« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

今日はなんの日

昨日の続きで薪積みを終わらせました。

001

目の高さから撮影、作り直した薪置き場にぎっしり収まりました。残りの薪はアトリエログのテラス下の空いたスペースに運んで終了end

入院する時にハワイアンキルトができるようソーイングセットを持参して行きました。エコーキルトなど簡単な作業だけを残した半完成品で、絶対暇を持て余すだろうと思ったからです。とうさんには呆れられましたが、その中に「アトリエ 朴の木」のタペストリーの作りかけもあったのですが、ぼちぼち針仕事も再開し仕上げました。

003

ほぼ実物大の朴の葉と大きな花は図案化して、アルファベットで「HOONOKI」と入れてバーに掛けられるようスナップ付き持ち手もつけて完成scissors・・・と眺めていたらちょうど宅急便さん登場で思いがけないサプライズpresentが届きました。

ブログを通じて親しくおつき合いいただき、私など勝手に熊本の親戚のような気になっているtakaさんから心のこもった素晴らしい品々をいただきました。「また素敵な所にドライブに行って、いいなぁ!」と見ていたその行き先の「リブラ工房」さんで選んでくださったとのこと、鉄の質感は好きで気に入ったものを見つけると母屋にもアトリエログにもアクセントのようにアイアン製品を取りつけています。

いただいたものはどれも工房で作られたずしりと重い本物、制作者の息づかいが感じられるようなふたつとないものばかりです。ご自宅でスリッパ掛けとして利用しているというアイアンバーはちょうど完成したばかりのタペストリーを掛けてみたら、なんと横の長さがあつらえたようにぴったりで不思議な思いにジーン・・・shine アイアンバーの用途はこれから色々相談です。

004

008

時計の文字盤?薪ストーブのトリベットとしても使えるそうで、鉄製なのになんとも温かみを感じるデザインですheart01。写真を撮るために薪ストーブに載せたり色々試してみました。

恥ずかしながら還暦のお祝いということで午年の私たちにhorseの蹄鉄もいただきました。

009

幸運を呼ぶとも言われるそうで、たしかに幸せを呼び込んでくれましたclover。丸太の皮剝きから建てたアトリエロク゛もそろそろ5年が経ち、再塗装のタイミングです。これ以上欲張らなくても充分幸せですが、この蹄鉄はどこかシンボルとなる所に取り付けたいと思います。

「リブラ工房」さんからもかたつむりのペーパーウエイトをいただいたそうでありがたいやら恐縮するやらhappy02

005

誠実さ故にきっと悩んだり辛い思いをされたこともかつてはあったかと推察するのですが、瑞々しい感性と持ち前の優しさでいつも幸せ捜しをしているtakaさん、オジサンオジサンと言いながらしっかりいいご夫婦をされていて、遠い熊本、阿蘇に思いを馳せながらそこに暮らすおふたりの日々に共感したり和やかな気持ちをいただいているtakaさんのブログ~暮しの中の小さな幸せ~、これからもどうぞよろしくhappy01

土用の鰻は先週とうさん在宅の日に一緒にいただきました、今日はタレだけsign02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

朝活一時間

土曜日に薪割りしたのはいいけれど、薪置き場に積むところまでいかずガレージ前に山積みのままでした。今日は朝風呂ではなく、6時前に起きて涼しい内に少し朝活して片づけようと思い立ちました。ガレージの横1m幅くらいの通路から5、6m離れたもう少しでいっぱいになる薪置き場の手前に薪投げします。クヌギの薪はずしりと重いのでいちいち運ぶより投げるのが正解です。母屋から見ると

005

モナルダ(ベルガモット)の花が咲き始めた花壇の向うの通路を右から左へ薪が飛びますdash 約半分を積み上げて、残りは明日にしようと切り上げました。暑い日中やるのは辛いからと朝頑張ったのに、今日は涼しくて爽やかな風が吹き抜け拍子抜けしてしまいましたcatface

畑で採れたキュウリはシャキシャキ漬けにしたり、4本くらいまとまるとピクルスにしていますが、夏は冷蔵庫が瓶詰ばかりになります。

001

朝はピクルスの酸味が美味しくて身体にいいような気がします。

004

畑ではオクラの花が咲いています。野菜の花の中では綺麗な「ミス野菜」、花がしぼんで花芯が白い種になりあの緑色でケバだった切ると粘るオクラになるなんて面白いですね。夏野菜が美味しくて、暑くても食欲は落ちる気配がありません。せっかく病院食ダイエットで数kg減量できたと思ったのに、しっかり元に戻っていましたcoldsweats01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

-100g+250g

頻繁に視るグルコサミンやコンドロイチンなどのテレビCM、私もいつ頃からか毎日摂るようにしていました。飲むのを止めると多少違和感があるので飲まないよりは飲む方が効果があるのかと感じています。痛みを少し緩和することは出来るけれど抜本的な解決にはならない、すり減った軟骨が当ってやがては足が不自由になり老後は介護が必要な身になってしまうかも、いわゆるロコモーティブシンドロームというやつです。

001

これは病院でいただいた資料から抜粋したもの、左足のレントゲンもこんな感じでした。手術では膝部分の傷んだ骨や軟骨など100gほど削り、金属とセラミックの組み合わされた人工関節片足分250gを置き換えていただきました。耐用年数は適度な運動を心がけてメンテナンスをしていけば30年はもつと言われているそうです。私の場合はこどもの頃遭った交通事故による骨折の後遺症が原因で、永年酷使してきたにもかかわらず右足は全く正常との診断で左足のみの手術で済みました。

高齢者の方の変形性膝関節症はほぼ両足ですが、私のお世話になった病院、R先生は両足同時手術を勧めていまして、隣のベッドも斜め向かいのベッドの方も両足手術をされていました。手術は大腿部のブロック麻酔と全身麻酔で眠っている間にやっていただけるので頑張るのは先生方、本人が頑張るのはリハビリです。手術前には歯科診療やリハビリのシュミレーションなど結構忙しいです。体重も男性は80kg、女性は60kgまでといわれているようですが、もう少しありそうな人もいました。重い身体を支えるのはより負荷がかかるわけですから、体重管理も術前の必要要件かと思います。

私のいた四人部屋の廊下を挟んだ向かいに個室があって自称「名誉会長」と名乗って電話を掛けまくるオジサンが入っていました。ビジネスで指令を飛ばすオジサンの電話の声が筒抜けで、正直うるさくて私は早速そのオジサンに「名誉会長」というあだ名をつけていました。後で聞いたらその個室は病院で一番高い部屋でバス、トイレ、クローゼットに応接椅子付きで1日3万円也の特別室でした。名誉会長は私と同じ左足の手術で約1ヶ月滞在され、私が退院する前日やっと退院されていきました。特別室でも差額のかからない四人部屋でもこと回復リハビリに関しては全く平等なんですねぇ!

リハビリを担当してくださる理学療法士さん達は皆さん若くてとても誉め上手、キツいリハビリも「すごいですねぇ」と言われて悪い気はしません。改めて正しい歩き方を習いました。筋力が落ちてしまい、大腿四頭筋が思うように動かせない、足が上がらずこんなはずではと思いましたが早い回復はすべてきめ細かなリハビリのおかげでした。

002

術後一週間で90度、二週間で120度まで曲げられるようになるのが目安で、日常生活が支障なくおくれる角度だそうです。今ワンたちと散歩に出かけ歩いても膝の痛みはありません。もう年だからと諦めることなく、自分の足でしっかり歩いていきたいという強い意志があれば叶うものだと思いました。

002_2

今朝9時の気温26℃、この虫は温度計が気に入ったらしく1日中ガラスにくっついておりました。来週はもう7月最終週、皆さまご自愛くださいませconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ルリボシカミキリ君

昨日ワンたちと散歩に出ようとして軽トラの窓にとまっている「ルリボシカミキリ」を見つけました。昨年は見かけなかったので、嬉しくてデジカメを取りに家に戻っている間にどこかに飛び去ってしまいましたdash

「ルリボシカミキリ」は朽木が好きらしく、薪置き場でその鮮やかな姿を見かけることがあります。5月30日の記事「あれこれと」は今年の薪運び最終便でしたが、ガレージ前に荷降ろししたままの状態で積んでありました。どうやらそのクヌギ周辺に出没しているようで、ちょうど飛んできてガレージドアにとまった所を写真に撮ることができました。

004

更にぐっと寄って

005_2

顔ではないのにユーモラスな顔のように見える頭部といい、触角まで綺麗なカラーリングはどうしてそうなるのと尋ねたくなる自然の妙、特別なカミキリ君ですheart01。飛ぶ姿も独特でこの姿のまま頭を上にタケコプター風(?)に飛んで行く様子が可愛いです。捕まえることもできますが、とるのは写真だけでいい、毎年夏にその姿を見せてくれればと思っています。大きいコ、小さいコ、恋の季節なのか活発に動き回って忙しげでした。

「真夏の恐怖」とでも言うべきか、薪割りをしている時間がなくて積んだままだった特別大きなクヌギの玉切り・・・思い切ってログスプリッターを引っ張り出して汗だくで薪にしましたが、やはり梅雨前にやっておきたい仕事でしたcoldsweats01。薪割り怖いshock

007

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大暑だそうで

退院して一週間、朝起きると少し足にこわばりを感じますsweat01。マッサージもスクワットもいいのですが、なんといっても効果があるのが朝風呂、前日入ったお風呂の湯温がそれほど下がっていないので追い焚き数分間で41℃の適温になります。時間に追われる暮しでなし、ゆっくりお風呂で左足をほぐし身体を起して一日の始まり、気持ちが良くてこれはやみつきになりそうです。母屋はマシンカットの角ログですが、お風呂は手入れの楽なユニットバス、目隠しのない窓からムササビの棲む森を見あげ開放感充分です。

006

先日ホームセンターで外用の片面が時計、片面が温度計になっている掛時計を見つけたので買ってきてとうさんに取り付けてもらいました。朝8時頃で気温22℃と爽やかです。畑仕事や外で作業をしていると時間が分からないので、どこからでも見える所にあると便利です。

007

ほったらかしですごいことになっていた畑も昨日今日やっと手入れしました。ジャガイモは月曜日とうさんが掘ってくれて、旺盛なキュウリとトマトに倒されていたピーマン、シシトウ、唐辛子、パプリカに支柱を立てました。食べれるほおずきもあちこちに出てきて小さな実をつけています。ちょうどオクラの綺麗な花がいくつか咲きました。梅雨が終わったらこれから水やりをマメにしなくては・・・  「大暑」といっても日中でも28℃くらい、4時頃には25℃の気温は過ごしやすいですconfident。夏は避暑地なんです。

記念旅行から帰ってきてそのままだったスーツケースなどもやっと片づけ始めました。気に入って買った自分土産がいくつかあります。

008

ヨセミテのアワニーホテルのショップで見つけたテーブルスプーンのセットにはそれぞれ違う鳥と花がついていて素敵、約30$。

009

寄木細工に似ているけれどこれはサッシェボックスでサイドにスリット入り

010

上蓋がスライドして中にはハーブの袋が入っていてとてもいい香りです。

013_2

014

シェラネバダ山脈に咲く花々、標高や地域、大きさ、開花期など植生のメモ付きです。片づけをしながらついつい手が止まってしまいます。

012

あっ サンフランシスコでこんな物もつい買ってしまいました。カリフォルニア州のナンバープレート約8$。色々片づけていて1ヶ月しか経っていないのに随分以前のことのように感じます。旅行も膝の手術も節目の年の一大事でしたconfident

| | コメント (12) | トラックバック (0)

三連休はいかが

お過ごしですかsign02 本来でしたら梅雨明け十日と云って海の日がらみの三連休は晴天が続き、山でも海でも絶好の時期だというのに・・・梅雨明けは遅れ、変わり易く気まぐれな天候に恨めしい思いの方もいらっしゃるでしょう。

私はといえば出所間も無いので「ウチが一番sign01」とばかりに涼しいわが家でのんびりしております。金曜日は久しぶりに買物に出かけ、ワンたちにはお馴染みの散歩コースを何ヶ所かまわってきました。富士山頂にあったレーダードームが下界に下ろされてシンボルとなっている富士レーダードーム館に隣接した道の駅・富士吉田には富士山の水を汲むことが出来る水汲み場が設けられています。遠くから水汲みに来る人達の混雑でとうとう場所が移設されて、いつも散歩して戻ってくる駐車場の隅になりました。平日は行列するほどではないので散歩のついでに5Lのポリタン4本くらいを汲んでくることにしています。

033

バナジウムという成分が含まれているそうで、炊飯や料理、cafejapaneseteaなどに使っています。近くに「富士山ビール園」というレストランがあったのですが、改装していつの間にか店舗の半分があの「monbell」になっていました。

034_2

土曜日は改めてとうさんと一緒に新しい店舗を見に行ってきました。今更欲しい物もないのですが、色々新商品などチェックするのも楽しいことですnote

そして土曜夜からとうさんは満を持して渓流釣りに出かけていきました。私の入院中はワンたちの世話で釣りにも行けず、考えてみれば今シーズン渓流に向かうのは初かもしれません。行き先はN沢渓谷、手前の道の駅で釣り仲間のTAKEさんと待ち合わせをして、青々とした水をたたえた七ッ釜・五段の滝で知られる景勝地の更に奥、昔の森林軌道跡を見ながら渓流を遡上してテンカラ釣りを楽しんできたようです。

010

七ツ釜はこんな感じ

031

レールの浮いた森林軌道と手掘りのトンネルの名残、そして釣果は

021

尺二オーバーの岩魚を上げて会心のドヤ顔scissors

028

釣り仲間のTAKEさんも良形の岩魚を上げることができたようです。時折雨に見舞われたもののいい釣りが出来たようで良かった良かった。おとな釣り師なのですべてリリースしたそうです。好きなことをしているとみんないい顔になるものですねhappy01

久しぶりの長い沢歩きで足腰に来たとうさんは私よりもギクシャクした動きになっております。本日私はモシャモシャになったワンたちのトリミングhairsalonをしてトリミング代を節約いたしましたmoneybag。立ってするカット作業も難なく、左足への重心移動も苦でなく出来たのはトリミングに集中していたためですが、いい感触でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ボチボチやってます

入院中の午後9時消灯の習慣がついて9時になるとウトウト、朝は5時頃目が覚めてしまうまるでシルバーclockの日々です。涼しいわが家での朝はこども時代の夏休み、眠い目をこすりながら行ったラジオ体操の朝のひんやりと爽やかな朝の記憶に繋がります。

まだ畑仕事まで手が出ませんが、庭先や家の周囲を見て回ると小さな発見があります。キャンピングトレーラーを置いてある母屋の裏には山紫陽花の「クレナイ」が咲いていました。

013

これはクラフト仲間で村に陶芸の工房を持っていらっしゃるI さんから昨年分けていただいた株で、信州伊那出身のI さんの長兄が1985年頃小川路峠という所で発見して「小川路」と名づけ、後に園芸業者が「クレナイ」と名づけた紫陽花だそうです。その際いただいた写真付き説明書は

001

当地で挿し木から増やしたもので、土地との相性がとても良いようです。昨年買った鉢植えの紫陽花も地植えにしておいたら可愛いピンクの花が咲いていました。

017

たしか「ダンスパーティー」とかいう名前だったかと記憶していますが、すぐラベルを取ってしまうので適当coldsweats01

ガレージ上の草屋根やいたる所に吾亦紅(ワレモッコウ)の花が伸びています。草屋根は10センチくらいしか土の深さがありませんが花丈は70~80cmくらいとすっかり定着しました。

002

クラフト仲間のSさんの工房名が「吾亦紅」なので、ちょうど切り頃なので少し切っておきました。ドライにして差し上げようかと思います。

草屋根の上のワイルドストロベリーは今年なかなか大きめの実がついています。

006

旅行中ワンたちを預かってくださった村友さんから白い実がつくワイルドストロベリーの苗をたくさんいただいたので、来シーズンは紅白のワイルドストロベリーの寄せ植えなんて面白いかもなんて思っています。夏は生育旺盛な植物たちが競い合い色々楽しい発見があります。

今日は午後郵便局のついでに村のspaに行ってきました。薄曇りの外気温は26℃と快適でワンたちの足も軽く、少し便秘気味だった腸も良くなったようです。ぬるい露天の陶器風呂にゆっくり浸かってきました。村のおばちゃんに寄ると「傷にもいいんだよぉ!」とのこと、灯台元暗しで効能を知りませんでした。また養生に行こうっとhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

無事退院・元気です

記念旅行のサンフランシスコから帰国して、荷物の整理もそこそこに6月24日に入院、27日左膝人口関節の置換え手術後リハビリを続け、昨日午後退院して自宅に戻りましたhappy01

通常は術後2週間で病棟からリハビリ病棟に移り、そこで日常生活に支障のない動作が出来るよう訓練し退院の運びとなるそうで、病棟の看護士さん達は退院おめでとうの言葉はあまり掛ける機会がないそうです。私は左足だけの手術でしたしいたって健康で、一応体力勝負の山女だったので2週間目で杖無し歩行が出来るようになっていましたscissors。リハビリ室から4階の病室まで階段を上がれますと主治医の先生に申し上げて、自分的には2週間の予定を少しオーバーしましたが退院の許可がおりました。

002

これは術後1週間目で歩行器使用、ワンたちの写真と10年位前の私たちの写真をベッドサイドに置いていました。とうさんも若かったsign02、私なんて体重52キロくらいのキュッとしまったウエスト・・・所詮過去の栄光ですけどねsweat01、励みにして眺めていました。

病院は東京の中野にある総合病院で、日本人に合う可動域の広い人工関節を自ら開発し「神の手」と言われるR先生が週二で整形外科外来を担当してくださる所、今年の一月末にR先生の診察を受けることが出来てこの病院での手術が決まりました。もう7、8年前にテレビの医療関係の番組で拝見した時、もしも必要になったら是非この先生にお願いしようとお名前をメモしていました。最近はある程度の規模の病院の整形外科なら手術も出来るようですが、気持ちはぶれることなくR先生以外考えませんでした。全国各地から患者は来ていて私などまだ近い方だったことは後に分かったことです。

病室のある4階からは晴れた日の午前中に富士山が見えました。都心でも途中に高層ビルが無いためでしょう。

008

左の樹の隣、建物の上にあるのが富士山、まだ少し残雪が見られました。手術直後は身動き出来ず各種の管が着いていましたが、いたって経過良好で予定どおり外されてからは三食昼寝つきの上げ膳、据え膳で、ただただ食べて薬を飲みリハビリをし回復を待つのみ、病院の食事はヘルシーで量は少ないくらいで丁度いい、七夕には七夕ちらしや☆型のゼリーなど嬉しい気配りメニューでしたdelicious

006

お気楽な私の気がかりはワンたちのこと、神奈川の家でとうさんと息子君が見てくれているといってもあのhouseが大好きなコたちはどうしているのかと・・・ノー天気なJuliはともかくkattiiは自分の境遇をどんな風に感じているのだろうと心配していました。土曜日にお見舞いに連れてきてくれてもまだ先生からは直接タッチするのはダメと言われsweat02、せっかくロングドライブで来てくれたのに・・・

005

シャイなkattiiheart01

004

すぐに小首をかしげるJuli heart01

そして昨日、入院中手首に着いていたバーコードのついたリストバント゛がS看護士さんの手に寄ってhairsalonされました。

010

看護士さん達、リハビリ担当の理学療法士のOさんや何回かシャンプーをしてくださった介護士さん達多くのスタッフの皆さんにとてもお世話になりました。自分ではあまり手のかからない目立たない患者だと思っていたのですが、存在感ありましたよと言われてしまいました。良い方に解釈していいのやら・・・比較的若い方だったからかなsign02

相模原の家までは助手席でしたが、留守番ワンコたちを引き取りわが家までは約1時間半超の道のりをカングーを運転して帰ってきましたdash。とうさんが薄情で送ってくれなかった訳ではなく、とうさんは黄色カングーの後ろから赤BMW・Z3でチョイワル風おやじの風情でわが家まで追走して来てくれました。マニュアル車しかないのですから左足は嫌でも遊んでいられませんsweat01。リハビリでスクワットやかかとの上げ下ろしなどやっていましたから、多分支障ないとは思っていましたけどね、つい激走してしまいましたcoldsweats01。これでまたどこにでも行けます。

先週とうさんとワンたちが一晩泊って、芝刈りもしてくれたようですが、庭はすっかり夏になっていました。入院の朝咲き出していたラベンダーはすっかり花が開ききってしまい今年はポプリ用の花穂が収穫できませんでした。

011

そんな中、とても嬉しい発見がありました。

015

まだこれから咲くところですが、熊本ブロ友takaさんが以前送ってくださった熊本を代表する「ヒゴタイ」(別名:ルリタマアザミ)の種が発芽から2回の冬を越して花壇の一画にぐんぐん成長中、随分葉が大きくなっていると思ってふと見たらまん丸い花がありました。なんだかおかえりなさいと歓迎されているような気がしましたconfident。ちゃんとヒゴタイの花らしい色になったらまたアップします。

梯子で登るロフトの登り下りは少しの間控えて、といっても今朝から肌掛けフトンに変えたり寝具の入れ替えで梯子登りしてますけど・・・朝から休憩を挟みながら洗濯や片づけをしております、久しぶりの主婦業でありますwink

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »