« ねんきん旅行へ | トップページ | グリンデルワルト紀行② »

グリンデルワルト紀行➀

21日アムステルダムのスキポール空港で約一時間も離陸が遅れたものの、22日午前9時過ぎ無事成田に到着しましたairplane ワンたちの通院と後片づけ、洗濯に追われて一段落、やっと大量の画像を取り込みましたのでぼちぼちアップしていきます。他人の旅行などどうでも・・・とは思いますが、語学堪能ではなくてもなんとかなるサ的な海外旅行として見ていただければと思っています。

成田空港を午前10時半離陸してKLMオランダ航空でアムステルダムへ、アムステルダム着午後3時ですが、時差が7時間あるので11時間半のフライトですsweat01 エコノミーですがシステムが変わって、有料で希望の座席を予約できるようになったので前の座席が無くて足が伸ばせる二席をKLMのHPから予約しておきました。足が伸ばせて席を立つのが楽なだけで随分違います。

Dsc02211

行きのスキポール空港、帰りのチューリッヒ空港ともセキュリティが厳しく、同性職員のボディチェックも入念で、私など左膝に入れた人工関節のチタンが反応して鳴っていました。サンフランシスコでは顔認証や両手をかざしたりもありましたから、各国で違いますね。ちなみに成田では手荷物を待つ間麻薬探知犬がぐるぐる巡回していました。

チューリッヒへは一時間半のフライトで、チューリッヒ空港駅から鉄旅の起点となるチューリッヒ中央駅へは10分少々です。

Dsc02212

Dsc02213

中央駅到着は午後8時近くですが、この季節は午後9時半くらいまで明るいので助かります。霧雨のような雨の中、徒歩5分というホテルを探しましたが大きな駅で、てっきり正面と思っていたら方向が違っていたらしく渡る橋をひとつ間違えてウロウロしましたsweat01なんとかホテルにたどり着いてホッと安心、一日目終了night

翌17日はチューリッヒからベルン、ベルンからインターラーケンオストへtrain 

Dsc02215

bicycleはそのまま輪行できます、ワンコも、♿もOKです。スイストランスファーチケットは目的地までの最短経路往復に使用、2等車で充分座れて快適です。改札が無くて、乗車するとすぐに検札が回ってきますが、パスの提示だけでスムーズ、無賃乗車には厳しいらしいです。

Dsc02218

ワンたちは連れて来れないので代理フィギアのシュナ子を連れてきました。インターラーケンオストからグリンデルワルトへは黄色にブルーラインの電車へ乗り換え、グリンデルワルトに近づくにつれて青空が広がってきましたsun

P6170015

途中駅の可愛い車体subway

Dsc02219

ついにとうちゃこ、氷河が造った村・グリンデルワルト駅前から

Dsc02222

グリンデルワルト滞在はセントラルホテルヴォルター、徒歩2分との情報でしたがすぐ見えているのに通過sweat01、壁のホテル名も見落としてましたdownwardright。2分もかからんやろがぁsign02

Dsc02223

一応★★★クラスで、朝食はブュッフェで食べれます。少し遅い昼食は駅近のCOOPで買い物をしてシュナ子も一緒にアイガーを眺めながらdelicious 

Dsc02225

スイスのbeerは飲みやすくて美味しい、さすがに乳製品ヨーグルトも美味しいです。

夕食は別なので日本語メニューが揃っていて美味しいというホテル・アイガーのレストランへ出かけました。世界的な観光地なのに10分も歩けば村の端から端に行けてしまうコンパクトさで、鉄旅が正解でした。

Dsc02226

日本語メニューを見てオーダーしたのは

Dsc02227

とうさんは牛ステーキ150g、トーストサラダ添え、私はルスティと豚ソーセージ目玉焼きチーズ添え、どちらも33CHFと25CHFレートは1CHF(スイスフラン)120円~122円くらいですから食事は高くつきます。フライパンに敷き詰められたポテトの量がハンパなく、美味しいのですけどお腹いっぱいになりました。

➁に続きます~soon

|

« ねんきん旅行へ | トップページ | グリンデルワルト紀行② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

梅雨真っ只中の日本へお帰りなさい。
空の色が日本と断然違っていますね。

あちらテロの心配は無かったのですか。

無事に戻られたのでそんな心配は取り越し苦労だったかな???

投稿: Dra長靴 | 2016年6月24日 (金) 22時53分

Dra&長靴さん

ただいまです。パリはまだテロが怖いので乗り継ぎを
オランダにしました。

ホテルのTVではドイツの洪水のニュースをやっていましたよ。
帰りにはまた雨が降り出していましたからお天気が
味方してくれたのかもしれませんhappy01

投稿: kattiiかあさん | 2016年6月25日 (土) 11時10分

おかえなさいsign03
さすが晴れ男&女の最強コンビwink
楽しそうな鉄旅に美味しそうな食べ物
もっと大きな画像で見たいくらい
PCに張り付いて観ましたヨ~(笑)
外国の列車はオシャレですネ~
シュナ子入りの写真もいい感じですgood
自分も旅した気分になれるから
まだまだ色々UPしてくださいネ!
この先の旅レポ楽しみですnote

投稿: taka | 2016年6月25日 (土) 12時05分

takaさん

ありがとうございます。日本でも新宿駅なんて迷って
しまうんですから、広いチューリッヒ駅恐るべしでしたcoldsweats01
やはり田園風景に変わってくるとホッとしますね。
デジカメ2台で写真を撮ったので見るだけで大変ですsweat01

投稿: kattiiかあさん | 2016年6月25日 (土) 21時26分

こんにちはー

見ているだけで気分がいいです~
いいな~ヨーロッパ!!
スイスは足を踏み入れたことがないので、
一度は行ってみたいのですが☆

それにしても代理シュナちゃん連れて行かれたとは(笑)

投稿: ぐっち | 2016年7月 7日 (木) 11時21分

ぐっちさん

遠いけれどやっぱりヨーロッパが好きですheart01
シュナの故郷ドイツが近いのでワンコグッズを探したの
ですけどありませんでした。
スイスには是非ご主人とご一緒に・・wink

投稿: kattiiかあさん | 2016年7月 7日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/66183646

この記事へのトラックバック一覧です: グリンデルワルト紀行➀:

« ねんきん旅行へ | トップページ | グリンデルワルト紀行② »