« 出発準備 | トップページ | 記念の旅・ヨセミテ編Ⅰ »

記念の旅・モントレー編

金曜夜無事帰国しました。まだ時差の関係で体内時計が狂っているのでぼちぼちとブログアップしていこうと思いますconfident

6/14 夕刻ANA8便サンフランシスコ直行便に搭乗、行きは追い風になるので約8時間半のフライトで空港に下り立った。マイナス16時間の時間差があるので現地には14日朝10時半頃の到着だった。

003

空港のレンタカーセンターで予約していたSUVに乗車、山岳地帯を走るので今回はちょっと奮発してスタンダードではなくナビ付きのSUVをお願いしていた。フォードのエクスプローラーくらいかと思っていたらシボレーのトラバースLT、2014年式で大きくて乗り心地は良くふたりでは勿体ないくらいだった。ハーツレンタカーは日本の免許証の翻訳サービスがあり、国際免許(1年有効)をわざわざ取りにいかなくても日本の免許証と翻訳があればok、ナビは日本語を選べば分かり易い、旅のコンシェルジュがあらかじめ主な行き先をUSBに入力してくれていた。ところが安心しきっていたらUSBメモリーを入れても起動せず、なんとか直接入力してフリーウェイを走り出した。

010

008

とうさんが事前にリサーチしていた情報によると「USBが対応せず苦労した」とか「目的地に着けなかった」トラブルがあったようで、「やっぱりsign02」みたいな・・・despair。私たち夫婦の旅はいつも波乱ぶくみだから想定内かもしれない。アメリカの距離表示はマイルなのでスピードメーター50は80キロ、標識はリミット55とか65となっていて3車線4車線のフリーウェイをガンガン飛ばしている。型落ちの日本車、人気のプリウスが目につく、多分SUVを借りるよりプリウスのレンタカーの方が高いのかもしれない。

1日目の宿泊地はサンフランシスコから150キロほど南下した海辺のリゾート・モントレーでホテルの駐車場からすぐに砂浜が広がっていた。フロントでホテルバウチャーを提示して指示された部屋に行ったら中庭の芝生に面したちょっと薄暗い部屋、予約時「オーシャンビュー」の条件をつけていてくれたはずなので納得いかずフロントに戻り片言英語で「私はオーシャンビューと指定してあったはずですが」と掛け合うと、あっさり変更されて同じ階の海側のカードキーを渡される。「ナメたらナメたらあかんぜよsign03」と夏目雅子の決め台詞を呟く私angry

016

そんな中、ホテルのすぐ下の砂浜ではちょうど1組のカップルがビーチウェディングセレモニーを始めようとしていた。花婿花嫁の友人たちがお揃いのスーツドレス姿で付き添い(ブライダルメイト)、飾りつけをしたアーチと白い椅子が並ぶ会場の皆さんはサングラスにビーサン、強い日差しに日焼けが心配になるほどだけれど、幸せな門出に居合わせることができたのも何かの縁、「Congratulationheart04」 偶然といえば私たちの結婚記念日。

020

夕食はホテルから3キロほどの距離にあるフィッシャーマンズワーフへ、コンシェルジュお薦めのシーフードレストランrestaurant「Domenico's On The Wharf」を捜した。

030

前菜に「生牡蠣ハーフ」とフッシャーマンズワーフといえば「クラムチャウダー」、メインは「キングサーモンのグリル」とソフトドリンクなどをオーダーした。普段牡蠣の苦手な私もとうさんの騙されたと思って食べてみなの言葉にワインビネガー、オニオン、トマトペーストorパプリカで一口、人生で初めて美味しい牡蠣だと感じたdelicious

031

クラムチャウダーもさすがに美味、立ち並ぶレストランの中でも繁盛店らしく観光客ばかりでなくローカルも集まりほぼ満席でフロアスタッフの動きがキビキビと気持ちが良かった。店内の大型ビジョンではちょうどW杯、日本対コートジボワール戦の中継が映しだされていて食事をしながら日本戦を観戦、残念ながらお店を後にする時は2対1と逆転され大久保に交替する時だった。

夥しい数の船が繋留された港には様々な海洋生物が集まって来るそうで、ゴマフアザラシがいたり、オットセイのハーレムかな、あちこちから鳴き声が聴こえてくる。

248

032

250

ホテルに戻る頃は遅い夕暮れの午後9時近く、太平洋に沈みゆく四角い夕陽を見ることが出来た。ホテルがある所はsand city 砂の町、波の音に耳を傾ける間もなく長い長い旅の1日目が終わって爆睡、爆睡sleepysleepy to be continue soon

|

« 出発準備 | トップページ | 記念の旅・ヨセミテ編Ⅰ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさ~いhappy02
自分達の結婚記念日に
素敵な結婚式に遭遇するなんて
夢の様な素晴らしい話ですネclover

疲れてるのに一気に3篇ブログUPsign03
読むのが楽しみ・・ワクワクheart04

投稿: taka | 2014年6月22日 (日) 22時02分

takaさん

はい 無事帰国できました。

あまり若くはないカップルでしたが、シンプルなお式は
堅実な証拠、きっと幸せになられることでしょうheart04

おかげさまでやっと普通のペースになってきましたhappy01

投稿: kattiiかあさん | 2014年6月23日 (月) 10時32分

お帰りなさい!
日本の免許証でもOKなんですね。
便利! 読んでいるだけで 情景が浮かんできて 楽しませて戴いてます。
人生初の生ガキ 美味しくて良かったですね。 その情景も浮かんで~~ ゴックン!です。

投稿: しおん | 2014年6月25日 (水) 15時06分

しおんさん

食べず嫌いの牡蠣でしたが認識を改めて、次はフランス・ノルマンディ地方でモンサンミッシェルを眺めながら牡蠣を食べるのもありかななんちゃって…

しおんは牡蠣がお好きですかぁ?

投稿: kattiiかあさん | 2014年6月26日 (木) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/56571253

この記事へのトラックバック一覧です: 記念の旅・モントレー編:

« 出発準備 | トップページ | 記念の旅・ヨセミテ編Ⅰ »