« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

夢丸1月号

本日発売のログハウスマガジン『夢の丸太小屋に暮らす』1月号の「薪ストーブがある生活」のコーナーにわが家の薪ストーブが掲載されました。バーモントキャスティングスのボルドーレッドの取材先を捜していらした編集部の目に留ったようで、以前特集に掲載していただいたご縁で10月末急きょ取材をお受けしましたcamera

003

今回は1月号なのでカレンダーと手ぬぐいのおまけ付き、なかなか可愛い手ぬぐいです。特集記事は日本の風土の中で大切に住まれているオールドログが素晴らしく、カナダやフィンランド、ルーマニアのオールドログの美しい写真もあり見応えがあります。今年1月にカナダにオーロラを観に行きましたが、オーロラベルトに位置するホワイトホースにも珍しい四階建てのロク゛や100年前に建てたログの教会、博物館などがありました。

あくまでメインは薪ストーブですが、恥ずかしながら2人と2匹も少しだけおまけで写っていますcoldsweats01。とうさんは日差しの反射が眩しくて、本人曰く「変な笑顔smile」です。写真写りが悪いので実物はもっといいです。当日の撮影風景はこんな感じdownwardleft

051

編集長HさんとプロカメラマンのHさん。見開き2ページなのにたくさんの写真を撮影します。小さな家なのでそれなりにご苦労があるのではと思いました。撮影には対象になるものが際立つよう余計なモノをどけてすっきりさせるもののようです。誌面ではストーブ周りのごちゃごちゃは片づけられていますが実際はストーブトップにはスティーマーとワンたちの好物・焼き芋用の鉄鍋、傍には乾燥させるためにみかんの皮や椎茸などが置いてありごちゃごちゃ賑やかですwink

005

今日は日中でも外気温は5℃でしたが、室内は温かです。これから数ヶ月は毎日薪ストーブ暮らしですconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

X'masリースNEW

九州・鹿児島に里帰りしていた村友Yさんが1ヶ月半ぶりに帰宅、渋柿や畑の野菜と共に手づくりのX'masリースをいただきました。葉付きの人参や掘ったばかりの里芋など霜が降りる日が多くなってきたのでぎりぎり収穫に間に合ったようです。

002

新鮮な野菜は今夜早速いただきましたdelicious。干し柿はそろそろ食べ頃になりましたが、ちょうどいただいた渋柿で第二弾の干し柿を作ることにしました。

010

甲州百匁柿ではなく少し小さめの渋柿ですが、早速皮をむいてタコ糸で吊るしました。

011_2

干し柿もぐちゅぐちゅの柔らかいのが好みという方もいますが、私は乾いて硬く歯応えのあるのが好きです。すでに干してあるものは一旦熱湯に浸けて、もう少し風に当てておきます。

帰宅してから急いでプレゼント用のX'masリースを作られたそうですが、直径40cmと立派なリースですnew

003

004

帽子のような形の松ぼっくりや綿毛、実モノいろいろで楽しい、毎年ある物を利用しながら材料を少し買い足して作っていらっしゃるとか、Yさんオリジナルの素敵なX'masリースですxmas。作り手によってリースもいろいろな表情のものができるのですね~shine、嬉しいことにリースに縁がある年でした。来年はやってみようかなnote、またまたハマって暇なしになったらどうしましょconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生地を買いに

雨はあがったものの塗装面がまだ乾いていないので御殿場までキルトの材料を買いに出かけました。わが家から御殿場までは峠をふたつ越えますが、どちらもさすがに凍結防止剤が撒かれていました。最近は意識的にBMW・Z3に乗るようにしており、左ハンドルの5速ミッションにも慣れましたscissors。これで後ろに座席があれば問題ないのですけどねぇcoldsweats01

山中湖からは雪化粧した南アルプス北部の峰々が綺麗に見えていてドライブ日和sun、御殿場はプレミアムアウトレットを過ぎて箱根に向かう途中にキャシー中島さんの「キルトミュージアム」とショップ「スタジオK」があります。元々勝野洋さんと結婚されて3人のお子さんを育てた自宅だった所で「勝野」さんの表札がかかっています。

003

手前のクリーム色の二階建ての一階はカフェcafecakeでハワイコナのコーヒーも飲めます。

001

白いドアがショップの入口で生地や糸、ハワイアンキルトの手づくりキットなど普通の手芸店では手に入らないものもお得に買えます。先にお店の方にちょっと時間がかかりますとお断りしておいてから、生地を見ながら家の在庫を思い浮かべ配色と模様など考えながら選んで裁断してもらいます。これがまた楽しみですheart01。向かって左側にはキルトミュージアムの入口ドアdoorがあります。

