« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

バックホーの点検整備

今日は急きょバックホーの点検整備をしてもらいました。私の双子の息子のひとりは幼い頃から車大好きっ子で、機械いじりが好き、それが高じて自動車専門学校に進み整備士になりました。高校生の頃からちょっと個性的なところがあり、親としては大学に進むばかりが道ではなし、本人の希望に任せました。自動車ではなく大型の重機やフォークリフト、ユンボなどの会社で整備をしており、久しぶりに電話をして暇な時にバックホーのグリスアップを頼みたいと言ったところ、夕方グリスガンなど用意して来てくれました。

アトリエログが完成した後で手に入れたバックホーはクボタの後方小旋回バックホーU-10という機種で、買ってから一度も点検などしていませんでした。

002

彼の会社の製品ではありませんがそこはやっぱりプロ、要所要所を抑えささっと点検する手際の良さに頼もしさを感じました。

003

小さいバックホーでも普通に依頼すると出張費、技術料などばかにならない金額になるらしいのですが「いいよ」とひと言、無料出張してくれましたhappy01。この子は産まれた時の体重が1360gの未熟児で貧血気味、出産したばかりの私から2回輸血をしました。普通は無理らしいのですが、医師から即OKが出るくらい元気で血の気が多かったようで、この時ほど健康であることに感謝したことはありませんでした。高校生くらいまでは私に似て華奢(元々はスレンダーだったのです、念のため) な子だったのですが、細いけれどがっしりと逞しい後ろ姿を見ておとなになったなぁと感じました。もっとももう30過ぎですから当然ですけど・・coldsweats01 

とうさんが渓流釣りで留守だったのが残念、車好きのふたりは話が合うんです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

Open Sesame

昨夜は相模原の家からも近い神奈川のグリーンホール相模大野で鈴木雅之さんのTour 2013 Open Sesameに行ってきました。ラブバラードを歌ったらピカイチのマーチンさん、以前から行きたかったコンサートですkaraoke

004

ハクション大魔王とのコラボで、ステージのセットもアラビアンナイトcrownを思わせるセットでした。テーマは恋の魔法heart02、愛、奇跡、勇気・・・観客の年齢層は高いupです。なのにオープニングからお約束のように立ちあがるのはやめて欲しい、前に立たれるといくらなんでもステージが見えないから立たなくちゃならなくなる、「座らんかいangry」と怒鳴りたくなりますっsign03 

でもね、やっぱり上手い、聴かせてくれますhappy02、ピアノ伴奏だけで歌い上げる「上を向いて歩こう」もさすがlovely、ニューアルバムからの3.11で愛するひとを失った心情を歌う「十三夜」も切なくてweep、お馴染みのバラード「ガラス越しに消えた夏」「もう涙はいらない」「夢で逢えたら」などなどはもちろん、80年代シャネルズ、ラッツ&スターのヒットナンバーは懐かしくてテンションが上がりました。

002

公演終了後、エントランスには「本日のセットメニュー」と題して楽曲の紹介ボードが、全23曲、軽妙なMCと併せて約2時間半の素敵なコンサートでしたnotes

普段コンサートだからって勢いでCDcdを買ったりしないのですが、今回は思い切ってnewアルバムと大震災後にリリースした「DISCOVER JAPAN」というアルバム2枚を買っちゃいました。

006

夜発で50'sの釣り仲間と渓流釣りに出かけるとうさんとは別宅で別れ、車の中で待っていてくれたワンたちを乗せてわが家までnightドライブでした。途中のコンビニの駐車場で買ったばかりのCDを開けてミュージックスタートnote、コンサートの余韻を楽しみながらあっという間に帰りついてしまいましたdash

マーチンさんは三年後には還暦だそうで、還暦ツアーをやりますと言われていました。私たちもふたり元気で還暦コンサートに行けるよう、このコンサートの想い出を語り合えるようOpen Sesame と願いをかけたのは言うまでもありませんconfident

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ユキノシタ咲く

朝は雨が残っていたものの昼頃から青空が広がりました。せっかくの晴れ間ですからワンたちと村営温泉に行きながら長めの散歩dash、はねっかえり娘のJuli も最近はリードなしでも時々立ち止まって私やkattiiを見るようになりました。

004

大きなワンコに近づいていこうとしたので急いでリードをつけましたが、少し歩けば綺麗な水辺に出れます。ほとんど河原の石の色と同じですねwink

平日夕方のspaは貸切おひとり様で得した気分、声高にお喋りするおばちゃんも突然キーキー叫ぶ小さなこどももいないのがいいです。

帰り道の道路沿いにびっしりと咲くユキノシタの花を見かけました。

006

雪がなくなってから咲くところにその命名の意味があるのでしょうか、毎年村営温泉に行く途中に見かける村の花だよりのひとつと言えそうですconfident

001

明日は数ヶ月前から楽しみにしていたコンサートnotes、チケット忘れたらシャレにならないので気をつけなくちゃ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

昭和の名曲

note 空に星があるように 浜辺に砂があるように ボクの心にたったひとつの 小さな夢がありましたnote

小学生のこども心にもしっかり歌詞を憶えている曲は検索したら1966年のヒット曲でした。先日ボサノバの小野リサさんがカバーしているのをラジオで懐かしく聴きましたear。小野リサさんのヴォーカルはほど良い脱力感が心地よく数日間つい口ずさんでいました。You Tubeで荒木一郎さんの当時の映像も視ることができるばかりか高橋真理子さんやハナレグミがカバーしている映像も視れる、やっぱりYou Tubeってすごいですねぇsign03

実は私荒木一郎さんて若くして亡くなったとばかり思っていたのですが、現在69歳でお元気だと知りました。

また当時は夢破れた淋しい歌と思いこんでいたのですが、それは違い短い曲の最後のフレーズは

note 春に小雨が降るように 秋に枯葉が散るように それは誰にもあるような ただの季節のかわりめの頃note

このさらっと綴られた歌詞「ただの季節のかわりめの頃」というのがいいheart02、カバーされて歌い継がれていくのは聴く人の琴線に触れるものがあるから、やはり名曲なのだと思います。

003

梅雨空が戻り、雨に煙る山並みを眺めながら懐かしい歌を聴くのもいいものです。ギターが埃だらけでしたけど・・coldsweats01

| | コメント (13) | トラックバック (0)

運気上昇か!

昨日お客さまをご案内して久しぶりに大好きな『雑器や・ふくろう』さんに寄って見つけたお皿は11センチほどの小さなもの。

005

この木はもしや朴の木ではsign02、やっぱり朴の木にしか見えない、私のために焼かれたようなお皿かも・・・と昨夜はこのお皿を眺めてはニマニマhappy02していました。我ながら幸せな発想の出来る性格で恐縮ですsign03

大きな白い花の盛りは終わってしまったけれど、朴の大木はわが家のマザーツリーで冬以外の季節はアトリエログの背景は朴の葉一色です。

001

これはガレージ傍のベビー朴の木、葉っぱのつき方開き方がお皿と同じです。このお皿がちょっと違うと感じたのはもうひとつ、ふくろうが描かれていないことだったのですが、お皿の裏にはちゃ~んといましたよgood 穏やかなクマさんを思わせる作家さんの遊び心にほっこりしましたconfident

006

人それぞれラッキーナンバーとかラッキーカラーとか幸運を呼ぶシンボル的なものがあると思いますが、わが家の場合私が昔から彫刻の素材にしていた朴の木のような気がします。ドリームジャンボは相変わらずかすりもしませんが、もちろんラッキーワンコはミニチュアシュナウザーですheart04

004

ブログに訪問してくださったあなたのラッキーは?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

地元観光案内

とうさんは所用があり昨日の昼過ぎ早めに相模原に戻り、私はにわか観光案内をすることになりました。昨日お会いしたばかりですが、大切な友人のお客さまで遠く奄美大島からいらして富士山を間近に見るのは初めてとのことでした。

あいにく雲が切れず富士山全体を見ることは出来ませんでしたが、いつも行くお店にお連れしました。『森のアルム』さんはオーストリア・チロル地方に隣接した北イタリアの素朴なお料理を食べれるカフェレストラン、おとぎの国から抜け出したような建物外観と季節の花いっぱいのお庭はどこを切りとっても絵になりますheart01

前菜はかぼちゃのムース、ゴルゴンゾーラ、茄子のチョコレート和え、パプリカマリネとか

001

メインはそば粉のパスタピッツォッケリと?(メモるのを忘れました)

002

003

ふたりで別々のものを頼んで半分ずつ分けていただきました。おそばは手打ちで太くて短い麺でどちらも食べ応え充分ですdelicious

女性なら誰でも好きな雑貨・小物のお店を見て、「雑器やふくろう」さんにも寄りわが家に戻りcafeしました。

004

この季節はテラス席chairが一番気持ちがいいので花を飾って歓迎バージョンです。奄美では台風の時は停電に悩まされること、ハブやマングースのお話、ウニなど海からの贈り物や島独特の味噌、塩、お料理のことなど文字通り「所変われば・・・」です。お知り合いになったKさんは奄美で和カフェを開いていらっしゃるそうで、いつかゆったりと時間の流れる島を訪れまたお会いできたらと思いましたconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ほおずき普及活動

ささやかなわが家の畑で一番元気者の食べれるほおずきの苗は他の野菜をしのぐ勢いです。日に日に成長して、もう小さな黄色い花がつき始めました。余程この地に向いているようで、手間も肥料もかからず秋までたくさんの実をつけてくれます。

わが家だけでは勿体ないのでお知り合いの皆さんに黒ポットに移して育ててみてくださいと差し上げています。

178

生でも食べれますし、冷凍すると食感が変わってフルーツアイス、煮ればジャムやデザートに掛けるフルーツソースにもなります。たくさん出てきている苗を間引きして栽培面積を増やすためにガレージの草屋根にもスペースづくりです。

ムスカリの球根は3年に1度くらいの割合で掘り上げるのが良いそうですが、秋まで場所を空けるために覆いつくそうとするような芝生切りと球根の掘り上げをしました。

184

知らない間に撮られていた私、いい加減作業に飽きているところでした。

雨上がりは草花がいきいきしています。

179

合わせたい所にピントが合っていないラベンダーは昔富良野から持ち帰ったラベンダーが挿し木で増えたもの、やはりこの土地に合っているようです。

182_2

レモンタイムの花はあまりにも小さく可憐ですが、花壇から溢れるほど仲間を増やしています。

183

畑に空き場所がなくて深めのプランターに分散して植えた落花生から発芽しました。カラスに突かれないよう見張り番もおりますdogdog

お昼は自称「幻の石窯ピザ屋」さんでピザを焼いていただきテイクアウト、楽ができて美味しい嬉しい焼きたてピザを心ゆくまで堪能させていただきましたdelicious

187

お昼の片づけが楽だと午後の作業再開もスムーズです。良く食べ良く働くをモットーにねwink

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏の薪ストーブ

若干肌寒いものの暖房するほどでもない雨の日です。月曜日塗装作業が終わった勢いで薪ストーブの灰を出して炉内を綺麗にしました。

とうさんが「お気に入り」に入れているファイヤーサンドの「薪ストーブエッセイ・森からの便り」は川上村で自給自足的田園生活を実践し続けている作家・田渕義雄さんの四季折々の薪ストーブ、自然暮しに寄せるエッセイが興味深いサイトです。

バックナンバーの6月のエッセイでストーブの扉を外して暖炉として使ったり、吸気口ダンパーを開けておけば室内の空気が対流して自然に換気ができると書かれています。煙草吸いのとうさんは気を使いながら薪ストーブの前に座りsmoking、煙が吸い込まれて煙突から抜けていくupので調子がいいそうです。そうそう田渕さんの庭のゲストハウスにはわが家と同じボルドーレッドのイントレピットⅡがあるらしいです。小さなわが家では立派に主役ですけどねwink

002

工事をお願いした薪ストーブ屋さんからいただいたファイヤーサイドの2013年カレンダーは田渕さんの詩と伊東考志さんのイラストがシックで素敵です。

004

川上村は日本のヨセミテとも言われるクライミングのメッカ・小川山がありよく通った所です。最近はご無沙汰ですが、田渕さんのエッセイにしばし思いを馳せましたconfident。ちょうどわが家の花壇にも園芸種ではないオダマキが咲きだしました。

006

| | コメント (8) | トラックバック (0)

蒸してます

晴れは昨日までの予報に母屋の塗装の残り面を頑張って終了、ついでにアトリエログテラスの手すり、ロフトテラスの床まで塗装、ノリノリヌリヌリですcoldsweats01

今日は相模原までひとっ走りdash、シュナ友yumeさんへのお届け物は2番目のお孫ちゃん用のスタイです。元気な男のコでやはりヨダレ番長とのこと、今回はリクエストで3cmほど長めに作りました。身近に赤ちゃんがいないのに、数えてみたらスタイの製作数が10枚以上になりました。

006_5

左側のポケット付きは食事時のエプロンで、後ろはサテンのリボンでずれないよう結べます。

002_17

少しずつ1枚1枚違います。

依頼品のバッグ、ポーチを手がけながらサングラスケースを試作してみました。

001

中袋に芯を張るなどもうひと工夫しようと思いますが、端切れ利用で手軽に出来そうなので次回クラフトフェア用にいくつか作る予定ですhappy01

結局帰宅するまで雨は降らず、晴れたらやっぱり外仕事を片づけたいし依頼品はなるべく早く作りたい・・・まさかこのまま梅雨明けしないですよね~sprinkle

| | コメント (6) | トラックバック (0)

メロンこわい!

週末頂き物のマスクメロン2個入りをとうさんが持ち帰ってくれたのですが、私が買って来たメロンがすでに冷蔵庫の中にあり先にそちらを食べ始めました。連日頑張って食べてから頂き物を切ったら、熟していてすぐ食べた方が良さそうです。今日はひとりなので1/2個をスプーンですくって食べることにしました。

002

メロンは好きな方ですが、結構食べ応えがありましたdelicious。まだ丸々1個残っており明日も半割メロンを食べることになりそうです。

前々日また台所に小さな蟻が大量発生して大騒ぎだったのですが、その原因が今度はどうやらメロンだったようです。翌朝畑の隅のコンポジストに入れようと三角コーナーに置いていた甘い果汁や皮が呼び寄せてしまったらしく、サドルノッチの隙間から列をなして蟻が侵入してきて広がり、足や腕にまで這いあがってきましたdespair。ワンたちがいるのであまり殺虫剤を噴霧したくなくてクルクルロールで張り潰しました。侵入口らしい所にはピンポイントでアリフマキラーを注入、翌日掃除機をかけましたsweat01

004

蟻もメロンが好きなんでしょうねぇ、夜でも食べた後の皮は即コンポジストに投げ込むようにしました。

いつの間にかグミの実が色づいているのに気づき熟した実を採りました。いつもそのままにしておきましたが、今年は収穫した実を冷凍しておきまとまったらジャムにしようと思います。

005

メロンはジャムにならないのかしら・・・ふと思う今日この頃ですconfident

| | コメント (12) | トラックバック (0)

スローフードあくまき

週末は天気の回復を待って母屋塗装の続きを計画していたのですが、予報がハズレてやっと雨があがったのはお昼過ぎでした。作業も半端なのでワンたち散歩と「紅富士の湯spa」で骨休めしてきました。ちなみに積雪の富士が赤く染まった状態を紅富士、雪がない夏の富士が赤く染まったのを「赤富士」と云いますfuji

009

山頂付近の雲がなかなかきれませんでしたが、富士山の雪も随分融けて五合目より下の樹林帯は緑が一層濃くなったように感じましたclover

いつも親しくしていただいているNさんご夫妻の奥様の故郷奄美のお菓子「あくまき」をいただきました。あくまきは灰汁巻き、灰汁につけておいた餅米を竹の皮に包んで茹でた餅菓子です。べっ甲色でもっちりとした食感にきな粉や黒蜜をかけて食べるそうで、ミネラル豊富なアルカリ食品らしく、美味しくて身体にも優しいスローフードだそうです。

006

もっちりなので包丁ではべとついてダメ、糸を使うとすっぱりと切れます。きな粉と黒蜜をかけるところは山梨の信玄餅にも似ています。私の出身地静岡の安倍川餅はやはりお餅にきな粉をかけるお菓子ですし、以前山形出身の方から同じようなちまきとウグイスきな粉をいただいたことがありました。あくまきは秀吉の朝鮮征伐の際の兵糧だったとか西郷隆盛が西南戦争の保存食にしたとか受け継がれてきた食べ物のようです。濃い目に淹れたたっぷりの緑茶japaneseteaとカナダで買ってきたメープルシロップではなくバーチシロップ(白樺)があったのでかけて美味しくいただきましたdelicious

今きな粉は注目されている食品のひとつ、きっと少しずつ形を変えて日本全国に同じような食べ方が伝承されてきたのではないかと思います。あなたのお近くではどんなスローフードがありますかsign02 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地味婚・なし婚

今年は3月、5月と姪っ子ちゃんの結婚式があり、それぞれとてもいいお式と披露宴でした。広い会場にはスクリーンがありエンドロールでは撮影したばかりの映像と新郎新婦からの感謝の言葉が編集されて流され余韻を残してお開きになる趣向、ブライダル産業も日進月歩だなぁなんて感心したものですconfident

一方最近は身内だけで地味にお金をかけない結婚式は「地味婚」、式を挙げないのは「なし婚」というらしいです。本日は何を隠そう私たちの結婚記念日heart04なんですが、なし婚の地味婚でした(ある意味時代を先取りしてるかも・・・)。ふたり共再スタートで、若い頃それなりに結婚式を経験しているので元より形にはこだわらず、2008年6月ヨーロッパアルプスに沿って西から東へレンタカーで旅をした折マッターホルンの登山ベースとなるスイス・ツェルマットの教会に立ち寄りました。

028

029

6月のヨーロッパの山は花の季節、梅雨はありませんが天気はsunが続く時とrain続きの周期があります。ちょうど明るいけれど小雨模様で、観光客が行きかうメインストリートなのに街の中心部の教会を覗いた人っこひとりいません。ほんの10分ほどお邪魔させていただき、聞いたことのある誓いの言葉を交わしそれをもって結婚式としました。地味婚ですconfident

024

この教会、裏の墓地にはかつてマッターホルンやモンテローザ、ブライトホルンなど山で逝った名だたる登山家が永久の眠りについており、その足跡や人柄を表すモニュメントのような墓標が並んでいてとても興味深い場所でした。

数日は好天なしと判断して北イタリアのドロミテ渓谷に向かい、ユネスコ世界文化遺産の修道院など見学しながらキャンプ場に泊まり翌々日目的地のコルティナダンペッツォに到着しました。

052

ドロマイトという石灰岩に似た岩が創りだす独特の景観が広がるドロミテ渓谷のミズリーナ湖

055

日本から用意していった「JUST MARRIAGE」のカードを持って記念撮影camera、シャッターをお願いするとどの方もにっこりお祝いの言葉をかけてくださいましたheart01

098

簡単なルートを1本クライミング、ルートにはそれぞれルート開拓した人が名前をつけることが出来るのですが、このルート名アモーレでしたから英語で「LOVE YOU」でしょうかsign02 

とうさんが2週間の休暇を取れるのが6月、7、8月はハイシーズンで航空運賃がぐんと上がることもあり諸般の事情でジューンブライドでした。よく一生に一度だからと奮発する人もいますが、人生毎日が一度限り、今日もとり立てて特別なことなどせずいつもの土曜日は私たちにぴったりの「木婚式」でしたconfident

そういえば結婚指輪も無し、ringをする習慣がないので着けないものはいらない、どこかに前のプラチナ指輪があるはずだし・・・ってあまり女性的ではないですが、以前の写真ファイルを色々見ていてやっぱり想い出ってかけがえのない宝物だなと実感したのでした。イタリアからの帰りには晴れの周期でマッターホルンの基部までトレッキングしてきました。

139

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バックナンバー

本日はrain、梅雨空で半袖では肌寒いほどです。

以前義弟からもらった夢丸や夢丸の別冊「ログホーム」のバックナンバー、8年ほど前のものですが「メンテナンス大百科」とか「エクステリアDIY入門」の冊子付録がついていました。大事に本棚に収まっていたのか新刊のようです。

002

メンテナンスのカビ取りのページにコーンブラスターのことが載っていました。トウモロコシの芯の粉でログ表面を削り取る方法で、見違えるほど綺麗になると聞いたことがありますが、施工には特殊な機械が必要なのでやはりdollarがかなりかかるようです。

003

今週は梅雨ウィークなので先週末に二面だけでも塗れて良かったですhappy01

004

やっと畑のジャガイモ・メークィンの花が咲きました。ラベンダーは週末見頃になりそうです。

001

雨の止みめを見ながら早めの散歩では野バラが満開でしたconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ほど良いお湿り

週明けの午前中は涼しくなにやら雨風の気配、正午前からrainが降ったり止んだりの天気でした。今回はキシラデコールで再塗装していますが、半端に残っていた塗料ウッドガードで外置きの三段棚と育苗箱、ベンチなどを屋根の下で塗りました。

昨日は休憩をしている暇もなかったので、とうさんには悪いけれどひとりでの~んびりお茶japaneseteaしました。

003

山梨の定番お菓子桔梗屋の「吟造り信玄餅」は最近話題のちょっとこだわりのお菓子です。従来の信玄餅と違い賞味期限が短いので直営店のみでバラ売りもしていません。食べ方は容器からきな粉をまぶしたお餅の真ん中を一旦取り出してそこに蜜を入れて食べます。風呂敷はお餅を取り出す時きな粉が落ちても散らからないためのようです。蜜は従来品の黒蜜ではなくアカシヤ蜂蜜と黒蜜を合わせたものらしく美味しいですdelicious

004

昨日までの日付でしたがもちろん一日くらいは許容範囲内で食べました。

002

この季節には自作の紫陽花コースターがぴったりです。20代の頃自分で朴の板を9cm四方に挽いて紫陽花の花と葉を図案化して彫り、父に漆で塗ってもらったものでゆる~い小品ですが愛着があってずっと使っています。花を写実的に彫るのも良いのですが、私は形をちょっとデフォルメしたりアレンジして図案にするのが好きです。最近は彫刻刀よりも針をもっていることの方が多いのですがどちらも手仕事、またこんな風に板から自由に作る鎌倉彫もいいなぁなんて思いますconfident

001_2

先日村営spaで村のホタルまっぷなるものをもらってきました。ゲンジボタルとヘイケボタルがゆるキャラになっていてどこでいつ頃見ることができるかが載っています。それによるとちょっと大きめゲンジボタルは例年6月中旬~6月下旬、ヘイケボタルは7月上旬~8月上旬だそうです。村民2000人にも満たない小さな村にもゆるキャラがふたり(?)もいましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やるっきゃないか!

梅雨が休みっぱなしのsunなので昨日今日と母屋の塗装をしており、現場8時でほぼ職人さんのような仕事開始でまたまた疲労困憊ですsad。2006年に建ててから日当りが良い面やハネが上がる下周りなど部分的に塗装していましたが、全面的にやるぞというのは初めてです。以前からやらなければと気になっていながら他の作業を優先していました。

想えば建てた翌年には露天風呂&囲炉裏つき東屋を建て、houseが小さいので収納小屋とバイク小屋(今は農機具や資源ゴミ収納に利用)を作り、庭の敷石整備、畑づくりや石窯づくりなどいつもなにかしら作り続けてきました。2008年秋には檜丸太を100本買ってアトリエログのセルフビルドにチャレンジ、1年かけて小さいながらもラウンドノッチの丸太小屋を完成させました。2011年秋から単管で組んで小屋掛けしただけだった作業場を建て替え、残った丸太や間伐材、製材の端材などを使って木工作業場&ガレージづくりを始めてこれも1年で完成させました。春先には薪運びに薪づくり、ぼ~っとしていたわけではなく再塗装している余裕がなかったのですcoldsweats01

日焼けした外壁には黒いカビのような点々が

005

ディスクサンダーや何種類かの研磨材を試しました。台所などで使うボーンスターという金属を織り込んだ繊維の固まりが結構使えました。

006

カビと一緒に前の塗膜片を落したところです。ディスクサンダーも研磨材も力を入れて使うので楽ではありませんsweat01。再塗装は塗るまでの下準備が大変なのだと実感しました。業者に依頼したらン十万円はかかるはず、そんなお金があったら他に使いたい(例えばサンフランシスコでレンタカーを借りてでヨセミテ国立公園までドライブ、ハーフドームのビッグウォールを観るとか)です。

007

身軽なとうさんはこんなことupwardright あんなことdownwardleft、ホントは足場を組まなくては危ないのですけどね、元クライマーですからこなせるのかと思います。

010

先日軒下から巣立ったヤマガラの巣ももうお役御免、触るとフカフカです。

009

小さい家ですが2日間で全部は無理、残りは来週に持ち越しましたが、なんとかメドが立ちました。

003

塗る為に邪魔な物をどけたらこの際不用な物を処分、整理してすっきりもいいかなと思います。また仕事を増やすような気もしますが、平日は自分のペースで進められるのでぼちぼちアトリエログの柵なども塗り直そうかと考え中、晴れはまだ続きそうですねhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

kattii 9歳になりました

今日はkattii の誕生日、9歳になりましたhappy01

011

人間にすればほぼ私たちと同じ年頃です。4歳の時に里子でいただいてから5年目、横浜のマンション暮しよりこの山里で私たちと過ごす時間の方が長くなりました。

こどもの頃、手塚 治さん作だったと思うのですが人の寿命を砂時計になぞらえた漫画がありました。ちょっとこどもには怖いようなストーリーでしたが、なぜか記憶に残っています。私たち人間とワンコの命の砂時計は大きさも砂が落ちる早さも違う、2ワンと共に暮らすようになって成長と成熟、やがて訪れる老いを意識するようになりました。彼女たちの1年は私たちの6年、追いついて追い抜いていってしまうのならせめていつでも一緒に、健康な幸せワンコでいて欲しいと誕生日という区切りの時に思いますconfident

015

kattii が好きなこと、散歩の時なぜか立ち止まって私を先に行かせ、振り向いて名前を呼ばれたら最初は並足でだんだん駆け足dashになって追いついて誉められること、何回かそんなことを繰り返しながらノーリードでのんびり散歩をしている時は笑っているような表情をしています。少し短足気味でも顔が大きめでも、表情豊かで初対面の時と変わらず可愛い大切な家族ですheart01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

なんとかの皮算用

003

恩賜林公園から見える今日の富士山は随分雪が少なくなりました。

畑のジャガイモも今年は無事収穫できそうですが、昨年長い期間収穫できた食べれるほおずきがこのところ畑のあちこちに出てきました。そのまま食べても甘く、ジャムを作ったり楽しめ、特に草屋根の上の実は収穫しやすく虫の被害にも遭いませんでした。昨日は畑の夏野菜のすき間を埋めるように出てきた苗を草屋根に移植しましたbud

004

こんな区画が5ヶ所くらい、まだまだ苗が出てきているので今年はちょっと気合を入れて更に畑からプランターに移植するつもりです。ある番組で食べれるほおずき・スィートキャンディーを乾燥させたドライフルーツを見たので作ってみたいと思っています。小さいけれど甘味が凝縮して食べやすく美味しいものが出来るのではと期待しています。

厳密にはわが家の敷地ではないのですが、道路脇のほぼ専有している所で菊芋が成長中です。昨秋雑草を退治して埋めておいたものがばっちりでした。

007_2

秋になるとぐんと背が伸び黄色い菊のような花が咲くので今から楽しみです(他人様の土地ですけど)note。菊芋はメタボ対策で注目される健康野菜、甘酢漬けにしてもきんぴらにしてもok、収穫したものを食べれるって嬉しいものですdelicious

006

元は2、3本のバラの挿し木から成長したバラは年々増えて、今年も蕾がいっぱいです。お金をかけなくても楽しめる暮しは好きですheart01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

成果主義

梅雨入り宣言されたけれどsunsun、勿体ないので毎日作業の努力目標をメモって完了したら=で消すようにしています。主にチマチマした庭仕事で、今日は気になっていたヒメシャラの根元の笹の刈り込み、際刈りの出来る園芸バリカンを使います。

刈り始めてすぐ「やっちまった~bearing」、気をつけていてもついやってしまうのがコード切断sign02 火花が散ると中の電線までOUTですが、今回はオレンジ色の外側だけで済みましたcoldsweats01

002

ビニールテープで補修して作業再開dash、ブルーベリーやフサスグリの根元にまで侵略していた笹を綺麗さっぱり刈り込んで気分爽快ですscissors

004

百均で見つけた園芸用膝当てと日よけ帽子、涼しい朝と午後3時を過ぎて西側の林のおかげで涼しくなってからの外仕事です。

とっくに花が終わってカットしなければと思っていたムスカリの茎を切りました。花壇と芝生のすき間と草屋根の上とで随分たくさんありました。球根が大きくなるように葉はそのまま残しますbud

003

フェンスに沿って植え付けたバラの挿し木にバラ専用肥料を与え、毛虫をチェックhairsalon、草取りもしつつ周りを見渡してhappy01、目に見える成果は大事です。

ワンたちの夕方散歩の途中見つけた野草は

005

「フタリシズカ」だと思われるのですが、通常花穂は二本らしいのですが三本、四本とついています。トリオ・デ・シズカ sign02

明日は落花生の種を植えますgemini

| | コメント (8) | トラックバック (0)

kattiiねえさんのブロク゛

ウチのとうさん、かあさんは昨日から薪づくりを頑張り過ぎてお疲れモードです。昨日なんか夕方の散歩も無しで省略されてしまいましたdownhouseの周りを3周くらいすればいいでしょみたいな感じで、アタシたちの楽しみの散歩なのに・・・sweat02

今日は昨日もちょこっと一緒に遊んだマルチーズのmixちゃんのマルちゃん♂と遊びました。彼は8ヶ月とかで人間にしたら高校生くらいでちっともじっとしていないので熟女のアタシとしては世代の違いを感じちゃいました。

001

ジュリも顔負けするくらいかあさんの持っているおやつに向かって迫りまくるし、都会っ子で「待て」もできないけど気取っていないところは可愛いわheart01

いつもはひとりでお留守番しているらしいから、お休みの日はいっぱい甘えて、遊んでもらう嬉しい日なのね。またお姉ちゃんが遊んであげてもよくってヨbaseball

004

ここは都会と違ってとても気持ちがいい所だからアタシたちは幸せ、ウチには時々大きいコや小さいコいろいろなワンコが遊びに来るけどみんなここが好きになると思ってます。

薪の棚がいっぱいになったので、ホッとして今日は散歩に連れていってもらえました、よかったワンnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

疲労困憊空前絶後

今日から6月、予報が良い方に外れてsun、ログスプリッターで山積みの玉切りを薪にしました。修理ではなく結局新品の少し破砕力がアップした機種が交換で届き、これから暑くなる季節を前に一気に薪を片づけてしまいところです。

朝8時前に始業開始soon

001

試運転の感想は、前の機種とほぼ同じだけれど無駄な部分がなくなった分だけ軽くなったかもだそうです。

005

ずっしりと重い広葉樹の直径50cmくらいの玉切りは、バックホーで上げて載せます。

006

ピシッと音をたてて割れました。おそるべしログスプリッターsweat01。でも効率が良いのはありがたいのですが薪運びと薪積みは人力なんですから追いつけませんwobbly。使っていく薪のローテーションを考えながら置き場のスペースを空けて積みましたが、一本一本が重くてバテました。へろへろのよれよれです~bearing

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »