« うれしい悲鳴 | トップページ | 暑さも一休み »

矢頭山散歩

わが家から車で5分くらいの村友Yさんの家の近くに源頼朝伝説の残る「矢頭山」という低山がありますが、山地図にも国土地理院の二万五千図にも山名は載っていない初めて聞く山でした。通りかかった時に比較的新しい立派な柱が立っているのを見てとうさんとワンたちの散歩に行こうと思っていました。

今日は午前中作業をして夕方少し早めに散歩に出かけました。

001

由来を記した登山口の柱には「源頼朝公が富士の巻狩りの帰りに、ここ道志の矢頭山の山頂から放った矢が一里も離れた矢崎まで飛んだ故事が残っています」とあります。

002

枕木を使って整備された登山道はいきなりの急登で、来週源流釣行予定のとうさんはウォーミングアップを兼ねて、山好きのワンたちは軽々と駈け上がっていきますdashdash

003

急登が終わった所に目立つ大木と苔むした岩があり、枝がうるさくなければすっぱりと四方が切れ落ちた展望台のような踊り場です。少し廻りこんだ所にひっそりと祠が祀られていましたが、これは後に見つけられた矢の残骸を納めて祀ったものと村の史料にありました。

006

この村には他にも「的様」という弓矢の的に似た岩に頼朝公伝説があったり、足型の残る場所が伝えられていたりと頼朝公贔屓の土地柄のようです。いくらなんでも射た矢が4キロも飛ぶはずはなく後々作られた話なのでしょうが、どこに行くにも峠を越えなければならない甲斐の秘境は元々源氏の落人が移り棲んだのかもしれません。近くにあるちょっと歴史ロマンを感じる今日の散歩でしたconfident

|

« うれしい悲鳴 | トップページ | 暑さも一休み »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

弓の矢は4キロ飛びませんが、ライフルの弾は4キロ飛びます Σ(゚д゚lll)アブナッ !
ところでシュナちゃんは夏でも毛が抜けないって本当ですかsign02
この前、法事のときに従妹がシュナウザーを2頭連れて来てまして、「毛が抜けないから飼ってるんだ」と言ってたんですがねぇ・・・

投稿: 亀仙人 | 2012年8月 5日 (日) 21時49分

亀仙人さま

亀さんは狩猟も趣味でしたね、4キロも飛びますかぁsign02 矢は3つの集落の頭上を越えていったって書いてあります。

シュナウザーはほとんど体毛が抜けないので掃除が楽、犬の匂いもしませんよscissors。ただ毛が伸びるのが早いのでいつもバリカンhairsalonです。
普段は静かで利口な最良の家庭犬だと思いますhappy01

投稿: kattiiかあさん | 2012年8月 6日 (月) 10時11分

古い歴史のあるところなんですね。
昔の人はわらじ?でこういうところを歩いていたんでしょうか。
頼朝由来だと、
今の大河ドラマで出てこないかしら~heart02と、ちょっと期待しちゃいます。
2わんちゃん、山好きなんですねnote
元気に走る姿が想像されます。

投稿: ぐっち | 2012年8月16日 (木) 05時44分

ぐっちさん

源頼朝の超人伝説ばかり、石を試し切りにしたとか「的様」と場所は川底の石を弓の的にしたと云われています。

2ワンたち山の急斜面を駈け上がれるんですから全然ついていけませんですsweat01sweat01

投稿: kattiiかあさん | 2012年8月18日 (土) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/46579080

この記事へのトラックバック一覧です: 矢頭山散歩:

« うれしい悲鳴 | トップページ | 暑さも一休み »