お店で12月に日本橋・三越で開催されるキャシーさんのキルト展の招待券と、来年1月に東京ドームで開催される「東京国際キルトフェスティバル2013」のチラシをいただきました。

004

日本橋も東京ドームも遠いと最近は感じるようになってしまって・・・think  山口百恵さんもパッチワークが趣味で一昨年でしたかキルトフェスティバルに出展されていた作品をテレビで見たことがあります。きっとすごい作品ばかりで圧倒されてしまうと思いますが一度は見に行きたいと思っていますconfident

今日はワンたちを留守番させていったのですが帰ってきたらkattiiはペロペロ舐めるしJuliは興奮して咬むし舐めるしsweat01・・・週末とうさんが帰ってきた時と同じ手荒い歓迎をされちゃいましたhappy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いい○○の日

週明けrainの月曜日、今日は「いい風呂の日」だそうです。11月はきっと毎日いい○○の日なのでしょう。ふと思いついて昨年12月のブログを読み返してみました。12月2日の夜半に初雪が降り、一週間後の9日に雪景色snowになっていました。

当地ではもういつ雪が降ってもおかしくないので、土曜日に軽トラのタイヤをスタッドレスに交換してもらいました。年内は降ってもそれほどではないのですが、準備しておけば安心ですok

外は雨でも薪ストーブで暖かな家で心おきなく針仕事や読書ができるのは最高ですhappy01。仕事もはかどり、ちょうど以前買ったハワイアンのX'masプリントと細切れのキルト綿があったのでxmasのオーナメントを作ることに・・・

006

ちょっと写真では分かりにくいのですが、ラメ加工の生地でキラキラshineしています。

010

いつも枯らしてしまうシクラメンですが、この季節になるとついまた買ってしまいます。夜間家の中は温かさ過ぎるので洗面所に置いています。今までどうやら水やりの仕方が悪くて根腐れさせていたようで、今年こそ長く花を楽しみたいと思っていますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり二度塗り

木曜日にまた塗料を買ってきて、雨があがった今日二度目の塗装をしました。選んだ色は「チーク」ではなくちょっと違う「ゴールデンオーク」にしてみました。浸透タイプの塗料なので1回目はほとんど使いきってしまいましたが、二度塗りでは70%位の使用量で塗れました。

001

窓枠も「タンネングリーン」の二度塗りで落ち着いた色になりました。窓ガラスにはガラス専用絵具でステンドグラス風の模様を描く予定ですが、とりあえずX'masxmas用ジェルシートを貼りました。

段々日中の作業時間が短くなってきました。11月霜月の内に塗装関係を終わらせるよう明日も頑張りますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勤労感謝

三連休は冷たい雨で始まりました。雨の後は気温が下がり「この冬一番」を更新しながら本格的な寒さに向かっています。今日は雨の止み目に「雪虫」が白くふわふわと飛んでいるのを見かけました。雪虫は初冬の風物詩、雪が降る前ぶれとも言われるようで、作家・井上靖の小説「しろばんば」は伊豆地方の雪虫の別名です。地域によってたくさんの別名で呼ばれているのも人の暮しにとって身近な昆虫だからでしょうかconfident

こんな天気は忙しくいつも後回しにしていた諸々を片づけるのにぴったりです。クランベリーを混ぜ込んで明日の朝のパンbreadを焼き(ホームベーカリーですが)、冷凍しておいた食べるほおづきスィートキャンディーでジャムを煮ました。もちろんお鍋は薪ストーブの上、680gのほおづきでジャム3壜ができました。

001

夏の間に貯めておいたワイルドベリーも冷凍しておいたブルーベリーもジャムにして食べてしまい、そろそろ自家製ジャムの材料も品切れです。

たくさん採れた「菊芋」の在庫で味噌漬けと甘酢漬けを作りました。こちらはまだしばらく漬け物を買わずにすみそうです。JAの直売所で買ってそのままだったナンバンで「南蛮醤油」を作ってみました。

007

ヘタと種を取り除き刻んでヒタヒタの醤油に浸けるだけで簡単ですが、うっかり素手で刻もうものなら大変shock、いつまでもヒリヒリして辛いことになります。100均で買った使い捨手袋を2枚重ねて使いますがたまに指先部分を刻んでいることもありますsweat01

009

時間のかかる常備菜などを作って宿題を片づけた気分になり、夕方ワンたち散歩で裏山への登山口付近に出かけました。国道から細い道を結構走ると最奥の集落があります。台風で相当水が出たのか沢筋が荒れて登山道もえぐられている箇所が見られました。

002

最近村の民家に熊が現われ驚いた家人は照明を消し息を殺して震えていたとか、熊への対処は真逆で電気を点けて物音を立て人が居ることを知らせる方が正解らしいです。わが家も近づくとセンサーが感知して照明がつくようにしてあるためか猪や鹿に畑を荒らされたことがありません。さすがにまだ熊の訪問は受けていませんがその時こそワンたちの出番、怖いもの知らずできっと大騒ぎして撃退してくれるのだろうと期待していますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月22日

今日は二十四節気の「小雪」で「いい夫婦の日」、また「ペットに感謝する日」だそうです。

005

昨年の11月22日から始めた木工作業場&ガレージ建築もまだ細かい手直しは残っているものの、どうやら完成させることができました。屋根の上の芝生は春から夏、秋へと移り、枯れた干し草色が温かみさえ感じさせます。今朝は晴れを当てにしてシーツや掛け布団カバーを思いっきり洗濯してしまったのですが、ガレージの梁から梁にロープを渡して4枚干すことができました。作業をしていない時は大きな洗濯物を干すことも出来そうですconfident

先週金曜日のブログ記事「初冬の富士」で山中湖畔からの富士の画像をアップしました。翌土曜日は一日中雨風強い悪天候で日曜日は晴れましたが、その日山の知り合いが富士山で滑落して亡くなりました。月曜日の新聞記事で知ったのですが、御殿場口から登り下山の途中、金曜日の写真左側の宝永山を少し手前に廻り込んだ七合目付近で事故が起こったようです。クライミングジム仲間で私達が頻繁に岩場に通っていた頃何回か一緒に登りにいっていました。ちょうど先日写真の整理をして東伊豆・城ヶ崎海岸の岩場で6人ほどで撮った休憩時の1枚を懐かしく見たばかりでした。赤いダウンジャケットを着てちょっと首をかしげた柔和な表情のSさんはバリバリのアルパインクライマーで何回か海外の未踏峰への遠征にも出かけていたと聞いていました。私達よりちょっと年上ですが経験豊かな本チャンに強い人が何故・・・

夏は誰でも登れる観光地富士山ですが、秋という季節のない富士は海外遠征のための訓練などある程度のエキスパートの世界です。Sさんも南米最高峰でアルゼンチンのアコンカグア(標高6962m)への遠征を計画していたそうです。アコンカグアの登頂の成否は風にかかっていると聞いたことがありますから、高度順化と風に対する訓練だったのかもしれないと勝手に推察しました。冬富士は下から巻き上げるような特有の激しい風が吹くことがあります。身体が浮いてそのまま数百メートルも滑り落ちて大怪我をする現場を目のあたりにしたことも・・・。

なにがあったのかは分かりませんが運が悪かったとしか思えず、普通の山歩きに比べればはるかに高いリスクがあることは承知の上での趣味、ただ・・登りたかったのでしょうね、アコンカグア・・・どうぞ安らかにと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗料の色選び

昨日ガレージの扉を塗りました。少し明るめの色をと思い「チーク」を選びましたが、塗料は塗る木材により見本通りの色にはなりません。一度塗りですとちょっと考えていた色とは違いましたcoldsweats01

009

窓枠はキシラデコールのタンネングリーンで塗りましたが、これも一度塗りでは色が薄くて思うような色にならず、ちょっとケチって小さい塗料缶を使い切ってしまったので二度目は別の色を塗ってみようかとも思っています。色選びは難しいです。

紅葉もピークを過ぎて野山が段々色を失って寂しくなっていくこの季節、X'masxmasまで約1ヶ月なのでX'masグッズを出して飾りつけをしました。

006

とうさんの仕事関係でいただいたリースはアトリエログのドアdoorの横に、室内には先日リース作家のCrescentさんからいただいた素敵なリースが飾ってありますheart01。小さなこどもがいるわけではありませんが、もっぱら自分のためにいつも窓という窓にジェルシートを貼ります。

003

008

サンタも家のあちこちに・・・ ログにサンタの赤は似合うと思いますconfident

005

気がつけば昨日アクセス数が10万を越えて100150になっていました。山あいの小さな村のささやかな暮しをご訪問くださる皆さまに感謝申し上げますclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Hey You !?

「昨日塀ができましたよsign01

「へぇ カッコいい(かこいぃ)sign01」(定番のダジャレより)

土曜日は雨風強く、窓から見える見事な山紅葉mapleの木もすっかり葉を落としてしまいました。日曜日は天気が回復してsun、とりあえずの保護塗料を塗ってから板を打ちつけて塀を造りました。塗装はまた違う色で塗る予定です。

001

製材していただいた板の数も気持ち良いくらいぴったりで、そうなるとノリも良くあ・うんの呼吸でお昼前には完成してお疲れさまのbeerです。家側は

002

アトリエログ建築の残り丸太や薪用の木を置いていた所ですが、すっかり片づいてみれば広々として車2台が余裕で並びます。塀の際にはバラを植えたり壁かけコンテナなども考えていますが、これから雪の季節に向かうので来春の楽しみにとっておきますtuliptulip

先日から庭に咲いているリンドウは日光を浴びると花が開いて、傍に人間がいても眼中にない様子の蜂君が忙しく出たり入ったりしていますconfident

006

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ピアニストのバッグ

「楽譜を入れるバッグを作ってsign01」ピアノの先生をしているシュナ友さんからのご依頼で、ちょっとお待たせしましたがハワイアンキルトのバッグを作りました。生地選び、デザインなどお任せいただいて、ほぼ私の好みで選んだ生地は土台布とアップリケ布はダークブラウンと薔薇の地模様のプリント地

002

バッグのマチ部分と内側になる中袋は色違いのハワイアンプリント地を選びました。同じ模様なのに色が違うだけでがらりと雰囲気が変わります。外はシックに内側は華やかにがモットーですconfident

003

楽譜を縦に入れるために若干縦長にし、肩にも掛けられるよう長めの持ち手を着けました。

004

手前は楽譜カバーnotesです。ブックカバーを作る要領でネットショップに出ている楽譜カバーのサイズを見て試作しました。ちゃんとした楽譜がないのでちょっと小さめですがギター演奏用の本を合わせてみました。よ~く見るととうさんが私のためにギター練習をしてくれた浜省の「もうひとつの土曜日」heart01、老眼でも見やすいように字もnoteも大きめなんです。

007

アップリケのパターンはハワイ本島のシンボルフラワー「レフア」を図案化したものです。ちなみに実際のレフアは「フトモモ科オガサワラフトモモ属」downwardright のような感じです。

010

作ったものを発送する時は、どうか気に入っていただけますようにとこどもを送り出すような気持ちになりますconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初冬の富士

004

本日の富士山、山中湖の交流プラザから見ると宝永山(左側の肩の辺り)まで雪が載って冬姿に近くなっていました。端っこにポコポコと見えるのが双子山でここは地熱が高いので少しくらいの雪は融けてしまいます。富士山はいくつかの山の集合体ですが、この双子山までは軽いトレッキング程度で登れ、sunていればなかなかの展望です。

買物帰りワンたちと恩賜林公園を散歩しながら紅葉見物mapleしてきました。

003

いろいろ紅葉スポットがありますが、ここはすっきりと立つ白樺の白に紅葉の赤が際だって、しかもあまり車も通らないsecret スポットです。朝の気温は1℃くらいと冷え込んでいますが昼は暖かい、この寒暖の差が燃えるような赤に染め上げるのですね~confident。山々が色を失う前の華やぎのひとときがやっぱり一番好きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アフタヌーンティーなど

ぼちぼちご依頼いただいていたハワイアンキルトの小物が仕上がってきました。アップリケとエコーキルトまで出来ていながら仕上げがまだだったものから片づけています。

ティーコゼーとティーポットのマットをセットにしたものはやはり色は抑えめに、暖かさを感じる幸せ色の黄色を合わせましたclover

001

ティーポットの中で茶葉がゆっくり開いて美味しいお茶になるように適度に保温、内側には明るいプリント地を使いました。

003

そろそろ温かい飲み物をゆったりといただきたい午後、なんとか間に合ったセットを早くお届けしなくては・・・confident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

塀も造ります

木工作業場&ガレージづくりはほぼドアの塗装と細かい手直しを残すくらいになりましたが、その傍に塀を造ることになり、ボチボチ作業を進めております。もうすでにカラマツの丸太を柱に立ててコンクリートを流し込んであり、開放感はそのままに下の敷地との軽い区切り程度です。

003

日曜日は地元の製材所さんにお願いして2.5m長さに製材した板を分けてもらいました。長方形にしっかり整えた板ではなく、丸太を2cm厚に裁断して耳の部分は皮つきのままのものをお願いしてありましたので午前中は軽く皮むきをして乾燥させるために立てかけておきました。丸太の皮むきに比べれば楽勝、昼飯前ですscissors

001

杉でも良かったのですが檜の板を挽いていただいたのでいい木の香がして塀には少々勿体ないくらいです。この製材所さんは向かって右側林の地続きの檜林の持ち主さんだそうで、今回の塀の資材は地元産です。どうせ造るなら・・・といろいろ検討しました。

001_2

気になった塀はデジカメで撮ってきたり・・・。塀が出来たら挿し木から増えて畑の脇で伸び続けているバラを移植して誘引したいとか、チェーンソーカービングはちと無理でも彫刻刀やルーターならお手のものなので何か創ろうかなぁなんて・・・思い描いている時が楽しいのはいつものことですconfident

明日の朝はかなり冷え込んで河口湖地方の最低気温マイナス1℃の予報です。朝は起きたらまずワンたち散歩なのでこれからはエイヤッと気合で飛び出していくようになりそうですcatface

| | コメント (6) | トラックバック (0)

最も美しい村連合

フランスで誕生した「美しい村連合」は世界に広がり、日本でも「日本で最も美しい村連合」という運動になり、私の住むこの道志村も10月に46番目の「美しい村」として加盟が承認されたそうです。他には美瑛町、白川村、十津川村、大鹿村、飯豊町、南木曽町などよく知られた町や村がすでに加盟していて、山梨県では南アルプスの玄関口早川町についで2番目の加盟ですnew

住民世帯数630足らず、住民2000人に満たない小規模な村ですが、フランスでは「美しい村」加盟はステイタスになっているとか、当村にも良い刺激になってくれればと思います。別に便利になる必要はなく、これ以上ミニ開発的な別荘が建たない方が望ましい、今ある自然に余計な手を加えずあるがままに美しく保全することを考えて欲しいものです。

001

わが家の窓から下に見える大きな山紅葉mapleの木は国道を走っていても目につく堂々たる広がりです。今朝は雨が残って散歩に行けなかったので、午後早めにワンたちの散歩がてら「美しい村」巡りへrvcar、地元だと却って観光スポットに寄ることはなく再発見でしたsign03

雄滝・雌滝は遊歩道を整備したらしく、downwardleft が雌滝

006

雄滝はdownwardright

005

そして道志川も中流域に行くと深い渓谷を見下ろすように吊り橋が掛かっています。

007_2

この吊り橋は以前刑事ドラマ「相棒」で右京さんと亀山君がロケをした所で、BSの再放送で視たことがあります。美しい村加盟要件の地域資源となった源 頼朝伝説の「的様」は流れる水の中の岩盤に弓矢の的に似た模様がついている所です。どうしてこんな模様ができたのかやはり不思議な模様です。

012

私は東西に長い国道沿いに点々といらっしゃる野の仏様や石塔が好きで、だいたいどこにどんな石仏か立っているのか知っています。安曇野ではレンタサイクルで道祖神や石仏を巡るのが流行ったことがありましたが、村の野仏様たちも素晴らしい・・・観光資源とされるのはちょっと抵抗があるのでそっと大事にですけれど・・・

004

わが家から近い畑の中にいらっしゃる野の仏様、「天明年間」の文字と「智秋童子」とあります。なんだかほのぼのしませんか、後ろの童子さま、ふと誰かに似ているような気がしてよ~く見たらsearch

003

なんだかとうさんに似ています。眉毛とかおでことか・・・やっぱりこの村に縁があったのかなぁなんて不思議な想いで合掌する私でしたconfident

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Reflections(回想)

金曜日買物帰りの山中湖畔、カーラジオから聴こえてきた寺尾 聰さんの曲「SHADOW CITY」、思わず懐かしくて口ずさんでしまったのですが、そういえばと捜したらCDラックに彼のアルバムがありました。80年代を代表するヒット「ルビーの指輪」他当時何曲もベストテン入りしていた楽曲ばかりの「Reflectiohs」を2005年に全曲本人がリメンクしたアルパムで、『Re-Cool Reflections』cdです。

002

寺尾 聰さんは今65歳になるらしいです。当時の私はどこに住み、何をしていたのかと文字どおり回想しながら何回もReplayして聴きました。双子の男の子を持つ若い母親で、慣れない育児にてんてこまいしていたはずなんですが、誕生石がルビーでないのを残念に思ったり、ベージュのコートでなくキャメルのコートを持っていたことなどそこそこ余裕もあったのかなとも思えます。日本的なウェットな歌詞ではなく、どこか醒めたサバサバとした孤独、寂寥を感じさせる詩とメロディが気持ちにぴったりだったのかもしれません。11曲中1曲だけ1981年の「ルビーの指輪」が収録されていて、同じ曲の聴き比べができるのも面白いですnotes

リメイクアルバムが出た2005年はまだ当地に母屋ログを建てる前の年でした。cdアルバムの後書きにこんな言葉が寄せられていました。「25年前の自分に今の自分は胸を張れるだろうか?」「これからの自分は何を目指して生きていくのか?」との回想だと・・・

更に歳月は等しく流れて、もしも今31年前の自分に声を掛けるとしたら「多少のまわり道はしたけれど今が一番と言えるほどには幸せだから大丈夫」だと・・・・・・clover

今日の午後は元所属していた山岳会の仲間が山帰りに立ち寄ってくれました。湘南・藤沢をベースにする古くからある山岳会は地理的に遠くなって退会しましたが、気持ちは今でも「ウチの会」で寝食を共にした山仲間は時間を越えた大切な存在です。思えば今までたくさんの友人に恵まれたことは幸せだと胸を張れる大きな財産になっていますconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

左ハンドルの練習

先週ジムニーを新しいオーナーさんに引き渡し、代わりにBMWのZ3がこちらの常駐車になりました。DEFENDERはとうさんのいわば車版本妻で離せない愛車、ルノー4は変わったマニュアルシフトでおまけに左ハンドル、消去法でBMにしばらく乗ることになり、今日は左ハンドル5速MT車に慣れる練習をしましたcoldsweats01

007

久しぶりの左ハンドルもさることながら、何がってウィンカーとワイパーが左右逆なのがbearing、必ず1回はワイパーを動かしてしまうのですよ。今日も国道に出る時に1度だけ間違えました。山中湖方面ではなく神奈川方面に走り深い渓谷を見下ろすビュースポットで停車して色づき始めた山々を見ながらcameraしました。

003

向かって左側には雪化粧した富士山がちらりと見える場所です。

005

この近くには数少ない村の観光スポット「雄滝・雌滝」という滝もあり、「紅椿の湯」という日帰りspaもあります。とりあえず慣れれば問題ないと感じましたが、Z3は2シーターで軽トラキャリーも2シーター、元々4ドアセダンに乗る奥さまタイプではないけれどdogdog連れて2シーターはちょっと辛いものがありますsweat01。ドライブ日和sunのR413を軽快なコーナリングで練習走行して帰宅したのでしたhappy01scissors

| | コメント (8) | トラックバック (0)

冬のはじまり

今日は二十四節気の「立冬」、これから「立春」の前日までが暦の上の「冬」だそうです。

昨日の雨で母屋裏のホダ木に出ていたヒラタケが大きくなっていました。

002

きのこにはやはり適度な水分が必要なんですね、ヒラタケの出ているホダ木が3本ほど、椎茸も4本ほどのホダ木にまた出始めています。本格的に霜が降りるようになったらもうきのこも終わりですconfident

午後からは久しぶりに針仕事を再開しました。

004

午前中ワンたちは外に出ていたので午後はまったり昼寝sleepysleepy、しつこいJuli の遊ぼう攻撃も止み心おきなく仕事ができますnote。有り難いことに冬中かかりそうなたくさんの仕事もあり、クラフトフェア以来創作意欲が湧いてきました。有志で『クラフトの会』を結成することになり、今回のクラフトフェアが活動のスタートでした。

冬のはじまりは好きなことに集中できる切り替え時と考えれば、またそれも楽しですheart01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋色いろいろⅡ

先週土曜日に静岡から届いた「高林早生みかん」は故郷・静岡の『西川農園』さんのネット販売から注文をお願いしたものです。

001

東海道五十三次の丸子宿で「農園カフェ・ジャボチカバ」を運営されていて、お茶とみかんも丹精されています。早速いただいた早生みかんは皮が薄くて甘味と酸味がほど良く、さっぱりとした後味の美味しいみかんでしたdelicious。もうこの季節にはいつでも手の届く所にみかんが欲しいみかん好きです。忙しい時にもお茶代わりにみかんでちょっと休憩、子どもの頃は母から食べ過ぎると手まで黄色になっちゃうよとよく言われましたcoldsweats01

今日は一日rain、昨日皮をむいた百匁柿をアトリエテラスに吊るしました。

001_2

一週間くらい経ったら優しくもみもみ、更に干して中に芯がなくなり耳たぶくらいの堅さになったら出来上りです。甘くて美味しいコロ柿になりますように・・・confident

冷蔵庫にストックしてすっかり忘れていたキクイモの味噌漬けもいいお味になっていました。

007

漬け込んで5日くらい経つとしんなりしますが歯ざわりはシャキシャキしています。細かく刻んでお茶漬けにしても良さそうです。畑から掘り上げたままだった泥だらけのキクイモを水洗いして小分けにして保存、小さいものは種芋用に選り分けました。

昼も薪ストーブを燃していたので鉄鍋を載せて銀杏を煎りました。煎るのは時間が掛かりませんが、カラを割った中の薄い渋皮をむくのがちょっと手間ですsweat01

002

こうして冷凍しておけば使う時に楽ですscissors。今日は一挙に野菜の下処理をして、明日から本腰を入れて針仕事にとりかかりますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋色いろいろ

昨日午前中はフェンスの支柱を立てるためセメント練り、昼は石窯ピザのコンチェルトさんで焼き立てのピザを堪能、生姜のピザも生ハムピザ、じゃがいもとオレガノのピザも全部美味しいdelicious、アルコールに弱いくせにwineなどいただいて至福のひとときでした。オーナーは村の田圃で古代米の「黒米」を栽培していて、最近黒米を挽いてピザ生地に練り込んだ黒米ピザも特別裏メニューでありますsecret。これは美味しい焼き色ですねgood

017

午後はシュナ友で私のハワイアンキルトのバッグを愛用してくださるプーチママさんファミリーが紅葉見物の帰りに寄ってくださり、秋らしいお土産をいただきましたhappy01

004

トマトにそっくりですが「飾り茄子」といい、美味しそうですが触ると硬いしっかりした実です。白から黄色、赤へと変化する縁起物、赤は元気が出るビタミンカラーですねwink

先日いつも買物に行く食品スーパーで「甲州百匁柿」を見つけて早速箱買いしました。

008

当地は干し柿づくりにぴったりで、甘いコロ柿が出来ますdelicious。今日はバタバタと忙しく、皮むきまでは出来ましたがタコ糸でひとつひとつ吊るしていくのは時間切れで明日になってしまいましたsweat01。皮をむいた柿を好奇心旺盛なJuli がペロリと舐めていましたが渋柿ですbleah

曇り空の週明け、土日は賑やかなキャンプ場も貸切で落ち葉を踏みしめワンたちと散歩してきました。樹によって色づきが違い、とりどりに着飾って黄葉している中で遠くからでも人目を惹く赤はちょっとずるいですね~maple

009

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラフトフェアのお楽しみは

少々準備不足で臨んだクラフトフェアでしたが、ハワイアンキルトのバッグや小物は予想外に売れ行きが良くやはり2日間持たせるのは無理で1日だけにして正解でした。結果いよいよ在庫が少なくなり、また新たにお請けした注文もありこれから冬の室内仕事で頑張っていい物を作らなくてはと実感しましたconfident

半年に一度のクラフト仲間の皆さんの作品拝見&お買物は

009

編み込み模様と縁どりのアクセント、配色も好きな帽子は無くなっちゃう前にゲット、気前のいいとうさんに買ってもらいましたheart01

010

新メンバーさんの革のスタンド、よく捜すものをここに納めておきましょうかsign02

008

xmasのオーナメントを思わせる可愛い壁掛けはログ壁に合いそうですが、さてどこにsign01 迷います。ペアのお皿はちょっとした盛りつけに、手びねりの温かさが嬉しいです。

011

雪をまとうモミの木の額に一目惚れしてまた譲っていただいた「枯葉のコラージュ」作品、雪の重さに下がる枝はシロタエギクです。前回いただいた額はアトリエログに飾っていますが、この額は母屋の壁に飾るつもりですheart01。これもスポンサーが買ってくれました、ウチってそんなにお金持ちだったかな~coldsweats01。私ばかりでは申し訳なく・・・とうさんには粋な柄つきの地下足袋を買ってあげました。

013

「力王」地下足袋にアクリル絵具で浮世絵や犬張子を手描きしたものでとても個性的、ある程度フリクションが効くのでこれでクライミングしてたらカッコいいかもしれませんscissors

どれも自分では作れないモノだったり、真似出来ない感性、創造性にとても刺激をいただきました。「秋はいつですか?」と電話をくださった前回からのお客さまも寄ってくださり美味しいパンのお土産までいただいて感激しちゃいましたhappy02。元々ワンコ散歩の多い立ち寄りスポットの道の駅ですから今回もたくさんのワンコの中にシュナちゃん発見、イケメンシュナ君に駈け寄るウチの娘たち

023

「ね~、あなたはササミ巻きガムと松阪牛風味せんべいだったらどっちのおやつが好き?」とでも話しかけていたら面白いですねwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラフトフェア2012・秋

R413フェスティバルに統合される形で秋のクラフトフェアが開催されました。

024

単独参加の私のお店はちょっと品数が少なく、テントの大きさが目立ちますcoldsweats01

002

手前の馬は芝生広場に据え付けられているモニュメントで『瓢箪から駒』というタイトルがついています。チェーンソーアートの一種で、胴体もあります。

003

004

「枯葉のコラージュ」の「工房  はんの木」さん、野山の花や葉から生み出される作品は魔法のよう、大ファンでいつも楽しみにしていますheart01

006

陶芸の「道志窯」さん、数日間薪を焚いて焼き上げる作品は力強く、作者も予期せぬ色が出ることもあるそうですconfident

017

初参加の革工芸Tさん、材料費に見合うのかと心配になるほど良心的なお値段です。お話したらDEFENDER繋がりでご縁のある方だったことが分かり、またひとつ嬉しい出逢いがありましたnote

007

いつも仲良くしていただいている「吾亦紅」さん、着て楽なのにおしゃれなリネンの服や布の小物は欲しいものばかりです。大島紬のテディベアも愛らしいheart01

008

「手づくり木工の会」さん、掘り出し物が見つかる楽しさがありますnote

011

009

010

「古布器や」さんは古い布を丁寧に再生して新しい感覚でアレンジ、一点物のおしゃれな服や小物はこれを目当てに足を運ぶ方も多いようですconfident

012

フェスティバルのグルメ部門「D1グランプリ」の会場はクレープやイノシシ汁、自然薯など村の特産をアレンジした食べ物で賑わっていました。もちろんお昼はイノシシ汁をいただきましたdelicious

025

青空の元イベント日和で私の出店は無事に終了、販売成績は明日のブログに続きますsoon

| | コメント (2) | トラックバック (0)

できたしこ!

今週末は3日文化の日が土曜日と重なり普段と変わらない土日でちょっと損した気分です。各地で秋のいろいろな催しがあるようですが、当村でも3日、4日と『R413フェスティバル』なるお祭りがあり、例年10月だったクラフトフェアも今回この催しに統合されることになりました。クラフトフェアの他にはフリマと「D1グランプリ(ご当地ぐるめコンテスト)」、野菜収穫祭が道の駅どうしを会場に開かれます。先週の土曜日には役場の産業振興課が用意してくれたクラフトフェアのチラシ配りをしたり、富士五湖周辺地域のフリーペーパーや地元新聞への掲載などいつもより広報活動も頑張っています。

002

001

個人的な事情をいうとわが家の一段下に家が建つことになり、急きょ置かせていただいていた薪や杉の端材の片づけで夏の間くる日もくる日も丸ノコで裁断しては薪置き場に積む作業に追われていましたsweat01。春のフェアで注文してくださった品物もまだ全部出来ていない状態で、新規に作った品物がないので今回はパスしようと思っていたのですが、参加が少なく寂しいと聞いて今手元にあるもので3日土曜日だけ出店することにしました。

004

前回から始めたワンコTシャツは見本を見ていただき無地のTシャツにご希望のアップリケを着けます方式でやります。これは手間がかかるだけでワンちゃんへのボランティアのつもりですからとてもお得、Only OneのTシャツですt-shirt

今日はイベントテントや展示用テーブルなど準備品をチェックして揃えました。ひとつの方法として今まで作ったものの写真を見ていただきサイズ・デザイン・色などのご希望を聞いてお作りしますというのもありかと・・・まぁあまり仕事に追われたくないので今回は積極的な営業はせず、クラフト仲間の皆さんにお会いするのを楽しみに掘り出し物を捜そうとひそかに思っておりますbleah

今日のタイトルはブロ友takaさんに教えていただいた熊本弁、できてるものでなんとかなるサみたいな・・・  そうそう熊本といえば、いつも行く大型食品スーパーで熊本サプライズキャラクター「くまもん」のレモンキャンディーを見つけて思わず買っちゃいました。

005

さっぱり甘いキャンディーを舐めながらのんびりお店番をしていると思いますので、お近くに来られることがありましたらお茶cafeでも飲みにお寄りくださいませconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »