« 乙武さんの話 | トップページ | おとめの桜 »

ヒトリシズカ

昨年花壇の隅に移植したひと株の「ヒトリシズカ」が咲きました。

049

白い花穂は昨日まで4枚の葉にしっかり包まれていました。明日は春の嵐だという予報に「いつ咲くの?」「今でしょ!」とばかりに咲きましたsign02 別名「ヨシノシズカ」、吉野の山に舞う白拍子を思わせる小さくはかなげな花?、いえいえ厳しい冬を越してどんな所でも仲間を増やして花開く力強さを感じます。

買物帰りに寄り道をして山中湖畔の「文学の森」に行ってきました。徳富蘇峰館では「八重の桜」の同志社大学創始者の新島襄・八重夫妻と親交が深かったので企画展をやっています。八重さんは綾瀬はるかさんのように綺麗ではなかったようですが、夫婦仲が良く八重さんを「ハンサムウーマン」と呼んだのは夫の新島襄さんだったそうです。

053

文学の森は富士桜をはじめ多くの種類の木が見られますが、山中湖は標高が高いせいか桜もコブシの花もまだ全然、散策路の福寿草だけが目立っていました。

052

兵庫県にお住まいのログビルダーDraさんへ : 湖畔でヤドリギの写真を撮りました、落葉している時期は目立ちます。

050

少し引くと

051

ちょっと待ったのですが残念ながら雲がかかった富士山ですcoldsweats01

|

« 乙武さんの話 | トップページ | おとめの桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヒトリシズカ初めて知りました。
花言葉「静謐・隠された美」名前と違って群生するとか・・・
ヤドリギも初めてです。
きっと今まで知らないから、見ても気付かなかったのかも?
ちなみに花言葉は「困難を克服する 征服 忍耐強い」

今日も一つ賢くなれたかなぁ~
忘れなければ・・・ですけどネwink

投稿: taka | 2013年4月 5日 (金) 23時32分

takaさん

花言葉までは知りませんでした、これでウンチク語れ(?)ますね、ありがとうございますhappy01

たしか西洋ではヤドリギの飾りの下でキスすると結婚するという言い伝えがあるとか、レンジャクという鳥が実を食べ広がるようです。
メゾンドゥ・カツラでシジュウカラがどうやら卵を交替で温め始めたようですwink

投稿: kattiiかあさん | 2013年4月 6日 (土) 09時34分

宿り木の画像しっかり見させていただきました。
たぶんこちらにもあるはずです。
暇になれば・・・・いつも暇ですが・・・・・・。
探してみます。
ありがとうございました。

投稿: Dra&長靴 | 2013年4月 6日 (土) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/51109260

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトリシズカ:

« 乙武さんの話 | トップページ | おとめの桜 »