« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

あれこれと

水曜日はワンたちを留守番させて東京都のはずれまで薪運びに行ってきましたdash。最後に残っていたのは大きい玉切りばかりで、か弱い私には積みこむのは無理、とうさんと近くのファミレスで待ち合わせして積み込んでもらいました。ワンたちの散歩などで寄り道しないで爆走すれば2時間くらい早くとうちゃこsign01

001

薪をいただくOさん宅のストーブには入らない長い乾燥した薪も隙間に載せてありがたくいただいてきました。帰宅して大騒ぎして迎えるワンたちを散歩させてから荷降ろししました。荷台から下ろすのはかなり重くてもok、30分もかかりませんscissors。これで今シーズンの薪運びも一段落、梅雨前に新しい薪置き場も満杯になりました。

002

昨日は週一の買物+美容院+図書館に出かけたのですが、ちょうど昼頃ホームセンター隣接のドッグランで雨が降り出し盛大なthunderがしばらく続いた後に雹が降りました。kattiiは雷が怖くて心臓マヒでも起こしそうなほど震えるので雷が落ち着くまで移動せずにいました。横殴りの風で雹が車の窓ガラスに当り、その音も彼女の心臓を縮みあがらせているようでした。直径5mmから1cmくらいの雹で畑の作物などに被害が無いといいのですが・・・

図書館に着いた時には晴れて富士山が綺麗に姿を見せていました。あと1ヶ月ほどで山開きですが残雪も随分少なくなりました。私はNHKの朝ドラは視ていないのですが(ブロ友takaさんは視ているとか)、「花子とアン」のヒロインは山梨出身者だそうで、気がつけばスーパーには花アン関係のお土産物などが並んでいます。図書館でもこんなポスター、チラシを見ました。

001_2

いつもお願いしている美容院でも、甲州弁が話題になり我が村出身の美容師さんは「使い方が変」と言ってました。たとえば「こぴっと」は「しっかり」という意味らしいのですが、ニュアンスが微妙に違う、「ずら」も「です」ではなく「でしょ」なのに用法が変だと話されてました。彼は今登山にハマっているので、私は山のアドバイザーでメル友です。

今日はどうやら昨日のような天気の急変はなさそうですが、朴の木に白い大きな花が咲き始めました。朴の木も樹齢を重ねた木だけに花が咲くようで、ガレージ横の高さ6mくらいの木には花の気配はありません。首が痛くなるほど見あげた上の先に咲いた花はとてもいい香りなんですが遠いです。

004

元々から植わっている性別不明のキウイにもたくさんの花が咲き始めました。

006

先日買った♀木の花は咲き終わってしまったので受粉できませんが、これは♂木かもしれないので花粉をめん棒などで採って来年のための受粉用に冷凍しておこう、ダメ元だしなどと思っています。忙しいのに手間のかかることばかり思いつく名人かもしれない・・・catface

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やっとモッコウバラ

わが家の花の開花は総じて遅いようですが、やっとモッコウバラの花が咲き出しました。大雪の反動なのか、今年の植栽や花壇の花は勢いがありますup

001

upwardright アトリエログテラスのモッコウバラ、露天風呂のある東屋側が花いっぱい

005

正面にもまだまだたくさんの蕾がついています。離れたガレージ傍にもモッコウバラのひとかたまりがあります。苗木はなかなかいいお値段ですが、さし芽で良く増えるので空いたプランターに剪定した枝を挿しています。

今日は半日がかりでワンたちのトリミングhairsalonを頑張りました。顔だけはすっきりしていましたが伸びるのが早いので身体はボウボウ、暑くなってきたのでMyバリカンの出番です。

プロのトリマーさんは一気にトリミンク゛をするのではなく、見ているとワンコを休憩させながらカットしています。幸いふたりいるので飽きる前に交替させながら3回ずつに分けてカットをしました。切った毛がフワフワと舞って、やっている内にくしゃみが出て落ち着かないので最近はマスクをしていますが、花粉症マスクがこんな所で役に立ちました。

003

休憩中のkattii ねえさん、最後に一番抵抗の激しい足のカットが残っていますsweat01。散らばった毛の片づけと毛だらけになった衣類を着替えてちょうど昼になりました。これでトリミング代が浮いたと思えば上出来ですcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土曜の夜

土曜日の夜は『ザ・サタデーナイツ』というおやじバンドのスプリングライブに行ってきましたnotes。昨年12月たまたまいただいたチケットで観に行ったのがきっかけで、ライブのお知らせハガキが届いていました。同級生7名が集まって若い頃のバンドを再結成、「50歳になったらうぐいすホールでライブを」目指し、今回でうぐいすホールライブも7回目を数えるまでになったそうです。

001

会場の「都の杜・うぐいすホール」はわが村の山を挟んだ北西に位置する都留市の施設で、都留文科大という大学施設を見ながら進んだ高台に建つ立派な建物でした。午後6時開演、1曲目は「ルージュの伝言」、「恋のバカンス」で「まだ君に恋してる」(好きな曲ですheart01)

002

ほぼ同世代なのでどの曲も口ずさめ、イントロで曲名が分かります。サザンあり、陽水、拓郎、長淵 剛、ミスチル、ハウンドドッグ、アリス、ビートルズまでジャンルも色々、三部構成で気合が入っているようでした。私はリードヴォーカルのみっちゃんの軽妙なMCとしっとり歌い上げるバラードのファンですconfident

008

約800人が受付で全員にプレゼントされたLEDのフラッシュライトを振って楽しんでいました。プレーヤーは8名、キーボードの新メンバーが加わりレパートリーの幅が広がったそうです。

003

また三部では仕事でタイに3年間出向していたメンバーが復帰して演奏に加わりましたが、ギターの腕はずば抜けて上手い。一気に雰囲気が盛り上がったような・・・とうさんは「霧のカレルヤ」が聴きたかったと言っていました。以前仲間でベンチャーズのコピーバンドをやっていたこともあり、おやじバンドに共感するものがあるようです。

ステージに上がるまでにおじさん達は家庭や仕事と折り合いをつけて練習を続けてきたはず、町で会えば普通のおじさんだと思いますが夢を持って頑張るおじさんはなかなか素敵です。また機会があったらライブに足を運びたい、今後が楽しみなおじさんバンドでしたkaraoke

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年も朴葉寿し

家の周りが緑一色になり、日々の変化が嬉しい季節、金曜日は昼からご飯を炊いて朴葉寿しを作りました。葉がまだ柔らかく瑞々しい時ですから、ガレージ脇に植わっている小さい朴の木の葉を使います。

朴葉寿しの本場・飛騨地方ではその家ごとに中の具材はまちまちで、何を入れてもいいそうです。その時に手に入る材料を組み合わせればいい自由さがいいですね。

002

朴の葉は大きい木と合わせると売るほどありますから惜しげなく、殺菌作用があるので包んで翌日が食べ頃です。漆工芸士だった父が塗った根来塗りの高台付きの器に並べてみました。

008

今回は酢飯にスモークサーモンと海老、くるみ小女子、スナップえんどう、ごぼうの煮物に黒豆、甘酢生姜などをのせて包みました。小さいけれど色々な味が楽しめますdelicious

でも昼は「石窯ピザ・コンチェルト」さんに季節のピザを焼いていただきました。タケノコやサンショウ、隠し味は蕗かな?文字どおり季節の香りも味わうことができました。

005

五月も来週一週間となりましたが、五月という季節だけそっと飾る額があります。30数年前月に一度だけ鎌倉に通って習っていた鎌倉彫の作品です。鎌倉仏師の流れをくむ鎌倉彫にも流派があり、父の知り合いだった三橋流の家元さんに教えていただいていました。

003

この額を見ると江ノ電にコトコト揺られながら通ったこと、ついでに鎌倉のお寺や町を散策したことなど思い出します。今でも彫るのは好きですが、彫刻刀はしまったままになっています。季節に旬のものを食べるように、せっかく四季のある国なんですから季節を感じるものを飾って楽しむのがいい、それが「粋」なんじゃないかなぁと感じていますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最上のわざ

先日忙しいさ中でしたが日本映画専門チャンネルで『ツナグ』という映画を視ました。亡くなった人と相手が承諾すればただ一度だけ会うことができる、その橋渡しをする「ツナグ」という役目を務めてきたのが樹木希林さんの役柄で、劇中折にふれて口ずさむ詩が心に残ったので紹介します。原作は辻村深月さんという女流作家(山梨出身)の作で、原作には無い詩ですが樹木さんが薦めて採用され、作品に深みが増したという評価があるそうです。

「この世の最上のわざは何?  楽しい心で年をとり、 働きたいけれども休み、 しゃべりたいけれども黙り、 失望しそうなときに希望し、 従順に、平静に、おのれの十字架をになう。  若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見ても、ねたまず、 人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、 弱ってもはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。  老いの重荷は神の賜物。 古びた心に、これで最後のみがきをかける。 まことのふるさとへ行くために。」

002

上智大学の学長も務めたヘルマン・ホイブェルス神父がドイツに帰国後友人から贈られた詩で、「年をとるすべ」という随筆の中で紹介されたそうです。ほど良く力が抜けて、自然体であれと云われているような・・・一応親切だとは思いますが、まだまだ柔和ではないかもcoldsweats01

003

大雪で途中からポッキリ折れてしまったお茶の木に瑞々しい葉が出てきました。ささやかに茶摘みをして蒸してお茶っ葉を作ろうと思いますjapanesetea

005

朴の葉も日毎に色が深まっています。花が咲くまでの柔らかな葉を使って朴葉寿しを作るのはこの時季限定の楽しみ、とりあえず今週末のメニューは決まりましたdelicious

一番上の写真は工房「はんの木」さんからいただいた新作で、イタリアのアルベロベッロをイメージして作られた焼き物です。ふくろうは村の木工房「もっくん」作clover

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カングージャンボリー2014

クラフトフェアの翌日は山中湖交流プラザきららでカングージャンボリー2014が開催されました。きららはいつもワンたちと散歩しているお馴染みの所、もちろん私=カングー、とうさん=ルノー4の2台で参加しました。近いので朝8時頃到着のつもりで出かけましたが、すでに山中湖の外周道路は入場待ちのカングーで長い列が出来ていました。

昨年同様今年も富士がくっきり見える最高のsun、入場口からは普段車両進入禁止の遊歩道を低速走行でぐるり芝生広場に向かいます。いわばレッドカーペットみたいで気持ちがいいですnotes。スタッフの誘導でカングーはカングー車だけのエリアへ、

012

カングー以外のルノー車はルノー車エリアへ(とうさんのキャトルはここ)

036

レアなルノー車が見られます。

035

その他の車も参加OKですが駐車エリアは分けられます。フォトポイントで記念撮影のワンたちcamera

031

ステージでは9時からルノージャパンの社長挨拶やnewモデルの発表、集合写真撮影が進行していますが、なにしろもの凄い人数で皆さん思い思いに過ごしていました。

008

042

041

参加者出店のフリマも賑やかで、カングーグッズやオリジナルステッカーについつい手が伸びます。

039

040

今回はとうさんがいつも整体でお世話になっているすご腕整体師のFさんファミリーもカングーオーナーになって初参加で、会場を歩き回るパフォーマーと恐る恐る記念撮影してましたwink

015

いつも弾丸のように走るJuli に期待して、とうさんはJuli とドッグランのタイムトライアルに参加したのですが、ここぞという時に走らず期待は大きく裏切られたのでしたdown。とうさんの足に隠れて写真にも撮れてません。カートからkattiiも応援してたのに~bearing

010

私のお楽しみはカングーのミニカー、今回ルノーオフィシャルShopでゲットしたのはミニカーではなく音が出て走るちょっと大きなカングー、ミニカーと比較すると

044

ミニカーをゲットして喜ぶ少年の心を持ったオバサンがいてもいいですよねbleah

今回クラフトフェアの準備に追われながらカングージャンボリーのためにワンたちのアップリケTシャツを作りました。noteかあさんは夜鍋をして~~です。

045

たくさんの方から可愛いと声を掛けていただきましたし、ルノーの広報の方から写真を撮らせてと言われました。仕上げはぎりぎり金曜の朝になってしまいましたが、作った甲斐がありましたhappy01

熊本や京都、姫路や福島、岩手、旭川ナンバーもありました。全国各地から駆けつけたカングーたち、ルノーの本国フランスでも類を見ないイベントだと話題になっているそうです。青空の下、富士周辺はカングーデーでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春のクラフトフェア

今日は村の道の駅で春のクラフトフェアが開催されました。予報はsun、空模様を気にせずにすむのはありがたいことです。とうさんが仕事で到着が午後2時過ぎになるということで、昨日の内に軽トラにイベントテントなどを積み込み、ひとりなので今朝は一番乗りで会場に着いて荷降ろしをしました。クラフトの会のお仲間に手伝っていただきテントを立ててなんとか9時オープンに間に合うよう準備完了です。

001

恥ずかしながら一番大きいテントですcoldsweats01

002

お隣は革細工の「涼・海クラフト」さん、そのお隣は陶芸の「道志窯」さん

003

枯葉のコラージュ「はんの木」さんの作品はいつもクラフトフェアの一番の楽しみですheart01。今回は

014_2

山と山に向かう人を描いた額、いつも一目惚れで決まります。

005

盆栽や山野草の「草風園」さんは丹精された春の素朴な花々が愛らしく、「アッツサクラ」を買いました。

006

いつも仲良くしていただいている「吾亦紅」さんの小物たちもついつい欲しくなってしまうセンスと作りの良さですlovely。今日は

015_2

藍色が上手く出ていませんが斜めがけのガマ口バッグ、小鉢は道志窯さん作

016

バッグの中はなんと富士山プリントの意外さで、やるなぁhappy02

008

手編みの「雲の糸」さんも注目で、朝欲しいと思っていた物が売れてしまって残念な思いをしましたweep

009

古布を大胆にアレンジした一点物を作る「古布器や」さんはお値段も桁違いですが、個性的で人気のお店です。

010

「手づくり木工の会」さん、木工を楽しむ皆さんの力作揃いです。他にも何店か手づくりのお店がありますが、写真を撮りそこなってしまいましたsweat02

さて本日の成績は、朝は出足が悪くイマイチかなぁと思ったのですが、売れ始めるとトントン拍子に出て試作したバッグも新たに作ったポーチ類も売れてしまいました。「はじめてさんセット」も半分以上、花の種も好評で昼過ぎには無くなってしまいました。お声をかけるきっかけにもなり喜ばれるので次回は種のプレゼントをもっと増やそうかとも思います。

準備は大変ですがクラフトの会の皆さんとの再会、新たなお客さまとの出会いもやはり楽しい、またいい物を作ろうという励みになりますconfident

| | コメント (10) | トラックバック (0)

やっかいな性分で

相変わらずクラフトフェアの準備をちまちまとしております。「はじめてさんセット」の次は時期的にちょうどいいので「緑のプレゼントclover」の準備です。わが家発のワイルドストロベリーと風船かずらの種を小袋に入れて、名刺大の小さなメモと共に「どうぞ」というもの、どちらも園芸ベタの私でさえジャムにしたりグリーンカーテンに仕立てているのですからお薦めですgood

001

upwardrightはワイルドストロベリー用に作ったメモ、ただ種だけ入れるよりおしゃれかなぁなんて思いました。

003

風船かずらは黒い種に白いハートで別名「ハートの種」、英国ではHeart Peaと呼ばれ愛されているそうです。花言葉は「ふくらむ夢」、種のいくつかに目と口を描いてラッキーheartにしようかと思ったくらいですhappy01

002

拙いパソコンを駆使してカードなどを作りましたが、無くても済む、でも見た目に少しこだわりたい・・・余分な仕事を増やすのは性分だから仕方がありませんcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はじめてさんセット

今週末に迫った春のクラフトフェアの準備に追われておりますcoldsweats01。もう予定していた品物は作り終えて、ハワイアンキルトにチャレンジしたい方向け「はじめてさんセット」を昨日から準備しています。簡単ですが要点を写真付きで説明したオリジナルのテキストを作りました。

005

丸型コースターと今回は更にランチョンマットのセットを用意しています。

002

海の守り神ホヌやモンステラ、ロケラニ、ロマンチックな伝説のあるナウパカなどを3セットずつ12組

004  

型紙つきで裁断もしてあるので針に糸を通せばすぐ始められます。ここまでが結構面倒くさいので私が初心者なら即買い・・・なんて自画自賛ですwink

003

ランチョンマットは基本中の基本「パンの木」の図案で、少し時間はかかりますが出来上れば満足感up、ハワイアンキルトの面白さが実感できるはず・・・と確信しているのですが、そんなお客さまとの出会いがあればやりがいもあるというものですclover

明日は所用で都内まで出かけなければならず、木曜日は春の集団健診と時間が欲しい時に限って予定が重なりますsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見慣れない顔

昨日は買物のついでにワンたちのトリミング、顔だけ部分カットをしてもらいましたhairsalon。暑くなるのでさっぱりやってくださいとお願いして、引き取りに行ったら・・・顔が細いsign02、なんだか別犬のようで変な顔happy02、顔を見ては笑っていました。毛でいつもふっくら見えているけれど中身の輪郭はとがって細いんです。

今朝は少し見慣れたのですけどやっぱり面白いbleah

003

息子たちが幼い頃、髪の毛をおうちカットして失敗、早く伸びないかなぁと思ったことを思い出しました。ワンたちは毛が抜けないので伸びるのは早いですup、すぐに気にならなくなりますように・・・sign02

午前中は水曜日に運んできた薪割り&薪積み頑張りましたsweat01、暑い季節に持ち越したくない仕事ですからね。それから昨日ワンたちのトリミングを待つ間に選んだ寄せ植え用の花の苗を花車に移植しました。

008

ブルーサルビアやツルニチニチソウ、ジギタリス、黄色い花は「ゴールドコイン」といって金貨みたいな花です。小市民なので無意識にどれも200円以下のお得な苗を選んでいました。

午後はブログを通じて知り合ったM さんが来訪され、クライミングの懸垂下降のレクチャーをしました。なんでも行事のお手伝いで高い所で作業をされた後、一気に下りたいとのこと、山歩きをされていてクライミングのギアもお持ちだったので話は簡単です。国道からわが家に向かって上がる坂道に沿った壁に上の木からロープを下ろして練習してもらいました。

007

画像は説明するとうさんです。難しいことではありませんが、懸垂下降での事故は文字通り命とりになるので小さなミスや勘違いが怖い、確実に身につけたい技術です。クライミンク゛から遠ざかっていますが、一度身についたものは身体が自然に動くようになりますから、繰り返すことも大事ですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

戻りました

GWも最終日の昨日はアトリエログhouseの模様替えの続きでした。私が買っておいた板に合わせて更にとうさんが部材を買い足してくれて、即行で収納棚が出来ました。スペースを無駄なく使えるように、ハワイアンキルトの生地を入れたプラケースや材料などがすっきり収まりました。棚の上にはアイロン台も置けていちいち片づけなくても、そこでささっと作業ができるので効率がいいですup。先日アップしたBeforeは

008

今回机の向きを変えたAfterは

002

そしてテラスに出した重い木の椅子はとうさんに足を6cmほど切ってもらいログテーブルに合わせました。底にはフェルトのクッション材を張りました。

003

テラスの塗り直しも連休中にしたいと思っていたのですが、天気がイマイチでちょっと延期しました。

今日はsunましたが薪運びを優先して軽トラでひとっ走りしてきましたdash。ウチの働き者のキャリー君、走りはいいのですが、サイドミラーがへたっていて大型トラックなどとすれ違うと風圧で内側に向いてしまい、手を伸ばして直しながら運転していますsweat01

009

年季の入った車なのでAMラジオのみ、長い道中はラジオを聴きながら行くのですが午前中の番組で「つけ句」というのをやっていました。下の句がお題になっていて、上の句を募集するというものです。連休明けにちなんで下の句は「戻ってきました いつもの生活」でした。私も走りながら上の句を考えてみました。

「軽トラで 緑の回廊 薪運び  戻ってきました いつもの生活」 お粗末coldsweats01

010

ブログに訪問くださる皆さまにはなにが戻ってきましたかsign02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

伊豆・岬めぐり

静かだと思った下田港でしたが、深夜到着したらしい車がすぐ傍に停まり話し声とこどもの泣き声に起されたのが日付の変わる頃、たまにそんなアンラッキーがあります。普段はウンとも声を出さないでいるワンたちですが、周りの音に反応して吠えて迷惑をかけないようにとある程度空いた場所に停めるようにしています。後から、しかも車中泊の他の車も寝静まった頃に来て全く配慮もない家族連れには対処しようがありませんpout。いつもは朝、近くのファミレスでモーニングセットを食べてから出発するのですが、早々に港を後にしましたdash

東伊豆から西伊豆の海岸線に向かい松崎町の広々とした漁港に立ち寄り、しばし試し釣りfish

012

ちょうど画像の真ん中辺りの点がとうさんです。

018

ワンたちはオーニングの下で人間観察中(?)。私はリビングテーブルで針仕事です。ハワイアンキルトの手づくりキットをいくつか用意する予定があり、作り方テキストを新しく作り直すために、順を追って写真を撮りながら見本を作っています。

015

車を停めて待つ間を利用して見本品が出来ました。

昼は観光地・堂ヶ島の漁師さんの食堂でやはり海の幸「金目鯛の煮つけ定食」「刺身三種盛り定食」をいただきました。

021

鯉のぼりと一緒に「いか様のぼり」が風に泳いでいましたが、「いか様商売」ののぼりも気に入ったようで記念撮影、一緒に映っている人は「いかさま師」ではありません、多分ですが・・・wink

023

堂ヶ島から安良里港に寄り、戸田(へだ)まで来て戸田温泉・壱ノ湯でspaに入り夕食は海沿いの海鮮料理屋さんで海鮮丼などいただきました。釣りに関してはどこで聞いても今年は海水温が低く不漁だそうで、楽観的な明るい話はありませんでした。

戸田港には堤防沿いに大型も停められる広い駐車場があり、そこに落ち着きました。

025

あいにくの曇り空で見えませんが、晴れていればDEFENDERの上辺りに駿河湾越しの富士山が見えます。こどもの日の静岡県地方の天気予報はcloud/rainということで早々に帰路につくことにしました。朝方伊豆大島を震源とする地震があったようですがジャッキを下ろしていなかったためか揺れに気づきませんでした。ニュースで知ってびっくり、海抜3mくらいの所で寝ていたのですから大きな津波が来たら絶対助かりません、津波の心配が無い地震でホッとしました。

家に着いて荷物を運び込んだ所で雨が降り出しましたが、なんというタイミングの良さ、やっぱり日頃の行いがいいせいかもしれませんhappy01 (楽観的な性格が言わせてます)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

伊豆・下田より

今朝は早起きしてキャンピングトレーラーを引っ張り伊豆下田の道の駅「開国下田みなと」に来ており、従って携帯からブログアップです。
GWとあって予想どおり各地でイベントが開かれていて、熱海など抜けるのに時間がかかりましたsweat01

005

漁港で海釣りののち夕食は港の回転寿司で金目鯛、イサキ、カンパチなどの握りをいただきました。なんと忍耐強く40分も待ちましたよ。トレーラーで留守番のワンたちにはお寿司屋さんの玉子焼きがお土産、大好きなので特別ですwink

008_2

朝が早い漁港の夜、埠頭に車を止めていたら海から煌々と灯りをともした船がぐんぐん近づいてきて、すぐ近くに係留しました。ひょっとしてとっても邪魔な位置に止まっていたのかと焦りました。

その昔、寒村の小さな漁港に見たこともない巨大な黒い船と共に言葉の通じない異様な人々が現われたのですからさぞかし大騒ぎになったことでしょう、それほど下田は中央からは遠い地ですが、黒船で歴史の表舞台に踊り出た感があります。

とうさんは夕食後夜釣りです。家付きですから時間を気にせず心おきなく釣りをしてもらい、出来ればシロギスなど釣れればいいなと思っています。

暑くもなく寒くもない過ごしやすい港の夜が更けてゆきます。

007

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風香る五月

IEの脆弱性がどうのこうの、セキュリティ対策をしなければととうさんから連絡がありました。一応有効らしい対策をしましたが、普段慣れないパソコンpc利用はしない方がいいのかなと感じていますthink

世間ではGW真っ只中なんて言われていますが、わが家は平日です。昨年のGWは姪っ子ちゃんの結婚式出席のためキャンピングトレーラーを繋げて何日もかけて秋田まで出かけていましたが、この時期は数日でも留守にすると景色が一変しています。平日いないとうさんも週末帰宅すると庭をうろうろ見回っているのはそのせいでしょうsign01

006

記録的な大雪で折れてしまったジューンベリーは可哀想な姿になっていたのですが、蕾がついているのに気づきましたhappy01

008

アネモネの花が終わりかけたところでチューリップの花が咲きだしました。ガレージ上の草屋根もtulip、昨秋あちこちにチューリップの球根を植えておいたのがちゃんと出てきてくれたようです。一発屋なんて悪口を言っていたのですが、咲くまでがお楽しみなんですね、チューリップは・・・。

朴の巨木はまだですが、ガレージ傍の若い朴の木は芽吹きの優しい色を見せてくれてます。

009

ブログのURLにも入っている「朴の木」はなんといってもわが家のシンボルツリーですから、芽吹きと共に運気upといきたいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »