« ワラシゴマサバプラス | トップページ | 梅雨明けはまだかいな? »

元気の出る色

梅雨も終盤ですが、すんなりと梅雨明けとなるかどうか微妙ですね。西日本で過去例が無いほどの大雨予報とか、お互いさまで何事も無いことを願いますthink

昨日は所用で相模原へ出かけ、帰り道いつも寄るJAの直売所「べじたべ~な」で花の苗budを買ってきました。

Dsc02350

アルレア・和名タチアオイです。ひと鉢150円也、野菜苗も直なので安くていいものがあります。一年草でも種を採ったり、こぼれた種で翌年も咲いてくれたりがあるので、とりあえず屋上庭園(草屋根と呼んでいたのですけどちょっと昇格しました)に植えました。

Dsc02353

造った時はいくつか区画を分けて芝を張り、ワイルドストロベリーとかムスカリ、吾亦紅など当地に向いていて生育旺盛なものを植えました。村友でガーデナーのYさんからもらった間引きした苗がすっかり定着して、ちょっとした庭のようになり日ごとに花の色が増えています。隅に植えたベルガモットの赤い花が咲いているのに気がつきました。

Dsc02351

下の花壇に植わっているのは薄いピンクなんですけど、これは鮮やかな赤、香りは赤の方が強いそうです。花の種類にあまり統一性はなく、なんとなく色々植えているのですけどナチュラルガーデンと言えば言えそうです。どこからか飛んできた種ではんの木が成長途中、ガレージ傍の桂の木から落ちて小さな桂の苗木が育っています。深さ12cm足らずの土でどれくらい育つのか観察中ですsearch

畑のチビきゅうり8本が採れたのでピクルスづくり、今回は白ワインビネガーで作りました。ついでにラディッシュと赤パプリカ、ブチトマトも入れたので、赤っぽくなりました。

Dsc02359

この季節嬉しいのは野菜が豊富なこと、面倒だなと思いながら私でも食べたい一心で加工を頑張ろうと思えるのですから・・

図書館で借りてきた「農家が教える/手づくり加工・保存の知恵と技」発行・農文協という本を見ていたら、茹でたトウモロコシが時間がたってもシワシワにならない裏技が出ていたので試してみました。

Dsc02357

私はトウモロコシは茹でるのではなく蒸します、あまり時間が経っていないのですが、向かって左は蒸してそのまま、右は蒸してすぐに冷水にさっとくぐらせたものです。那須の農家さんが直売所で茹でモロコシを販売する際シワシワにならない方法は無いかと工夫したそうです。たしかにシワシワになったものよりピンと張った実の方が新しくて美味しそうですね。少しのことですが、販売となれば違いは大きいと思います。ちなみに冷水にくぐらせたトウモロコシは半日経っても実がピンとしています。トウモロコシを茹でる時試してみてはいかがですかsign02


|

« ワラシゴマサバプラス | トップページ | 梅雨明けはまだかいな? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

義父宅にも朱色のタチアオイがあります。
何となく和風の感じがしますが
この色は洋風の家にも似合いそうですネwink

トウモロコシの裏ワザ
明らかに見た目が違い美味しそうsign03
早速、試してみたいと思います。

投稿: taka | 2016年7月14日 (木) 08時57分

takaさん

蕾だけだった苗も今朝は早速花が開いていましたclover

トウモロコシはひと手間かけただけで売り上げ三倍に
なったそうです。私もトウモロコシ大好きでひとり
占めしたい方ですが、茹でたて加工をしてとっておいて
あげようと思いますdelicious

投稿: kattiiかあさん | 2016年7月14日 (木) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247498/66489750

この記事へのトラックバック一覧です: 元気の出る色:

« ワラシゴマサバプラス | トップページ | 梅雨明けはまだかいな? »