« 普通の毎日へ | トップページ | 人生いろいろ »

冬枯れの常連さん

母屋の脇に新築したバードフィーダーが大繁盛です。毎日パンくずとひまわりの種を補給していますが、翌日にはきれいに無くなってしまいます。雪が無い野山でももう食べるものが尽きているのでしょうかsign02 数日前は置いてあった林檎とミカンが無くなりどう見ても鳥のフンではない小動物らしい大きさのフンが代わりに載っていました。イタチなのかリスなら嬉しいのですが・・・

009

常連さんのシジュウカラはすばやく来ては餌を咥えてさっと飛び立ってしまうのでなかなか写真に撮れませんでしたが、何羽かが交替で通ってきています。暖かくなって畑の虫などが捕れるようになるとぱたりと食べに来なくなります、いつまでも依存しないのは野生のプライドでしょうかconfident

012

|

« 普通の毎日へ | トップページ | 人生いろいろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バッチリ写真撮れましたネsign03
きっと私と同じ様にレンズを覗いてるのだと想像し
ひとりニヤニヤ笑っちゃいましたsmile

投稿: taka | 2013年1月11日 (金) 21時13分

takaさん

ご明察sign01、窓際でデシカメを構えて半押しで餌を咥えたらシャッターを押すという感じでしょうかcoldsweats01
とにかくすばやいんですよdash

投稿: kattiiかあさん | 2013年1月11日 (金) 21時51分

シジュウカラは年に15キロ85000匹もの虫を食べるそうです。一日なら233匹!鳥たちがいなくなると森は虫喰いで枯れてしまいます。野鳥は森の番人です。冬は観察の季節です。シジュウカラはメジロやエガラやコゲラと混群を作って支え合って過ごします。…双眼鏡は日の出光学がいいです。……実はぼく、中西悟堂を尊敬する野鳥好きなんです。(-_^)

投稿: | 2013年1月13日 (日) 16時42分

野鳥大好きさん

コメントありがとうございますhappy01
さすがにお詳しいですね、シジュウカラの訪れが頻繁なのでどれくらい食べるのかと思っていました。
同じ鳥でも個体差があり少し緑がかった羽根のコや体の大きさも微妙に違うようです。
ひまわりの種が減るようになったと思ったら夏頃賑やかに啼いていた画眉鳥が食べにきていました。
今山中湖畔では歌舞伎のクマドリのような風貌のレンジャクを撮影する人たちが富士山に背を向けヤドリギに望遠レンズを合わせていますよcamera

投稿: kattiiかあさん | 2013年1月13日 (日) 19時27分

決めました。
うちのヤードにも設置いたしますです。
カラスが4羽いるのですが、
何とかしてみましょう。
後日ブログにアップいたします。
ふふふ。

投稿: Dra&長靴 | 2013年1月13日 (日) 23時37分

Dra&長靴さん

今日はsnowなんですが、朝からバードフィーダーに野鳥たちが入れ替わり立ち替わり来ています。

生きていくために必死なんですね、臨時に古い餌台にも出しておくことにしましたconfident

投稿: kattiiかあさん | 2013年1月14日 (月) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/48688987

この記事へのトラックバック一覧です: 冬枯れの常連さん:

« 普通の毎日へ | トップページ | 人生いろいろ »