« お互いさま | トップページ | リニューアル »

紅花山芍薬

今年初めて紅花山芍薬の花が咲きました。

001

苗をいただいてから毎年葉は育つものの随分経ってからの開花ですから、苦節○年sweat01。ネットで調べて知ったのですが、やはりすぐには咲かないらしく実生から三年以上かかるそうです。山芍薬は普通白い花で、赤い花は少し小さくて「紅花山芍薬」と呼ばれると知りました。開花は長いスパンで考えるものなのですねぇconfident

降りそうで降らないはっきりしない空模様でしたが、西川農園・文さんから送っていただいた貴重な「手摘み新茶」を味わいました。

003

細くて綺麗なお茶で、いい香りです。新茶は熱湯ではなくほど良く冷ましたお湯でゆっくりと淹れていただきますjapanesetea。こどもの頃、新茶はこどもには強すぎると言って飲ませてもらえませんでした。

006

お菓子は文さんオリジナルお茶クッキー、綺麗な抹茶色でお茶を載せて焼き上げられています。さすが創意工夫の人、クッキーですが日本茶に合う上品な焼菓子になっていますdelicious

薪割り、薪積みを終わって緑溢れるわが家で味わう一服のお茶、自然の気を受けてますます健康ですhappy01

|

« お互いさま | トップページ | リニューアル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ベニバナシャクヤク」って読むんですねぇ。
インターネットって本当に便利ですね。

労働のあとのお茶とお菓子・・・
よーくわかります。

投稿: ペーターランド | 2015年5月31日 (日) 22時16分

ペーターランドさん

薪原木はあと軽トラ2台分になりました。

梅雨前に終わるかどうか・・・
お互いにもうひと頑張りですねcoldsweats01

投稿: kattiiかあさん | 2015年6月 1日 (月) 08時58分

わが社から目と鼻の先で芍薬を栽培してます。
根っこを漢方薬にするらしく、「花が欲しかったらいくらでも切って下さいね」って言ってます。
たしか根っこを植えて2年目に花が満開でしたよ。

投稿: 亀仙人 | 2015年6月 1日 (月) 21時41分

亀仙人さま

芍薬と山芍薬はどうやら別物のようですね。
芍薬の派手さはなく、私はその方が好きです。
ひっそりと山に咲く可憐な花・・私みたい(誰も言って
くれないから)coldsweats01

投稿: kattiiかあさん | 2015年6月 2日 (火) 21時09分

こんにちはー

山芍薬、今日頃開いているのでしょうか?
きれいですね☆
山芍薬って芍薬とはちょっと違うんですね。

開いた所を見てみたいです

投稿: ぐっち | 2015年6月 4日 (木) 16時56分

ぐっちさん

ご無沙汰でしたhappy01
花はとてもシンプルで、写真はほぼ開いた状態です。

園芸種の芍薬の華やかさはなく、やはり山の花ですね。

投稿: kattiiかあさん | 2015年6月 4日 (木) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/60205279

この記事へのトラックバック一覧です: 紅花山芍薬:

« お互いさま | トップページ | リニューアル »