« 大寒・雪を挽く | トップページ | 冬ごもり »

憧れのギャッベ

またまた雪予報の週末ですが、今日は一家揃ってkattiiの病院へ行ってきました。山中湖から朝の富士山

Dsc01800

曇り空でしたが、この後すっぽり雲に覆われてしまいました。9時少し前に獣医さんに着いたのですが、もうすでに何組か待っていました。診察開始を待って早く出かけるか、午前の受付時間ぎりぎりに滑り込むか、中途半端な時間に行くのが一番待つことになります。評判がいい獣医さんなので仕方がありませんthink

比較的早く診ていただけて、ホームセンター、ドラッグストア、食品スーパーと買い物を済ませ帰り道の途中にある薪ストーブのお店「ファイヤーライフ山中湖」さんに薪ストーブ用のファイバーロープと耐火セメント・ガスケット用を買いに寄りました。

Dsc01806

こちらは材木屋さんでもあり、原木と敷地内のあちこちにうず高く整然と積まれた、棚というよりはコンテナ規模の薪の量には驚かされます。薪ユーザーには宝の山ですね。アトリエログの基礎にしたカラマツの丸太を分けていただいたり、グランスフォッシュの斧を買ったり薪ストーブ関係なら近くてこちらでお願い出来ます。温かな店内で素敵なギャッベのラグを見せていただきましたheart01

Dsc01803

ちょうど来週1/30(土)、/31(日)にギャッベのイベントが開催されるそうで、当日は300枚もの大小様々なギャッベが見れるそうです。一枚として同じものが無いのですから好きな人には堪らないイベントです。

Dsc01804

壁に掛けたらこれだけで充分、お値段もいいけれどそれだけの価値があるのですから妥当なのだと納得ですconfident

たまにしか寄らないのに覚えていてくださってイベントのパンフ、冊子などを見せていただきました。私の拙いブログを見てくださっているとか、思いがけないことで感激しましたhappy02

Dsc01805

薪ストーブの前に敷くギャッベひとつで様々な表情が演出できること、汚れにくく難燃性のギャッベって薪ストーブにぴったりの特性の持ち主なんですね。わが家は今ハースラグを敷いていて、目が詰んでいるのでこれもワンたちの爪カリカリに対して強いのですが、本物を見てしまうと欲しくなります。

Dsc01807

遊牧民のナルゲスおばあちゃんが語ってくれるギャッベのお話、30ページほどの綺麗な小冊子になっています。例えばギャッベの色はざくろの皮や茜の根、藍や胡桃の皮などすべて自然からの贈り物だそうで、色が落ち着くまで30年とか、一生モノというより次の世代にも伝えていきたいもののようです。

帰宅すると同時に雪が舞い始め、薪ストーブを焚きながら遊牧民の紡ぎ出すギャッベに思いを馳せましたnight

|

« 大寒・雪を挽く | トップページ | 冬ごもり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何も知らない田舎者の私も長靴もギャッベなんてのは知りませんでした。
世の中にはまだまだ未知の物があふれています。
勉強しなくっちゃ(笑)

投稿: Dra長靴 | 2016年1月23日 (土) 22時28分

Dra&長靴さん

私も薪ストーブ前ののんびり暮らしを始めてからですから
たいして変わりませんwink

今はペルシャ絨毯と並ぶ人気だそうです。羊毛はどんな化学
繊維にも作り出せない機能を持っているんですね。
大量生産、使い捨てから自然回帰へと向かうのもまた自然な
ことのようで・・aries

投稿: kattiiかあさん | 2016年1月24日 (日) 08時37分

我が家の玄関と
薪ストーブの前のキャッベ
確かに汚れませんネ~
使っているのに・・・
初めて知りましたcoldsweats01


投稿: taka | 2016年1月25日 (月) 20時43分

takaさん

わが家の椅子用ミニラグはインド製のギャッベもどきで、
お値段は本物の1/10です。
2枚もあるなんてさすがぁsign03

本物はペルシャ結びといって手間がかかるらしいですよ。

投稿: kattiiかあさん | 2016年1月27日 (水) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/63608023

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのギャッベ:

« 大寒・雪を挽く | トップページ | 冬ごもり »