« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

紅花山芍薬

今年初めて紅花山芍薬の花が咲きました。

001

苗をいただいてから毎年葉は育つものの随分経ってからの開花ですから、苦節○年sweat01。ネットで調べて知ったのですが、やはりすぐには咲かないらしく実生から三年以上かかるそうです。山芍薬は普通白い花で、赤い花は少し小さくて「紅花山芍薬」と呼ばれると知りました。開花は長いスパンで考えるものなのですねぇconfident

降りそうで降らないはっきりしない空模様でしたが、西川農園・文さんから送っていただいた貴重な「手摘み新茶」を味わいました。

003

細くて綺麗なお茶で、いい香りです。新茶は熱湯ではなくほど良く冷ましたお湯でゆっくりと淹れていただきますjapanesetea。こどもの頃、新茶はこどもには強すぎると言って飲ませてもらえませんでした。

006

お菓子は文さんオリジナルお茶クッキー、綺麗な抹茶色でお茶を載せて焼き上げられています。さすが創意工夫の人、クッキーですが日本茶に合う上品な焼菓子になっていますdelicious

薪割り、薪積みを終わって緑溢れるわが家で味わう一服のお茶、自然の気を受けてますます健康ですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お互いさま

クラフトフェアが終わったら少しはのんびりしたいと思っていたのですが、一向に暇になりませんsweat01。平日とうさんが業務終了後クヌギの玉切りをして軽トラ・キャリーに積み込んだ原木を空荷のスバル・サンバーで出かけて車ごと交換してきました。明日は多分またログスプリッターの出番です。

いきなり夏のような暑さになり、やっと衣替えが追いつきました。今日はsunの青空に毛布を洗い、いつものように母屋ログとアトリエログの間にロープを渡して干しました。

006_2

このロープは沢登り用の補助ロープで30m、今やリユースして物干し用ですcoldsweats01

007

「クリンソウ」も綺麗に咲きました。赤い実のワイルドストロベリーに続いて白い実もつき始めました。

008_2

白いストロベリーは比較的新しい品種らしいです。白いストロベリーを分けてもらった村友Yさんは数日前から故郷九州・鹿児島に行って留守です。普段もフットワークがいい人なので東京の娘さん宅と行ったり来たりですが、今回はちと遠いので留守宅の庭の水やりを引き受けました。

009

いつもワンたちの散歩に行っており、昨年の北米・ヨセミテ旅行の際は一週間ふたりを預かってもらったお宅で、ワンたちは勝手知ったるセカンドハウスのようにお庭を走り回りますdash。広い庭はたくさんの花が溢れ、素敵なナチュラルガーデンになります。ちょうどタイミング良く雨が降ってくれればいいのですが、最近の暑さでは枯れてしまわないか心配です。お互いさまですから、これからはしばらく散歩+庭の水やりです。彼女の家はあいにく外に水道が無いので軽トラにポリタンを積んでいきました。

011

昨夜雨音がしていたので大丈夫と思っていたのですが、日中の強い日差しに夕方は土がからからになっていました。

お互いさまといえば犬猫病院でいつも感じることなんですが、時々急患でもう危篤状態のワンちゃんが来て順番を飛ばして診察されることがあります。木曜日フィラリア予防薬をもらいに行った時もゴールデンレトリバーのコが車から降りれず横たわっているところに行き合いました。評判の良い病院で待合室には待っている人もdogcatいましたが、点滴を持って先生が駐車場まで出て診てくれてました。待ち時間は長くなってしまいますが、こんな時苦情を言う人は全くいません。どうしても短い寿命のペットたちですから、飼い主さんの気持ちを思いやると他人事ではなくお互いさまです。kattii も来月11歳、まだ11歳だという優しい目をしたゴルデンレトリバーちゃんが快方に向かうよう心から祈りましたclover

| | コメント (6) | トラックバック (0)

26の日

昨夜7時、村内情報ツール端末に村のspaが感謝デイで26日ふろの日に入浴料無料とのお知らせが入りました。

001

upwardright は外湯ですが、陶器風呂の配置が微妙に違うので男湯の写真のようです。午後はワンコ散歩のついでに久しぶりに村のspaに行こうと思い、薪の配置換えを頑張ることにしました。

日曜の内に薪積みは終わっていましたが、あと軽トラ2台分の太いクヌギの玉切りが入る予定なのでガレージ横の薪棚に積んである檜を小割りの棚に移動し、半端なクヌギと細い枝をアトリエ下に運んで積みました。ガレージ横は割ってすぐ積めて、立って作業出来るので楽です。スペースを確保しておけば薪割り後の作業も楽勝です。

002

クヌギはずっしりと重いので一度にたくさん運べないのでぼちぼち、ヒノキは軽い上にしっかり乾燥しているので一気に運べます。順番はクヌギからヒノキへ、逆では多分イヤになります。昼過ぎに薪の配置換えは完了し、夏向きに模様替えを少々、3時過ぎにいざ温泉へと出かけましたdash

感謝デイがどれほど周知されているのか分かりませんが、平日の普段と変わらない客数と感じました。たまたま来て「タダ」と知った人はラッキーですね。汗を流してさっぱりしましたcoldsweats01

帰ってから庭のワイルドストロベリー摘みです。今日の分は

003

全体に赤くなっているものだけ摘んでいますが、実のつき始めだからなのか実が丸っこいです。実際はもう少し細長く大きいです。ワイルドストロベリーの説明をする時は英国のウェッジウッドのカップやお皿に描かれている苺はこの苺ですと話しています。ワイルドストロベリーシリーズと呼ばれていますが、実際私はこの洋食器を持っていません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花も実も

昨日日曜日は土曜日午後とうさんが玉切りして軽トラで運んできたクヌギの原木をログスプリッターで薪づくりsweat01

001

釣りにも行かなければならないし忙しいことです。

敷地の隅にあるキウイの棚に花が咲き始めました。それほど広いわけでもないのに普段ほとんどほったらかしの場所で草ぼうぼうで、とうさんに草刈りしてもらいました。♂♀どちらか分かりませんが一本枯れてしまったと思った木も復活して棚に日陰も出来そうです。

004

upwardrightdownwardright は別性です。今年は花の開花がほぼ同時期でまたまた嬉しい発見でしたhappy01

005

受粉させなければ実はならないと思い、めん棒でおしべorめしべにちょんちょんと触れて他の花にちょんちょんしました。でも花のそばを虫が飛び回っていますから、虫たちが媒介してくれたかもしれません。まだ蕾もあるので期待してしばらくは一日一回キウイ棚を見に行こうと思います。

009

ムササビ・ム~ちゃんは最近昼間でもハウスから顔を出しています。向かって右横にお嫁ちゃんが一緒です。穴がますます広げられているのは手狭になったからかと心配ですsign02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

リユースしたい!

実家に行った目的のひとつは亡父の残したモノを兄弟それぞれ持っていき、その後で人を頼んで片づけをしようという話になりました。私が気になっていたのは

002

漆工芸士の父が富士山を描いた漆絵の額、額も拭き漆です。漆絵は蒔絵とは違い、これは工芸展などへの出品用ではなく純然たる趣味で作ったものだと思います。将棋友だちやお客さま用の部屋に掛けられていました。

手前の本は40年くらい前に出版されたもので『手仕事・日本の職人を訪ねて』という書名で、50代半ばの父が取材を受け掲載されています。

003

「現在は名工と呼ばれる、日本を代表する・・・」などと誉めていただいていますが、元々は静岡市の工芸指導所という所で漆芸を教える特別職の地方公務員でした。早期退職して、この取材の頃は自宅を仕事場にしていたと思われます。若い頃は有島一郎さんという俳優さんに似ていました。兄姉が持っていってなければこの本をもらってこようと思っていたので、行った甲斐がありました。両親とも丈夫で病院には縁がなくボケることもなく歳を重ねていましたが、90歳を過ぎた頃に少しずつ体力が落ちてきたように感じました。90歳はやはり大台ですね。

兄姉が持っていかない漆器も目に留まり持ち帰り

005_2

砥ぎ出して下に塗った黒漆を出す根来塗りの小さなお盆や「めんぱ」と呼ばれる器

004

ころんと小ぶりなお湯のみ五客は形が気に入っていたようで、内二客は欠けた縁を「金継ぎ」で補修していました。割れた器を漆と金で補修する「金継ぎ」は今ちょっとしたブームだそうで、教室もあると聞きました。この器はこれからわが家のお茶飲み用に使おうと思っていますjapanesetea

また目についたのが台所の収納庫の箱に入ったままの食器類です。中には木箱入りの器や純銅の急須や建水などいいモノもありました。洋食器の裏を見たらお酒の配達を頼んでいたお酒屋さんの名前入りサービス品が数々出てきました。

007

006

私はいらないけれど、そのままなにもかも一緒に廃棄処理されるのはもったいないと思いダンボールに入れて持ち帰りました。箱は古いけれど中身は未使用で綺麗です。まだ使えるモノを使いたい人にバトンタッチするリユースにと考えています。いつも衣類などを寄付している「アジアの女性支援の会」に持ち寄ろうか、クラフトフェアの時「さしあげます」コーナーを設けようかと思案中です。今回は短時間でしたので、もう一度行ってリユースできるモノを運ぼうと思っています。

そうそう今朝は嬉しい発見がありました。ムササビのム~ちゃんがどうやら婚活に成功してお嫁ちゃんを見つけたようです。見上げたムササビハウスの穴からム~ちゃんの顔の斜め上に少し小さな顔がもうひとつ覗いていましたheart04 「ム~ちゃんたらやるじゃんsign02 」 急いでカメラを取りに行って戻ったらお嫁ちゃんは隠れてしまいました。名前を考えなくちゃ、こどもが生まれたらこどもの名前も・・・ なにかいい名前ありませんかぁ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡日帰りドライブ

昨日は実家の静岡へ日帰りで行ってきました。あちこち寄る所があり、気合を入れて早起きしましたsweat01。御殿場ICからすぐジャンクションで新東名を走ります。前日高波のため海沿いを走る旧東名の清水・富士間は通行止めになっていましたが、山側を走る新東名はその心配がなく、途中のSAはドッグランなど充実しています。

まずは亡父のお墓参りをして花を供え、母が介護施設に入所して無人になった実家に寄りました。老夫婦ふたりで住んでいた実家はモノに溢れているので少し整理しておこうということになり、欲しいモノがあったら持っていってと兄姉から連絡をもらっていました。特別欲しい品物はありませんが、父の作品などガラクタと一緒に処分されては困るので持ち帰りました。

少し前に「親の家を片づける」というようなタイトルの本が話題になりましたが、今や高齢化が進みこれは誰もが抱える問題になりつつあるようです。高齢=片づける体力気力が無くなるです。

実家から出る時ご近所さんに会い挨拶したら「あらぁ!細かったのに太ったから分からなかった」などと言われてしまいましたbearing。私身長体重ごくごく標準でして、決して太っていませんが、若い頃はスレンダーだったのでご近所奥さん達には印象が違ったのでしょうsign02 アハハと笑ってかわしましたが、歳月で変わったのはお互いさまでしょと心の波動を送りましたよgawk

母がお世話になっている介護施設では日中ロビーに座って過ごしており、肺気腫で入院した時には少々ボケていたのがすっかり元気になっていました。記憶力は元に戻り、食事が美味しくない、着替えがしたい、持ってきて欲しい物etc、足が弱った以外はまだ当分大丈夫そうです。

その介護施設の近くには西川農園さんの農園カフェ『ジャボチカバ』があります。日曜日のみ営業なので平日はどなたもいない?、ひょっとして水やりや収穫にいらしているかもと思い通り道なので寄ってみました。すると代表がちょうどジャボチカバの収穫に来ていてお会いすることができました。

008

ワーゲンバスのジャボチカバ号もたまたま園内に停まっていました。ジャボチカバは最盛期のようで、たくさんの木にたくさんの実がついていました。

005

003_2

これから大きくなるパイナップルの可愛い実も

004

コーヒーツリーには赤いコーヒーの実がつき、木の下の方にはコーヒーの白い花も咲いていました。静岡は温暖な所ですが、温室の園内は更に南国ムードです。ブラジル原産の日本では知られていなかった「ジャボチカバ」という果物を栽培し、工夫をこらした利用方法と加工技術では西川農園さんは第一人者だと思います。地元メディアでも再三取り上げられて、徐々に農園カフェのお客さまも増え、今週末も多くの予約が入っているそうですhappy01

農園には体験用石窯も造られていて写真を撮らせていただきました。

006

耐火モルタルづくりで屋根付き、下の炉で薪を燃やし上の段にピザを入れて焼き上げ、やはり400℃くらいまで温度を上げると短時間でパリッと焼き上がるそうです。ピザ生地を自分で伸ばしてトッピングして焼くことが出来たらきっと皆さん喜ばれることでしょう! お茶とみかん栽培に加えてカフェ営業といつもお忙しいのに農園カフェは少しずつ進化していて、いつも楽しみですnote

011

帰り際代表からパッションフルーツの実をいただきました。パッションフルーツは食べたことがありません。皮がしわしわになったら食べ頃だそうです。今朝収穫したラディッシュと比べると大きさが分かると思います。

早起きしたのですが、夜中2時頃もの凄い雷thunderthunderで雷が怖いkattiiがパニックになり、Juli もウロウロ、約1時間くらい私は眠いのに眠らせてもらえずでしたdespair。東名高速は走っていても単調なので珍しく眠くなり、SAで休憩してドッグカフェで一服しましたcafe

009

私はミルクパンケーキ、食べられるパンジーが載ってましたdelicious。ワンたちにはスィートポテトをオーダーしました。早めの休憩が大事ですね。

今日は朝からkangooに積んで来た荷物の整理に追われましたcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クエン酸を使う

あったのか短かったのか春はつかの間、晴れると夏の日差しですが、最近早起きになり夏時間にシフトしましたclock。朝ロフトから下ろしてあげるとkattii はすぐ外に飛び出していきますdash

004

アトリエテラスのモッコウバラは今が盛りで綺麗です。2年目くらいまでは花もポツポツでしたが、とうさんが剪定して私がせっせと液肥を与えていい感じになってきましたhappy01。ガレージ傍のモッコウバラも黄色でアクセントになっています。挿し木で増えた苗も母屋テラス脇に植えましたし、先日買った白花のモッコウバラも花いっぱい、でもモッコウバラはやっぱり黄色が可愛いですね。

薪ストーブ周りを片づけた昨日、ストーブの上に置いて加湿するスチーマもしばらくお休みなので気になっていた白い付着物をなんとかしようと思いました。

001

わが家の水源は湧水で水道水のようにカルキなどは入っていないのですが、こすったりタワシで洗ったくらいでは全く剥がれません。以前酢水を試したのですが変化無し、ネットで検索したら薪スト暮しの方のブログでクエン酸で綺麗に取れたという記事を見つけました。紫蘇ジュースを作った残りのクエン酸で実験してみました。

005

何もしないより剥がれやすくなったようですが、マイナスドライバーで削り取ってこの程度でした。歯に着く歯石のような感じです。クエン酸が少ししか無かったので、今日は買物に行きドラッグストアに寄りました。そこで気がついたのですがクエン酸てジュースやジャムづくりに使う食用と掃除に使う清掃用があるのですね。昨日使ったのは食用ですから洗浄力は期待できなかったのかもしれません。そういえば重曹も食用と掃除用とあります。

008_2

ジュースも作るので両方買ってきました。結果は明日、買った時のように綺麗になるかどうか、ポット内側の汚れなどもクエン酸でばっちりとれるそうですよwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大事な片づけ仕事

今朝は早起きして土日の片づけを始めました。テラスでテーブルなど拭いていたら普段静かな所にこども達の賑やかな声が響いて何事かと思いました。桂の葉が茂りブラインドになって見通せないので開けた所から見たらどうやら中学生の野外活動で「田植え実習」のようです。

002

upwardrightdownwardleft のオレンジの部分です。

004

村の中学校は一学年20人もいないはずですから、全校生徒かもしれません。こじんまりしていてそれもいいですね。

準備は時間がかかりますが、モノが少なくなってあっという間に片づきましたscissors。忙しかったけれど今回はしっかりいいモノもゲットできました。

010

陶芸Sさんの器は身体の不自由な人にも使いやすく、スプーンですくう時にこぼれないよう返しが工夫されています。形も可愛いので早速使いました。

014

ピンクッションを持っている女のコと雀のブローチは和小物のお店で、スカートにhairsalon、エプロンにはチャコペンの芯などポケットになっています。アトリエの窓辺の作業机に置きました。真ん中の器は「ニンニク入れ」、工房はんの木、Hさん作です。ニンニクと生姜は冷蔵庫に入れずこの器に入れておくと長くもつそうです。ちょうど買った青森のニンニクを入れてみました。

023

冷蔵庫の野菜室に入れて使う時に傷んでいることがありましたので、いい事を聞きました。多才なHさんの「枯葉のコラージュ」作品は毎回楽しみにしており、今回は2点譲ってもらいました。

013

花びらや葉を絵具のように自在に使って美しい色と質感を出されています。一目惚れしたもう1点は

011

タイトル『神の森』、縦42cm×横27cmの細長い額でゆうぎり草とアジアンタム、ランで深い森が表現されています。日光・二荒山に旅行された時のイメージとのこと、緑の中に鳥居の赤が効いていて絶妙の色彩感覚をお持ちだといつもながら感心しますconfident。お友達価格にしていただくのが心苦しいほどですが、手元を離れてもわが家に遊びに来ていただけばいつでも作品に再会出来ます。クラフトフェアに参加するようになって、分野は違うけれど皆さんと知り合うことができたくさんの刺激をいただいて、次への原動力にしていますclover

※ 週明けのむささびム~ちゃんは

006

花の水やりをしていたらガリガリと音が聞こえ、見上げたらム~ちゃんが穴から身を乗り出すようにしていました。彼(?)も活動期みたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

番外編・ム~ちゃん

母屋ログの裏に棲みついたムササビのム~ちゃんは最近朝見上げると巣箱から顔を出しています。

昨日朝のム~ちゃん。緑溢れるム~ちゃんハウスの入口は彼(?)が拡張して見る度に広がっています。

002

そして今朝のム~ちゃん。

004_2

左手が穴に掛かって、顔はやや斜めでちょっとお疲れ気味なのかも・・・夜行性ですから夜半座布団のように身体を広げて滑空しての朝帰り? 夜遊びしてこれから寝るところかな? 土日バタバタしている住民を眺めているのか、樹上から彼(?)はなにを思うのでしょうかconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春のクラフトフェア終了

昨日土曜日は早朝雨音で目が覚めるほど降っていて、てっきり中止と思っていたら小雨決行となり、遅れ気味に準備開始しました。やる気はdownっていたのですがお知らせハガキをお送りしていたお客さまがご夫婦で一番に来てくださり、昼頃にも毎回来てくださる方が三人連れで誘い合わせてバッグやポーチをお買い上げ、もしも中止になっていたら遠い所を無駄足を踏ませてしまったかもしれず出来て良かったです。

結局土曜日は写真すら撮れずに終わり、今回これでもかと作ったポーチなど小物類は売れてしまい残りわずかになってしまいましたsweat01 気にいって買ってくださるのは嬉しいことですが、日曜日どうしようかと思いました。他の出展者の一部を紹介すると

008

レザークラフトのGさん、オーダー制作の一点物バッグが人気のようです。

009

仲良しSさんの小物や麻の洋服は見て楽しく、私も愛用させていただいています。

011

陶芸のSさんの器もわが家の食卓に載っていますが、今回初のお雛様が可愛いです。

010

木工のSさんの木のボタン各種

013

革細工のTさんのボールホルダーは底がアルミ板金製の進化形になりました。実はアルミを打ち出すすごい技があって出来るモノらしいです。

014

わが村で活動している総務省が募集した「地域おこし協力隊」が鹿の角を加工して作ったピアスや指輪などのアクセサリー。私も記録用に撮っておいた写真ですが、

004

ワンたちもパートタイムで看板ワンコです。

016

今日は山中湖きららで年に一度のカングージャンボリーが開催されましたが、クラフトフェアとブッキングで今回は泣く泣く不参加でしたsweat02 きららはいつもワンたちの散歩コースですが、いつもは車両乗り入れ禁止の湖畔沿いの道をこの日ばかりは徐行で走れて芝生広場がカラフルなkangoo で埋め尽くされるのは圧巻です。近いのでわが家は私が黄色kangooに乗り、とうさんはセカンドカー・ルノー4で2台参加していました。

いつもクラフトフェアに来てくださる方から毎回楽しみにしていますと言われては今回休みますとは言えませんでした。せめてもとワンたちにジャンボリー用kangooシャツを着せました。午後はジャンボリー帰りのkangooが続々と入場してきて、やっぱり目にとまりました。皆さん遠いところから山中湖目指して来られますrvcardash

そんなこんなでしたが、なんとクラフトフェアの今回の売上は過去最高でした。在庫が少なくなり、注文もお受けしたのでまた作らなければなりません。明日は片づけですcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

朴の葉寿し

昨日は朝から村の春の健康診断に行ってきました。8時受付開始なので15分ほど前に着くように出かけたらすでに先客ありで受付順番号札20番目でした。普通の場合、打合せ会開始が1時としたら1時に家を出発して来るのが「村時間」、他から来た者には「?」ですが、こと健診については村時間ではなくなぜか出足が早いようですsign02

もうクラフトフェア準備は一段落したので、買物から帰って夕方はワンたちのトリミングhairsalon、急に暑くなって高原避暑地とはいえ厚い毛皮から夏向きにカットしました。今朝はプランターに種蒔きしたラディッシュの間引きをして、間引いた柔らかな葉はサラダ用に野菜室へ入れましたbud

土曜昼のお弁当用に「朴の葉寿し」を作っておくことにしました。寿し飯なので日持ちがして食べ頃は1日おいたくらいなのでぴったりのお弁当です。まずお米を浸しておき、ガレージの屋根に上がり葉っぱを採ります。

004

小さい朴の木の方が葉が早く、まだ若い葉の色です。ご飯を炊きながら、その間に葉を水洗いして、ご飯に載せる具を準備します。茶福豆や胡桃こおなご、蓮根きんぴらなど佃煮でもなんでもその時にあるものでOKです。

006

胡麻好きなので寿し飯に胡麻を混ぜ、うちわでさまして適量を葉にとり具を載せて包みます。

009

いくつか包んでいく内に綺麗な形に包めるようになります。

010

葉には殺菌作用があるので余った葉は保湿用に敷いたり被せたりして涼しい所において出来上りscissors  朴葉寿しは飛騨高山の郷土料理で各家庭の味があると聞きますが、私のは煮物があればそれもプラスしますが、なんちゃって風です。スモークサーモンや出来あいのお惣菜を利用して色々用意する手間を省略しているのでハードルが低いです。富山の「ますの寿し」は鱒を、奈良の「柿の葉寿し」も鯖や鮭を包んだお寿司が美味しくて好きです。葉で包むことは優れた自然素材活用ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五月に台風ですか!

台風6号接近で予報通り夕方から降り出しましたrain  早めにワンたちの散歩に出かけ、鉢植えなどを避難させ、風で飛びそうなものを片づけましたsweat01 今年初めて林檎の木(ふじかつがる)に花が咲いたのですが、台風で散ってしまうと思い撮りましたcamera

001

いつも芽吹くとともに毛虫にすっかり葉を食べられ、大雪で根元から折れて添え木をしたのはいいけれど枯れてしまったと思っていました。木の真ん中に白い花を見つけた時は嬉しくて、毛虫に食べられないよう毎朝起きると割り箸を手に毛虫チェックしていました。自家受粉は出来ないと園芸書で読んで、先週はホームセンターで受粉用に「ひめりんご」か「みやまかいどう」を捜しましたが時期が遅かったようです。係のおじさん曰くついこの間まで処分品でひめりんごが売るほどあったよだとか・・・ジュンベリーの花でもいいそうですが、やはり花は終わっていました。来年はひめりんごを用意しておこうと思いますapple

004

アザレアの花も咲いたのですが、旺盛なヒゴタイの葉やアネモネの葉に隠れてました。

006

手入れ不足の芝桜

005

ガレージの草屋根からは桂の葉が茂り母屋が見え隠れしてますhouse

今日はクラフトフェアで無料で配布する花の種を準備、小袋にひとつひとつ分ける作業は内職みたいです。貰って気を悪くする方はいないはず、小さな庭でもプランターでも緑のある暮しは出来ますからね。

007

前々回から「ハワイアンキルトのはじめてさんセット」と名づけてすぐ取りかかれる針と糸まで揃えたセットを作って出していますが、前回小学生の女の子がお母さんにねだって買っていってくれました。セットを作るのは手間がかかりますが、やはり今回も用意しようと思いただ今10セット制作中ですcoldsweats01

八ヶ岳倶楽部の主催者で、俳優・柳生博さんの息子さん柳生真吾さんが咽頭がんで5月2日に亡くなられたと聞きました。ユニークな園芸本のファンでした。まだまだ活躍される人だったのに、47歳の早すぎる死は悲しいです。明日は「八ヶ岳倶楽部」で偲ぶ会が開かれるそうですが、彼が愛した緑あふれる美しい刻に旅立つ・・・ご冥福をお祈りします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久しぶりの釣果

伊豆では散々の海釣りだったとうさん、気持ちを切り替えて今週末は千葉・外房へと向かいました。相模原の家から横浜経由湾岸から海ほたると千葉のスカイラインを利用すると下田に行くよりも早く外房の海に着くそうです。今までは渓流釣りにならない千葉は全く眼中になかった所です。安房小湊の堤防で土曜日の釣果は

001

鯵を釣る目的だったのに地元の釣り人情報によると五月になってさっぱり鯵がいなくなってしまったそうで、鯵は小さな一匹だけでカマス13匹、イワシはついでで10匹を持ち帰りました。全く逆方向になるからこちらには寄れないと言っていたのですが、やっぱり愛妻と愛犬に魚を届けたかったのですねぇsmile でも例年三月でいなくなるカマスが釣れて鯵が全くいないというのは不思議らしいです、海の中で何かが起きているのではと心配になります。

開いて持ち帰ってくれたカマスを塩水で洗い、一夜干しにするため漬け汁に一時間ほど漬け込んで網に干しました。

004

漬け汁の塩は先日西伊豆の道の駅で買ってきた松崎三浦温泉の温泉海塩「さんぽの塩」を使いましたが、三浦と書いてさんぽと読むと初めて知りました。イワシはそのまま焼いて魚好きなワンたち用になりました。小さな鯵は捌いてカマスの身と合わせて「なめろう」にし、軽く干したカマスも焼いて夕食にいただきました。

006

ちょうど柔らかな朴の葉を敷いてみました。朴の花が咲くまで期間限定の朴葉寿しもそろそろ作りたいけれど、まだまだ時間が足りません。忙しい時ほどあれもこれもと思うのはいつものことですcoldsweats01

今日は「母の日」、だからというわけではないと思うのですが、山仲間から素敵なプレゼントをいただきましたpresent

003

フランス・プロヴァンスのロクシタンのスタイリングクリーム、洗い流さないタイプのトリートメントクリームです。シャンプーとコンディショナーを愛用していますが、香りが良くてとてもリッチな気持ちにさせてくれます。いただいたクリームは洗面所に置いただけで香りが広がりましたheart01 ブロク゛に香りをアップできないのが残念です。今は一緒に山に行くこともなくなりましたが離れた所にいても、時を隔てても変わらず大切な友人です。

クラフトフェアまで一週間、このイベントはいわば半期に一度の決算のようなもの、忙しいけれど楽しみでもありますconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ちょっとしたことですが

GW後半、伊豆への海釣り車旅で試したことがあります。キヤンピングトレーラーには小さな冷蔵庫がついていますが、最近どういうわけかバッテリーを充電しても使えません。元からファンヒーターなども使っていなかったのでそれほど不便とも感じずそのままにしていました。発電機を積んでいけば現地でも夜は煌々と明るく過ごせるのですが、発電機の音は周りに迷惑、自分がして欲しくないことはしない・・・基本ですよねwink

本題はクーラーボックスに入れる保冷剤のことです。とうさんの情報によると水ではなく、海水と同じ濃度の塩水をペットボトルに入れて凍らせていくと、水の数倍は長い時間融けずにもつらしいというものでした。

075

左はよくある保冷剤、出かける前日500mlのペットボトルに塩水を入れて冷凍専用庫に6本ほど凍らせておきました。大きいクーラーボックスに並べ、ビールやヨーグルト、卵やトマトなどを入れて行きました。水ペットボトルや保冷剤パックですとその日の内に融けてしまい、翌日はコンビニでロックアイスなどを買い足していましたが、塩水おそるべし、翌日もカチカチでbeerも野菜ジューズもひえひえでしたsign02 そういえば小学生の頃理科の実験でやりましたっけ、海水濃度というのがポイントですね。融けても釣れた時に魚を〆るのにも使えるらしいです。翌々日もまだボトルの中に塊があり、道の駅で買った干物や苺などを入れました。帰宅してまたそのまま冷凍庫に戻しておきました、また使えますscissors ちょっとしたことですが違いは大きいです。

073

伊豆で買ってきたお得用苺とルバーブはきのうジャムになり、今朝の食卓へ登りましたbread。ルバーブは苗も買ってきたので畑に植え付けました。収穫できたら今度はルバーブのコンポートでも作るとしましょうdelicious

GW中、兵庫県でログワークをされているDraさんご夫妻から素敵な贈り物をいただきましたpresent。先日余っていてもう使わないクライミングロープを伐採作業用にお送りしたことにお気遣いいただいたようで・・・

071

三方窓があるアトリエログではガラスに反射して上手く撮れませんが、実物はロク゛壁にしっくり馴染んでずっとそこにあったような佇まいですconfident。ご実家の山から材を伐り出すところから始められたログづくりというのがすごいことで、壮大な計画だと思います。林道をつくり、木を伐りヤードまで下ろす作業の傍ら描かれた絵は昨年の7月の作だそうで、絵を描く趣味もおもちだとは知らずびっくりしました。完成したログにはきっとさりげなく自作の絵が飾られることでしょう。

私たち夫婦も露天風呂を造る時、アトリエログを建てた時、木工作業場&ガレージを建てた時それぞれ楽ではありませんでしたが、作っている時は夢中で普段より一致団結していたように感じます。協力して日々の作業を続けられるご夫妻に共感を憶えます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

GWなんて・・・

とうさんは金曜一日出勤して帰宅、GW後半はキャンピングトレーラーを連結して伊豆へと向かいましたdash。毎週下田まで出かけているのですが、ちょっと気になっている西伊豆の小さな漁港を覗いてみる予定でした。

001

いつも見ている富士は山梨側からですが、静岡・西伊豆からですとぽっかりと浮かんで見えます。

003

まず寄ったのは妻良(めらと読みます)漁港、広々としてトイレも水道もありいい感じです。

004

ただ風が強いのでどうかなぁと感じつつ、家ごと移動しているようなものですから時間を気にせず心おきなく存分にどうぞです。

006

私も心おきなく針仕事、アップリケキルトがはかどりました。一方大勢の釣り人がいるのに釣れている気配はなく、まるで魚たちもGWでどこかに出かけてしまっているようでした。いい所でしたが一泊して、翌朝はいつものホームグランド福浦堤防へ向かいました。いつもとうさんが釣り仕様のDEFENDERを停める場所の傍にはある記念碑が立っていました。

007

今大河ドラマのヒロインは吉田松陰の妹さんのお話だと思いますが、この場所は松陰が黒船に密航しようとしてペリーに断られて返され上陸した所だそうです。その後捕えられたのは明治維新というターニングポイントに向かう幕末の大きな事件のひとつでした。

釣り人に人気の堤防ですが、こちらでも釣れている気配なく、顔見知りの地元おじさんからの情報でもとんとダメなようでしたdown。全長12mもあるので堤防近くには停まれず、私とワンたちは離れた所で自由時間です。

008

ソファで昼寝するkattii ねえさん、マジで寝てますsleepy とうさんは暗くなり始める6時過ぎまで粘るもいないものは釣れず・・・think  道の駅下田みなと近くまで移動して自炊、ご飯を炊いて途中で買ってきた金目鯛の干物を焼いて夕食にしました。とうさんが炭火を熾して焼いてくれた金目鯛がとても美味しかったです。干物を買っていなかったらふりかけご飯になっていたかもしれません、買ってて良かったぁsign02

それにしても海水温の低い頃には鯖がいくらでも釣れて、たまに黄金鯵やメバル、カマスなんかも釣れたのに、海の中はどうなっているのやら、釣れ過ぎたらと干し網や塩も用意していったんですけどねぇ、GWに釣れなかったらいつ釣れるのサ・・・ぼやきしか出ませんです。

009_2

早々に切り上げての帰り道、前を走るタンクローリーの背面が鏡のようで思わずカシャッcamera  これも自撮りです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ありがとうフェスティバルⅡ

小さなわが家の薪ストーブはバーモントキャスティングスのボルドーレッドのイントレピットⅡですが、ショールームで珍しい色のイントレピットⅡを見ました。

008

抹茶のようなグリーンで日本には入っていないそうです。前扉も上半分が耐熱ガラスで中にカニ目のストッパーがなくダンパーのレバーが左側です。しっとりといい色だなと感じましたconfident

007

イタリアの「ドミノ」というクッキングストーブの代理店でもあるそうです。大きさの違う三種類を見ることができます。

午後2時~3時までショールームで田渕義雄さんのお話を聞く会があり、自己中人を標榜していること、今思う退行的進化とはなど現代社会に対する田渕さん独自の雑感など伺いました。ソローに触発されて30数年前に森暮しを始めた田渕さんに影響を受けて、とうさんも漠とした憧れを持っていたそうです。参加者は綺麗なカラーの冊子と田渕さん手づくりのバターナイフ一本ずつをおみやげでいただきました。

032

バターナイフは赤っぽい色が桜の木、白っぽいのがイタヤカエデの木で希望者にはサインをしてくださり、とうさんは著書「森暮しの家」にもサインをいただきました。

日帰りはちょっと強行軍なのでペットOKの宿を捜したのですが、さすがにGWでは無理、一番小さいテントを積んでいきどこかキャンプ場で泊ろうと思っていました。近くの日帰り温泉施設隣接の「家族旅行村」というキャンプ場に行ったら、オートキャンプエリアががらがらでした。

023

一泊ではキャンピングトレーラーは面倒ですからフットワークのいいkangooです。緑あふれる広々としたキャンプ場で翌日が平日だからか見える範囲わが家だけでした。2、3人用の山テントに2人と2匹は定員ギリギリでしたsweat01

夕食は信州・駒ケ根といえば「ソースかつ丼」で有名な所ですから久しぶりに食べましたdelicious

022

もう何も食べれないほどお腹いっぱいになりました、うぷっsign02 翌日もsunて中央アルプスの残雪の峰々がくっきり、冬季の木曾駒、宝剣登山と紅葉の大田切本谷の沢登りなど中央アルプスも何回か来てますが、イベントは初で普通のおばさんになりました。

024

でもかつて登った山を見るとやっぱりワクワクします。ファイヤーサンドさんは中央アルプスを望むとてもいい所にありました。

嬉しい掘り出しモノは

025

バーモントキャスティングスの会社風景のトリベットはアウトレットで半額、いくつあってもストーブ周りで使いますから・・ アイアンアルファベットと枝はショップで購入、表札にしようかと思います。

004

upwardright のように木と組み合わせようと考えています。

029

打ちだし手づくりのフライパンはショップで、鋳物の急須はアウトレットでやはり半額でした。昨日1枚目の写真に載っている薪運びのタフラックは2点で早いモノ勝ちでしたがゲットしました。

普段は人の集まるイベントは混雑が嫌で避けていますが、たまにはいいですねぇwink 次は海釣り準備をしております。皆さまも良い休日を・・・clover

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »