« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

露天風呂清掃

わが家の露天風呂を一年ぶりに掃除しました。元所属していた山岳会の仲間、ぶどう狩り友の会のみんなが遊びに来てくれてからもう一年経ったなんて、ホントに月日の経つのは早いですsign03 また別の山仲間が寄ってくれるというので、時間があったら汗を流してもらえばと思い準備しました。ひび割れ防止のため水は抜かないでおいてあるので、水抜きをしてデッキブラシでこすりました。

002

作った時には水漏れ対策で苦労しましたが、石の色の濃い所が水線でほとんど水漏れしていません。母屋ログの二倍の広さですから水は400Lくらい入りますが、水はただです。普段は沸かしませんが、お客さまがある時は「お風呂をたてる」いい機会ですspa

003

お風呂からはナツツバキの黄葉と薪置き場の屋根の向うに色づき始めた山々が見えますmaple。桂の木はすっかり落葉したのですが、欅の葉はまだ掃いても掃いてもキリがなく、露天風呂のある東屋にも掃くそばから朴の葉がバサバサ落ちてます。一応看板もあります。

004

グランドカバーにと植えたポリゴナムの可愛い花があちこちに広がって咲いてます。林檎の木の傍でミズヒキの花もいっぱいclover

007

今年はリンドウの花時が長いようでまだまだ咲いてます。

008

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カップボード完成!

カップボードのパーツの塗装面も乾いて秋晴れの週末、朝から組み立てにとりかかりましたsweat01。上台、下台別々にパーツの内訳、工程説明書が付いています。まず下台の組立、ダボとスクリューねじで留めていきます。下台が完成

001

ベトナム製ですが、なかなかいいです、メイドイン・チャイナではこうはいかないかもしれません。組み立てはひとりではちょっと大変、私は古い食器棚を片づけながら家を出たり入ったりsign05

002

別に梱包されていたガラスを扉に取りつけて背面の羽目板も納まり、上台も完成です。家に運び入れて上下を合わせ背面を補強します。古い食器棚があった所は埃だらけで一気に年末大掃除の前倒しですっきりcoldsweats01

003

以前からそこにあったように馴染みました。ふたりで頑張ったので昼前に楽勝で作業終了したのは良かったのですが、テーブルに山のように溢れた食器に少々途方にくれましたdespair。夏のガラス食器を仕舞い、普段は使わない食器を片づけて器のスリム作戦をするチャンスと思うことにしました。

収納作業はぼちぼちやろうと思い、ちょうど石窯ピッツァの「コンチェルト」さんが今シーズン最後のピザデイだというのでお邪魔しました。寂しいけれど来年4月までしばし休業ですから、お腹いっぱいいただきました。

007

いつもの定番モッツァレラしょうがピザと写真は生ハム、バジルピザ、旬のピザは秋刀魚のトッピングでした。私、食欲の秋を満喫しておりますがちとお腹周りが気になります。器のスリム作戦が出来たら私スリム作戦もなんとかなるでしょうかsign02(独りごとですぅ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

やるっきゃないんだから!

先週末ネットで注文したカントリー家具のカップボードの組立キッドが届きました。母屋ログを建てた時、棚やテレビ台は残った部材でとうさんが作り、食器棚はとりあえずリサイクルショップで買ったもので間に合わせていました。お店でカントリー家具を見ると結構いいお値段です。ログハウスメーカーの通販サイトでパイン材の無塗装キッドを見つけ、値段も完成品の六掛けくらいなので取り寄せました。

母屋ログはフィンランドパインなので同じような色に仕上げるためオスモカラーのウッドワックス・色はパイン0.75Lを注文、昨日昼前に届いたので午後から塗ることにしました。オスモカラーは少々割高ですが、ドイツの塗料で室内家具などに安心安全だと言われています。ドイツのモノづくりへの信頼は最近揺らいでいますが、無垢のままより組み立て前に塗装しておきたいと思いオスモカラーにしました。三個口で届いた梱包を開けたら、重さと部材の数にちょっとテンションdown、でも買っちゃったから作るしきゃないですcoldsweats01

003

キッドはメイドイン・ベトナムで塗装面はサンドペーパーを掛けなくても塗装出来る状態で助かりました。二分割の下台を昨日塗り、今朝から上台と下台の残る片面を塗りました。

004

引き出しと扉の持ち手も爪楊枝を発泡スチロールに刺して乾かします。

006

しばらく海釣りに行けていないとうさんは釣りに行きたくてウズウズしているはずですから、やれることは自分でやってしまう方が楽です。背面や底部、隠れる部分は塗る必要が無いので部材を確認しながら、塗料もなんとか足りて塗り終わりましたscissors。乾燥時間は12時間、晴れが続いて塗装日和でした。

ナメコがそろそろ終わり、代わって新しく菌を打ったヒラタケのホダ木3本ほどからヒラタケが出てきました。雑菌でダメになったわけではなかったようです。

005

ブロ友Draさんの真似をしてわが家の小さなバラ

004_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

旅のお土産

車旅の途中、道の駅では地元産の野菜などを物色するのが楽しみですnote

002

わが家の畑のほおずきの何倍も大粒の食用ほおずきとイチジクを買いました。ほおずきは立派なプチトマトという感じ、来年栽培してみたいと思い半分を種用にとっておくことにしました。

001

イチジクはちょうどジャムが無くなったのでジャム用に、皮を除くと綺麗な色に仕上がるそうなので皮をむいて煮てみました。

001_2

たしかに苺ジャムとも違う明るい赤い色になりました。台ケ原宿で地元のおばちゃんが売っていた銀杏一袋100円也は昨夜薪ストーブの上に鉄鍋を載せて軽く煎り、大好きな海外ドラマの新シリーズを視ながら殻を割りました。毎年秋口に銀杏の実を冷凍しておくとひと冬お鍋などに使えます。今夜、薪ストーブの上の鉄鍋にはワンたちの大好きな安納芋が載ってますhappy01

クラフトフェアが終わったらと思っていた外仕事の数々、畑の生姜を掘りましたsweat01

002_2

来年用の種生姜もとりおきしました。霜が降りる前に寒さに弱い植物を鉢に掘り上げてアトリエログの軒下のコールドフレームに移してやらなければ、午後からコールドフレームの掃除をして準備完了、成長したアボガドの苗もまだなんとか収容できそうですbud

今回ちょうど入荷したばかりの干し柿用の「百匁柿」も三箱ゲットしてきました。昨年は吊るすのが早過ぎてカビが生えてしまいましたから、11月に入ってから、霜が降りてからと思っています。自然からの贈り物はひと手間が必要ですが、細々とした仕事嫌いじゃありませんconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たまにはトレッキング~

昨年に続きペーターランドさんが売店を運営する大河原峠からトレッキングをしたいと思い、今回は国民宿舎「もちづき荘」の空き状況を検索したところかなり早めだというのに空きは一室だけでした。やはり泉質が人気なのでしょう。spaはいいけれど食事は残念down という事情通のペーターランドさん情報で、夕食は知る人ぞ知るという手打ちそば・彩り料理の「職人館」さんにご一緒させていただくことになりました。古民家をリニューアルしたお店の走りだそうで、風情のあるしつらえの店内は薪ストーブでほど良く温まり貸切でした。

まず前菜はお豆腐、からす茸の薬膳スープに山栗のリゾット、地元野菜をふんだんに使いコスモスの花びらと食用菊があしらわれて目にも美味しいサラダ

019

次はスイスの代表的田舎料理風、ポテトとインゲン、土地柄リンゴにラクレットチーズの取合わせは和洋を超えた創作料理だと感じましたdelicious。続いて岩魚の素揚げに舞茸などのあんかけ、頭から全部いただきました。

020

ようやくのおそばは十割そばと二八そばが大きな朴葉に盛られて、いっぱいになったお腹にちょうど良い量でした。デザートは豆腐コンフィにお抹茶でしたが、番外で当主・北沢さんのお誕生日にご友人から届いたというケーキのお裾分けまでご馳走になりましたclover

以前伺った「ル・さんざ」さんといい「職人館」さんといいそこを目的に遠路訪れるリピーターがいるのですから本物です。佐久市おそるべし、山中湖周辺にもオーベルジュなんたらいうお店がありますが、値段だけ一流のようです。食を堪能した翌日は朝から曇り、関東地方はrainマークで、かろうじて長野地方にcloudマークでしたが、大河原峠に向かう道はガスって真っ白でした。ペーターランドさんも少し早めの出勤で開店準備をされ、トレッキングに出かけるのを見送っていただきました。急登もなく双子山に到着

025

霧にもかかわらず大河原峠駐車場の車の大半は蓼科山登山らしく、双子池までは登山者に会いませんでした。池到着と同時に雲が切れてヒュッテ上空に青空までのぞいてました。

028

雄池は

027

静かな湖面に色づいた木々が映り綺麗です。雌池も

030

積雪期に北横岳から双子池を歩いた記憶がありますが、池もなにも雪に覆われていましたから初・双子池ですscissors 元来た道を帰るのもつまらないと思い亀甲池経由の周遊コースを歩くことにしました。2万5千図をダウンロードしてプリントアウトしてきたのに車に置いてきてしまいました、ナメてはいけませんねcoldsweats01

003

結局、亀甲池から天祥寺原を通りぐるりと回って売店着、小豆いっぱいのおしるこをいただいていたら本降りの雨が降り出したのですから滑りこみセーフでした。山に囲まれた田舎に住んでいますが、それだけにワンたちの散歩くらいで、山にはたまにしか登らなくなりました。たまに登ると細胞が活性化するような気がします、多分に気分的なものですけどね。

ブログを通じてのご縁のおかげで大河原峠を訪れるのが楽しみになりました。美味しい食事とおしゃべり、ほど良いトレッキングで良い週末を過ごすことができました、感謝confident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

一週遅れの三連休

先週の三連休はイベントが重なりわが家は別行動でしたから、今週金曜はとうさんリフレッシュ休暇をとりました。金曜日は甲州街道の宿場町・台ケ原宿で開催される「台ケ原宿市」へ、10時前に着いたのに道路脇の各所に設けられた臨時駐車場はどこも停めようとする車ばかり、平日だというのに今年は出足が早いようでした。

010

クラフト作家160店、骨董店30数店に飲食店、地元特産品のお店などがびっしり並んで盛大です。街道のほぼ真ん中にある「七賢」という酒蔵さんでは蔵がある店舗内を開放して骨董市、見ている人もほぼ骨董クラスかも(失礼!)

009

今回一目惚れしたものは

011

鉄だけでなくステンレスやチタン、アルミニウム、銅など好みの素材でオリジナル表札やグッズをオーダーできる工房ARTSURUさん

012

現在母屋とアトリエログの表札は私の手づくりの木の表札ですが、そろそろリニューアルで作っていただこうかと思います。後日シュナのシルエットと字体を送ることにしました。買物は

041

チタン製とかげのペンダントです。バックは私達夫婦には縁あるクライミングジム「ストーンマジック」のオリジナルTシャツ、どんな岩壁もすいすい登るとかげはクライマーにとって羨ましい能力の持ち主ですからあやかりたいsign02

かつぬま朝市もですが最近こういうイベントが人気です。以前BS番組「夢の扉」だったと記憶しているのですがスーパー公務員と呼ばれる町おこしの達人がいて、売れるモノの条件として「今だけ これだけ ここだけ」を上げられていました。考えてみると「市」はその日限り、量産されるものではなし、次に出合えないかもしれないのですから、惹かれる人が多いのもうなづけます。

042

6cmほどの小さなシュナのフィギアもつい素通り出来ず買っちゃいました。ひと回りして会場を後にし、道の駅で軽く食事をしていざ佐久へとドライブですdash  途中車を止めて色づく山並みを遠望しながら

016_3

今宵のお宿は春日温泉・もちづき荘、今回の旅車は日産セレナでワンたちだけ車中泊です。

021

もちづき荘はブロ友ペーターランドさんがいつも利用されている温泉で、昨年も日帰り入浴で利用しました。高アルカリ性の泉質は美人のspaで知られ、ぬるつるのとてもいいお湯です。一階に「滝の湯」、二階に宿泊客専用の岩風呂があります。続くsoon

| | コメント (4) | トラックバック (0)

休む間がない

富士山が薄っすら雪化粧しています。

002

わが村からは山に遮られ八合目、九合目くらいから上が、所々で見えますfuji 村には古くから一里(約4km) ごとに塚が立てられていて七里まであり、この富士見ポイントは四里塚からです。国道はかけ替え工事で昔より広く走りやすくなっていますが、塚の場所はほぼ同じ、山あいの荷車がやっと通れるくらいの道をいにしえの人々は徒歩で行き、富士が見える中間地点でやっと四里と感じたのか、もう四里まで来たと思ったのでしょうかsign02

クラフトフェアも終わり一段落、休む間もなく今日は畑の片づけです。

003

トマトやキュウリの支柱、終わったインゲンや茄子、空芯菜の残骸を片づけ、里芋とピーマン、生姜を残してすっきりです。特別植えたわけでもないのに菊芋がゴロゴロ出てきて豊作(?)です。

004

血液サラサラの健康効果がある菊芋の食感はヤーコンに近く、きんぴらのように煮てもいいけれど、味は淡白なので味噌漬けにでもしようと思います。初めて植えた里芋はいつ掘ればいいのか分かりません、試しに掘ってみようかなぁ!

クラフトフェアで配ったムスカリの球根はまだ余りがたくさんあります。いつも咲く所にはそのままあるので、とりあえず春先のお楽しみにあちこちに植えておくことにしましたbud。球根は植える前に水に浸しておきます。

005

ついでに向かって左は縄文ネギの球根、細いけれどしっかりしたネギの味がします。これも植えておきます。晴れて風もなく穏やかで畑仕事にぴったりな一日でしたsun

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クラフトフェア終了

土曜日はなんとか雨も降らずに無事終了しましたend とうさんは土日と連チャンで義理の結婚式が入ってしまい戦力外、出店はひとりでも問題無いのですが困るのはワンたちのこと、なにしろどこにでも一緒に行くので丸一日留守番をしたことがありません。土曜朝一旦庭に出して朝食後よくよく言い聞かせて軽トラに荷物を満載して出かけましたdash

九時前にはスタンバッている申し合わせです。テーブルに細々と並べていたら山仲間の声、なんと鎌倉から小学生の息子君とふたりで来てくれました。飛んで火に入るではなく、渡りに船というのかGoodなタイミングで心強い助っ人登場でした(エッ  やっぱ人徳sign02) 一応準備が出来たところで記念撮影

002

安さにつられて買った一番大きいイベントテントですが、今回は品数多いです。100均のハロウィン飾りもつけましたscissors 両親に背負われて一歳未満から山に登っている彼の山歴はなかなかのもので富士山にも剱岳にも登っていますが、最近山嫌いになって同行拒否しているらしいです。血の繋がりこそありませんが私達には孫同様の大切なコ、ワンたちがとてもなついているのも嬉しいことです。

お客さまが買ってくれると袋を出して用意してくれたりで助かりましたが、おしゃべりだけで買わないお客さまがいると小さな声で買えばいいのにって・・・こらこらどうしても売れなければ困るわけじゃないから大丈夫、コミュニケーションを楽しむ場でもあるんだからねcoldsweats01

彼女たちに店番をお願いして自宅にワンたちを迎えに行き、ワンたちも看板犬になりました。

005_2

ワンたちがいると人なつっこいのでパイクのお兄さんやこどもちゃんが寄ってきて相手をしてくれます。お兄さん「癒されるわぁ!」と柔らかな毛をなでてくれました。案内ハガキをお送りした方々も来てくださり、これでもかと作ったポーチ類が良く売れました。一押しだったバッグもお買い上げ、売上は上々でしたmoneybag

今回はあまり写真を撮っている余裕が無かったのですが、いつも楽しみにしている「工房はんの木」さんの枯葉のコラージュ作品だけは朝イチお取りおきをお願いしておきました。

009

可愛い雪ダルマの小品

008_2

タイトル「サンタの休憩」、moon3は銀杏、ヒゲはからむし、衣装は山ブドウのようです。赤い額がぴったりでこれは12月にだけ飾ろうと思いますxmas

二日目日曜日は未明から降り出した雨が止まず、一旦会場に集まり村の産業振興課の担当者を交えて協議した結果中止しようということになりました。いつも一日だけでいいと思っているくらいなのでワンたちのためにもホッとしました。日曜日だけしか来れない川崎のお客さまには自宅に来ていただき注文品をお渡しして営業終了。

テント設営も撤収もクラフト仲間の皆さんが手早く手伝ってくださりホントに助かりました。山仲間もクラフト仲間も、長いおつきあいの友人も新しい友人も良い出逢いに恵まれて「おかげさま」と実感した週末でしたclover

| | コメント (8) | トラックバック (0)

どうやら間に合って

なめこの収穫をしました。果物の箱がいっぱいになるくらい採れましたscissors

002

なめこは食べるより採るのが好き、とりあえず新鮮凍結ボックスに入れておきました。畑が淋しくなる頃なので秋の収穫は嬉しいですmaple

今週は土日のクラフトフェアの準備に追われています。細かい準備は先週出来ているので、欲張ってスマホケースなど小物づくりを頑張りました。

008

時間のかかるアップリケは極力簡単にして、ラインストーンを花芯にあしらって華やかな感じにしてみました。前回catがついたスマホケースが欲しいと言われたお客様がいらっしゃったので図案化した猫のアップリケのスマホケースを作りました。

007

黒猫がラインストーンのネックレスをしている感じなんですが、大口の猫に見えてしまうかも・・coldsweats01  四個とも今日昼完成した出来たてのほやほやのですが、急いだ割りにはまぁまぁ、次はもっといいモノを作ります。

このイベントでは毎回わが家の庭から採れた花の種などを差し上げていますが、今回は春先に草屋根の上から掘り上げておいたムスカリの球根をお配りしようと思っています。

010

名刺大のプリントを用意しましたので、明日は球根入り小袋づくりです。土日の天気予報はcloud/rainと少し空模様が心配ですが、まぁ良い方に外れるよう祈ることにしますconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

なめこ日録

10月はなめこの季節です。新しくなめこ菌を打っておいたホダ木に可愛いなめこが出始めました。ちなみに古いホダ木は昨年を最後に引退となったようです。

先週土曜日は

002

まだ小さいです。週明けの昨日の昼は

001

もう少しで採り頃かな!一日経った今日のなめこは

003

だいぶ大きくなりましたが、なめこ特有のぬめりがあまり無いように感じます。今日は忙しかったので、明日収穫しようと思います。

004

りんごの木の根元はりんどうで賑やかです。手間いらずで自然に咲くりんどうは年々増えています。秋ですねぇmaple

| | コメント (6) | トラックバック (0)

年に一度のぶどう狩り

今年も元山岳会のお仲間から誘っていただき、ぶどう栽培をしている山仲間の果樹園JEAN FARMにぶどう狩りに行ってきました。降水確率0%の少し汗ばむほどのsunで、早めに出発して毎月第一日曜日開催の「勝沼朝市」にもちょっとだけ寄ってから現地へ向かいましたdash

006

今年はゴルビーを注文しなかったので、できればゴルビーが食べたかったのですが出荷終了していて、巨峰狩りになりました。畑内で食べるのはただ、食べれたらいくらでもどうぞとのことでした。上の写真のように袋かけの下が開放されたぶどうはok、まとまった房にならず袋を被っていないものが意外に甘みが凝縮されていて美味しかったりします。

008

標高が高い丘陵地でぶどう栽培に最適な土地は結構な斜度がありますsweat01。巨峰の他にシャインマスカットとゴルビーを栽培していますが、試験的に栽培したという新しい品種を試食させてもらいました。

005

向かって右が「ハニーヴィーナス」、左が「タマユタカ」という名前だそうです。ハニーヴィーナスはシャインマスカットのように種無しで皮ごと食べれる実で、糖度が高く美味しいぶどうです。タマユタカは巨峰に似た食感で皮が少し厚いけれど美味しい、珍しいので味わっていただきましたdelicious

彼のぶどうは「山賊ぶどう」と称しているので、古民家をリフォームしたベースは山賊アジトです。アジトに戻ってお持ち帰りぶどうの計量です。

010

1kg ○○円は破格のお友達価格なのでsecretです。湘南・藤沢をベースにする山岳会なので少し離れた地に住んでいる私にとって久しぶりに山仲間に会えるこのぶどう狩りは楽しみなイベントです。いつも声かけをして調整役をしてくださるK子ちゃんに感謝heart01

ぶどうといえば「勝沼朝市」でシャインマスカットが丸ごと入ったシャインマスカット大福を発見、苺大福は広く知られていますが、ぶどう丸ごとは初めて見ました。考えてみればシャインマスカットは種無し皮ごと食べれるのですから丸ごと加工に向いています。その断面は

013

色も爽やかで美味しくいただきました。本日ぶどうな1日でしたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

待ってたコンサート

今日は楽しみにしていた「加山雄三withザ・ワイルドワンズコンサート」に行ってきました。

006

このコンサートは一般発売ではなく山梨のとある信用組合のお客さまサービスの一環で、年金受取をしているか年金受取予約をした人対象のイベントです。春先にポスターを見て、ステラシアターなら近いし是非観に行きたいと思い信組の通帳を作り、一部年金繰り上げ受取をすることにしました。加山雄三さんは2014、2015年の全国コンサートツアー後は永年の夢だった七つの海を巡る船旅に出ると聞いていましたから、この機会を逃したらもうチャンスは無いかもしれないと思いました。

公演は二部構成になっていて信組の支店毎に分けられ、私達は二部の4時半からの回でした。近いのでワンたちは家で留守番です。

003

年金関係なので平均年齢はかなり高いと思われましたcoldsweats01

004_2

ステラシアターのこのステージは夏は開放されていて、富士山がバックにどどんと見えて圧巻なんですが、さすがにもう寒いせいで壁になっていました。

公演中は撮影禁止なのでその前の一枚、座席は一階の前から四列目でなかなかいい席で、階段状になっているのでちょうどステージに立った加山さんの目線の高さとほぼ同じくらい、オペラグラスなど無くても表情もギターを弾く手元も良く見えました。懐かしいナンバーでスタートして、アップテンポで盛り上げ、飾らないお喋りを交えて楽しませていただきました。途中ワイルドワンズにバトンタッチして、懐かしの湘南サウンドです。公演ポスターには当初加瀬邦彦さんが映っていましたが、その後亡くなられてワイルドワンズメンバーは現在3人、植田さんは現在67歳だそうです。

加山さんは今年4月で78歳だそうですが、こんなにすごい78歳はいませんね。若い時に素敵な人はいますが、高齢者と言われる歳でかっこ良くて輝いている、「夢」や「ロマン」の言葉が似合うやっばり特別な人ですheart02。個人的には「光進丸」という歌が好きです。「Sail On!光進丸よ 俺を銀色の海へ誘え! Sail On!光進丸よ 俺の夢乗せて海へ羽撃け!」 多芸多才な方ですが、その原点はやはりスケールの大きい大海原なのでしょう、歌詞の通り夢に向かって船出されるのはいつになるのか注目です。

アンコールは「君といつまでも」と、オマケでフランク・シナトラとコラボが実現したという「MY WAY」でした。やっぱり若さって錆びない心なんだと再認識した楽しいコンサートでしたconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »