« 簡単美味しい | トップページ | 誕生日記念に »

星野道夫さん

わが家のピンポイント天気は河口湖地方ですが、一日の最高気温と最低気温の差が6℃程度と晴れていても寒い日曜日になりました。なんちゃってアウトドア雑誌と言いながら定期購読しているBE-PALが昨日届きましたが(定期購読だと2、3日早めに届きます)、特別付録が星野道夫さんのカレンダーで彼からのメッセージが連動企画でしたheart01

004

不慮の事故で逝かれてから16年、ご存命なら還暦を迎える年ですが今なお瑞々しい言葉と輝きを失わない写真から折に触れ多くの示唆と感銘を受けていますshine。ひとつだけを挙げることはとても難しいのですが、こんな寒さに向かう季節に思う言葉があります。

『きっと、同じ春が、すべての者に同じよろこびを与えることはないのだろう。なぜなら、よろこびの大きさとは、それぞれが越した冬にかかっているからだ。冬をしっかり越さないかぎり、春をしっかり感じることはできないからだ。それは、幸福と不幸のあり方にどこか似ている。』

006

フェアバンクス郊外のログハウスの自宅ばかりでなく、テントでも小さなストーブを使っていらしたと聞いていますがこんな一節もあります。

『ストーブの炎を見つめていると、木の燃焼とは不思議だなと思う。二酸化炭素、水を大気に放出し、熱とほんのわずかな灰を残しながら、長い時を生きた木は一体どこへ行ってしまうのだろう。』

極北の長い冬にどれだけの時間炎と対話していられたのでしょうsandclock

003

ロフトの布団から顔をのぞかせるJuli 、寒くなるにつれて朝寝坊になってきましたcoldsweats01。君もまたしっかり冬を越さなくちゃねsnow

|

« 簡単美味しい | トップページ | 誕生日記念に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今日は小雪の舞うヤードでした。
ヤードではここのところ毎日のようにたき火をしています。
たき火の傍らでは、
家内が小枝を集めて焚き付け用に細かくカットしていました。
僕はその側でたき火を見つめながら星野さんと同じことを思っていましたよ~。
残念ながらストーブではありませんが・・・・(たき火の方が贅沢かも)。

投稿: Dra&長靴 | 2012年12月10日 (月) 17時34分

Dra&長靴さん

はい、お疲れさまですhappy01

ユンボの改造試運転の首尾が上々で寒い中での作業の甲斐がありましたね。
奥さまも傍でサポートされているのですね~heart04、焚火の番て飽きないですよね、なにしろホントの火遊びですモンwink
風邪引かないでくださいね~snow

投稿: kattiiかあさん | 2012年12月10日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/48145882

この記事へのトラックバック一覧です: 星野道夫さん:

« 簡単美味しい | トップページ | 誕生日記念に »