« 最上のわざ | トップページ | 土曜の夜 »

今年も朴葉寿し

家の周りが緑一色になり、日々の変化が嬉しい季節、金曜日は昼からご飯を炊いて朴葉寿しを作りました。葉がまだ柔らかく瑞々しい時ですから、ガレージ脇に植わっている小さい朴の木の葉を使います。

朴葉寿しの本場・飛騨地方ではその家ごとに中の具材はまちまちで、何を入れてもいいそうです。その時に手に入る材料を組み合わせればいい自由さがいいですね。

002

朴の葉は大きい木と合わせると売るほどありますから惜しげなく、殺菌作用があるので包んで翌日が食べ頃です。漆工芸士だった父が塗った根来塗りの高台付きの器に並べてみました。

008

今回は酢飯にスモークサーモンと海老、くるみ小女子、スナップえんどう、ごぼうの煮物に黒豆、甘酢生姜などをのせて包みました。小さいけれど色々な味が楽しめますdelicious

でも昼は「石窯ピザ・コンチェルト」さんに季節のピザを焼いていただきました。タケノコやサンショウ、隠し味は蕗かな?文字どおり季節の香りも味わうことができました。

005

五月も来週一週間となりましたが、五月という季節だけそっと飾る額があります。30数年前月に一度だけ鎌倉に通って習っていた鎌倉彫の作品です。鎌倉仏師の流れをくむ鎌倉彫にも流派があり、父の知り合いだった三橋流の家元さんに教えていただいていました。

003

この額を見ると江ノ電にコトコト揺られながら通ったこと、ついでに鎌倉のお寺や町を散策したことなど思い出します。今でも彫るのは好きですが、彫刻刀はしまったままになっています。季節に旬のものを食べるように、せっかく四季のある国なんですから季節を感じるものを飾って楽しむのがいい、それが「粋」なんじゃないかなぁと感じていますconfident

|

« 最上のわざ | トップページ | 土曜の夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たくさんの具材が入った朴葉寿し
味を想像しただけでヨダレが・・・(笑)
石窯ピザ・コンチェルトさんのピザは
毎回具材が季節感たっぷりで
どんな味がするのか想像が・・??

季節感のあるインテリア
そしてそれに思い出があると
飾る度に幸せな気持ちになりますネclover
そんな暮らしが一番の理想の贅沢だと
そう思いますconfident

投稿: taka | 2014年5月26日 (月) 11時31分

takaさん

色々な具材も佃煮など利用するとあまり手間がかからず
私に向いていますbleah

スプリングライブに出かける時にお弁当で持って行き
ました。

早いものでもう五月も終わりですねclover

投稿: kattiiかあさん | 2014年5月26日 (月) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/56302283

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も朴葉寿し:

« 最上のわざ | トップページ | 土曜の夜 »