« 米寿のお祝いに | トップページ | 薪ストーブ暖炉風 »

アマチュア干物づくり

金曜日は例のごとく伊豆・下田まで車を走らせて釣りに出かけたとうさん、夜はミゾレが降り、翌土曜日日中は強風+高波waveのため満足のいくコンディションではなかったようですdown。釣果はいつもの真鯖45尾と小さい鰯4尾で切り上げわが家に早い帰宅でした。

帰宅して三枚におろしてくれた真鯖はまた味醂干しにしました。前回前々回の味醂干しは冷凍真空パックにしてあったのですが、米寿のお祝いで集まった皆さんにおつまみや朝食用にとお土産に持ち帰っていただきました。美味しかったと言っていただくと作った甲斐がありますhappy01

日曜日お祝い会から帰宅して作業開始、海水濃度の塩水に一時間ほど浸けてから水気をきり、醤油、味醂、日本酒の合わせ調味液に漬け込み一晩night。またまたペーパータオルで軽く調味液をきり白胡麻を振って干す準備完了です。

002

月曜日は午前中ジュリを犬猫病院に連れて行くことになっていたので、ついでにホームセンターに寄って新しい干し網を買ってきました。ウチのは古くてセンターファスナー一ヶ所で手を出し入れするのにちょっと邪魔、U字に開く形のが欲しいと思っていましたが、お値段は798円でありました。もっと早く買えばよかったです。

003

数も多くなると手間もかかりますが、一旦塩水に浸けるのは浸透圧で味が浸みこみやすくするためですし、水分をふき取るのも綺麗に干し上がるためで、美味しい干物は手を抜かないことかなと感じています。調味液は一度だけでは勿体ないので、また火にかけてから漉して瓶詰にしました。古い液に少しずつ足していけば秘伝のタレになるかもしれませんね。

また味醂干しの真空パックを作り、今度は「fish下田直送・真鯖の味醂干しfish」というラベルを作ろうかと思っておりますwink

|

« 米寿のお祝いに | トップページ | 薪ストーブ暖炉風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家も旧式干し網ですが
これは便利そうですネgood

塩水の濃度や漬ける時間
そして漬けダレの分量など
なかなか難しいですよネ~
秘伝のタレまで完成したら
完全にプロの干物屋さんです(笑)

投稿: taka | 2015年3月10日 (火) 17時08分

takaさん

今後は出し入れ楽々干し網が一軍で古い方は数が多い時用
控え選手にしますhappy01

鯵が品薄らしいとニュースで見ましたが、鯖だけでなく
他の魚の味醂干しも作りたいものですfish

投稿: kattiiかあさん | 2015年3月11日 (水) 08時30分

美味しそう!
美味しいに決まってますね。新鮮な鯖を自家製味醂干しですもの。 捌くのも干すのも手間仕事ですが その甲斐は充分にありますね。継ぎ足しで旨味も増す秘伝のたれに育つでしょうね。我が家にもこの干し網がありますが 大根を干すのに使ったくらいで出番がありません。

投稿: しおん | 2015年3月11日 (水) 09時44分

おいしそう~

それにしても、ものすごい量ですねsign03
一気に干すとなると大変そう。

ん~、
炊きたてごはんとおみそ汁持って遊びに行きたいですsmile

投稿: ぐっち | 2015年3月11日 (水) 11時23分

しおんさん

昨夜出来たて(?)の味醂干しを試食しましたが、同じ味に
仕上がっていました。今日は朝から真空パックにしました。
お近くならお届けしたいくらいですhappy01

投稿: kattiiかあさん | 2015年3月11日 (水) 18時42分

ぐっちさん

一枚一枚ペーパータオルで水分をふき取るのが手間ですsweat01

炊きたてご飯もお味噌汁も持参しなくても大丈夫ですよ。
近ければいいのに・・・wink

投稿: kattiiかあさん | 2015年3月11日 (水) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/59214920

この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア干物づくり:

« 米寿のお祝いに | トップページ | 薪ストーブ暖炉風 »