« 台風の跡 | トップページ | ものの値段 »

丸子・里山芸術祭

昨夜の雨が残りぐずついた空模様の中、静岡の丸子泉ヶ谷の農家やお寺、料理屋さんを会場に開催される「里山芸術祭」に行ってきました。往復250kmのちょっとしたロングドライブですが、東名高速にのる頃には青空が広がって秋晴れsunになりました。

7会場に分散して東海地区の約40名の作家さんが出品されていて、先日わが家に遊びに来てくださったドライフラワー作家のCrescentさんの作品は第2会場に展示されていました。開期は4日~8日(月)までなので一部画像だけアップさせていただくことに・・・

004

009

011

流木やアンティーク家具などを組み合わせ、植物本来の自然な色を引き出した造形の妙ですshine。接写モードにちょっと工夫をすると面白い写真が撮れると教えていただいて撮ったのが真ん中の写真です。ちょうど来場されていた西川農園さんにお会いできたのも嬉しい偶然でしたhappy01

東海道五十三次の古い宿場だった丸子宿はとろろ汁で有名ですが、緩い坂道を登っていくと土間のある古い民家の表座敷や、雰囲気のあるとろろ汁・懐石料理のお店のフロアに展示された吹きガラスや古布の小物、一閑張や版画、絵画、写真など様々な作品に出会えます。

017

一番奥の第7会場はお寺さんの本堂、ステンドグラスや木彫、漆工芸などが展示されていました。

014

015

里山の風情ある地区が地域を挙げてバックアップしている感じも好ましく「里山芸術祭」の名にぴったりな素敵な催しだと思いましたconfident

|

« 台風の跡 | トップページ | ものの値段 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Crescentさんの作品素敵ですネshine
裏ワザ(?)接写写真も良い感じですネ~
私にもこっそり教えてもらいたいくらいですwink
こんな催し物は私も大好きですconfident
こちらは南阿蘇村一帯で「谷人たちの美術館」が行われていますので週末にでもで出かけたいと思っています。

投稿: taka | 2012年10月 4日 (木) 21時31分

こんばんは。
久しぶりの投稿です。
このようなお話を伺うにつけ、道志ではなぜ出来ないかと思います。稲取のつるし雛のように、村おこしになればとはじめたつるしビナ作りもすそすぼまりで終わりそうですし、やはり、村の方自身が言うように、「村には文化がない」のでしょうか、あ~あ嘆かわしい!

投稿: 幸仙 | 2012年10月 5日 (金) 00時13分

takaさん

「谷人たちの美術館」というネーミングも想像力をかき立てますねhappy02

また週末ドライブで心の栄養をたっぷり補給してきてくださいねwink、アップを楽しみにしていますheart01

投稿: kattiiかあさん | 2012年10月 5日 (金) 07時53分

幸仙さん

あらら、そんなに嘆かないでください。
まだこれから、村の自然を愛し移り棲んでくる新しい住人もいます。都会に文化があるかといえば?、文化的なものに触れる機会があるというだけで多くが意識もないと思います。
訪れた地域ではお茶の貯蔵庫建物が素敵なCafecafeに改装されていたり、住民の皆さんの「気運」のようなものを感じましたよconfident

投稿: kattiiかあさん | 2012年10月 5日 (金) 08時08分

丸子の里山芸術祭を紹介していただき嬉しいです。くにじ庵も良い雰囲気ですよね。
山中湖畔も自然豊かな地域ですからきっと素晴らしいアーティストがいらっしゃることでしょうね。独特の素敵な芸術祭ができると思います。^^

投稿: AYA | 2012年10月 8日 (月) 23時02分

AYAさん

くにじ庵さんで拝見した風景版画の中にこどもの頃遊びに行った「木枯らしの森」など懐かしい風景がありました。優しい素敵な版画でしたよheart01

今工事中のガレージドアにステンドグラス風のデザインを考えているところだったので、お寺のステンドグラスに興味津々、許可を得て写真を撮らせていただきましたhappy01
各会場ゆったりしていて良かったですdelicious

投稿: kattiiかあさん | 2012年10月 9日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/47312215

この記事へのトラックバック一覧です: 丸子・里山芸術祭:

« 台風の跡 | トップページ | ものの値段 »