« 26の日 | トップページ | 紅花山芍薬 »

お互いさま

クラフトフェアが終わったら少しはのんびりしたいと思っていたのですが、一向に暇になりませんsweat01。平日とうさんが業務終了後クヌギの玉切りをして軽トラ・キャリーに積み込んだ原木を空荷のスバル・サンバーで出かけて車ごと交換してきました。明日は多分またログスプリッターの出番です。

いきなり夏のような暑さになり、やっと衣替えが追いつきました。今日はsunの青空に毛布を洗い、いつものように母屋ログとアトリエログの間にロープを渡して干しました。

006_2

このロープは沢登り用の補助ロープで30m、今やリユースして物干し用ですcoldsweats01

007

「クリンソウ」も綺麗に咲きました。赤い実のワイルドストロベリーに続いて白い実もつき始めました。

008_2

白いストロベリーは比較的新しい品種らしいです。白いストロベリーを分けてもらった村友Yさんは数日前から故郷九州・鹿児島に行って留守です。普段もフットワークがいい人なので東京の娘さん宅と行ったり来たりですが、今回はちと遠いので留守宅の庭の水やりを引き受けました。

009

いつもワンたちの散歩に行っており、昨年の北米・ヨセミテ旅行の際は一週間ふたりを預かってもらったお宅で、ワンたちは勝手知ったるセカンドハウスのようにお庭を走り回りますdash。広い庭はたくさんの花が溢れ、素敵なナチュラルガーデンになります。ちょうどタイミング良く雨が降ってくれればいいのですが、最近の暑さでは枯れてしまわないか心配です。お互いさまですから、これからはしばらく散歩+庭の水やりです。彼女の家はあいにく外に水道が無いので軽トラにポリタンを積んでいきました。

011

昨夜雨音がしていたので大丈夫と思っていたのですが、日中の強い日差しに夕方は土がからからになっていました。

お互いさまといえば犬猫病院でいつも感じることなんですが、時々急患でもう危篤状態のワンちゃんが来て順番を飛ばして診察されることがあります。木曜日フィラリア予防薬をもらいに行った時もゴールデンレトリバーのコが車から降りれず横たわっているところに行き合いました。評判の良い病院で待合室には待っている人もdogcatいましたが、点滴を持って先生が駐車場まで出て診てくれてました。待ち時間は長くなってしまいますが、こんな時苦情を言う人は全くいません。どうしても短い寿命のペットたちですから、飼い主さんの気持ちを思いやると他人事ではなくお互いさまです。kattii も来月11歳、まだ11歳だという優しい目をしたゴルデンレトリバーちゃんが快方に向かうよう心から祈りましたclover

|

« 26の日 | トップページ | 紅花山芍薬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちら久しぶりの雨が降っています。
ホタルには可哀想ですが日照り続きで弱っている草木や畑の野菜には慈雨となります。
たくさん降るといいのですが、
ほんの涙程度の雨みたいです。

投稿: Dra&長靴 | 2015年5月30日 (土) 21時12分

広い庭をポリタンク持参での水やりは大変ですね。
こちらも2か月早い真夏の気候に、夏野菜も息絶え絶えで、水やりは欠かせません。

投稿: 亀仙人 | 2015年5月30日 (土) 22時34分

ことらは昨日まとまった雨が降り
水やりはしなくて済みましたが
梅雨入り前の作業が色々ですsweat01

投稿: taka | 2015年5月31日 (日) 08時20分

Dra&長靴さん

今日は降りそうで降りませんでした。
インドでは熱波、アメリカでは豪雨とやはり地球は
どうなっているのでしょうかsign02

ホタルの生息する環境大切にしたいですねconfident

投稿: kattiiかあさん | 2015年5月31日 (日) 19時35分

亀仙人さま

ログワークには晴れて欲しいけれど畑の野菜にはひと雨
欲しいところですねぇ!

理想は深夜降って、昼間はsun

投稿: kattiiかあさん | 2015年5月31日 (日) 19時40分

takaさん

お疲れさまです、もう梅雨入りも時間の問題でしょうか!

九州と関東離れていても梅雨入りはそれほど時間差が
ありませんねcoldsweats01
水やりを考えるとしっとり雨もいいかなぁとちょっと
思ってます。

投稿: kattiiかあさん | 2015年5月31日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/60193314

この記事へのトラックバック一覧です: お互いさま:

« 26の日 | トップページ | 紅花山芍薬 »