« 青年老い易く | トップページ | 桃源郷再訪 »

夏はいずこへ

ここ数日の空模様は気まぐれどころではなく、夏はどこへいったのでしょうsign02 「今年は変」が年ごとに加速していくような違和感がありますね。

とうさんは先日見つけた岩魚の桃源郷の更に気になる所を見に出かけたので、私はいつもどおり・・・ 心ゆくまで針仕事ができました。年に2回春秋開催のクラフトフェアですが、すぐに出来る物ではないので少しずつ作り続けています。前回注文していただいた物も約半分は納品済み、とにかく在庫がほとんどなくなってしまったので直前になって大慌てで作ることにならないよう小物づくりをしています。

111

サングラスケースeyeglassの仕上げをしてカシャリ、ちょっと大きめの端切れ利用です。試作した物がちょっと柔らかすぎたのでキルト綿を変え中袋に芯を張って、今時のラウンドしたサングラスも入るように作ってみました。

113

いろいろなパターンで横長ポーチも3個出来ました。

114

いつものコロっとしたポーチはラメ糸を使いきらきらshine

とうさんの夏休みは遊びに行くので作れる時に作っていかなくては・・・と今のところ計画的に進めております。

昨夜は心待ちしていたBSプレミアム「浜田省吾・僕と彼女と週末に」スーパーライブの放送が午後10時50分から1時間半ありました。唯一オフィシャルファンクラブに入会していた浜省、代々木、武道館、横浜アリーナ、とうさんと一緒に行った長野のビックハット・・・コンサートの想い出は数知れません。ファンクラブに入っていてもチケット購入で優遇されることはほとんどないのでいつもやっと手に入れたプラチナチケットでした。

「僕と彼女と週末に」はレコード時代の古いアルバムのラストに入っていた曲で、若い恋人が海辺で過ごす週末に見た放射能に汚染された海、打ち上げられた魚、時代を予言したような楽曲でした。スクリーンいっぱいに描かれた碧い地球がさっと落ちた一瞬、鳥肌がたつような思いと共に始まったコンサートは10数年経っても記憶に鮮明です。歌詞の中の「君を守りたい ただひとつの~」の君は彼女ではなく地球のことです。

今回のツアーでスクリーンに映し出された3.11当時の瓦礫と佇む人々、自衛隊の懸命な活動に胸塞がれる思いをしました。忘れてはいけませんね。

浜省はテレビに出ない、レイバンのサングラスを外さない、プライベートは明かさない、ブレない姿勢はずっとそのまま、永いつきあいです。

003

ちょうど午前〇時、センターステージに変えてアンコールに応えるのは広いアリーナツアーの楽しみです。最後のテレビ出演と言われた放送ですが、再放送やオンデマンドでも視られそうです。昨夜はひととき久しぶりの浜省サウンドに浸りましたconfident

|

« 青年老い易く | トップページ | 桃源郷再訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一日数回チェックしているkattiiかあさんのブログなのに
今頃気づいたUP記事でしたbleah

チョッとシックなサングラスケースは男性でもokですよネ~
爽やかな横長ポーチにバックの緑が似合う可愛い形のポーチなど
どれも欲しくなるモノばかり・・・lovely

文面を読み、浜省をずっと愛し続ける
kattiiかあさんの熱い気持ちが伝わってきますconfident
かあさんの足元にも及びませんが
私の青春時代のアーティストである「浜省」
久しぶりに聴きたくなりましたmusic

投稿: taka | 2013年7月30日 (火) 21時19分

浜省のサウンドは心地よく耳に入ってくるので僕も好きですよnote
テレビに出ないって、一時、拓郎や泉谷しげる達が言ってましたが、今や出放題・・・(笑)
頂いたスタイは孫と共に京都市内へ帰って行きましたweep

投稿: 亀仙人 | 2013年7月30日 (火) 23時21分

takaさん

先日アドバイスいただいたeyeglassサングラスケースの吊り下げられるフックは男性向きのものに着けようかと思ってますconfident

浜省、昨年12月に還暦でした。シングルカットされていないちょっとメッセージ色の強い楽曲が今回5カ国語の字幕付きで歌われてまして興味深かったです。
ラブバラードもやっぱり好きですけどネheart01

投稿: kattiiかあさん | 2013年7月31日 (水) 08時26分

亀仙人さま

お孫ちゃんはお盆までいられることと思ってました。毎日見ていた可愛い寝顔や笑顔・・・寂しくなりましたね。

気を取り直して暑さに負けずガンバhappy01、ところでブログ更新できるようになりましたかsign02

投稿: kattiiかあさん | 2013年7月31日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/52651630

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はいずこへ:

« 青年老い易く | トップページ | 桃源郷再訪 »