« ルリボシカミキリ君 | トップページ | 朝活一時間 »

-100g+250g

頻繁に視るグルコサミンやコンドロイチンなどのテレビCM、私もいつ頃からか毎日摂るようにしていました。飲むのを止めると多少違和感があるので飲まないよりは飲む方が効果があるのかと感じています。痛みを少し緩和することは出来るけれど抜本的な解決にはならない、すり減った軟骨が当ってやがては足が不自由になり老後は介護が必要な身になってしまうかも、いわゆるロコモーティブシンドロームというやつです。

001

これは病院でいただいた資料から抜粋したもの、左足のレントゲンもこんな感じでした。手術では膝部分の傷んだ骨や軟骨など100gほど削り、金属とセラミックの組み合わされた人工関節片足分250gを置き換えていただきました。耐用年数は適度な運動を心がけてメンテナンスをしていけば30年はもつと言われているそうです。私の場合はこどもの頃遭った交通事故による骨折の後遺症が原因で、永年酷使してきたにもかかわらず右足は全く正常との診断で左足のみの手術で済みました。

高齢者の方の変形性膝関節症はほぼ両足ですが、私のお世話になった病院、R先生は両足同時手術を勧めていまして、隣のベッドも斜め向かいのベッドの方も両足手術をされていました。手術は大腿部のブロック麻酔と全身麻酔で眠っている間にやっていただけるので頑張るのは先生方、本人が頑張るのはリハビリです。手術前には歯科診療やリハビリのシュミレーションなど結構忙しいです。体重も男性は80kg、女性は60kgまでといわれているようですが、もう少しありそうな人もいました。重い身体を支えるのはより負荷がかかるわけですから、体重管理も術前の必要要件かと思います。

私のいた四人部屋の廊下を挟んだ向かいに個室があって自称「名誉会長」と名乗って電話を掛けまくるオジサンが入っていました。ビジネスで指令を飛ばすオジサンの電話の声が筒抜けで、正直うるさくて私は早速そのオジサンに「名誉会長」というあだ名をつけていました。後で聞いたらその個室は病院で一番高い部屋でバス、トイレ、クローゼットに応接椅子付きで1日3万円也の特別室でした。名誉会長は私と同じ左足の手術で約1ヶ月滞在され、私が退院する前日やっと退院されていきました。特別室でも差額のかからない四人部屋でもこと回復リハビリに関しては全く平等なんですねぇ!

リハビリを担当してくださる理学療法士さん達は皆さん若くてとても誉め上手、キツいリハビリも「すごいですねぇ」と言われて悪い気はしません。改めて正しい歩き方を習いました。筋力が落ちてしまい、大腿四頭筋が思うように動かせない、足が上がらずこんなはずではと思いましたが早い回復はすべてきめ細かなリハビリのおかげでした。

002

術後一週間で90度、二週間で120度まで曲げられるようになるのが目安で、日常生活が支障なくおくれる角度だそうです。今ワンたちと散歩に出かけ歩いても膝の痛みはありません。もう年だからと諦めることなく、自分の足でしっかり歩いていきたいという強い意志があれば叶うものだと思いました。

002_2

今朝9時の気温26℃、この虫は温度計が気に入ったらしく1日中ガラスにくっついておりました。来週はもう7月最終週、皆さまご自愛くださいませconfident

|

« ルリボシカミキリ君 | トップページ | 朝活一時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一枚目の写真ほどではないですが
私も軟骨の間は随分狭くなってます。
とても勉強になります(感謝)
膝に負担をかけない女性の体重が60kgですかsign02
ですよネ~
まだまだダイエットが必要な私です(笑)
頑張りますcoldsweats01

投稿: taka | 2014年7月28日 (月) 20時09分

takaさん

プールに通って頑張っている人はいませんでしたよwink、膝に
負担を掛けず筋力アップできる水泳は絶対効果有りです。

例えばスタッフ細胞があったら再生不可能な軟骨も再生
できるようになるかもしれないですね。

耐用年数30年なので基本的には60歳以上の患者対象だそうです。
手術を受けたらすべて解決ではなく、その特性を理解して
筋力強化など心がけていかなければならないと自覚していますconfident

投稿: kattiiかあさん | 2014年7月28日 (月) 22時03分

色んな意味で大変でしたね。
入院している意味を 自分だけでなく他の患者さんも含めて考えて戴きたいですね。
周りが見えないノデは いい仕事はできないように思いますが。

確かに手術は麻酔で眠っている間に済みます。その後のリハビリに頑張れるか否かで 手術した意味も違ってきますね。
自分で考えている そこまで身体が動いてくれない苛立たしさってありますね。
今の苦労が 後々成果として表れて 散歩も楽々楽しんでできるように頑張って下さい。

投稿: しおん | 2014年7月29日 (火) 14時13分

しおんさん

今はまだ多少むくみもありますが、この先手術して
良かったと実感するはずです。

手術は傷跡も小さく学会発表レベルというくらい成功
らしいです。せっかくの成果を無駄にしないようしなくては・・・confident
ワンたちとの散歩が今ちょうどいいリハビリになっていますdash

投稿: kattiiかあさん | 2014年7月29日 (火) 20時28分

きめ細やかな良い病院だったんですね。
きちんとリハビリされているかあさんの姿が目に浮かびますshine
ただしい歩き方もあるんですね。
確かに歩き方って、人其々癖がありますもんね~

それにしても、やはり過体重は足に負担がかかるんですね。痩せようdash

投稿: ぐっち | 2014年8月 5日 (火) 09時51分

ぐっちさん

家から遠い病院でしたが、安心してお任せ出来ました。

私もこれ以上増量しないように気をつけようと思って
いますよwink

投稿: kattiiかあさん | 2014年8月 5日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/56915785

この記事へのトラックバック一覧です: -100g+250g:

« ルリボシカミキリ君 | トップページ | 朝活一時間 »