« グリンデルワルト紀行➀ | トップページ | グリンデルワルト紀行③ »

グリンデルワルト紀行②

グリンデルワルトはスイスの中でも日本との関わりが深い所で、95年前に槇 有恒さんがアイガー東稜の初登頂に成功し、その48年後モンベルの創始者・辰野 勇さん、同年今井道子さん達日本隊が直登ルートの登攀に成功しています。モンベル・グリンデルワルト店は10年前からメインストリートに出店しているそうです。店内にはアイガーの稜線にあった槇 有恒さん寄贈の旧ミッテルレギ小屋の板戸が展示されていました。

P6170037

当時の装備は現在とは比較にならないほど、それでも多くのアルピニストが困難な登攀に挑んでいったのです。

グリンデルワルトに到着した日の夕方ガイドさんからホテルに電話があり、コースの打ち合わせをしました。というのも私が希望した山小屋泊には日本語ガイドさんが初級者向きのコースをガイドしてから山小屋まで案内してくれるオプションがついていて、事前に代理店さんから別にコースの希望があれば直接交渉してくださいと言われていました。クライミングでさえガイド無しで登っていましたから今更と思いましたが、ガイドさん大正解でした。今年はやはり異常気象のため私たちが着いた日までずっと雨続きだったそうで、標高の高いルートはまだクローズのまま、アイガートレイルを歩くつもりでしたが、北壁の真下をトラバースするルートなのでbanでした。まだ絶えずチリ雪崩がありそうなコンディションに見えました。

Dsc02232_2

途中駅にクローズの表示(赤いプレート)がありました。6月中旬ではクローズもあり得ると思い、事前にイメージしていた日程はトップ・オブ・ヨーロッパと言われるユングフラウヨッホ展望台に登山電車を乗り継いで登り、復路アイガーグレッシャー駅で下車、クライネシャイデックまで「アイガーウォーク」と呼ばれるコースを歩き、そこからベルクハウス(山の家)・メンリッフェンまで「パノラマの道」をトレッキング&宿泊というものでした。ガイドさんに相談したらオープン状況を問い合わせしてくださり、結果除雪が完了して明日オープンだと最新情報、なんとラッキーなup。遮るものが無い展望ルートはthunderの時は危険そのもの、ガイ゛トさんは雷情報などこまめにチェックしてくれました。

Dsc02279

手前がインターラーケンからのベルナーオバーランド鉄道で、奥がWAB登山鉄道、次の駅でスイッチバックして急傾斜の山肌に向かいますtrain

Dsc02238

クライネシャイデックで乗り換えたユングフラウヨッホ鉄道、今から104年前に16年に渡るトンネル工事のすえ開通したそうです。アイガーヴァント駅とアイスメーア駅で数分ずつ停車してアイガー北壁に開いた窓からは岩と雪の世界が広がります。

P6180057

映画「アイガー北壁」で滑落遭難したクライマーが窓から見える地点まで下降して宙づりになってそこでこと切れるシーンがあって、その場所に立っているのだなぁと感慨がありましたthink

Dsc02239

ユングフラウヨッホ展望台は観光客でいっぱい、中〇人はどこでも声高でうるさい、なんとかならないものかと・・・

Dsc02245_2

エリアの中で一番高いスフィンクス展望棟は3571m、天文気象観測所だそうです。展示通路アルパインセンセーション入口

P6180081

120年くらい前のトンネル工事の様子や事故で亡くなった方々のプレートが展示されています。

P6180085

途中の「氷の宮殿」は

P6180088

P6180090

床はつるつるでへっぴり腰に snowboard 進むとプラトー展望テラスから外に出られてヨーロッパで一番長いアレッチ氷河(世界自然遺産)が滔々と続いています。

P6180095

今回お世話になったガイドの山口さんとツーショットbleah

P6180098

山口さんのお父様はスイス人、お母様は日本人で日本語、ドイツ語、英語の三ヶ国語を話せて普段はツェルマットをベースにガイドをしていらっしゃるそうです。身長は多分190cm超えで見た目日本人に見えないイケメンガイドさんです。日本人の観光オバサンたちが無理な英語で話しかけていましたからsmile 

③に続きます~soon

|

« グリンデルワルト紀行➀ | トップページ | グリンデルワルト紀行③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

スケールが違う景色とカラフルな列車
長時間のフライトairplaneがないなら
絶対行ってみたいスイス
イケメンガイドさんも気になるし…(笑)

夢の世界を見せてもらって感激してますlovely

投稿: taka | 2016年6月25日 (土) 21時46分

そちらにも㊥いますか。
世界各地に拡散していますね(笑)

こちらこんなへんぴな田舎ですが、
イオンに行くと㊥ばかりです。

投稿: Dra長靴 | 2016年6月25日 (土) 22時17分

takaさん

ガイドさんは日本人女性かハーフのイケメンさんか
前日まで分かりませんでした。
三ヶ国語を母国語のように話せるって素晴らしいですね。
またまた語学力が欲しいと痛感したのでしたcoldsweats01

投稿: kattiiかあさん | 2016年6月26日 (日) 20時05分

Dra&長靴さん

中〇人とイ〇ド人はどこに行っても会いました。
駅のホームではインドの方にホームが間違っていないか
尋ねられました。メチャ辛いスナック菓子を勧めて
くれたり、フレンドリーなご家族でしたけどwink

投稿: kattiiかあさん | 2016年6月26日 (日) 20時10分

うわー雪山sign03

めちゃめちゃ涼しそうですー
夏の間、毎日このページを見に来たいくらいですhappy01

登山経験はないですが、登りたくなりますね。

投稿: ぐっち | 2016年7月 7日 (木) 11時24分

ぐっちさん

登山電車trainでどなたでもポンと雪の上に立てますよ。

周りが雪の白なので写真を撮ると人物が黒っぽく
なってしまいます。
グリンデルワルトの村との標高差が1300mくらい
ですから14℃くらい低いので、たしかに涼しいですねwink

投稿: kattiiかあさん | 2016年7月 7日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/66192153

この記事へのトラックバック一覧です: グリンデルワルト紀行②:

« グリンデルワルト紀行➀ | トップページ | グリンデルワルト紀行③ »