« 夏休みに富士山 | トップページ | キルト展へ »

温泉へ湯治に

夜は雨降りで朝になると一旦は上がるものの、日中は降ったり止んだりの空模様がずっと続いていました。こんな時は温泉にかぎると混雑する山中湖を避けて、甲府方面の日帰りspaに出かけました。

002

久しぶりのやまと天目山温泉は高アルカリ泉でPH10.3、入るとつるつるすべすべでいい感じ、入浴剤では味わえない感触で「美肌の湯」と言われています。なにげに「風林火山」の旗も立っています。関節痛や筋肉痛、神経痛、こわばりなどに効能があるそうで、源泉に浸かり膝のマッサージをしてきました。

004

温泉スタンドもあり100Lが100円、所要時間3分と安いのですがさすがに100Lも入れる容器は持参していなかったので諦めましたdown

001

以前は無料の蛇口がありペットボトルなどに汲むことができたので、有料でもいいから10L単位で汲むことができればありがたいのにと思います。家のお風呂に混ぜてつるすべアルカリ泉に入りたいなぁspa

この辺りの名物に「うらじろまんじゅう」というおまんじゅうがあります。

007

ほとんどよもぎで作った草餅なんですが、もう少しもっちりした食感です。今までうらじろはお正月のお飾りに使うシダ類のうらじろだと思っていたのですが、よもぎに似たキク科の草でこの地域ではうらじろと呼ばれているとおまんじゅうの説明に書いてありました。思いこみって怖いですね。

この温泉に向かう途中には「景徳院」というお寺があり、帰り道ちょっと立ち寄りました。そこは武田家終焉の地と言われ「武田勝頼の廟所があります。山の中の渓谷沿いの地で万策尽きて自刀して果てた甲斐武田家、戦国のならいとはいえ栄枯盛衰の歴史があったのだなぁと蝉の声を聞きながらしみじみしましたthink。徳川家康が菩提を弔うために建立したお寺の総門です。

006

|

« 夏休みに富士山 | トップページ | キルト展へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さすがに100リットルの容器を持参する人は少ないでしょうね。
2本あれば浴槽一回分ですけど。
海はなくても温泉は豊富でうらやましいです

投稿: 亀仙人 | 2014年9月 1日 (月) 02時09分

亀仙人さま

軽トラに農業用の100Lタンクを積んで汲みに行きたい
くらいです。

もう秋の長雨みたいでspaがちょうどいいですconfident

投稿: kattiiかあさん | 2014年9月 1日 (月) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/57231059

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉へ湯治に:

« 夏休みに富士山 | トップページ | キルト展へ »