利用料もなく遊べる湖が珍しく、多くは地権者の財産区で持ち込み禁止、漁業組合への事前予約や利用料を払わなければならないことを知りました。湖といえばボートが浮かんでいるのが見慣れた景色ですが、自艇を持ち込むことは結構ハードルが高いようですthink

目的地はできればわが家より涼しい高原へと向かい、ダメ元で白樺湖の湖岸のカヌースクールに寄りました。こちらは地権者に交渉を続け許可を得た方が窓口になり事前予約で交渉次第となっていました。スタッフに予約をしている時間がなくてと言ったら問題ないとの返事で、もう1人のスタッフにも都合のいい時間を聞いて確認をとったのに昼食後重いカヌーを下ろして出艇場所に行ったら責任者が出てきてNOpunchとのことでした。ネットで調べて事情も承知していましたが、窓口にいたスタッフの対応が徹底していなかったために無駄な時間と労力を使ったのかと釈然としない思いをしましたangry

004

「湖は誰のものsign02」・・・思えばあんな小さな湖の周りにぎっしりと立ち並ぶお土産物屋、老朽化したホテル、なんとかファミリーランドという遊園地で静かな場所などなく、スキーシーズンと夏のハイシーズン以外は閑古鳥が鳴いているような観光地です。もう二度と来るもんかと思いながら湖を後にしてきましたdash

気分を切り替え車山高原から霧ヶ峰と走るも涼しい高原を求める夏休みの人々でどこもいっぱいsweat01、当たり前ですね。諏訪湖に向かう途中にいずみ湖公園、蓼の海公園という小さな公園を見つけてワンたちの散歩に寄ったところ、静かでいい所なのでそのまま泊まることにしました。

005

ここ山の中腹で携帯圏外、夕方鹿のピーピー鳴く声が聞こえるのでそちらを見たらJuli が林道の奥から戻ってくるところでした。いつの間に・・・gawk、鹿が警戒していたのは突然の闖入者Juli だったようです。

車が停めれる所ならどこでもわが家になる気楽さでいつも予約も予定もなく出かけますが、今回はカヌーは載せたまま帰ることになるのかしら、せめてspaは?などと思いながら早寝をしたのでしたnightsleepy。つづきますsoon

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ようこそ夏休み

とうさんが痛む膝をひきずりながら歩いている頃、わが家には嬉しいお客さまが遊びに来てくれました。山友ファミリーの幼稚園児R君は会うたびに大きくなって(当然なんですが)、驚かされますhappy02

前日留守にして採り頃になった畑のきゅうりとインゲンを園芸hairsalonで切ってもらい、草屋根のほおづきの実の収穫を頼みました。ほおづきは袋が黄色になったモノ、さわるだけでポロっと落ちるモノを選んでと言ったら、ちゃんと袋から出して持ってきてくれました。虫が好きでトンボやルリボシカミキリを捕まえたり(もちろん帰り際にはリリースして) 、自然の仲で遊べる元気っ子ですdash

002

004_2

ちょうど買ってあったシャボン玉、吹くと3ヶ所から無数のシャボン玉が飛び出してとても綺麗で見るものを幸せな気持ちにしてくれますnotes。チビッコ鉄ちゃんの夏休みのわが家の次なる目的地はW渓谷鉄道だそうで、今日は大好きな鉄道の旅trainを楽しんだことでしょうconfident

今朝は未明からの雨が残り、昨夜帰宅したとうさんの荷物はテラスに店開き、テントのフライシートは東屋に干し、テント、シュラフ、シュラフカバー、ザックetc

002_2

とうさんは歩きにくい河原でも素晴らしく軽やかな足どりの人で、毛鈎の描くラインは私の知る限り一番優美なテンカラ釣り師だと思っていますが、今回は永年酷使した膝が悲鳴を上げてしまったようですthink。今シーズンは建築作業の傍ら渓にもよく足を運んでいましたから、少し休んだらという啓示なのかもしれません。その内キャンピングトレーラーを引っ張って日本全国渓流紀行しなければなりませんからねrvcarhouse

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編・黒部源流を訪ねて

何年振りの黒部だろうか! 初めての黒部は確か42才の単独行、左足首を骨折して半年間補装具と杖の世話になり、チタンのピン2本の取り出しで再入院後の自主的リハビリ釣行だった。95Lザックにビールを目一杯詰め込み苦行僧のような三日間、足首は腫れ上がり痛みで動けず途方に暮れた東沢出合でのビバーク。その後山仲間と上の廊下へ二度突入するも、増水による停滞や水流激しく突破できず敗退とはその時の運次第、かあさんと針ノ木まったり釣行、ダム下での釣りも数えると9回目か・・・

今回の黒部は釣り仲間と三人、三泊四日の予定だった。初日は扇沢6:30発トロリーバスでダムへ、湖岸は左膝の痛みで足取り重く11:30平の渡し着、12:00の渡船で針ノ木側へ渡り、そこからジャングルジムのような登山道を東沢谷出合まで三時間のキツい歩きで奥黒部ヒュッテのテン場に到着した。

014

016

017

023

026

足の具合や天候の様子で東沢谷の遡行、ゴルジュ突破、東沢乗越から野口五郎岳経由烏帽子小屋テン場泊、ブナ立尾根下降をとりやめることとなった。予定変更し黒部本流を熊沢出合から下の黒ビンガ近くまで竿を振ったが平水より20cm程水量が少なくあっけなく徒渉できた。

037

039

047

052

32cmのイワナを筆頭に30匹程、9寸クラス中心だったが、なんと尺オーバーのニジマス二匹がかかりビックリ!! 昼テン場に戻りソーメンとイワナの刺身とフライを食べ針ノ木に戻る。17:20の渡船に間に合って平の小屋近くの中ノ谷でブルーシートタープで焚火を盛大に行う。夜なかに人の気配が・・・もう一人の相棒も同じく感じたそうな・・・もう一人は高イビキだった。熊やカモシカではなく、間違いなく人の息づかいと歩き回る音だったが悪さをする様子もないのでそのまま寝入ってしまった。

057

068

三日目ダムへ向かい夥しい観光客の不規則で予測のできない動きに辟易しながら苦痛の改札とバスを抜け痛む左膝をだましだましやっとの思いで車に戻ることができた。

重い荷を背負っての長い山旅はもう無理かもしれない、これで黒部は最後かなぁ・・・淋しい思いで歳をとってしまった自分を振り返る沢旅になってしまった。歩く早さは誰にも負けなかった自分はもういない、「ヘラブナ部会」でも発足するかな・・・。40代前半の釣り仲間二人の足を引っ張ってしまったけどサポートに感謝。   (by kattiiとうさん)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

寄り道ジャボチカバ

昨年11月に亡くなった実父の新盆で静岡に行ってきました。お寺さんの都合で当初聞いていた日取りが前倒しになり、とうさんは以前からの予定通り金曜夜から釣りに出かけています。日程のほとんどがrain予報で、山深い源流ゆえ水量も心配ですthink

今日も高速道路は夏休みの渋滞予測が出ていましたが、東名は新東名が開通して御殿場以西は静岡まで普段と変わらずスムーズに流れていました。帰りは先日遊びに来てくださった日曜限定の農園カフェ・ジャボチカバさんに寄ってひと休み、研究熱心なオーナーご夫妻の新メニューをいただくのが楽しみですnote

009

ワンたちは温室の外ならOK、一緒に天然酵母と自家製塩麹のグリッシーニを試食でいただきました。香ばしくて美味しいので定番品になるかもしれませんdelicious

002

濡らして首に巻くバンダナで暑さ対策しています。ジャボチカバはブラジル原産、木に直接白い花が咲いて実がなる不思議な果実です。

007

後から来店した4人組の若者が入った途端upwardleftを見て「なんだぁ、これsign02」と声を上げていました。お目当てだったジャボチカバサンドも他のパンも午前中に完売だったのがちょっと残念でしたが、珍しい果物を紹介したい人もいて生の果実をお土産にし、紅茶とコラボしたジャボチカバティーと人気のジャボチカバアイスをゆっくりいただいてきましたdelicious。私がお店に着いた時には若い3人組の女性のお客様がいて、帰り際に尾張小牧ナンバーの若者グループが来店、ネットやマスメディアの影響か新規のお客様が増えているようで、応援団としては嬉しい展開です。営業は日曜日だけですが、準備は前日だけではなく常に・・・sweat01 この可能性を秘めたキュートな果実が少しずつでも知られるようになればと願っていますconfident

御殿場から山中湖に向かう道路は行きも混んでいましたが他人の不幸は○○、帰りもノロノロしか動かず今度は他人事ではありませんでしたcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミルミキサーって

先日コンパクトミルミキサーという家電製品を買いました。ネットでフードプロセッサーを捜したのですがあまりピンとくるモノがなく・・・古いジューサーは狭い台所では場所をとるので収納小屋に仕舞いっぱなしでした。

新しくホームセンターで買ったコンパクトミキサーは安いモノですが、ミキサーの他にふりかけやマヨネーズなどを作れるミルと、お茶の葉を粉末にできるお茶すり器のパーツがセットになっています。

004

手前がミルのキャップで本体に載っているのがお茶すり器です。今日はホームベーカリーでbreadを焼く時ドライバジルをお茶すり器で細かくして混ぜ込んで焼いてみました。

005

全体によく混ざって香高い食パンができましたdelicious。それからブロク゛友だちのtakaさんの記事を参考にミキサーでゴーヤとappleジュースと氷を使って健康ジュースを作りましたgood。味見をしたら撹拌不足でまだゴーヤの粒が残り、もう少し甘味が欲しくて蜂蜜を入れて再度ミックス、ゴーヤ=夏味でしたyacht

001

003

富士の湧水と寒暖の差がある富士北麓では美味しいとうもろこしができます。買物途中で忍野村産の朝採りとうもろこしを買っていつも蒸して冷凍コーンにしています。

002

とうもろこしカッターという道具がありますが、握りながら回すので結構力が必要です。途中で握る手が痛くなるので軍手の上から使い捨てのポリエチレン手袋をして使っています。とうもろこしはバットに広げ急速冷凍後フリーザーパツクに移し替えて完了、市販の冷凍コーンとはひと味違い甘くてジューシーでサラダやつけ合せなどにぴったりです。

今日は週末を前にやろうと思っていたことをひとつずつ片づけながら、細かい仕事は捜せばいくらでもあるのが主婦なんだなぁと実感したのでしたconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の寄せ植え

先日塗装して組み立てた「花車」、種から育てた花の苗を植え付けようと思っていたのですが、ホームセンターに行ったら夏の花々がお得なお値段になっていましたmoneybag。例えば298円の鉢が198円、中には見切り品で50円の鉢もあり寄せ植えにすることにしました。お店には寄せ植えをした完成品が12, 500円のお値段がついて置かれていました。

001

私が適当に選んだbudの数々はdownwardleft

002

花車に25Lの培養土を入れて配置を考えながら植え付けてみました。

010

お店の寄せ植えの方が豪華ですが、コキア(ホウキソウ)は秋には綺麗な紅に染まりますし、アメリカンブルー、ツルニチニチソウ、オレガノなど10月くらいまで花が楽しめてなるべく耐寒性のある種類ばかりです。

毎年春先に買っている花の苗はサンパチェンスといい、他の植物より二酸化窒素やホルムアルデヒドを吸収する効果がある環境浄化植物と呼ばれています。某種苗メーカーがインパチェンスを改良して作った品種で、病害虫にも強く、小さい株が大きく育ちアトリエログhouseのテラスの上を夏中彩って楽しませてくれます。

012

私ったらサボテンも枯らしたことがあるくらいの園芸下手で、ただいまガーデニング修行中ですがやっぱり花のある暮らしが夢なんだなと思いますconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

永遠のテーマ

ここ数日夕立があったり夜間rainが降ったりで庭の打ち水も不要、涼しく過ごしやすい日が続いています。今日は図書館の返却期限に合わせて出かけましたが、山中湖村との村境にあたる山伏峠手前道路の温度表示は18℃でした。山中湖村は今スポーツ合宿のメッカで道々アメフト、テニス、ラクロス、サッカー、野球など車道にはみ出して歩く若者に閉口しますgawk

最近食品買い出しで忘れずにあるヨーグルトを買うようにしています。Y社のナチュレ「恵」脂肪ゼロタイプのプレーンヨーグルトがそれ、「ガセリ菌」と「ビフィズス菌」が入っていて腸まで届くらしいです。騙されたと思って(?)2週間お試ししてみましたが、腸内環境が非常に良く3kgほど減量に大成功しましたscissors。「実はすごいおとなのラジオ体操」もなんとなく続けていますので相乗効果かもしれません。

003

そもそも太らない体質だと思っていたのですが、お年頃でホルモンバランスの変化に伴って食生活は控えめなのに体重増加up、人生初本気でダイエットを意識しました。ダイエット情報は溢れていて数日前には1日1食お腹がグーっと鳴ったら食事をするという「10歳若返る」健康法が紹介されていました。お米やパン、麺類を食べない糖質制限ダイエットや少しずつ1日5食摂る方法など従来の医学的常識を覆すやり方もそれぞれ体質に合った人にはいい結果が出ているようです。自分に合ったダイエットを見つけられるかが成否を分ける、多くの人にとってダイエットは永遠のテーマですね。

膨大な量の杉の端材はやっと収まるべき場所に収まりました。

004

ここに入りきらなかったものはこの向かい側の母屋の窓下に積み上げましたsweat01。丸ノコで切って一輪車で運ぶ作業を繰り返したのもダイエットに味方したと思いたい私ですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暑さも一休み

今日は変わりやすい空模様で、9時半にrainが降り出し一旦止んでまた降るという繰り返しでした。昨日とうさんが頑張って割ってくれたクヌギはずっと積んであったもので、薪としては火持ちもよくて最高ですが硬くて重いことこの上なく・・・coldsweats01 新しい建物の側面に作った薪置き場に積み始めました。

006

まだまだ太い玉切りが残っています。薪は薪割りで体が温まり、燃やしてまた暖まりと二度温まると言いますが、夏は薪割りは修行に近く、滝のような汗sweat01で真夏にやるものではありませぬsad。膨大な量だった杉板のカットもそろそろendが見えてきました。当分焚きつけ用の木っ端には困りません。

先日ホームセンターで杉で作った花車を買いました。外でプランターとして使うものですから木部保護塗料を塗ってから組み立てることにしました。

002

雨の予報でしたから朝早めに塗り始めたのですが、ポツポツ落ちてきてギリギリセーフで塗り終わり東屋の屋根の下で乾かしておきました。雨あがりに組み立てた花車はdownwardleft

005

市販の鉢カバーやとうさんが作ってくれた木製プランターなどもみんなこのタ゜ークオークの塗料で塗っています。なかなかいい感じに仕上がりましたhappy01scissors。なに植えようかな~clover

| | コメント (6) | トラックバック (0)

矢頭山散歩

わが家から車で5分くらいの村友Yさんの家の近くに源頼朝伝説の残る「矢頭山」という低山がありますが、山地図にも国土地理院の二万五千図にも山名は載っていない初めて聞く山でした。通りかかった時に比較的新しい立派な柱が立っているのを見てとうさんとワンたちの散歩に行こうと思っていました。

今日は午前中作業をして夕方少し早めに散歩に出かけました。

001

由来を記した登山口の柱には「源頼朝公が富士の巻狩りの帰りに、ここ道志の矢頭山の山頂から放った矢が一里も離れた矢崎まで飛んだ故事が残っています」とあります。

002

枕木を使って整備された登山道はいきなりの急登で、来週源流釣行予定のとうさんはウォーミングアップを兼ねて、山好きのワンたちは軽々と駈け上がっていきますdashdash

003

急登が終わった所に目立つ大木と苔むした岩があり、枝がうるさくなければすっぱりと四方が切れ落ちた展望台のような踊り場です。少し廻りこんだ所にひっそりと祠が祀られていましたが、これは後に見つけられた矢の残骸を納めて祀ったものと村の史料にありました。

006

この村には他にも「的様」という弓矢の的に似た岩に頼朝公伝説があったり、足型の残る場所が伝えられていたりと頼朝公贔屓の土地柄のようです。いくらなんでも射た矢が4キロも飛ぶはずはなく後々作られた話なのでしょうが、どこに行くにも峠を越えなければならない甲斐の秘境は元々源氏の落人が移り棲んだのかもしれません。近くにあるちょっと歴史ロマンを感じる今日の散歩でしたconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うれしい悲鳴

このところ夏野菜が豊富です、村友のYさんからは私が作っていないゴーヤやズッキーニなどいただき、きゅうりとサヤインゲンは毎日採れますbud

003

苗を植えた直後雹が降ってダメになってしまったと思い、きゅうりの接ぎ木苗を追加で買って植え付けたところ全部無事に育ったのでいつもの倍の苗木で収穫も倍、upwardleftの他にまだ冷蔵庫の野菜室にもきゅうりやズッキーニが入っています。平日ひとりの食卓では食べきれず、それぞれの野菜に合った保存方法で冷凍することにしました。ゴーヤは苦味のあるワタの部分をスプーンでこそげ取りスライスして、ズッキーニは軽く湯がいて広げて荒熱をとります。サヤインゲンやジュウロクインゲンはスチームケースなどで軽くレンジ調理して広げて冷まし、ピーマンはすぐ使えるよう細かくカットしてフリーザーパックへ入れておきます。いただき物のクツキーや海苔の缶のフタだけとっておいて急速冷凍用トレイにし、それぞれ野菜を広げて冷凍専用庫に並べたら急速冷凍に調整して、週に一度の買物に出かけましたdash

帰宅して食材の収納、整理が済んだら冷凍庫を通常運転に戻して、それぞれの野菜をバラバラにほぐしながらフリーザーパックに入れて完了です。

005

新鮮な野菜は無駄にすることなく美味しくいただきたいものです。せっかく最近ダイエットの成果が表れた(ここ重要ですからスルーしないでくださいねclip)のですから、引き続き「食」に気をつけなくては・・・wink

今年は畑のバジルも絶好調で、少し育ち過ぎた葉も含めて収穫しドライバジルとジェノベーゼソース(バジルペースト)を作りましたclover

014

夕食には夏野菜色々と塩麹を使ってラタトウィユを作りました、野菜から出る水分でちょうどいいお味に仕上がりましたdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月・水の日

今日から8月、1日は水の日だそうです。台風の影響か明るいcloudで幾分暑さもやわらいだような気がして作業もはかどりました。焚きつけ用の杉を丸ノコでカットして積み上げましたが、長い杉はまだまだありますsweat01

013

9時前に作業を始めて10時にひと休み、ワンたちにはワンコ用牛乳に小さな氷をオマケ、私は氷金時バーが休憩の楽しみですdelicious

001

風がよく通るテラスでひと休みしたら、また昼まで作業をして、外仕事の日は昼食をしっかり食べます。昼休みにはワンたちの遊びにちょっとおつきあいしつつ、Juli は着物を身につけると固まるので夏らしくオンナのコらしく浴衣を着てみましたribbon

012

自然の風が気持ちいい、夏の避暑地のワンコは幸せですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »