« せっせと薪運び | トップページ | 生木をさく »

骨董市巡り

昨夜帰宅した出稼ぎとうさんですが、今日は同業者さん達との外せない集まりがありまた神奈川に出かけることになりました。たまたま機会があったら行きたいと思っていた骨董市が開かれる日と知って、午前中は骨董市巡りをしてきました。小田急線と相鉄線が乗り入れている私鉄駅を挟んだプロムナードに200以上のお店が並んでいて壮観です。

005

006

009

014

実家の父は若い頃から骨董好きで、5のつく日に開かれる骨董市に足げく通っていましたから、私は子ども時代どっぷり骨董品に囲まれて育ったようなものです。書道の道具はみんなと同じ新しいセットは買ってもらえず名品だという硯とか筆を持たされ、珠算なんて下手をすれば五つ玉の古い算盤を出しかねない人でしたdespair。手回しの蓄音機や大名時計、具足一式や仏像、陶器など子どもなのに仏像の写生をしたり六古窯なんて知っていたんですから・・・

骨董市ではあれもこれもウチにあったと懐かしく、たいそうな値段で並んでいるのが面白くてキョロキョロeye、ちょっと立ち止まって見ているととうさんは5、6m先に行っていて「おいおい、まだ見てるんすけど~!」

010

018

013

017

upwardright 李朝の墨壺、古い藍染めの古布や端切れやとうさんの好きな古いカメラ、ありとあらゆる物が溢れていて時間clockに追われていなければじっくり見て回りたいと思いました。そうそうこんな物も見つけました。

007

ロッククライミングで岩に支点を作るために打ち込むハーケンやリングボルト、これは多分古い商品見本だと思います。現在は自然を傷つけないでクラックなど岩の形状を利用してプロテクションを取って(ナチュラルプロテクション=ナチュプロ) 登るクライミンク゛が主流です。

骨董市でわが家がゲットした物はgood

008

シンプルな陶器とタイルを売っていたお店で古いタイルを20枚買ってきました。

024

コーヒーテーブルやサイドテーブルの天板などに使ってもいいかな、1枚50円のタイルを何に使おうか考えることから楽しみが始まりますhappy01

|

« せっせと薪運び | トップページ | 生木をさく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とうさんと骨董市デートheart01楽しい1日でしたネsign03
私もオジサンも骨董の値打ちは全く分かりませんが・・・
古いものを見てまわるのは大好きです。
でも、こちらではなかなか骨董市はありませんネ~

素敵なタイルを使った作品楽しみにしていますネwink

投稿: taka | 2013年2月16日 (土) 21時17分

いらない人にとってはガラクタでも、
欲しい人にとっては宝物。
それが骨董のおもしろさや楽しさでしょうね。
私にとっての宝物はナイフ・切り出しでしょか?
とてもきれいなタイルですね~。
どんな変身をするのか楽しみです。

投稿: Dra&長靴 | 2013年2月16日 (土) 21時21分

kattiiママさんにお願いがあります。
実家のお宝を「何でも鑑定団」に出品してください(笑)
待ってま~すhappy01

投稿: 亀仙人 | 2013年2月16日 (土) 22時12分

骨董市って楽しそうですねーsign03
行ったことないですが、
こんなにいろんなものがあるなんて、
うはうはですheart04

このタイル、骨董なんですか??
すごくかわいいですheart04

しかしかあさんのセンスの良さは、天性のもの+幼少の頃から本物に囲まれて育っていたからなんですね。納得shine

投稿: ぐっち | 2013年2月17日 (日) 14時52分

takaさん

いろいろ見て歩くだけで楽しいnote
掘り出し物が見つかればなお嬉しいですねhappy01

毎週末どこかで骨董市が開かれているそうですが、今回のは最大規模かもしれません、今度はもう少しゆっくりと・・・wink

投稿: kattiiかあさん | 2013年2月17日 (日) 19時37分

Dra&長靴さん

Draさんはナイフ&切り出しですか! ウチのおじさんも足を止めてました。古い肥後守もいろいろあるんですね~sign02

今頃になってワクワクしながら骨董市に出かけていった父の気持ちがわかりますconfident

投稿: kattiiかあさん | 2013年2月17日 (日) 19時43分

亀仙人さま

父が存命中テレビに出たいと言って姪っ子が出張鑑定大会に応募したことがあったようです。江戸時代の煙草入れとキセルの細工物だったと思います。

びっくりするような高額な物はないと思っていましたが、父にとっては宝物だったのでしょう。
おかげで階段箪笥や船箪笥など今でもわが家で使っておりますhappy01

投稿: kattiiかあさん | 2013年2月17日 (日) 19時53分

ぐっちさん

あはっsign01、本物というよりがらくたに囲まれて育ったというわけで・・恐縮ですcoldsweats01

着物を扱うお店もたくさんあって、古い留袖などをお安く買ってドレスにリフォームする利用の仕方もあるようですよ。
私は西洋アンティークcrownやフランスの古いリネンなどがお目当てでしたsearch
行けば人それぞれの楽しみ方が見つかると思いますよwink

投稿: kattiiかあさん | 2013年2月17日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/49450450

この記事へのトラックバック一覧です: 骨董市巡り:

« せっせと薪運び | トップページ | 生木をさく »