« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

九月も終わり

朝晩ぐっと涼しくなりました。渓流釣りも九月末で禁漁(神奈川県以外)です。今シーズン最終なのでとうさんは金曜夜から南アルプス南部の源流に入渓しました。

Image

テンカラ釣りは生涯を通じての趣味です。私の目下の趣味はハワイアンキルトで、クラフトフェアに向けて制作中です。やはり女性の目を惹きつけるのはバッグということで、仕上げたバッグは

004

内側はひっくり返すと

005

実は内側に使っているハワイアンプリントの方が高いのですが、自分が使うのだったら綺麗なプリント地の方が楽しいと思いこだわって選んでいます。先に出来ていたバッグも

011

012

秋らしくティーコゼーも1つ作りましたcafe

003

アクセントでククイというハワイの木の実をトップに付けてみました。今週はもう少し小さめのトートバッグを仕上げる予定もあり、まだまだ忙しい日が続きますcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

採り頃が難しい

今日は朝から青空が広がり秋晴れsun、買物帰りの散歩中の富士山は

005

初冠雪はまだのようです。

母屋裏に置いたホダ木の椎茸は数日続いた雨で巨大化していましたwobbly。雨が降る前は

001

採ろうかどうしようか迷ったのですが、もう少し大きくなるかもしれないとセコいことを考えたのが間違いで、傘が開いて大きくなり過ぎましたdown。大きいのがいいわけじゃないのに、なんだか舌切り雀の大きいつづらを選んだおばあさんみたいですネbleah

008

採ってアトリエテラスに広げました。

009

少し水分が切れたので、今日は干し網に並べて天日干ししました。

012

並べながら数えたら歳の数くらいありました。採り頃って難しいですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わんわんカート導入

昨日ネットで注文していた「わんわんカート」が届きました。どうも過保護みたいで軟弱っぽいし、買うならkattiiがもう少しばあちゃんになって要介護になってからと思っていました。

早速組みたてて試乗してみました。

004

先々週kattiiの年に一度のワクチン接種に出かけたところ、聴診器を当てたら雑音がするそうでエコー検査をすることになり、診断は『僧帽弁閉鎖不全症』いわゆる「心臓弁膜症」だとのことでした。犬の心臓模型とkattiiの脈打つ心臓heart02の画像を見ながら説明をしていただきました。そのまま気がつかなければ食欲、元気がなくなったり散歩を嫌がる、咳き込むようになり、最悪突然死もあるそうで、最近はこの疾患で亡くなるコが多いそうです。突然死なんてとんでもない、今回早めに見つかったことによって毎日直径5ミリくらいの薬を飲み定期的に診ていただくことで普通に暮らせることになりホッとしました。ただ若いJuliと一緒に飛び回っているのでは無理をしてしまうので、出かけた時などカートを利用しようと考え多頭用のカートを買いました。

003

向かって左側がkattiiです。ふたり共初体験で意外におとなしく納まっています。4歳の時里子でわが家に迎えたkattiiは横浜のマンションbuilding住まいから一転田舎の自然の中にやってきました。定年後のご夫婦に可愛がられていたのに奥さまがご病気で亡くなられ、飼い主さんは充分に世話をしてやれないと泣く泣く手放すことを決断されたようです。主の帰りだけを待ってマンションで飼いごろしのような一生は自分なら嫌だからと仰っていました。パピーの頃から育て4年も一緒に暮していれば別れはどんなに辛かったことか、察するにあまりありますweep。折にふれ元気でいることをお知らせしつつ、kattiiを引き受けたことは元の飼い主さんのkattiiの幸せを願うお気持ちもバトンタッチされたものと思っています。だから突然死などさせるわけにはいかないと強く思います。

007

人間にすればアラカンで立派におばちゃんですが、3.5cmの長いまつ毛に縁どられたクリクリの目と、光を受けてきらきら輝くシルバーの毛並も来た頃と変わらず愛らしいコですheart01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

チムチムリー♪

昨年は9月の内に薪ストーブに火入れしたとうさん、渓流釣りに忙しくて延び延びになっていた煙突掃除をやりました。昨日は土曜夜発日帰りで釣りに行った帰りにホームセンターでツーバイ材を買ってきて、煙突掃除の簡単な足場作りから始まりました。

大がかりなものではないけれど、安全に作業が出来なければ困ります。寝ないで考えたそうですが、ワンたちとぐっすり寝ていていつ考えていたのでしょうかsign02

127

煙突を挟んで屋根の勾配に合わせた2本の板を渡し、作業用のステップを固定して煙突の笠を外します。

128

ワイヤーブラシとロッド5本を繋げてススやタールを落します。落ちたものはほとんどススばかりでした。

129

上から見るとdownwardright

132

準備は大変ですがあっという間に終了、これでいつでも火入れが出来ますhappy01

来週は私の愛車カングーの車検ですが、ルノー4やBMWなどをお任せしているCワークスさんにお願いするので日数がかかります。当分の間また赤BMWと軽トラを交互に乗ることになるのですが、写真のように右サイドシートにふたり共おとなしく座っていてくれれば問題ないのですけどねcoldsweats01

009

| | コメント (6) | トラックバック (0)

獲れ獲れボトル

昨日設置した蜂獲りボトルは今日もスズメバチ君たちに大人気でした。

002

お酢とお酒、果汁の混ざり合った匂いにそそられるので、一番獲れるのは設置した直後だと思いますが、中身を入れ換えれば何度でも使えます。効果があるので「スズメバチ獲れ獲れボトル」に改名してもいいのかなと思いました。

昨日の話題とかぶりますが、椎茸は一日で更に成長しました。

004

きのこって面白いですね、ちなみにナメコのホダ木にはまだ全然変化がありません。昨秋突然大量発生した欅の根元の「ササゴ」も今年は見られません。村のあちこちで稲刈りをしています、桂の木がいつの間にか黄色く色づきはじめています、秋ですねmaple

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蜂獲りボトル

このところスズメバチが活発に飛び回って、うるさいったらありゃしない・・・ってことで久しぶりに蜂獲りボトルを作りました。所ジョージさんが「世田谷ベース」という番組で紹介していたもので、初めて作った時はあまりに獲れるので感激しました。

1.5Lとか2Lのペットボトルの上の方に数ヶ所カッターナイフで蜂が通れるくらいの窓を作ります。大き過ぎると入ってもまた出ていってしまいます。お酢と日本酒は同量、果汁少々をボトルに入れて出来上り、ヒモで吊るすか立てておきますgood

005

蜂がそそられる匂いを発散するらしく、すぐ寄ってきて第1号スズメバチゲットscissors。もう1本は日本酒の代わりに焼酎で作ったサルナシ酒を入れてみました。粘度があるのかサルナシ酒入りの方が蜂の動きがすぐ鈍くなります。

007

昼前にセットしたのですが、夕方には2本合わせて15匹ほどのスズメバチが入っていました。

013

大きいものは3cm以上もあり獰猛な顔をしています。ある程度平和的にスズメバチを駆除することが出来ますので、お試しください。

新たに椎茸の菌を打っておいたホダ木から椎茸が出てきているのに今朝気がつきました。

003

004

少し細めのホダ木ですが、これからどんどん出てくるはずです。食べ切れない分は干し椎茸にしていますが、それでも多いです。道の駅の産直コーナーのメンバーになって出荷しようかな、でも「私が作りました」なんて顔写真shadowと名前入りのシールかなんか貼っちゃうのは恥ずかしいしcoldsweats01、何かいい活用方法があったら教えてくださいませhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

販売促進作戦

来月のクラフトフェアに向けていつも寄ってくださる方、日時を知らせてねと言ってくださる方に案内状を作ることにしました。前回は「クラフトの会」で作ったチラシをお送りしましたが、今回は私のオリジナルDMです。まずアトリエログのテラステーブルに適当に選んだ完成品を載せてcamera

003

この画像を使ってdownwardright

004

インクジェットのハガキ用紙にプリントアウトしました。微妙なニュアンスの生地を使っていますので実物はもっと深みのある色あいです。

今は少し焦り気味にバッグを数点並行して作っていますが、今回は村友Yさんの作ったリースなども出すことになりました。

005

006

今日昼前に打ち合せ会があり、当日の場所決めなどしました。いつも数人しか集まらないのにいつもより集まりがいいのは役場の産業振興課の担当者さんが熱心にやってくださっているからかもしれません。ハワイアンキルトを習いたいと言ってくださる方もいて、自己流で細々と始めたハワイアンキルトが少しずつ浸透してきたのかと嬉しく思いましたconfident

やってみたいと思っていらっしゃる方用に作り方付きの簡単な手づくりキットを何点か用意してみるつもりですclover。三連休はやること満載ですcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大雨通行止め

出たとこ勝負の気まま旅は蓮華温泉から八方尾根が見える松川の河原に移動して幕営、まだ雨は降ったり止んだりでした。夕食は富山の道の駅で買ってきた「ますの寿し」です。

031

駅弁でも人気がありますが、こどもの頃父が出張のお土産でよく買ってきてくれたので富山の「ますの寿し」は大好きですdelicious

121

これはまだ本格的に雨が降り出す前、夜半ずっと雨音が聞こえていましたが翌朝まだ薄暗い内にテントの床面がプクプクのウォーターベッド状態なのに気づきました。テントマットは二重にしていたのですが、地面の保水力がキャパを超えてしまったようで、さすがにヤバいと思い山用の雨具を着て外へ出ました。タープもありフライシートを張り気味にしていたので本体にはまだ浸みていませんでした。5時頃ワンたちを車にほおり込みさっさと撤収、あうんの呼吸で速いですdash

ラジオの台風情報では昼前後に関東・甲信地方に上陸とのことで、とりあえず速度50km規制の長野道から中央高速に乗りました。長野地方に竜巻注意報が出ていて所々風が巻いていたり吹きつける雨が半端ではありません。他の車がはね上げる水しぶきと激しい雨音の中を風であおられながらやっと山中湖まで戻ってきました。もう少しで村境の峠という所で「通行止め」のゲートが閉められていました。警備員さんがひとりついていてたとえ緊急車両でも通してはならないと言われている、鍵は預かっていないと言われました。土砂崩れの危険箇所があるからゲートが開くのは全線安全が確認されてからだろうとも・・・「通行止め」になる前にと急いで戻ってきたのですが、少々遅かったようです。あちこちにあるゲートは知っていましたが、施錠されて全く通れなくなってしまうとはちょっとショックでしたbearing

家に帰りつくには遠回りして神奈川からと迂回して別の峠からも考えられますが、どうやらどこも条件は同じで通行止めになっているそうでした。お昼頃一時青空がのぞき雨が止んだのですが、台風の目だったようです。しばらくコンビニの駐車場にいましたが、近くの温泉で昼食をとり時間をつぶしました。ゲート前に着いてから4時間後、やっと通行止めが解除され、家まで2ヶ所のゲートを通りました。三連休の終わりはやれやれでしたcoldsweats01

034

| | コメント (8) | トラックバック (0)

波乱の三連休Ⅱ

馬場島のキャンプ場は滅多に混雑しない評判でしたが、夕方4時過ぎにいかにもファミリーキャンパーらしい親子4人連れが現われ、すぐ近くにいかにも真新しいコールマンのファミテンを取説を見ながら設営し始めました。他にも空いたスペースはあるのにとイヤ~な予感、更に遅れて友達家族4人登場で間違いなくイヤ~な確信に変わりましたgawk

118

キャンプ場の炊事場やトイレには利用上の注意に早出の登山者がいるので夜は速やかに休んで迷惑をかけないようにと明記されているのですが、幼稚園児から小学低学年のこども達が揃えば静かなはずがなく、案の定うるさいangry、深夜走ってきたので宵っぱりの私もテントで横になっていましたが寝れるはずもなく・・・ギリギリ午後9時まで我慢してひと言声をかけにいきました。「オンドリャ イツマデサワイドンジャ シバクゾ ボケpunch」くらい言いたかったのですが、「うるさいんですけど、9時までにしてください、お願いします」なんてとても穏やかに言いました、私も大人になったものです。「すみません」と返事が返ってきてその後静かになったので一件落着しましたが、しのごのぬかしたら山荘の管理人さんを呼んで白黒はっきりして説教してやろうと思っていましたし、そうなれば私より短気なとうさんが危ないんですbomb

翌朝は川の下流を覗きながら行こうと二家族がうるさくなる前に撤収して馬場島を後にしました。せっかくここまで来たので富山から日本海に沿って右上して道の駅「マリンドーム能生」の鮮魚センターとかにや横丁に蟹を食べに行きましたrvcardash

021

2ハイ買うと2ハイおまけで、桶にハサミとおしぼり、蟹スプーンの代わりに割り箸をセットで渡してくれます。目の前に広がる日本海を見る暇もなく、海に向かってふたり並んでで黙々とcancerを貪り食べましたbleah

糸魚川に戻りR148から蓮華温泉へ、蓮華温泉は上杉謙信の隠し湯と云われる標高1475mに位置する雲上の秘湯です。白馬岳への登山口のひとつですが、こちらから登ったことがないので初めて訪れました。とうさんもいつか行きたいと思っていたとのこと、6月下旬まで残雪のため閉鎖されているので思い立って行ける時がいいタイミングです。

029

一軒宿のロッジから歩いて15分、4ヶ所の異なる泉質のシンプルな湯船が噴煙を上げる山肌に点在しています。いきなり現われるのが「三国一のspa」、酸性アルミニウム硫酸塩泉

024

一番小さくて、湯温が低いのでどなたも入っていませんでした。一番奥にあるのが「薬師のspa」、酸性硫酸塩泉。ちょうど後ろから登ってきていたオジサン2人と私たちの4人で入りましたが、いい湯加減でした。

025

少し下った所にある「仙気のspa」、単純酸性泉にもいい湯加減で見晴らし良好、少しにごり湯です。

026

離れた所にある「黄金のspa」、マグネシウム炭酸水素塩泉

027

028

ナナカマドの赤い実が鮮やかでしたが、もう少し秋が深まったら紅葉の中の露天風呂はきっと最高だろうと思いますmaple。雲上の露天風呂の夜は文字どおり降るような満天の星空だそうですnight

| | コメント (10) | トラックバック (0)

波乱の三連休

金曜夜、天気予報を気にしながらも出発しkattii一家が向かったのは富山県上市町の馬場島でした。交替で運転して一気に現地に着いたのは午前2時頃でした。馬場島というのは白萩川と立山川が合流する平な土地を意味しているそうで、少し下ると早月川と名を変えます。この川は度々氾濫するので漁業権が存在しないけれど岩魚がいるらしい・・・というのでとうさんは気になっていたようです。

008

馬場島の標高は750mで2999mの剱山頂までの長い早月尾根はと北アルプス三大急登と呼ばれており、登山ベースのキャンプ場は上市町が無料開放しています。

009

テントを設営して朝食を食べていると朝の光の中に一斉に芒の綿毛が舞い上がって綺麗なこと、数十分の光のショーのようでしたshine

漁業権のない川というのにフライマンやルアー、餌釣りの釣り人多数の激戦区、そんな中でもとうさんの釣果はあるにはあるのでしたが、可愛いコばかり

110

112

7寸以下のコにもてたようですが、お姉さんやお母さんサイズになる前に大水で流されてしまうようです。大きく成長してくれるようにもちろんリリースしたそうです。

私はテントサイトでのんびり針仕事、というか来月のクラフトフェアに向けて時間が惜しいので小物づくり用に少しだけ持っていきました。

006

当初とうさん単独釣行の予定でしたが、馬場島行きと聞いて着いていくことにしました。私の目的は剱岳・北方稜線を遠望すること、想い出深い所です。

019

一番高いピークが剱岳山頂2999m、向かって左側の少し下がったとんがりがドーム、切れ落ちた所が三の窓、小窓の王、小窓の頭、台形に見えるのがマッチ箱と呼ばれています。剱岳山頂から派生するこのルートは「北方稜線」と呼ばれていて、一般登山道ではなくある程度岩登りが出来て、何よりルートファインディングが出来ることが前提です。以前この稜線歩きをした時でしたが、途中濃霧でルートを見失い三の窓雪渓脇のガレ場で緊急ビバーグしたことがあります。4人パーティでしたが幕営の予定ではなかったので雨具を着こみ、ザックの中身を出して背面のクッションの上に寝るのですが、平ではないので段々身体が下にずれて寝心地は最低の長い夜・・・それでも「明けない夜はない」と自分に言い聞かせて過ごしました。翌朝は前日霧の中だった岩頭群が現われて、朝日を浴びた荘厳な景色の中にいることにわくわくしたものです。その後剱岳にはクライミング仲間だったとうさんと、同じ山岳会のSちゃんという最強メンバーと八ッ峰のルートを登攀したのですが、それは今でも素敵な想い出になっています。

今回久しぶりに北方稜線を見て、あまちゃん風に言うと「やっぱ北方稜線かっけぇ!」と思いました。ビバーグした翌朝尾根の下部まで下りてきた所で撮ってもらったらしい写真が一枚残っていました。足なんか暑くてたくし上げていますから相当疲れていたようです。

124

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三連休はどうします?

所用で出かけたり、手仕事も忙しくブログを更新している時間がありませぬ。オマケに三連休とうさんが出かける渓流釣りについていくことにしたので、出かける準備が大変ですsweat01

今回は携帯も圏外の山奥なのでキャンピングトレーラーは留守番、またテント泊です。一応食事が作れるように山用のコッフェル、食器を出して、しばらく使っていないので一応洗いました。

002

これだけあればご飯も炊けるしそこそこ調理ができます。網はシシャモやパンも焼けて便利、フライ返し、お玉は軽くて折りたたみ式です。

003

まとめるとこれだけになります。でもガスは安くてどこでも手に入るカセットコンロのガス利用、数日のことですがあまり不便を感じないよう、忘れ物がないよう準備しておりますcoldsweats01

001

車酔いしない旅慣れた彼女たちはいつでもスタンバイok です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋の花・オマケ

散歩道のトリカブトは一輪だけだった花が2日も経つとたくさんの花をつけていましたgood

003

トリカブトについては色々な逸話があるようです。養蜂家の方はトリカブトの花の蜜は警戒するそうですが、根や葉だけでなく花の蜜にも影響があるのでしょうかsign02 また庭の花壇に植えるものではないとか、ブスの語源は元々トリカブトの毒で神経マヒを起こして顔が歪んでしまった状態を指した言葉だそうです。保険金殺人に使われたりまがまがしいイメージで可哀想な花ですねthink

005

鹿の侵入を防ぐ鹿柵には「時計草」が次々に花をつけています。軽トラで通り過ぎては花に気づくことはありませんから、ぶらぶらとワンたち散歩ならではのおまけですwink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋の気配

昨日は二十四節気の「白露」で、「秋分の日」の15日前と云われています。一家揃って御殿場まで買物に出かけましたが、目まぐるしく変わる天気で予測がつきません。晴れ間をみて山中湖畔の交流広場「きらら」でワンたち散歩です。

001

005

006

夏山シーズンが終わった富士山はすっぽり雲の中で、誰にも見られず休憩中です。

007

いつもの散歩道では「クサボタン」の愛らしい花が咲き、紫色の「トリカブト」や、今日は道端に咲き始めた「彼岸花」を見ました。まだ残暑はあるかもしれませんが、雨があがったらがらっと空気が変わるように思います。

東京オリンピック招致決定の朝でしたね。7年後の近未来、この国はどうなっていますかねぇ、とりあえず元気でいたいものですconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

桃切りました

桃をいただきました。しかも山形蔵王を望むフルーツ街道から直送の「黄金桃」、白桃より少し小ぶりで果肉は黄色、実が柔らかいのにしっかりしていて白桃より日持ちが良い綺麗な桃です。

001

入院中の義母のお見舞い用にすぐ食べれる桃のコンポートを作ろうと思い、色々レシピを検索していたら「桃の切り方」を見つけました。いつも適当な切り方で種の周りの果肉がもったいない、なにかいい方法はないものかと思っていましたが、これは「目からウロコ」の切り方でした。

002

まず縦に包丁を入れ、種に沿ってぐるりと切り目を入れます。

003

両手で持って逆方向にねじるとupwardleft のように半割になります。種を取り除き更にカットして皮をむきます(山梨原人は皮をむかずに食べるという噂もありますが)。

006

無駄なく果肉だけを綺麗に切ることが出来ました。ひょっとして私だけが知らなかっただけかもしれませんが、いいことをひとつ覚えました。特にこの黄金桃は離核といって種がはなれやすく、ぴったりの切り方です。味はマンゴーに似ていると言う方もいるそうですが、たしかに食感もマンゴーに似てコクのある甘みの美味しい桃です。今年は気象庁も「異常気象」と認定した厳しい条件の元で収穫まで丹精されるのはご苦労があったことと思いながら、確かに美味しいものはいつでも幸せな気持ちにしてくれますねdelicious

| | コメント (6) | トラックバック (0)

軽トラのオイル交換へ

このところ薪運びも一段落してワンたちの散歩くらいしか乗らない軽トラですが、そろそろオイル交換しなくてはと気になっていました。○エローハットとか○ートバックスなどでやってもらった方が早いし安いというので軽トラで出かけてやってもらいましたdash

005

オイルは助手席の下なんですねぇ、知らなんだcoldsweats01、近くのホームセンターで買物をしている30分足らずで完了、こちらが確認してからシートを元に戻してくれます。帰り道はなんだか調子が良くなったように感じました。エンジンがかかっているのかどうか分からないくらい静かな高級車には元より縁がなく、4速MTの単純な作りの軽トラって走っていて楽しくて好きです。その割りには洗車していませんけど・・sweat01

息子が小学生の頃将来の夢は「軽トラに乗って田舎の道を走ること」というような作文を書いてなぜか賞をいただいたことがありました。「君の夢は母が叶えたよ」と言ってやろうかと思いますsmile

今日の天気は時々バケツをひっくり返したような雨が降ったと思うと日が差してきたりの繰り返し、出かける時降っていなかったので傘を持たずに出てしまいましたが、激しい雨の時には建物の中にいたため全く濡れることがありませんでした。先日オープンした大型食品スーパーに寄って、一画の100均の新店舗をチェックしてきました。

002

無くても困らないけれど、ちょっと可愛いなとかいいなというような物も100円ならOKです。一方で品数が多くて、物の値段、価値など真剣に考えるとちょっと虚しいような感覚が湧くのは私だけかもしれませんが・・・think

半日2匹だけで留守番させていたワンたちには帰ってササミまきガムのご褒美です。ひたすら私の帰りを待っている・・・実はずっと昼寝をしていて車の音で起きたらしいのですが・・・お土産についついおもちゃも買っちゃいました。

004

| | コメント (6) | トラックバック (0)

失敗しないレシピ

September Rain ・・夕方からしとしと雨が降り出しましたrain。ちょうど快適な気温なので思い立って野菜や果物の整理です。暑い時には火を使う気がしませんからね。

002

タカノツメは干しておきます。いただいたチョイ傷の山梨の黄金桃はヨーグルト用のジャムに、一旦収穫してから更に葉が出てきたルバーブも少しですがレンジクッキングでジャムに煮ます。茗荷は甘酢漬けにして常備菜にします。

005

真冬以外は季節のフルーツジャムを手づくりしていますが、今年はブルーベリーなど冷凍しておける果実をせっせとストックしており、ひと冬もたせられないかなぁと考えております。

最近ハマっているのが塩麹で作る失敗しない塩麹ラタトゥユです。野菜室に残っているナス1個、ピーマン1つ、パプリカ、タマネギ半分に冷凍してあるズッキーニと自家製完熟トマトなどがあればちょうどふたり分くらいのラタトゥユが簡単に出来ます。

004_2

鍋にオリーブオイル大さじ1を入れて弱火でにんにく1かけを炒めて香りを出し、タマネギを中火でしんなりするまで炒め、トマト以外の野菜と塩麹大さじ2を入れて弱火で蓋をして10分ほど蒸し煮にします。塩麹の塩分が野菜から水分を引き出すのでその水分だけで煮てザク切りのトマトを加えたら5分ほど蒸し煮にして出来上り、ブラックペッパーと塩少々で味を整えます。白ワインやコンソメは使わず、野菜の旨味でヘルシー美味しい、そして簡単です。

003

平日は手抜き主婦ですが、今日はキッチン滞在時間がいつもより少し長めでしたcoldsweats01

007

フウセンカズラの支柱に滞在中の「ナナフシ」は12cmもありました。「ナナフシ」って何のためsign02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サザンに浸る

昨日今日と茅ヶ崎ではサザンの復活ライブが開かれていますnotes。ラジオでは朝からずっとサザンのリクエスト曲、カラオケランキングが流れて、延々5時間も飽きることなく聴きながら手仕事をしていましたconfident

私がこちらに転居するまで働き住んでいたのは神奈川の県央の中核都市、小田急線沿線のA市ですが、十数年前駅の近くに桑田さんの今は亡くなられたお父さまがオーナーをしていた音楽スタジオがありました。おしゃれな建物でレストランや洋風居酒屋、貸しスタジオなどの複合施設で、桑田さんが初映画監督作品「稲村ジェーン」で撮影に使われたサーフボードを積んだあのミゼットが飾られていました。はじめは外に置かれていたものがホールのような所に移され、その後どうなったのかは分かりません。「希望の轍」や「忘れられたビッグウェーブ」を聴くとあのミゼットを思い出します。

13年前の伝説の茅ヶ崎ライブの少し前、私の友達のバンドをやっていた息子君はスタジオに出入りしている内に桑田さんのお父さまに気に入られて、鎌倉のお寺巡りなどのお供をしていました。ある時「圭祐たちが来ていて紹介したいからいらっしゃい」と電話をもらい、ご実家でアルバムを見せてもらったり音楽の話をしたり、桑田さん原ボウ、小学生だった2人のお子さんと近くのデニーズrestaurantで食事をしたそうです。友達からその様子を聞いて普通にファミレスっていうのがいいねぇなんて話したものです。素顔の桑田さんファミリーに心温まる思いでした。その縁で友達息子君は茅ヶ崎ライブのスタッフになり、ゲストだった生の福山雅治さまに逢えたなんてうらやまし過ぎました。

ラジオ局に寄せられたリクエストをすべて集計したトップ5は1位 TSUNAMI 、真夏の果実、勝手にシンドバッド、希望の轍、YAYA あの時代を忘れない でした。番組が終わったのでサザンのCDcdを捜したら何枚もあるはずなのに車に分散して載っているらしく「HAPPY」の3枚だけでした。

004

私は特に原ボウのファンです。絶対音感の持ち主でアコギは桑田さんより上手いとか、クラプトンの「レイラ」を完璧に弾きこなすとか才能豊かな人なのに天然で、彼女の歌声になごみます。気をつけて聴いているとキーが高くて桑田さんにはキツい部分で原ボウのヴォーカルが際だつ曲がいくつかあります。原ボウあってのサザンなんですねぇconfident

午後8時小さなライブ会場を中心に茅ヶ崎はサザン一色に染まっていることでしょう。同じ時代を生きるこの奇跡のバンドがどこに向かっていくのか楽しみに見守っていきたいものです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »