« グリンデルワルト紀行② | トップページ | グリンデルワルト紀行④ »

グリンデルワルト紀行③

グリンデルワルトの標高は1034m、ユングフラウヨッホ展望台は3454mです。登山電車で一気に上がってくるので個人差はあると思いますが、最初少し息苦しいような気がします。展望台での忘れてはならない私のミッションは「Top of Europe」から絵はがきを出すこと、山仲間やブロ友さん宛てです。昔友達がスペインから絵はがきを送ってくれたことがあり、ひと時スペインに思いを馳せました。それから海外旅行の度に絵はがきを出すのが趣味になりました。グリンデルワルトの駅前に郵便局はあったのですが、展望台から出すと特別なスタンプが押されると聞いていたのでこだわってみました。いざ投函postoffice

Dsc02253

配達されるのはほぼ帰国と同時くらいになりますが、受け取った方は趣味につきあってくださるようお願いしますhappy01 日本との友好関係を示すかのように日本の赤いポストもありましたよ。わが村のポストと同じ、あの懐かしいポストでした。

帰りは途中駅アイガーグレッシャー2320mで下車、アイガーウォークを歩いてクライネシャイデック2061mまでトレッキングです。

P6180052

P6180116

途中には引退した旧ミッテルレギ小屋が移築されています。

P6180120

雪が消えた斜面には山の花も

P6180117

downwardright オキナグサは花の命が短く、ちょうどこの時だけ見られたようです。

Dsc02260

この道にはアイガー登攀の歴史を物語る数々のモニュメントがあります。登攀具も時代と共に進歩してきました。30年前は

P6180112

最近のクライミングギア、フレンズとナッツ

Dsc02258

ガイドさんと記念の一枚、やっぱり背が高いsign03

P6180128

山上の人造湖の傍にある建物はアイガー登攀の展示館になっています。

P6180132

湖岸の石にはかつて北壁登攀で逝ったクライマーの名前が刻まれています。

P6180137

日本人として初めて北壁に挑んだ渡部恒明さん、二度目の挑戦であと300m地点で墜落骨折、救助の為にパートナーが登頂して日本人初登頂になったものの、その間にザイルを解いて墜落死したと言われている人です。それを題材に書かれたのが新田次郎さん著「アイガー北壁」です。石に刻まれた数々の名前にはそれぞれにドラマがあったのでしょう。名前は2010年まで刻まれていました。エメラルドグリーンの湖面はアイガーを映しあくまで静かです。

P6180141

もう一息でクライネシャイデックです。

P6180150

ここで昼食restaurant

P6180146

Dsc02266

ブロッコリーのスープとアルペンマカロニはポテトたっぷりアップルジャム添えです。お腹いっぱいになって次のトレッキングコースへshoe

④に続きます、ほどほどにおつきあいくださいませsoon














|

« グリンデルワルト紀行② | トップページ | グリンデルワルト紀行④ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさいましhappy01
ここまで一気に拝見いたしました。
元山男と元山女のお二人には何にも替えがたい旅になったのではないでしょうか。
登山にうとい私にも文字を通して感動が伝わってきますよ。

投稿: 亀仙人 | 2016年6月26日 (日) 23時33分

亀仙人さま

あわただしくて梅のお礼が遅れました、ありがとう
ございましたhappy01

おかげさまでsunを引き寄せて、絶景に出逢えました。
はぁ バテなくてよかったcoldsweats01

投稿: kattiiかあさん | 2016年6月27日 (月) 20時57分

3454mのスタンプがハッキリと押された
Top of Europeからの絵葉書を眺めながら読む
ブログは何か不思議な感じがします。
あらためて、ポストカード有難うございました!

投稿: ペーターランド | 2016年7月 9日 (土) 07時44分

ペーターランドさん

どういたしまして、以前はローマ字表記で住所を書いて
いたのですが、JAPAN行きと分かれば後は国内仕分け
なので普通にご住所書きました。
どんなスタンプか見たかったので、自宅宛てにも出して
みました。アレッチ氷河を真ん中にユングフラウ、メンヒ
などのスタンプでしたねconfident

投稿: kattiiかあさん | 2016年7月10日 (日) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/66208352

この記事へのトラックバック一覧です: グリンデルワルト紀行③:

« グリンデルワルト紀行② | トップページ | グリンデルワルト紀行④ »