« 野山の花たち | トップページ | 特注カントリー家具 »

感動という財産

BSの番組で最近多いのが「絶景紀行」モノ、世界だったり日本国内だったり旅心を刺激するいろいろな番組があります。観光旅行には縁がないので私にとっての絶景はどうしても山がらみです。秋、紅葉mapleの絶景で思い出すのは黒部下ノ廊下、デジカメを持つ習慣がなかった頃で同行した山友からいただいたcdを見つけました。

黒部川はダムが出来るまで奥ノ廊下、上ノ廊下、中ノ廊下、下ノ廊下と流域ごとに呼ばれていました。廊下とは膨大な積雪が形造ったV字谷、ゴルジュのことで、クロヨンダムは中ノ廊下に造られ黒部湖ができました。今回とうさんが釣りに出かけたのは奥の廊下、黒部川上流部の支流です(もちろん一緒に行ったことのある渓で様子は分かっています)。

下ノ廊下は富山県警が黒部湖から阿曽原まで通行可の確認をしてから通れる期間限定の登山道で、普通に歩いてコースタイム約8時間程度、ほとんど切り立った断崖でテントを張る場所などないので歩ききらなければなりません。山に初雪の便りが聞かれ紅葉の頃のほんの1ヶ月足らず、ちなみに今年はまだ残雪崩落の箇所があって開通していないようです。

黒部湖からダム下に下り内蔵助出合、白竜峡、十字峡、半月峡、S字峡、仙人ダム、飛竜峡と文字通り深い谷を見ながら進みますが、自然のスケールの中で歩く人の姿は断崖を動く小さな点のようです。

Dscn0850

Dscn0885

Dscn0886

Dscn0869_2

見あげる山の頂は雪化粧をしていてその様子は三段染めというらしいのですが、急な冷え込みが染め上げる紅葉は見事なばかりで、ここと涸沢の紅葉は感動モノの絶景です。

最近何が人生において大事なのかと思う時、地位や名誉、お金(あるに越したことはないけれど)、不動産よりも最期の時を迎えて「ああ、いい人生だった」と思えるのは「感動の記憶」なのではないかなぁと感じます。そんな言葉があると知りませんが不動産ではなく感動産、素晴らしい人との出会いや心揺り動かされるほどの絶景が豊かな人生を彩ってくれるものなのではないかと思うこの頃ですconfident

|

« 野山の花たち | トップページ | 特注カントリー家具 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

美しい紅葉ですmaple
PCに向かってうなずきながら読んでました・・同感ですthink
「感動産」「感動の記憶」素敵な言葉ですclover
こちらではこんな素敵な紅葉は見られませんがBSや日曜日の早朝NHKtvなど見て感動しています。景色だけでなく素敵な人に巡り合えた時など(今朝もNHKで85歳のシスターの話を見て感動しました)少しだけ自分も成長させてもらった気になりますconfident
ブログを始めて素敵な人に巡り合い、一生見るはずのなかった景色や知らなかったことに出会い感動し、私の人生も前よりずっと充実したものになっていますheart01
感謝・感謝ですclover

投稿: taka | 2012年9月17日 (月) 09時17分

takaさん

みずみずしい感性をお持ちのtakaさんこそたくさんの感動産をお持ちの方だと思いますconfident

一昨日NHKのBSプレミアムで故・星野道夫さんの『星のような物語』の再放送をやっていて、心が洗われるような静かな感動を覚えましたshine
心の引き出しにたくさんの感動の財産を貯めましょうねclover

投稿: kattiiかあさん | 2012年9月17日 (月) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/47062297

この記事へのトラックバック一覧です: 感動という財産:

« 野山の花たち | トップページ | 特注カントリー家具 »